アムステルダムでダッチ・デザイン

DSCF9633.jpg

オシャレな空間が広がるアムスの図書館

これまた、ずいぶん前の話になってしまったんですが、
最後の夏日だった9月末、久しぶりにアムステルダムに
出かけてきました。

メインプログラムは「友達とのおしゃべり」だったので(笑)、
特にどこに行こう、あそこに行こう、ていうプログラムも
なかったのですが、せっかくなので友達にお薦め場所を
案内してもらいつつ、、、アムス街中をぐるっと散策しました。

もう大抵の町を一人で歩きまわることができる、って
思うんですが、大御所アムスだけはまだちょっと…。
住んでいる日本人もいるし、大丈夫よぉ~ってとこなんでしょうけど、
「もし間違えて変なところへ入り込んでしまったら…。
もし偽警察に呼び止められたら…。」etc.心配はつきません(苦笑)。
あの放射状に延びる町並みってのもダメですね。
曲がって曲がって曲がれば元の場所、、、に辿り着かない(汗)!!
どーも迷いやすいんです。イマイチ良く分かりません。
ああ。でも、デン・ハーグもイマイチ良く分かりませんが…。
ユトレヒトだってくねくねしてるし。
、、、て、そんなんばっかりじゃないですか、ワタシ。

てなワケで、待ち合わせは無難に中央駅。
久々に田舎から出て行ったので、ごった返す人々が大きな
スーツケースを片手に英語を話しているのを見て、
「あー、なんか外国に来たみたい!!」と、
それだけでなんだか一瞬、旅行気分になりました。
スキポールも外国気分を盛り上げますが、アムス中央駅も
盛り上がりますな。

それにしても。
アムス中央駅周辺っていつ来ても、いつまで経っても、
工事中…。どうなってるんだろ?と思いきや、今、
町のど真ん中を横断する地下鉄を建設中なんですってね。
それでもって、その地下鉄が…当初計画していたより
難航していて、予算も工事期間も膨大に膨らんでいるんだとか。
なんでも、ゴールデンエイジの17世紀の家々が
地下に掘られた穴によって、ずぶずぶ倒れちゃうハメに
なって、「穴掘るな」運動に発展しているのだとか。
うーーーん、こりゃ、完成はまだまだ先そうですね(苦笑)。

私たちは、その工事現場を横断して、2007年に完成したという
「アムステルダム公共図書館」に行きました。
アート性溢れる空間として、日本の建築関係者にも有名だという
この図書館。

…いやぁ。ほんと、ステキな空間が広がっていました。
どこもかしこも、写真を撮りたくなってしまいます。
流行りのデザインホテルみたいな感じで、これが公共図書館!!
ていうのが、信じられないですね。


DSCF9635.jpg

お花のランプの下にあるのは、子供図書コーナー。
置いてあるソファが寝そべるソファで、親子が寝そべって
本を読んでいました。
図書館=寝そべって本を読んでOK、この発想に脱帽!!


DSCF9632.jpg

おしゃれなDVDコーナー(だったと思う。。。違ったかな?)
あ~、私だったら、マンガ置きたいな。なんかそういう空間。
(←意味不明)


DSCF9625.jpg

本がずらーっと並んでいるんですが、もうそれだけでオシャレ。
黄色と青の小さなランプが照らされていて、本がキラキラ
光っているんです。この写真だとちょっと分かりにくいんですけど。


DSCF9631.jpg

寝そべっていいのは、本を読むときだけじゃないよ。
なんと、こちらは、寝そべりソファと検索コンピュータ。
後ろにずらーっと並ぶCDも圧巻です。


DSCF9630.jpg

アート性溢れる検索コンピュータ。やっぱマックね。

どうです?ステキでしょう。
これを見ただけでも、アムスに来た甲斐があった、と思いました。
これを建築した人は、ほんと、楽しんでデザインしたんでしょうね。
こんなに自由な発想ってちょっとないもの。
我が町の図書館にも感動しましたが、こちらは比ではなかった(笑)。
恐るべし、ダッチ・デザイン!!

上階にはカフェがあって、テラスでお茶を飲むことができます。
私たちは何もオーダーせず、眺めだけちょいと拝借~。


DSCF9626.jpg

この日は良いお天気でしたが、霞がかかっているのか?
全体的に白っぽい景色でした。
下を眺めれば、気持ちよさそうにボートが通り過ぎていくし。
こういう天気の良い日にはボートに乗りたくなるわね。
寒い日は、、、絶対にイヤ、だけど。

さて。お昼ごはんの時間です。下調べでいろいろ見てみたんだけど、
どうも「これ」というものが見つからず…。
お友達に頼んで、お友達の好きなところに連れて行ってもらうことに
しました。お友達の好きな場所は…アムスでも有名な場所。
↑の写真にも半分見えてます~。


DSCF9638.jpg

そう。見るからにチャイニーズなこのお店!!
「え、このお店~?運河クルーズで見たことあるよ~。」
見たことあるけど、行ったことなかったこの建物で
ご飯を食べるということで、私もちょっと興奮。

