楽しい伝統行事が汚される

日に日に暗く、寒くなってきて、冬が刻々と近づきつつあるオランダ。

この時期になると、だんだんと
「ああ、またアノ季節がやってきたなあ~」…と感じますね。

え?アノ季節…って、、、どの季節???

それは、もちろん…シンタクラースの季節!ですよ。

現在、小さな子供がいる家はもちろん、そうでない家だって小さい頃の
楽しい思い出が蘇る、オランダ人の大好きな大好きな行事。

ところが。
今年は、ちょっと様相が違います。

楽しいシンタクラースの行事が何カ月も前から大荒れなのです。

原因は。

「ズワルト・ピットの存在は黒人差別ではないか。」

という申し立てがあり、現在あちこちで裁判が行われているのです。

そんな…。
今まで、ずーっと行われてきた楽しい行事なのに。
あんなに愉快で愛されるキャラクターであるズワルト・ピットを
誰が差別の対象としているんだ?

私も、多くのオランダ人も、みんなそう思っていますが、
一部の黒人(とか有色人種とか?)はそうは思わないようです。

人種差別問題って、複雑なんですよね。
もちろん、本当の差別もあちこちに存在し、苦しんでいる人もいる。
でも、一部の弱い人間は、自分の弱さを「差別」のせいにしている
ことも多々あるんですよね。

以前働いていた職場でこんなことがありました。

私が上司の仕事のやり方についての文句をちょこっと同僚に伝えたんです。
「あのね、あの上司がこうじゃなきゃって言うんだけど、
納得いかないんだよねー。」みたいな感じに。
すると、同僚から思いがけない返事が帰ってきたのです。

「分かるよ。白人は皆、そうやって我々を虐げるんだ!」

え…っ。

あまりにも想像をかけ離れた返事に私は目を白黒させてしまいました。
私は、自分自身が日頃から白人に虐げられている、
なんてそんなことを考えたことがなかったものですから、
どうしてそんな発想に結び付くんだろう、と驚いたことを
今でも覚えています。

でも、たぶん、、、自分の置かれた状況をすべて周りのせいにする、
そういう人はたくさんいるんでしょう。

この申し立てをしている人たちも、同じような考えなのかもしれません。
マレーシア航空機がウクライナで撃墜された後、
申し立ての先頭に立っている人はこう言ったそうです。

「何をみんな、騒いでいるんだい?
亡くなったのが白人たちだから、こんな騒ぎになっているんだね?
これが黒人だったら、どうでもいい話だろ?」

あまりに偏り過ぎた思想に呆れてものが言えません。

今は裁判所で、賛成者・反対者が入り乱れて、かなりの大混乱に
なっているんだそうで、毎日新聞でも大きく取り上げられています。
りすちゃんくらいの年齢になると、そのニュースのことも知っていて、
なんだかなあ、、、という気分。
まあ、うちの子は、もう今年、シンタクラースのお祝いをするかどうか
微妙な年でもあるんですけどね。

今年はゴーダにシンタクラースとズワルトピットがやってくるそうですが、
現在、まだ裁判で判決が出ていないこともあり、
ズワルトピット以外に、チーズピット(ゴーダなので)やら、
ゴールドピットも登場する手筈になっているのだとか(汗)。

…な、なんだか。。。話しが。。。
神聖なシンタクラースからどんどんと離れているような気がしないでも、、、汗。

そんなワケで、オランダの伝統的な行事も今は危機となっています。

私にとってシンタクラースの行事とは。
それは、オランダに住み、オランダで子どもが生まれて、
毎年彼女の成長と共に楽しんできた行事なのですから、
今や外国人の私にとっても思い出深い大切な行事です。

色んな思想はあるかもしれないけど、
この楽しい行事を、汚すことのないようにしてほしい。
そう思ってやみません。



line_10.gif



line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記の画像バナーどちらかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

