ウィーンのカフェ&レストラン - その2

DSCF0463.jpg

デーメルのアンナ・トルテ。めちゃ美味しい~♪幸せ。

さて。
前回に続いて、ウィーンのカフェ&レストランのあれこれ
書いちゃいます。けっこう辛口?言いたい放題。。。かも(苦笑)。

前回書いたカフェ・シュペールを訪れた後、
同じ感じの有名カフェはけっこう高いし、落ち着かなさそうだし、
行かなくてもいいや~、と行くのを諦めてしまったのが、
カフェ・ツェントラル。結局、そちら方面に足を延ばす時間さえなく、
外観も見なかったので、どんなところだったのか。。。
ちょっと気になってます。

外観を見て、チャンスがあれば是非入ってみたい!!と思ったのが、
ディグラス。外から見る限り、かなり良さげな雰囲気を
醸し出していました。しかし、無念にも滞在時間切れ(涙)。

行く予定はなかったけど、通りかかったときやっぱり覗き込んで
しまったのが、超有名なザッハー。夕暮れ時に通りましたが、
いい雰囲気を醸し出していましたよ~。オペラ座に面したほうと、
ケルントナー通りに面したほうと両方ありますが、オペラ座のほうに
いかないと(同額のカフェ代を払うのは)もったいないような感じ。
…と思ったら、誰もがそう思うらしく、ケルントナー通りのカフェは
空席がアリ、オペラ座に面したカフェは何人か並んでいました(苦笑)。


DSCF0685.jpg

夕暮れ時のザッハー


shikaku.gif デーメル

混んでいるだろう、と思いつつ、これだけは行っておこう、と
朝から出かけてしまったデーメル。
いやぁー、日本人、めちゃ多し!!
お土産ケーキを買おうと並んでいる人は、ほとんど日本人。
30人ぐらいの団体客も日本人でした。個人客も日本人多し。
外に出れば、ショーウィンドーの写真を撮っているのも日本人。
おぉー、日本人ばっかだ!!!なーんかうれしかったですねぇ~(笑)。
最近は、どこに行っても、日本人の影は薄いですから。
なかなか遭遇しないんですよねぇ~。

なんか日本人っていうのは、海外観光において、決まった時期に
決まったルート、ていうものがかなり固定されているらしくって
あるところにはワンサといるのに、それを外れると、
急に誰もいなくなってしまうんですよね。
その落差はものすごく大きい、というか。
外れたルートにもすばらしいところはいっぱいあるのに、
もったいないなァ、と思うコトがよくありますね。
まぁ、私はけっこうマイナー嗜好なんですけど。


DSCF0469.jpg

私のマイナー嗜好はさておき、デーメル。
やっぱりお洒落でケーキも美味しくて、良かったですよ。
座っている椅子からお洒落な看板が見えたので、パチリ。


DSCF0464.jpg

だんなが食べたDobosトルテ。

面白いですね~。英語版のガイドブックには、ウィーンを
代表するお菓子として一番手に挙がってくるこのケーキ。
日本のガイドブック・地球の歩き方のケーキには載ってません~…なんで?
日本では、断然ザッハートルテが有名なんですね。
その違いは、嗜好の違い、てことなんでしょうか?
でも、だんな曰く、期待したほどではなかった、ということです(苦笑)。

私は、写真トップのアンナ・トルテを。
りすちゃんは、マロニ(マロン)を選んだんですが、
お酒が入っていて(?)美味しくない、ということで、
私が二ついただいちゃいました!!


