エルダーフラワー・コーディアル

DSC_162317.jpg

前回ご紹介したイギリスの雑誌「COUNTRY LIVING」には必ずと言っていいほど載っているエルダーフラワーやその他のコーディアルドリンク。イギリスを代表する飲み物です。そのエルダーフラワー・ドリンクが実は日本人駐在員さんの間で人気だというお話を聞きました。

「へえ~…たしかに最近はオランダでもドリンクがあちこちで売られてるしね。それを飲んだ人の間で口コミ人気なんだ、、、」と思いきや。そうじゃないんですね。今や日本にも輸出されるほどの人気なんですねえ。全然知らなかった。確かに、甘くてスカッとして美味しいですけどね。特に暑い日本じゃ気持ちよく飲めることでありましょう。



こんなヤツです↑

エルダーフラワー(セイヨウニワトコ)はヨーロッパ中に自生し、さまざまな国でシロップやコーディアルドリンクとして古くから飲まれてきました。オランダでは馴染みない???気がしますが、お隣ドイツや北欧ではイギリス同様飲まれているようです。

自然の中で自生する低木…ということは相当繁殖力が強いんだろうなぁ~と想像しますが、案の定、育て方を見ると、成長が早い、あっという間に大きくなるので要注意、と書いてあります。うーん…欲しいな、とも思うけど怖いな。その手の植物は切っても切っても大きくなってしまうのです。

庭で育てなくても、たまに自転車道の脇などで見かけることがあります。自生なんだか誰かがかつて植えたんだか…ちょっと分かりませんが、彼らはほぼ雑草と同様の扱いで、折を見て市の担当者にガッツリ切られてしまいます。む、無残…。

今日、久々に出かける場所まで自転車を飛ばしていたら、エルダーフラワーの木を見つけました。これからがシーズン、ということで、花が数房だけ咲いていました。誰もいなかったのでちょっと手を伸ばしてちょこっとむしり取って帰りました。まぁオランダ人は自分でコーディアルを作るという人はいないらしく、たいていどこでも乱獲されることなくのんびり咲いています。

遠くから見ても可憐でかわいらしい花ですが、近くで見るとさらに可愛いですねえ。白い花に黄色い雄蕊が5つ。☆のように広がっている姿がなんとも言えずキュートです。


DSC_163117.jpg

むしり取った花をそのまま捨ててしまうのもかわいそうなので、ほかの花とともにミニ花瓶に飾ってみました。エルダーフラワー以外の二つの白い花は、こぼれ種が落ちて、庭の石畳の隙間から芽が出てきてしまった花です。ずっと育てるわけにもいかんぞよ、早く抜き取らなきゃと思いつつ、、、日々が過ぎ、ついに花が咲いてしまった。。。わたしってどれだけ優柔不断なんよ?(←まー、優しいともいうかも??)

部屋に飾ったら、ほのかにエルダーフラワーの匂いが漂っています。えー、どんな匂いかって???そうねえ、化粧品のクリームの甘い匂いって言ったらいいでしょうか。個人的にはバラの匂いのほうが好きかも(汗)。


エルダーフラワーが15房ほどあれば、自家製エルダーフラワーコーディアルを作ることもできます。その際、葉っぱは有毒なので絶対に混ぜないようにしてくださいね。また、蕾の房はダメで、全部満開の房を用意しなければいけません。まさに旬の時期に収穫しなければいけないのです。どれがエルダーフラワーかイマイチよく分からない、という人は、上に書いた☆のような5つの黄色い雄蕊を参考にすると、見つけやすいかも。

正式なものにはクエン酸を入れる必要がありますが、クエン酸なしでもコーディアルを作ることができます。わたしは砂糖の多さにぎょぎょっとし、ちょっと作る気にはならないのですが、やってみたいという方は下のレシピをご参考ください。満開のエルダーフラワーさえ見つけることができれば、簡単にできます。


自家製エルダーフラワー・コーディアルの作り方

<材料>
エルダーフラワーの花(満開) - 15房
グラニュー糖 900グラム
水 750ml
レモン 2個

<作り方>
1. エルダーフラワーに虫がついてないか確認する。エルダーフラワーは花のみ使う。
2. グラニュー糖と水を鍋に入れて、砂糖が解けるまで煮る。
3. レモンはよく洗い、黄色の皮をじゃがいもの皮を剥く要領で剥く。残りのレモンはザクザク輪切りに切る。皮とレモンの両方およびエルダーフラワーの花を蓋のできる鍋に入れる。そこに2の熱い砂糖水を混ぜ入れる。
4. よくかき混ぜたあと、蓋をして24時間寝かせる。
5. ガーゼなどの漉し布、もしくはコーヒーフィルター、キッチンペーパーなどを使い、液体を漉す。
6. 蓋のできるガラス瓶やプラスティックボトルに液体を入れる。

冷蔵庫に入れて保管するものは1か月以内に使い切る。冷凍すれば長期保存が可能です。

興味あらば、ぜひヨーロッパの季節の味をお試しあれ!!