いつもありがとうございます。

オランダ情報はこちらから → オランダ情報ブログランキング
海外育児ブログランキングはこちら → 海外育児ブログランキング

ソーイングブログランキングはこちらから↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村
関連記事

Trackback

Trackback URL
http://oranda.blog61.fc2.com/tb.php/998-7cf4ab08

Comment

Anne  | URL | 2014.10.21 11:59 | Edit
シンタクラースってオランダの子供たちがとても楽しみにしてるのは日本でも紹介されてます。
なんか毎年ズワルトピットの人種差別のことはチラホラと言われてるようですが、今年はその議論が大きくなってきているのですか?
逆に一々そういうことに反応すると、人種差別なんて感じてなくてズワルトピットが大好きだった子供たちの中に人種差別ってイメージに繋がっちゃうような・・・
でも、やっぱり難しいですねえ(^_^;)

子供の頃、チビク○サンボ読んで人種差別なんて思ったことなかったけれど、そのお話が問題になって驚いたことを思い出しました。
ただ日本はあまり色々な人種の人がいないから考える機会も少ないと思うので、移民の多いヨーロッパでは大きな問題なんだろうなあ・・・
でも、やっぱりみんなが楽しみにしてるシンタクラースを、ただただ楽しみたいですね!
そらのくも | URL | 2014.10.22 02:36
☆ Anneさん、

今年は議論が大きいどころか裁判所で争われているので、
賛成派と反対派が殴り合いになりそうな険悪モードとなっています。
なんていうか、、、これは、何故スペインから黒人のズワルトピットが来るんだ?
スペインには黒人が多いのか?とかそういう真面目な議論以前の
おとぎ話の世界の話なので、そこに現実を入れてほしくないなあ、
子どもの永遠の夢であって欲しい、という気持ちが強いです。
それこそ、サンタクロースとトナカイの世界、っていうかねえ。
もし、ズワルトピットが白人だったらこんな問題にはならないと
思うんですよね。そこに複雑さが絡んでいるというか…。。

ちびくろサンボは今、また絵本化されていますよね。
(結局差別ではなかったという結論になったのか?どうして
再版されたのか、その経緯は知らないのですが…。)
好きな話だったし、差別とはまったく思わなかったので、
私はうれしいんですけれども、、、。

小さな子どもの夢だからこそ、夢を壊すことのないように
してほしい。ただただそう願うばかりです。
Comment Form
公開設定

プロフィール

そらのくも

Author:そらのくも
オランダ生活も15年目に突入しました。

(ご案内)
オランダ情報は「そらのオランダ通信」でお届けしています。是非ご覧ください。

↓ ↓ ↓

photoeurope2.jpg

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
写真のこと
当サイトで使用している写真と文章の無断転載はお断りしています。


そらのオランダ通信お薦め:オランダのベストミュージアム
↓ ↓ ↓
photoeurope2.jpg
情報

line_10.gif
line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記のお好きな画像バナーどれかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです 。

heart3.gif クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村
気になる本
オランダ生活に役立つ、今、自分が欲しい本を載せています(いわゆる備忘録)。



前回載せておいたフランス菓子は買おうと思ったら絶版になっていた。。。うそ~…!絶版になるのが早すぎる。今度こそ…。

ブログキーワード別カテゴリー

オランダ お出かけ 街並み ヨーロッパ 子ども 旅行 ガーデニング カフェ ハンドメイド ミュージアム 洋服 ショップ ソーイング本 オランダの話題 自転車 カメラ ロッテルダム 庭園 レストラン 教育 学校 ニュース オランダの食材 スーパー 日本語教育 子育て オランダサッカー おうちのできごと 英語学習 国際結婚 

ブログ記事カテゴリー
最近のコメント
リンク
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数: 現在の閲覧者数:
Flag Counter
メールフォーム
ご訪問ありがとうございます♪♪
ブログ・HPの感想はこちらまで↓

mail-pen2.gif
ブログ内検索