ベルギー・オランダの飛び地 - 国境の不思議

DSCF0042.jpg

昭和の匂いがするような…古い駄菓子屋さん

ずいぶん前の話になっちゃいますが、久方ぶりに会うお友達と
デートしてきました。そのうち日本に帰るわ、と言っていたのが、
どっこい、気がつけば、彼女、このオランダの地で新しい人生を
再スタートさせていたのでした。
一人で!(←強調したくはないですが、ここ重要)
同年代なのに!!(←年のことは言いたくないですが…これも重要)
ちょ、ちょっと、どうやったらそんなパワーが?!
少しパワーをおすそわけしてもらおうっ…ってワケでもありませんけど
いろいろ話を聞くのが楽しみぃぃぃ~。てなワケで(笑)。

…まあ、ブログなので、ここでは彼女のことは語りませんが、
久しぶりに「女子」ってな話で盛り上がり、とても楽しかったです。

さて。
せっかくなので、オランダのどっか周りましょう、ということで、
今回出かけたのは、バールレ=ナッソウ(Baarle-Nassau)。
オランダとベルギーの国境がぐちゃぐちゃとなっていて、
オランダの領土の中にベルギーの飛び地が点々としている町です。
ずーっと行ってみたい、と思っていましたが、今まで実現
しませんでした。

ぐちゃぐちゃになっている国境地図 → Baarle-Nassau

このバールレ=ナッソウには22のベルギーの飛び地(バールレ=ヘルトフの町)
があり、なんとそのベルギーの飛び地の中に、さらにまたオランダの
領土が7箇所あるんだそうです。ん?理解できます???

しかも、きれいに国境線が分かれているのではなく、ぐちゃぐちゃと
分かれているので、ある家ではドアの入り口がベルギー領土なのに、
中に入ると、オランダの領土も混じっている…てな具合。
ふ、複雑ですよねぇ~。

どうしてこんなことになったのか?という由来は… こちら(ウィキペディア)

(ちなみに、このウィキペディアには飛び地が21箇所、となっていますが
現地で貰って来たパンフレットによると22箇所となってます。)
パンフレットによると、現在、ベルギーの住民は2250人ほどだそうです。

私は小さい頃から、地理が好きで…地図帳があればかなりの時間が
潰せる、ていうタイプだったので(地図オタク~…)、
こういう複雑な国境はめちゃくちゃ楽しい!!…てなわけで、
出かけるまで興味心身でした。

まぁ、行ってみての感想は…。

昔(80年代)は、パスポートなしで行けるベルギーとして、
オランダ人にも人気のあるちょっとした観光地だったようなんですが、
シェルゲン協定がある今は、パスポートがなくたってベルギーに
自由に行けてしまう時代。しかも通貨も統一通貨になって
しまっているし…。

そんなワケで、特別に「特別な場所」だわ~、という感想は
ありませんでした。ただ、国境とは何だろう?という疑念が
常に頭の中を駆け巡ってましたけどネ。


DSCF0028.jpg

左NLがオランダ領土。右Bがベルギー領土。
町には多数の「++++」領土を示す案内があります。


DSCF0029.jpg

アントワープなどで馴染みのベルギー・バスもここを通ります。
この飛び地のために、わざわざバスを運行させているんだ、
と思うと、領土を維持するのもお金がかかるなあ、と。


DSCF0030.jpg

公共交通機関だけじゃないよ。
毎日、新聞だって、郵便だって、配達・集荷されるんです。
飛び地からベルギーの国境まで5キロだから、それほど大変じゃないけど、
たとえば国境まで300キロだったら…大変だよねぇ。。。

写真は撮らなかったけど、不動産だってありました。
そうか。家だって、ベルギーの領土で買えば、ベルギーの国家の
税率でベルギーの法に則って、売買契約がされるワケなんだ。

法に則って…といえば、警察だって市役所だってなくちゃいけない。
ますます、領土を維持するのは大変なんだなぁ、です。


DSCF0031.jpg
ちっちゃな、ちっちゃな、ベルギー側の市役所。

そういえば、ずいぶん前ですが、この町で殺人事件がおき、
その遺体が、まぁ、、、複雑なコトに国境線上に転がっていたので
オランダ、ベルギー、どちらが捜査に当たるのか揉めている、
というニュースがありました。ちなみに複雑な事件だったそうで、
どちらも担当したくなくって譲り合いだったそうです(汗)。


DSCF0044.jpg

駐車場にも+++++マークが。
たまたまうまい具合にNL側にNLナンバー、B側にBナンバーが
駐車してありました。


DSCF0035.jpg

国境線近くに立つ記念碑。
この国境線で、国境審査が行われた時期もあったようです。
特に第一次世界大戦では、ベルギーは参戦、オランダは中立だったため、
このベルギーの飛び地の周りだけ鉄線が張られ犠牲者も出たのだ
そうです。今や、国境の面影を示すものは、+++++や、
国旗くらいしか見当たらず平和ですが、この町はずっと複雑な国境が
ある町として、歴史に翻弄されてきたワケなんです。

…と、ロマン調に語るのはこれくらいにして(笑)。

ランチは、国境線のすぐ脇にあるホテル・カフェで取りました。
オランダ側にあります。オランダ側のカフェならば、
オランダ風なカフェなのか?!?!