この日は私たち以外にも日本人の方々がいらっしゃり、、、
アムスで有名な中華なんでしょうかね。
私たちは2人しかいなかったのであんまり頼めなかったけど、
おなじみの飲茶をオーダーしてばくばく食べました。

おしゃべりに夢中になって、もしや今日はここで幕引き?
て勢いでしたが(笑)、なんとか途中で切り上げて、
イザ!アムステルダム散策です~。


DSCF9640.jpg

ひとりだとそそくさと通り抜けなければいけない通りでも、
この日は写真を撮っちゃったりして。
お天気もよく、ものすごい活気づいているので、
怪しい雰囲気もないけど、たまーにコーヒー・ショップとか
大きな窓に椅子が置いてあるお店(←飾り窓)とか通ります。

そういえば、この日は、あんまり大麻?の匂いがしませんでした。
アムステルダムといえば、街角ごとにぷおーーーんと匂う
あの独特の香り…。「あんまり匂わないねェ」と友達に言うと、
「週末がけっこうすごいかな」と言ってました。
まぁ、日本じゃ、街角で匂うってことはないわね(汗)。

大麻の匂い、といえば、思い出があります。
以前、りすちゃんと地下鉄に座っていたら、後ろに怪しげな
お兄さんが来て座ったのです。すると、強烈な香りが…。
や、やばすぎる、、、(汗)。
そこに3歳だかそこらのりすちゃんが大声で一発。
「なんだか変な匂いがするねェ~~!」
しょえぇーーーーっ。
もう私は、即座に思いました。
「あーーー、日本語で良かったぁ~~。」ってね(汗・汗)。
結局、お兄さんは即座に立ちあがってどこかへ行ってしまい、
事無きを得たんですけどね。

二人でべらべらとめどもなくおしゃべりをしながら、
歩いていきます。どこをどう歩いていっているのか…
私にはイマイチ分かりませんでした(笑)。
街角・街角ごとに「あ、ここ、見たことあるな。」
「ああ、ここね。」と思うんですが、地図を開けて
「さあ、今、あなたはどこにいる?」と言われても、
絶対に指せないような…(汗)。
やっぱり、放射状は苦手です。

この日は、本当に良いお天気で、どこも人・人・人。
こんなに混んでいる日にアムステルダムを歩いたことは
なかったかな、てくらいすごい人混みでした。
あー、でも、アムスにくると、いつもすごい自転車だな、
混んでるなって、思うんですけどね。

人混みをかき分けて、すーっと静かな空間へ。


DSCF9642.jpg

アムステルダム・ベギンホフ。
すごく久しぶりにきました。たぶん10年ぶりくらい?
観光客がうるさいので、そのうち門を閉めるっていう噂を
聞いていたので、入れないのかと思ってました(苦笑)。


DSCF9644.jpg

ベギンホフ内にある英語改革派教会の内部。
ここは、エリザベス女王陛下もいらしたことがある由緒正しき場所。
今でも英語で礼拝が行われています。

ほんと、町のど真ん中にあるのに静かでいい感じです。
外へ出てからの私たちの会話。
「こういうところに住むと静かで便利だからいいよね。」
「でも、お庭でひとりビールってムリなんじゃない?」
「あと、お庭でバーベキューとかさ。ムリだよねー。」
「お友達を招いてワイワイってさ。ご近所さんにも声かけちゃう?」
「きっと追い出されちゃうよ。」
「ある日、追い出しの手紙がポストに入ってるのかな~。」
「どうやって追い出されるんだろうね~。」
どうも、二人ともベギンホフに住む住民にはなれそうもありません(爆)。


DSCF9645.jpg

お友達お薦めのお店、Pylones (ピローヌ)
かわいいパリの小物雑貨ショップ。
置いてあるものすべてがカラフルでかわいらしい~♪
こんなん、、、日本にも進出しそうだねぇ~と言ってたんだけど、
帰ってからコンピュータで調べてみると、やっぱり東京の
輸入雑貨店が取り扱っているみたい。かわいいですもん。

ただ、私はこういうの、どうやって飾ってどうやって使っていいのか
分からず、うまく使いこなせないタイプ(涙)。
難しいんだよな~。

お店を出て、再びずんずん歩きながらおしゃべり。
天気が良いからフォンデル公園でおしゃべり、または、
思い切ってダイヤモンド屋さんに行くか~?!

