バイリンガル・キッズ - 頭の切り替え

DSCF2974.jpg

とりあえず、漫画、読んどくか~。

もうすぐオランダの学校が春休み、、、ということで、
りすちゃんは日本人学校に1週間通うことになりました。
せっかくのお休みに別の学校~~?!と、通常のオランダ人は
そんな風に思うらしいのですが。。。りすちゃんは違います。
「絶対に行きたい!!」というりすちゃんの熱意に押されて申し込み
したくらいですから。。。。
彼女は、毎日カレンダーで日数を数えながら、心待ちにしています。

学校に行くまでに、もう少し漢字をマスターせねば、と少し焦り気味に
りすちゃんとのお勉強時間を持っている私ですが、相変わらず
彼女のやる気はなし…ガックリ(涙)。

それでも日本語モードが高まっているようで、ドラえもんのDVDを
見たり、1年生の教科書を見たり、小学1年生を読んだり…
いつもより手が日本のものに伸びています。

さて。
日本には、英語教育に熱心な親もたくさんいて、「バイリンガル」
とググってみると、熱心な親のブログがずらーーーーっと出てきたり
しますね。この熱心さに、私なんぞは、へへへへーーー!!!と
心から驚かされたりするんですが、ヨーロッパ(特にオランダなどの
小国)ではバイリンガルというのは、珍しいことでもなんでもなく、、、
それ自体が「議論しなければいけない」特別なコト、ではないんですよね。

りすちゃんが赤ちゃんのとき、保健所機関で
「あの、私は日本語で話しかけているんですけど…。」と言ったら
「あら。いいじゃない。」の一言で終わり。
彼らの解釈では、3ヶ国語まではまったく問題ナシ、で、
そのことについて反対意見も賛成意見もないのだそう。

そうとはいえ、環境・子供の性格・能力、、、そして親のやる気!
で、非常に優れたバイリンガルになる子もいれば、そうじゃない子もいて、
子供それぞれ千差万別、というところが面白いところだと思うんですが。

りすちゃんの場合は。

日本語の語彙力はかなり少ないなァ、と思うものの、スイッチの
切り替えは比較的スムーズなのでは?と思います。

スイッチの切り替えとは、すなわち「別々の言語の部屋を持っていて、
その部屋を上手に行き来すること」らしいんですが、なるほど、
りすちゃんを見ていると、彼女の場合は部屋どころか、2つの家が
建っているんじゃないか?と思うくらいの使い分けなんですね。

ひとつはオランダの家。ひとつは日本の家で。

オランダの家にはオランダの学校からテレビ番組から生活から、、、
すべてオランダのものが詰まっていて、日本の家には日本のそれらが
詰まっている。

まさにイメージで言うとそんな感じです。

ママである私だけは特別。両方の家に入ることが許されているんです(笑)。
でも、それ以外の人はダメ。パパですら、ダメなんですよ。
だから、彼女は日本人の集まりにパパが参加するのすら嫌がるんです。
「だって、パパは日本語がしゃべれないでしょう?」
日本語をしゃべる会にパパがいると、オランダ語をしゃべらなければ
いけない。どうやらそれが微妙にイヤみたいなのです。。。

日本に行くと、いつもオランダの家は完全に鍵が閉められてしまって
開くことがありません。この子は本当にオランダに住んでいるのか?
というくらいに言葉も話題も出てこないので、日本で出会う人から
すると『オランダの彼女』は想像できないんじゃないかな。
たぶん日本語がちょっとたどたどしい女の子っていうイメージ(苦笑)。

そんな彼女が一番戸惑うのは、彼女と同じく両方しゃべれる子供に
出会ったとき。今日はどっちのお家に入るべきなのか…、、、
彼女なりに考えるみたいですね。

今回は、補習校にも通っていないりすちゃんが、オランダで
日本の学校に通う、という新しいシチュエーションなので、
どういう感じになるのか?ちょっと楽しみなのであります♪



line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記の画像バナーどちらかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