関連記事

雑誌とそう変わらない…と豪語してみる(笑)

DSC_161617.jpg

イギリスの雑誌「COUNTRY LIVING」を久々に購入しました。デジタルカメラマガジンを日本から購読中だし、それ以外の雑誌はなるべく買わない…と思っているのですが(なかなか捨てられないのでどんどん雑誌が増える)、たまーにこの雑誌を買うのは贅沢な気分転換になります。

この雑誌は、イギリスちっくなものを全面に出しているいわゆる「ザ・ブリティッシュ売り出し本」で、オランダでも人気あるのか大きな本屋にはたいてい置いてあります。ぱらぱら見ていると、参考になる花の飾り方など多数載っているので、イギリス好きにはたまりません。

ここのところ天気がいいので、庭でぱらぱらとこの雑誌を見ていたのですが、ふと気が付くと。雑誌と目の前にある風景と…たいして変わんないんじゃないの~~???…とまあ、、、生意気?偉そう?大ほら吹き?大言壮語?まーなんでもいいのですが、そんな感覚に陥ってしまいました。


DSC_161517.jpg

左←が雑誌、右→が庭です

まーね。雑誌に出ているお庭は、珍しい品種が取り混ぜてあったり、飾り方が個性的で素晴らしい一方、我が家の花々は基本中の基本の花々中心、しかもなんの工夫もなく植えっぱなし…とその差は歴然なのですが、でも、やっぱりこの裏が牧場でその借景を拝借できるという利点は大きいのかな、と。

開放的な空間というのは本当にありがたいことだと思います。この先に家が建っている状態だったらどうなっているんだろう?ということは想像できませんからねえ。

いずれにせよ、庭でも家の装飾でもみなさんそれぞれ好みがありますが、わたしは自分で作っている庭がけっこう気に入っています♪♪♪


DSC_161317.jpg

黄色いバラが咲きだして、一気に庭に華が出ました。それまでは、紫の花が点々と咲いていて、ちょっと寂しい感じだったのです。バラっていうのは、やっぱり花の女王的存在なのだなあ。うちにはないけどユリなんかもそうですよね。フォーカルポイントがビシッと決まります。

この写真は暑かった昨日撮ったのですが、光がまぶしすぎて白っぽくなってしまいました。やはり昼間に撮るのは難しいですねえ。


DSC_161417.jpg

バラのほかハナダイコン、アリウム、チャイブ、ジョンソンブルー、キャットミントなどが咲いています。


DSC_161717.jpg

アリウムシクラム。大きな袋がビリッと破れると中から豆のような花々がサラサラ~っとこぼれ落ちてきます。面白すぎます。理科の観察日記にしたら楽しそうです。


DSC_161917.jpg

袋が全部とれてしまうとこんな感じ。これはこれでへんな形で、これまた理科の観察日記の対象にしたい~~。。。

暖かくなってきて、ハーブが少しずつ成長しはじめたので、さっそくサラダなどにちょこっと混ぜています。バジルは4月の寒さで苗がほぼ全滅してしまい、成長したヤツを買ってきてしまったんですが、、、。バジルが一番寒さに弱いハーブなんですね。

ハーブはちょこっと混ぜるだけで高尚な味になるのがすごい。今年は去年よりも種類が増えたので、どんな料理が作れるかな。ちょっと楽しみです(←といっても、あんまり料理のやる気は出てこないわたしです…汗)。

関連記事

少しずつ変わっていく

DSC_160617.jpg

ロッテルダムのサッカーチーム、フェイエノールトが無事優勝しました。2位のアヤックスとは1点差でした。よかったねえ~。今、ロッテルダムの市内は大混乱となっているみたいです。明日も同じく大混乱となることが予想され、仕事場所に行くトラムも動かないみたいデス…。え、、、どうやって仕事に行きましょ、、、(汗)。