…まあ、そんなところも、疑問、疑問(笑)。

メニュを見てみると、ベルギー・ワッフルもあり、オランダ風(?)
クロケット(コロッケ)もあり、、、。オーダーしたパンは、
微妙にベルギーちっくなバケットにこんもり野菜やチーズが
載っていて…まぁ、そうですねー。ミックス?!
ちょっぴりベルギー風が混じってる?!…そんな感じでした。
やっぱり食に関しては、ばっさり「国境ライン!」というワケには
いかないのかもしれませんねー(笑)。

そういえば、ベルギー側にあるパン屋にも行ってみました。
もしかして美味しいパンやケーキがあるかなーと思って…。
しかーし。残念ながら、こちらもやっぱりあやふやミックス、
て感じで(汗)、それほど魅力を感じなかったので、
何も買いませんでした。スーパーも、ちょこっと見た限り、
オランダにもあるスーパーが一軒あるだけでしたし。

昔、だんなが子供の頃、タバコとチョコを買いにこの町に
家族で行ったことがあるって言っていたので…昔のほうが、
それらしく国境ラインで分かれていたのかも(?)。


DSCF0036.jpg

ベルギーとオランダの町が混在する標識

いろいろ考えると、食文化も…国境のどの辺りで、テイストが
変わってくるのでしょうね。島国に囲まれて陸続きの国境が
ない日本からやってきた私には、ここにある国境に関するもの
全てがなんだか不思議な感覚です。国境、てことを考えないと
単なる普通の町なんですけどネ!

トップの写真は、町にあったノスタルジックな駄菓子屋さん。
入った途端、空気がさーーーっと昔に戻されるような。
昭和のような雰囲気を感じました。
友達も私も相当気に行って、狭い店内をぐるぐる見ていました。
いいねー。こういうの。ここに流れている空気は、
国境も何も関係ない。日本でも感じられる、宮崎駿の映画に
出てくるような(トトロとか?)懐かしい空気だよ。
考えてみると、こういう空気はどうやって生まれてくるのだろうね?

いろいろ考える…秋のプチ・トリップでした。



line_10.gif

オランダ情報ブログランキングに参加中です↓。
薔薇の画像をぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
いつもありがとうございます。

海外育児ランキングにも参加しています。
世界各地の楽しいブログが登録されています。
ランキング確認はこちらから → ブログ村 海外育児ランキング
関連記事

Trackback

Trackback URL
http://oranda.blog61.fc2.com/tb.php/730-396616dd

Comment

| | 2012.11.17 18:28
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Comment Form
公開設定

プロフィール

そらのくも

Author:そらのくも
オランダ生活も15年目に突入しました。

(ご案内)
オランダ情報は「そらのオランダ通信」でお届けしています。是非ご覧ください。

↓ ↓ ↓

photoeurope2.jpg

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
写真のこと
当サイトで使用している写真と文章の無断転載はお断りしています。


そらのオランダ通信お薦め:オランダのベストミュージアム
↓ ↓ ↓
photoeurope2.jpg
情報

line_10.gif
line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記のお好きな画像バナーどれかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです 。

heart3.gif クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村
気になる本
オランダ生活に役立つ、今、自分が欲しい本を載せています(いわゆる備忘録)。



前回載せておいたフランス菓子は買おうと思ったら絶版になっていた。。。うそ~…!絶版になるのが早すぎる。今度こそ…。

ブログキーワード別カテゴリー

オランダ お出かけ 街並み ヨーロッパ 子ども 旅行 ガーデニング カフェ ハンドメイド ミュージアム 洋服 ショップ ソーイング本 オランダの話題 自転車 カメラ ロッテルダム 庭園 レストラン 教育 学校 ニュース オランダの食材 スーパー 日本語教育 子育て オランダサッカー おうちのできごと 英語学習 国際結婚 

ブログ記事カテゴリー
最近のコメント
リンク
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数: 現在の閲覧者数:
Flag Counter
メールフォーム
ご訪問ありがとうございます♪♪
ブログ・HPの感想はこちらまで↓

mail-pen2.gif
ブログ内検索