DSCF0471.jpg

デーメルの一階部分。こちらは地元の人?が何人かいました。


shikaku.gif オーフェンロッホ

今回出かけたレストランで、Stocklと共にベストに上がってくる
ステキだったレストランです~。

ここには、お昼も2時半前、とかなり中途半端な時間に行きました。
その日は、バレエ鑑賞があり、私は夕飯をレストランで食べることが
不可能だったのです。

2時半までランチメニュあり、ということだったのですが、
時計を見ると2時20分。しかし、ランチだったら、2皿10ユーロ(?)
3皿15ユーロ(詳しい値段は忘れてしまいました)と格安です。

「あのー…まだ、ランチは食べられるんでしょうか?」
おずおずと聞いてみると、やたらくたら丁寧なお兄さんは
「もちろんです。」と丁重に応えてくださいました。
前日にサイアクのサイアク~!てな対応レストランに行ってしまったので、
感謝・感激・雛あられ!!(←死語?)て感じに舞い上がってしまいました。


DSCF0519.jpg

DSCF0521.jpg

DSCF0522.jpg

幸せに美味しかった3品。

前菜はニシンのサラダ。
メインは、魚(何かは忘れちゃいました)とリゾット。
デザートは、マンゴーのプディング、だったかな。

美味しいし、雰囲気も良かったし、ここはお薦め。
もし、ウィーン滞在が短くて、1軒だけレストランを選ぶ!
という選択肢になった場合は、迷わずここに行くことを
お薦めします。ただ、予約したほうが確実かも。


shikaku.gif カフェ・グロリエッテ

シェーンブルン宮殿敷地内にあるカフェ。


DSCF0589.jpg

冬季は、展望台はOPENしていない、ということだったので、
カフェもお休みなのかと思っていましたが、カフェはやっていました。
ここには、ケーキもありますが、この日はケーキという気分では
なかったので、普通のパン食を選びました。それもまぁまぁ。


DSCF0588.jpg

雰囲気もなかなかゴージャス。

ここのウェイターさんもけっこう気位が高そうな感じな人だったんですが、
支払いの際のチップの渡し方が、我ながらけっこううまくいったんですよね。
ささっと気前よく、て感じに?(ちょっと渡し過ぎた…?)
すると、そのウェイターさん、「オッ?」という感じで、私の顔を
見たんです。 そのあと、大きな声で「ダンケ!」と言いました。

そのときなんとなく思いました。
観光客に対して、イヤそうな対応しているのは、観光客は、
自分たちのしきたりを守らないからかもしれないなァーなんて。
そんなの、、、冷静に考えてみると、フレンドリーでもなんでも
ないんですけどね。どこに行っても、誰に対しても、
やさしく対応してもらってこそ、よい旅行として、
思い出に残りますもんね~…。


shikaku.gif プラフッタ

有名なターフェルシュピッツのお店。


DSCF0636.jpg

予約を取るのが本当に困難…。
私たちが行った日はもちろん、翌日も予約できませんでした。
1週間の滞在だったので、なんとか日にちを選んで行きましたが、
そうじゃあない場合…難しいです。
(あ、でも、別の支店なんかがあるのかな?)

味は絶品。ほんと、美味しいです。感激モノ!!
でも、お値段もけっこう一流。
気軽なターフェルシュピッツ、ではありません。
それに。ものすごく混んでいて落ち着けない感じ…。

さらにさらに。私たちが頼んだサイド・ディッシュ。
故意にかそうでないのか?来なくって、食事の途中で
「来てないように思うんですが?」と催促しました。

だんなは、英語のメニューを見ていたのに、ウェイターさんは、
何故か途中でメニューを取り上げてドイツ語メニューに
変えてしまいました。いや、英語でしゃべってるんですけど。

というわけで、サービスはどうなんだろ。
頼んだものが来ない、って私の中では、かなり印象悪いんですが。


shikaku.gif カフェ・ハイナー

ディグラスの斜め前辺りにあったハイナー。
雰囲気は、おばあちゃんの集まりカフェ、て感じ。
私たち以外は、ほとんど地元のおばあちゃんでした。

ここで、お昼御飯のあと、追加でケーキを食べよう、と思っていたのに、
りすちゃんが自分のエクレアを放棄したため、追加できませんでした(涙)。
ウィーンを代表する甘いケーキが売り、らしいんですが…。
こうなりゃ、最終日の朝にでも食べてやれ!!と思い、わざわざ
ケーキを食べにリンク内まで出かけたんですが、この日は祝日で
朝早くからOPENしていませんでした…(涙)。