本日は母の日の日曜日。お天気も良かったので、ぽんぽん上がる花火の音を聞きながら、庭作業をしたり、ぼけっとしたり、一日庭生活を楽しみました。

ガチョウの子供たちも目の前に現れたので、写真を撮ることができました。全部で10羽もいました。にぎやかですねえ~!さすがガチョウは大きいので、子供たちもけっこう大きい。カモの赤ちゃんなんかとは比べ物にならないくらい立派な赤ちゃんたちでした。

庭ですが、一昨年の秋からからちょこちょこと気合を入れて頑張っています。今日も手入れをしながら思ったことは、庭っていうのは、、、今日頑張ったら明日ぱっと良くなる、というものでもないなあ…ということです。

雑草が生えて本当にどうしようもなく荒れた場所を耕して新しいものを植えてみる。そこでぱぱっと変化してくれれば万々歳なのですが、これがそううまくはいかない。せっかく耕して新しい土に入れ替えても、今まで生えてきた雑草が、意地でもまた出てくるんです。そこからは、雑草との戦い。出てくると叩き(抜き取り)、これでもか、これでもか!!!を繰り返す。

もう駄目だ、雑草の力が強すぎる。どんなに頑張ってもここはきれいにはならないんだ…そんな絶望的な気分に陥ることもたびたび…。でも、そんな気分を乗り越えて、雑草と戦い、次のシーズンに入ると、ハテナ?そういえば、あの雑草…ずいぶんと力が弱まって、ほとんど出てこなくなったなあ、と。シーズンと超えて、ようやくそんな変化が見えてくるのです。

勉強も今まで私がやってきた仕事もここまで長い期間を経ないと結果が見えてこないというものはありませんでした。そのせいか、格闘している間、庭仕事は苦行のように感じることもあります。

…でも。自然の流れは今も昔も変わらないわけで、50年前、100年前は何事もこのくらいの時間の流れを要するのが普通で、ぱっと目に見えて成果のあがるものなんかなかったのかもしれないなあ。

そんなわけで。せっかちで、気が付いたらすぐにやって成果が見えなければ気のすまないわたしにとって、お庭のお仕事はまさに修行です。もう中年の域に入って、今更何かを学ぶ、という年齢でもない…とついそんな風に考えてしまいますが、なんてことはありません。まだまだ私に身についていないものはたくさんあって、そういうものがこの身に降り注がれているのです。人生って面白いですね。


↓本日の庭の様子 バラも咲き始めました↓

DSC_1574-COLLAGE.jpg

関連記事

マダニ(Teek)の季節です!

DSC_1550 (2)

寒かった日々もようやく終わりを告げ、緑がまぶしい季節がやってきました。楽しい、ウキウキ!!そういう気分を一気に沈めてしまうのがこの季節から始まるマダニの恐怖です。

オランダは、もともとマダニの被害が少なかったようですが、近年だんだんと被害が広がりつつあるようで、この季節になると新聞などで一斉に「マダニ注意!」の記事が上がってきます。

日本人のオランダ在住の方の多くは、こういったオランダの生の情報を読んだり聞いたりすることはないと思いますので、ここで一度書いておきます。

オランダ語では、マダニのことをTeek (複数形Teken)と呼びます。英語がTickなので英語に非常に近いですね…。マダニに噛まれることによってさまざまな媒介性感染症にかかる恐れがありますが、オランダではマダニに噛まれるとライム病という病にかかる可能性があります(噛まれた人すべてに発生するわけではありません)。

ライム病…気になる方は、ネットなどで詳しい情報を集めていただきたいですが、即座に死に至る可能性はないようですが、ステージがあり次々と体の神経、皮膚などに障害を起こし、何か月、何年にもわたり体に炎症をおこす恐ろしい病気です。

マダニは草むら、芝生、森の中、どこにでもおり、人間が近づくと匂いで引き寄せられるように吸い付いてきます。オランダ国内では、被害者の三分の一が庭で被害にあっている、ということからもどこでもマダニに噛まれる可能性があることがお分かりかと思います。

この病を防ぐ方法はただひとつ。マダニに噛まれないように気を付けること、またマダニに噛まれた場合でも、24時間以内に正しい方法でマダニを除去すること。この二つがきちんとできていれば、感染の危険はありません。