…って、ぜんぜん違う選択肢じゃんね(爆)。

ワタシ、ダイヤモンドやジュエリーはあまり興味ないんですが、
見るのは大好きなんです。って、誰でもそうかしら?
女二人だったら、気軽に入れるかなぁーなんて思ったんですが、
やっぱりダイヤモンド屋さんとしては、買う気な人に来てもらいたい
らしいですね(苦笑)。当たり前ですかね。。。
お友達がちょっと詳しいので、あれこれ聞いてみたら、
やっぱりちょっと敷居が高そうだったので、とりあえず
辞めておきました(苦笑)。

ちなみに、今は中国人がばんばんとダイヤを買っていくんだそうです。
何カラットもの巨大ダイヤがどーーんと売れていくそうな。
そのノリ「あ、じゃあ、ワタシ、これとこれ!」みたいな…。
すごいなあ~。でも、彼らの旅行(中国からの観光旅行)は、
買い物・買い物・買い物、で、せっかくヨーロッパに来ても、
買い物しかしないんだそうで、、、。
こういうのってあんまりうらやましくないなぁ~(苦笑)。

なんか聞けば聞くほど、バブルの頃に日本?って感じがします。
日本も、ちょっと前まで、世界の町の高級ショップのお得意様で…。
ここ、アムステルダムでもダイヤをばんばん購入していった
日本人がいっぱいいたんだろうなあ~。

あの頃、日本人は「世界を買った!」なんて浮かれていたけど、
今の中国人ツアー客を見て、私があんまりうらやましいと思わないのと
同様、きっとあの頃も、海外の人は日本人をうらやましいと
思わなかったのかなー、なんて、今更ながらそんなことを
考えてしまいます。きっと浮かれていたのは日本人本人たちくらいで。

ヨーロッパに住んであちこち訪れると、その文化遺産に圧倒されますし、
美術館に行けば貴重な美術品の量に驚きますし、
有名な絵画一点や二点が日本に流出したところで、
痛くも痒くもないということが分かります。それをマスコミが
「日本は世界の文化遺産を買った!」みたいに騒ぎ立てて…
あの頃は私もなんだかすごい!なんて思ってましたケド、結局、
本当はあんまり大したことなかったのでは、なんて思ってしまうのです。

あの頃、買われていったダイヤは今、日本でどうしているんでしょうか。
母から子へ、子から孫へ…と代々の遺産になっているとステキですけどね。

あーー、なんだか話がずいぶん変な方向へ…(苦笑)。

そんなこんなでダイヤ店にはいかず、私たちは、フォンデル公園へ。
この日の公園は、、、イベントでもあるの?ってなくらい、
ババ混みでした。ほんと、人・人・人。
皆、手に飲み物を持って、芝生に座りこみ~~。
私たちは、公園内のカフェで、まだまだおしゃべり。
女っちゅうのは、、、いくらでもしゃべれますな(笑)。


DSCF9648.jpg

この日は、夏日のように暑かったけれど、
公園内はかすかに黄葉していて、やっぱり秋が近づいてる?
そんな感じでした。

この日は、結局アムスを出たのが夕方6時過ぎで、
家についたら夜8時過ぎてしまいました。
最後は小走りし、急いで帰ってきました、みたいにアピール
したけど(←ムダムダ)、玄関を開けてくれたりすちゃんが
「ママー、何やってたのー。遅いよ~。」
と、喝!!母はしょぼーーーん、です(苦笑)。

ま、それはともかく。
お友達とおしゃべり、という目的が達成できて楽しい有意義な
日でした。このお友達、こちらに来てから、本当に災難続きで
私だったら絶対に日本に帰ってるよ!!て感じなんですけど、、、
彼女は会うたびにたくましくなっていって…。
すごいなァ~。この日も、またまた私のほうがパワーを
もらっちゃいました。どーも、ありがとう♪♪
(←って、これ、読んでるかどうか、、、びみょーだけど(汗))



line_10.gif

オランダ情報ブログランキングに参加中です↓。
薔薇の画像をぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
いつもありがとうございます。
関連記事

Trackback

Trackback URL
http://oranda.blog61.fc2.com/tb.php/704-7b14fa58

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

そらのくも

Author:そらのくも
オランダ生活も15年目に突入しました。

(ご案内)
オランダ情報は「そらのオランダ通信」でお届けしています。是非ご覧ください。

↓ ↓ ↓

photoeurope2.jpg

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
写真のこと
当サイトで使用している写真と文章の無断転載はお断りしています。


そらのオランダ通信お薦め:オランダのベストミュージアム
↓ ↓ ↓
photoeurope2.jpg
情報

line_10.gif
line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記のお好きな画像バナーどれかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです 。

heart3.gif クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村
気になる本
オランダ生活に役立つ、今、自分が欲しい本を載せています(いわゆる備忘録)。



前回載せておいたフランス菓子は買おうと思ったら絶版になっていた。。。うそ~…!絶版になるのが早すぎる。今度こそ…。

ブログキーワード別カテゴリー

オランダ お出かけ 街並み 子ども ヨーロッパ 旅行 ガーデニング カフェ ハンドメイド ミュージアム 洋服 ショップ ソーイング本 オランダの話題 自転車 カメラ ロッテルダム 庭園 レストラン 教育 学校 ニュース オランダの食材 スーパー 日本語教育 子育て オランダサッカー おうちのできごと 英語学習 国際結婚 

ブログ記事カテゴリー
最近のコメント
リンク
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:

Flag Counter
メールフォーム
ご訪問ありがとうございます♪♪
ブログ・HPの感想はこちらまで↓

mail-pen2.gif
ブログ内検索