DSCF0660.jpg

朝食も食べられるハイナー。


shikaku.gif 天満屋

DSCF0689.jpg

従業員も日本人が多い天満屋。
こういうお店はオランダでは、、、もう成り立ちませんね。
高いから~。観光客が来てくれて、なんぼ、なんだと思います。
ロンドンの三越と同じね。


shikaku.gif オーバーラーのケーキ

最後の日に、ハイナーのケーキが買えなかったので
こちらで購入しました。別の日にも買ってアパートで
食べていたので、ここのケーキは全部で3つ!食べました。

DSCF0527.jpg

マンゴー&チョコ。
今回食べたケーキの中で、一番美味しかったかな~。
チョコとマンゴーって相性が抜群なんだわ♪
あーーー、写真見てたら、また食べたくなりました。


DSCF0690.jpg

またまたモンブラン。何回食べても…うまい。


DSCF0691.jpg

トリュフ・トルテ。美味しい~。


shikaku.gif サイアクだった店(汗)

ここを語らずして、ウィーンのカフェ&レストランの話しは
終われません。いやー、ほんま、サイアク~~!!!!(涙)

このレストランは、ガイド(地球の歩き方)には載ってないので
皆さんがいく可能性は低いと思いますが、、、場所は、
プラフッタの近くで、確かカフェ・エングレンダーの前辺りにあったと
思います。

オーダーのお姉さん、サイアクです。
注文する際、こっちが質問しているのに、
「うん、うん、分かった~」と適当に切りあげちゃうんですよ。
しかも、持ってきた飲み物も全然違うものだし。
料理もお世辞にもうまくない!!
ほんま、2流、3流の料理ですよ。

し・か・も。一番サイアクだったのは、最後のお会計。
お値段は42.9ユーロで、だんなは50ユーロを出したんです。
そしたら、「ダンケ!」てそのまま全額持っていこうとしたんです。
もう、唖然、呆然…とはまさにこのコト。

「あ、お釣りが欲しいんだけど」
とだんなが丁寧に聞くと、、、返ってきた返事がこれ。

「いったいいくら欲しいの?」

もう、本当に驚いちゃって。
即座に全額ってきっちり答えれば良かったんですが、なんつーか、
こういう場合、どうしたらいいワケ?!?!
とっさに機転が利かず、えーっと…って困っていると、
「じゃ、5ユーロ返すわ。」と5ユーロだけ返してくれました。
それ以外は、、、彼女へのチップ…。タラーリ…。

これ、日本でやったら、

詐欺行為の警察通報もん?
切れて「店長出せ!」もん?
新聞通報もん?

絶対にあり得ないですよね~~。。。

こういう商売が成り立つオーストリア・ウィーンっていったい。。。
私のウィーンの評価は、一気に下がりましたよ。
今、思いだしても、正直、腹立たしいですもん。
あ”ーーーーーーーーー。

だんなは「これは差別かな」て言ってたけど、それとも違う?
それに、他のお客も、お会計の時、ひそひそ話してたしね。

あ、そうそう。この「ひそひそ」。
ウィーンではあちこちで見かけましたね~。
わたしゃ、「ひそひそ」は好きじゃないです。
アメリカやイギリスのようにブラックジョークで思いっきり返す、
てのが、やっぱりいいわ。大阪人とかもそうかもしれないけど。

可哀想なのは、だんなで、この日はだんなの誕生日だったの。
こんなことなら、ちゃんと予約しておくんだったわ。
ほんと、サイアクの思い出。


shikaku.gif 最後のケーキ@空港

お口直しに…。最後の空港でのザッハートルテのお写真。
あ、アプフェルシュトゥルーデルの写真もありました。


DSCF0692.jpg

DSCF0693.jpg

バイバイ、ウィーンでのケーキの日々…。



line_10.gif

オランダ情報ブログランキングに参加中です↓。
薔薇の画像をぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
いつもありがとうございます。