正しい方法でマダニを除去する方法については、下記のページ(オランダ語)で、動画で説明されていますので、ぜひご参考ください。突然噛まれてもよいように、家に一本マダニを除去するピンセット(オランダ語でtekentang、もしくは英語でTick remover)を用意しておくと安心です。ピンセットは、一般的なドラッグストアのどこでも購入することが可能です。

マダニを除去する方法(動画)ご紹介 - Stop de Teek NL

活動が活発な子供がいるお家は、この時期は毎日子供の体をチェックすることをお勧めします。また、旅行時などもピンセットを持っていくと安心できます。

なお、オランダではマダニによる被害はライム病発生が主たる被害ですが、東・中央ヨーロッパ(オーストリア、ハンガリー、チェコ、クロアチア、バルト三国、ポーランド、ロシアなど)は、ダニ媒介性脳炎にかかる可能性があります。すべてのダニがウィルスを持っているわけではありませんが、危険地域と呼ばれる地域でハイキング、キャンプなどを行う場合には、チェックを怠らないようにしたいものです。

本日、うちの子の学校で、子供の友達がマダニに刺されたそうです。窓側に座る彼女は、上から何か落ちてきたのを感じ、ふと足を見ると、太ももにマダニがくっついていたそうです。な、なんと…!!そんなことがあるのか?!恐ろしや!!!

学校では除去できず(おいおい…無能な先生だな!)、その子は家族に迎えに来てもらい、泣きながら家に帰ったそうです。六年生の女の子です。でも、それくらい怖いってことです。ぜひとも気をつけましょう。私も、庭の一部がヤバい状態になっているので…なんだか恐ろしくなってきました。はよ~なんとかせねば!!

↓今週の庭の様子 アリウムが華やかに咲き始めました↓

DSC_1527-COLLAGE.jpg

関連記事

外出しなくても見られる動物たちをご紹介

DSC_154017.jpg

日本はゴールデンウィークが終わりましたね。SNSでお友達がたくさんの写真をアップしていて、国民みんなが、ゴールデンウィークを楽しんだなあ…ということが分かります。

みんなが楽しんでいるのを見ると羨ましいなあ…と思うのですが、でも、すごい混んでいた、移動が大変だった…と聞くと、やっぱり「うーん…」って感じ。もともと面倒くさがりな私は、その目的地に行くまでが超面倒くさかったりするんで、すごい混んでいるなどと聞いてしまうと…もう、行かなくてもすでに十分面倒くさい(汗)。

そんなわたしにとって、この家は至福の家です。窓を眺めれば、広大な風景が、と言っては大げさですが、でも、なかなか良い風景が眺められます。こういう風景が眺められる家に住んでいる人も、そう多くはないのではないかと。

二階の子供部屋から外を眺めると、いろんな動物が見えるのですが、今年は庭先の農家が草をよく刈っているせいなのか、それとも新たに住み着いたのか、毎日ウサギが見えます。大きい野ウサギで、オランダでいうと「haasje」というヤツです。ピョンピョンとものすごい速さで野を駆け巡っています。


DSC_154317.jpg

せっかくなので望遠レンズで撮ってみました。外に一歩も出ずに部屋から野ウサギの写真が撮れるって、、、スボラなわたしにピッタリな環境です。


DSC_153917.jpg

馬も望遠レンズで撮ってみました。こちらはのんびりしているときは写真を撮るのは簡単です。まだ寒いので上着を着ていますね。

一番上の写真、オレンジの屋根の小さな家はBEE HOUSEでハチミツを作っています(…ん?作る、というのかしら)。秋になると玄関先で売りに出していますが…ハチミツをあまり消費しない私は買ったことがありません。冬にハチミツ入りミルクも美味しそうですけどねえ。家の庭先で、ホームメイドはちみつを購入できる環境って…考えてみるととても贅沢な環境なのかも。

あとは、ガチョウがたくさんいますね。この鳥さんたちは、ガーガーともかくうるさいので、わたしは特別な感情を持っていないのですが、今年は赤ちゃんも生まれたみたいです。うちの近くに来たら、こちらも望遠レンズで撮りますぞ!!(今日は探したけど見当たりませんでした)


DSC_154217.jpg

ジョンソンブルーがきれいに咲きだしました。写真ですが、どうも一部に光が当たる、という構図が好きなようです。何度も見ているフェルメールやレンブラントの絵画の影響をモロ受けているに違いありません。