いつもありがとうございます。

オランダ情報はこちらから → オランダ情報ブログランキング
海外育児ブログランキングはこちら → 海外育児ブログランキング
関連記事

Trackback

Trackback URL
http://oranda.blog61.fc2.com/tb.php/874-c7ee8e50

Comment

Non | URL | 2013.02.28 16:48
読んでびっくり。日本人学校がそうい受け入れをしているとは。ロッテルダムだからできるのかもしれませんが。

うちも上手に使ってますが、弟がいると2人とも同じ状況なのにも関わらず、うーんとオランダ語寄りです。なので、日本に行ってもオランダ語出まくり。

話は戻って、報告楽しみにしています!
そらのくも | URL | 2013.02.28 18:44
☆ Nonさん、

こんにちは。そうなんですよ。
けっこう知らない人が多いみたいですが…実は(少なくともロッテでは)できるんです。
ただ、日本の公立小学校はタダですが、こちらは一応有料です!
申し込みも簡単なんですーーー。なのに、すごく大歓迎してくれて、
遠くからでも頑張って通う甲斐があります!

兄弟がいるとやっぱりオランダ語率が高くなりますよね。
そういう話は非常によく聞きます。仕方ないですよね。
オランダの事情を話すのに、わざわざ日本語に置き換えるほど面倒なことは
ないですしね。うちも普段は、オランダのテレビとか、そんなんばっかりなので
日本語に直すのが面倒なことが多いようですよ。

成果報告…書こうと思っているので楽しみにしていてくださいな!

マドカ | URL | 2013.03.21 16:14 | Edit
日本とオランダ2つの家。切り替えられるりすちゃんが凄いです。あたしも小さい頃から英語を学んできてますが、りすちゃんみたくなかなかスイッチが入って、みたいになりません。英語を母国語とする人達とは英語でなるべく会話するようにしてますが日本語の方が楽だったりするんですよね。あたしもりすちゃんみたく切り替えスイッチちゃんとONにできたらな。
そらのくも | URL | 2013.03.26 03:54
☆ マドカさん、

りすちゃんも、日本語は苦手だと思いますよ。
でも、自然と切り替わるみたいですね。
苦手でも日本人を見てオランダ語でやり過ごそう、とは思えないみたいです。
バイリンガル=自然と言語の達人、と思われがちですけど、
そういうのを夢見て日本の英語教育も幼年期からなんだか過熱しているようですけど、
ずーーっと努力しつづけないと忘れて行ってしまいますし、
どんな環境下であれ、大変であることには間違いないと思っています。

Comment Form
公開設定

プロフィール

そらのくも

Author:そらのくも
オランダ生活も15年目に突入しました。

(ご案内)
オランダ情報は「そらのオランダ通信」でお届けしています。是非ご覧ください。

↓ ↓ ↓

photoeurope2.jpg

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
写真のこと
当サイトで使用している写真と文章の無断転載はお断りしています。


そらのオランダ通信お薦め:オランダのベストミュージアム
↓ ↓ ↓
photoeurope2.jpg
情報

line_10.gif
line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記のお好きな画像バナーどれかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです 。

heart3.gif クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村
気になる本
オランダ生活に役立つ、今、自分が欲しい本を載せています(いわゆる備忘録)。



前回載せておいたフランス菓子は買おうと思ったら絶版になっていた。。。うそ~…!絶版になるのが早すぎる。今度こそ…。

ブログキーワード別カテゴリー

オランダ お出かけ 街並み ヨーロッパ 子ども 旅行 ガーデニング カフェ ハンドメイド ミュージアム 洋服 ショップ ソーイング本 オランダの話題 自転車 カメラ ロッテルダム 庭園 教育 レストラン 学校 オランダの食材 ニュース 子育て スーパー 日本語教育 オランダサッカー 国際結婚 英語学習 おうちのできごと 

ブログ記事カテゴリー
最近のコメント
リンク
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数: 現在の閲覧者数:
Flag Counter
メールフォーム
ご訪問ありがとうございます♪♪
ブログ・HPの感想はこちらまで↓

mail-pen2.gif
ブログ内検索