海外育児ランキングにも参加しています。
世界各地の楽しいブログが登録されています。
ランキング確認はこちらから → ブログ村 海外育児ランキング
関連記事

Trackback

Trackback URL
http://oranda.blog61.fc2.com/tb.php/738-d1bf8aae

Comment

アングラ | URL | 2012.01.14 19:58
> なんか日本人っていうのは、海外観光において、決まった時期に
> 決まったルート、ていうものがかなり固定されているらしくって
> あるところにはワンサといるのに、それを外れると、
> 急に誰もいなくなってしまうんですよね。

これ、本当にそうですね。
我が家は年末年始に台湾の台北に旅行したのですが、鼎泰豊という小籠包で有名な店の本店の前をたまたま通りかかったら、夕方の中途半端な時間なのに、行列が50人くらい。身なりから推測するに大半が日本人。鼎泰豊は新宿の高島屋にも支店があるので日本人には知られていますが、そこまで並ぶこともなかろうにと思いました。
我が家は鼎泰豊で修業した人が調理している別の有名店で小籠包をいただきました。とても美味しかったです。行列もせずに済みました。
小籠包は上海料理なので、無理して台北で食べる必要もないのですが(笑)
そらのくも | URL | 2012.01.14 23:15
☆ アングラさん、

小籠包…。私がいままで食べた中で一番美味しかった小籠包は
なんといっても、上海で歩いて偶然見つけたお店です。あの頃(90年代前半)は
小籠包を山もり食べても50円もしませんでしたね。
不便でどこも超汚かったけど、食べ物に関しては…うーむ、と思いました。

高島屋にあるんなら、わざわざそこで並ばなくても…と思いますけれど、
日本人ってけっこうそういうところがありますね。考えてみれば、
デーメルも日本にありますしね。ベルギーのピエール・マルコリーニでも
10箱くらい買っている日本人を見かけましたが、わざわざそんなに買わんでも…
と思ったことがあります。お値段が安いから、なんでしょうか。
現地には現地の美味しいものがあるのに、わざわざそこで行列する、ていうのは
やはり名の通ったブランドが、ということでしょうか。

台湾、一度は行ってみたいと思いつつ、今はなかなか行けないところに
なってしまいました。台湾に行くくらいなら日本に行きたいですもんね。
Comment Form
公開設定

プロフィール

そらのくも

Author:そらのくも
オランダ生活も15年目に突入しました。

(ご案内)
オランダ情報は「そらのオランダ通信」でお届けしています。是非ご覧ください。

↓ ↓ ↓

photoeurope2.jpg

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
写真のこと
当サイトで使用している写真と文章の無断転載はお断りしています。


そらのオランダ通信お薦め:オランダのベストミュージアム
↓ ↓ ↓
photoeurope2.jpg
情報

line_10.gif
line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記のお好きな画像バナーどれかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです 。

heart3.gif クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村
気になる本
オランダ生活に役立つ、今、自分が欲しい本を載せています(いわゆる備忘録)。



前回載せておいたフランス菓子は買おうと思ったら絶版になっていた。。。うそ~…!絶版になるのが早すぎる。今度こそ…。

ブログキーワード別カテゴリー

オランダ お出かけ 街並み ヨーロッパ 子ども 旅行 ガーデニング カフェ ハンドメイド ミュージアム 洋服 ショップ ソーイング本 オランダの話題 自転車 カメラ ロッテルダム 庭園 レストラン 教育 学校 ニュース オランダの食材 スーパー 日本語教育 子育て オランダサッカー おうちのできごと 英語学習 国際結婚 

ブログ記事カテゴリー
最近のコメント
リンク
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数: 現在の閲覧者数:
Flag Counter
メールフォーム
ご訪問ありがとうございます♪♪
ブログ・HPの感想はこちらまで↓

mail-pen2.gif
ブログ内検索