まだまだ寒い日が続いて、なかなか小さな苗が大きくならないのですが、それでも、少しずつ5月、花の風景に変わりつつあります。

関連記事

非常事態宣言の続くフランスで驚いたこと

DSC_1438 (2)

2014年の夏以来、約3年ぶり?にフランスに行ってきました。この間にフランスでは同時多発テロをはじめ、何度もテロが起こり、現在も非常事態宣言が続いています。

日本に住む人であれば、何故そんなところに観光に行く?と思うかもしれませんが、ヨーロッパに住んでいる私とすれば、テロに遭う確率と日本で交通事故に遭う確率はそれほど違わないでしょ?という感覚なので、テロが怖くてフランスに行かない、という選択肢はあまり考えられません。それを言えば、交通事故に遭うのが怖いから外出しない、ってことですから。

ただ、今回、数々のことに驚きました。やはり非常事態宣言の国は普通とは違うのだ、ということを体験したので、そのことについて書きたいと思います。

今回の出かけた先は、フランス北部のリールという街。ユーロスターが停まる街で、ベルギーおよびイギリスの玄関口でもあります。オランダからリールに行くには、…あんまり時間のない日本人はタリス(特急)もしくは車で行くと思うんですが、わたしたちはのんびり急行を乗り継いでオランダからベルギー国内を通過してフランスに入りました。

DSC_1329 (2)

フランス国境を越えた後、最初の駅 TOURCOING

これがまずオドロキの一つだったのですが…ベルギーからインターシティでフランスに入った途端に、長い停車がありました。何事ぞ?と思いきや、私服の入国管理職員がゾロゾロ…。たった3両しかない小さな電車にこれほどの人数を投入とは…!!オランダと何が違うのか?なんて考えたことなかったけど、なんだか壮絶すぎる、、、とピーンとアンテナが立つのが分かりました。

怪しい人なのか分かりませんが…何人かが長々と尋問にかけられており、わたしの車両では二人が荷物のチェックから服装チェックまで、、、そのうち裸にされちゃうのでは?と思うくらいの執拗なチェックを受けていました。

国境越えの入国管理といえば、今までオランダからドイツに入ると、たまにチェックが来ましたが、こんなに入念なチェックは見たことなかったので、ともかく驚きました(しかも、帰りのフランス→ベルギーは一切チェックがなかったところが…ベルギーらしいというか…苦笑)。


DSC_1509 (2)

無事、リールに到着。リールといえば、今、新しい開発エリアがどんどんできて、めっちゃモダンな駅周辺エリアと旧市街があります。モダンな駅前には日本を代表する芸術家、草間彌生さんのど派手なチューリップがリールの玄関口を飾っています。

昼間リール市内を歩く分にはそれほど違和感はないかもしれません。ただ、夜、駅の中を通過したときは、正直言ってビビりました。何故夜駅になんか行くんだ!と言われればそれまでですけど、わたしたちの泊まっていた場所は駅の反対側にあったので、そこを通過しなければいけなかったのです。

何気なく駅に入ったら…。なんだこれは?!?!警官、私服警官、迷走服に機関銃を持った軍曹(?)…これらの人々がうじゃうじゃ…!!ともかくすごい数の人々が警備に当たっているので、これまたビックリしてしまいました。これはハッキリ言っていい気分はしません。ロンドンのヒースロー以上で、ちょっとビビりました。

ともかく、フランスで夜駅に行くのは窃盗などの被害に遭う可能性もあるし、うじゃうじゃの警官にもビビるし、行かないほうが賢明である、ということを悟りました。

しかし、冷静に考えてみて。国家を挙げてこれだけの人々が警備に当たっているのに、まだテロや未遂事件が起きるという現実。いったいこの国はどうなってしまっているんだ?そう思わずにはいられませんでした。

パリの同時多発テロから考える オランダの現実

以前、↑のような記事を書きました。旅行中、自分で書いたこの記事のことを考えていました。リールの街も、ちょっと歩くとすぐにパリの20区や15区のような暗いイメージの集合住宅が連なっていました。これらの地域は歩いても怖い地域ではありません。ただ、パリ北部にはもっとひどいバンリュー地域が存在するという現実。

この旅行中、リールから20分ほどのところにあるルーベ(roubaix)という街に行きました。ここにはアウトレットモールと有名なミュージアムがあるので、そこに行ったのですが、はっきり言って街は…さびれていて、粗末で安っぽい雰囲気が漂っていました。浮浪者がたくさんいて、商店街のほとんどが閉まっていて、かなり酷い。まー、有名なミュージアムは素晴らしく、アウトレットモールでも子供が好きなものをタダならぬ安い値段でゲットできたので大喜びだったんですけどねえ。

いずれにしても、オランダでは、どこに行ってもああいう雰囲気はないなあ。前、イギリスのEU離脱時にも言いましたけど、これはEUのせいでもなんでもない。フランスの問題なんです。今、調べてみると、この地域はフランスでもサイアクの失業率(15%くらい)を抱える問題地域なのだそうで、そのせいもあってルペン支持者が多い地域なんだそうです。あ~なるほど。イギリスとまったく同じ現象が起きているんですね。

最期に一番驚いたのが、世界遺産であるリールの鐘楼が閉まっていたこと!!!

いや、正確に言えば、閉まってはいなかったのです。ただ、扉が完全に閉まっていて、鐘楼に上りたい人は、ベルを押して扉を開けてもらわなければいけなかったのです。

「閉まってるじゃん、どうするよ???」とうろたえていると、ちょうどフランス人の家族連れがやってきて、彼らが「なんだ、なんだ、どうなってるんだ???」とドアをガンガン開けようと試みたあと(…)、ベルを押してフランス語で何か話をしました。ハラハラ見ていると、しばらくのやりとりの後、ドアが開き、私たちもついでに入ることができました。

中に入ると、ひと家族ずつ、どこから来たんだ、年齢はいくつか…?などの尋問を受けた後、粛々と階段を上って途中で入場料を払い、さらに塔のてっぺんまで登りました。階段途中や上にはかなりの観光客もいて、観光モードが漂っていたんですけどねえ。

それにしても。世界遺産の鐘楼も、テロのターゲットになっているんでしょうか。。。こんな厳重にしなければいけない理由を教えて…???確かに、下でドカンとやられたら吹っ飛びますけどねえ。

ちなみに扉は職員の鍵がないと開かないシステムで、これまた職員が先に逃げてしまったらor撃たれてしまったら、わたしたちは中に閉じ込められっぱなしで逃げられないシステムでした。かなり恐ろしい…。こうなったときのことまで考えてくれてるのかな???

…とまあ。いろいろ驚いたことがありました。しかし、もちろんフランスならではのお楽しみもたくさんありました。最後にちょこっと写真集。


DSC_1336.jpg

DSC_1481 (2)

リールの旧市街。たくさんの魅力的なお店に美しい街並み。


DSC_1494 (2)

フランスとベルギーの文化を併せ持つリール。料理はこの地域特別のベルギーちっく料理がたくさんあります。まさに美味しいとこ取り。


DSC_1447 (3)

DSC_1433 (2)

リールといえば、カフェ MEERT。1761年創業の老舗パティセリーです。サロン・ド・テとレストランを併設しており、どちらもラグジュアリー感たっぷり。このラグジュアリー感をパリで味わおうと思ったら、ここの2倍の値段は出さなければならないのではないかと、、、。パリに比べるとお得感たっぷりなのが(我が家には)うれしい。

ここで飲んだお茶は、オドロキの美味でした。ここまで美味しいのは、イギリスの高級アフタヌーンティー以外にあったか?てな味わい!!まー、オランダでは味わえんね。お薦めです!!


DSC_1485 (2)

半分新しいノートルダム寺院。フランスに行くといつもここがカトリック国であることを思い出します。前も書いた気がしますが、わたしはフランス系のカトリックの学校に行っていたので、ほんのりと昔味わった懐かしさが蘇ってきます。

フランスはオランダより厳しいカトリック国なので、その厳格さがイスラム教徒との衝突を激しくするのかもなあ。その昔、ユグノー(プロテスタント・カルヴァン派)はフランス国内で弾圧され、激しい内戦が勃発し、その後、国外へ逃走した人も多かったわけですが、考えてみるとその頃とあんまり体質は変わっていないのかもしれません。

今も、ブルカやブルキニは禁止などと言ってますけど、全面禁止にする必要はないと思うんですけどね。中途半端な抑え込みは、ホームグロウンテロリストの誕生を助長するだけなのではないかなあ。今後、大統領も決まりますが、誰になったとしても、この国の問題は深く解決はまだほど遠い…そう感じずにはいられなかった旅行でした。

関連記事

熱狂のお祭りへ - フェイエノールト優勝か?

DSC_1311 (2)

タイトルは東スポ風にしてみました(笑)。ちょうど新聞の折れ目が「優勝」と「か?」の間に入っているとまさにスポーツ新聞風でしょ。

今日は、オランダの国内サッカーはここ大一番の大事な一日でした。多くのオランダ国民にとっちゃ、、、

フランスの選挙なんぞどうでもええわ。
シャンゼリゼで襲撃があろうとそれは地球のどこかで起こった出来事であって関心はナーイ。

オランダ国民の気になるニュースといえば、、、サッカー。それONLYです(苦笑)。

今年は、なんと18年ぶり?にロッテルダムのフェイエノールトが優勝するかもしれない、ということで、熱狂的に盛り上がっているのです。

3大リーグ(アヤックス、PSV、フェイエノールト)のうち、フェイエだけが財政難や問題を抱えて、一時は降格の危機にまで陥ったほど。、もう名門チームは再起不能状態だったのです。それが、今年はついに優勝争いのトップに躍り出たため、久々に3大チームが足並みそろい、リーグ戦を盛り上げています。

オランダは悪名高いフーリガンで有名ですが、このフーリガンを抱えるのがフェイエノールト・チーム。ロッテルダム港の労働者たちが燃え上がる、、、それってイギリスのリバプールファンに近いものがあるのかなぁ。たぶん。。。

彼らは勝手にアヤックスを宿敵と決めつけ、因縁をつけては盛り上がっているんです。もちろんアヤックスのファンだって売られた喧嘩は買いますから、2チームが激突するときはサイアク。もう何年も前からクラブカードを持つファンは両チームの試合時には敵地に足を運べなくなりました(入場禁止)。

昨日までの順位は1位 フェイエノールト、 2位アヤックスでその差はわずか1ポイントでした。今日、両チームは別のトップチームと対戦することになっており、今日の勝敗結果が優勝を決めるといっても過言ではない重要ゲームだったわけです。

で、結果は、、、。なんとアヤックスが負けて、フェイエノールトが勝ったためポイント差が4に開きました。残り試合は…2つ。ま、フェイエなので、思わぬ格下にぽろっと負ける可能性だって大いにあるわけなんですが(苦笑)。それでも、優勝はぐっと近づいたと言ってもいいでしょう。あとひとつ勝てば優勝が決まるのですから!

うおー、今頃ロッテルダム人たちは、さぞや盛り上がっているだろうな、、、ちょっと怖いぞよ。なんせ過激なフーリガンですから。田舎の我が家でさえ、外に出ていると、「ウオーーーー!!!」という歓声がどこからか聞こえてきました。どうやらアヤックスが負けた瞬間だったらしい。

あー、明日、月曜日の午前中の仕事時間はあってないようなものなんだろうな…。彼らの仕事っぷりが今から容易に予測できます。


↓今週の庭の様子です↓
寒いので、ほとんど変化がありません。

DSC_1151-COLLAGE1.jpg

関連記事
プロフィール

そらのくも

Author:そらのくも
オランダ生活も15年目に突入しました。

(ご案内)
オランダ情報は「そらのオランダ通信」でお届けしています。是非ご覧ください。

↓ ↓ ↓

photoeurope2.jpg

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
写真のこと
当サイトで使用している写真と文章の無断転載はお断りしています。


そらのオランダ通信お薦め:オランダのベストミュージアム
↓ ↓ ↓
photoeurope2.jpg
情報

line_10.gif
line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記のお好きな画像バナーどれかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです 。

heart3.gif クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村
気になる本
オランダ生活に役立つ、今、自分が欲しい本を載せています(いわゆる備忘録)。



前回載せておいたフランス菓子は買おうと思ったら絶版になっていた。。。うそ~…!絶版になるのが早すぎる。今度こそ…。

ブログキーワード別カテゴリー

オランダ お出かけ 街並み 子ども ヨーロッパ 旅行 ガーデニング カフェ ハンドメイド ミュージアム 洋服 ショップ ソーイング本 オランダの話題 自転車 カメラ ロッテルダム 庭園 レストラン 教育 学校 ニュース オランダの食材 スーパー 日本語教育 子育て オランダサッカー おうちのできごと 英語学習 国際結婚 

ブログ記事カテゴリー
最近のコメント
リンク
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:

Flag Counter
メールフォーム
ご訪問ありがとうございます♪♪
ブログ・HPの感想はこちらまで↓

mail-pen2.gif
ブログ内検索