日本が近づく空間

DSCF9612.jpg

水風船持って帰ります~

先週末は、育児会の集まりで「縁日」が開かれました。
つきのしずく~オランダだより~ のdragonmoonlightさんが、
「ブログ、書きます!」と、張り切っていらしたので、
しめしめ、じゃ、こちらは遠慮なく、『詳しい内容と写真はこちらを
ごらんくだされ!』と、リンクさせていただこう、、、と思っていたところ

dragonmoonlightさんから、
うわーーーっ、写真のデータを消してしまったっ!!!!
という悲痛なメールが、、、。

悲しいよね、そういうの~…(涙)。
ウソ!!と思いながら、ごちょごちょ機械をいじる瞬間…。あー。

そういうことなら、しゃーないなー、私の出番か!(??)、
と、言いたいところでしたが、なんと、こちらも現場で撮った写真は、
たったの2枚のみ(汗)。
あら?私、もう少し、熱心に写真を撮ったと思ったのにっ!!
私ってば、いったい何をしていたのかしら?!
(←おしゃべりに夢中、または、食べるのに夢中…に違いない…汗)

結局、他の参加者の方から、写真をお送りいただいたので、
思い出は残りました!!いやはや、ヨカッタ、ヨカッタ。
、、、が、さすがに写真を転用するのもなんですので、
まあ、詳しい内容は私の心の中に留めておきましょう(苦笑)。


この日の縁日は、いつも集まるロッテルダムの某家にて
行われたのですが、この日の空間は、かなーり、日本に近い空間でした。
集まった方々が、日本人がほとんど、ということもありますが、
それだけでは「あーーー、日本かも!!」という感覚にはなりません。
たぶん、この日は、たこ焼きを焼く「匂い」とか、水風船を叩く「音」
とか、子供たちの「浴衣」とか、、、そんなもんが、限りなく
日本っぽかったのでは、と思います。

ところで、海外に住んでいて(旅行に来て)、日本が近づく空間って
どんなもんだろ、、、と考えてみると、どうでしょう?

私の場合、「味覚」は、あんまり日本を連想させないのか、
日本食を食べても、「おー、ニッポン!!」とは思わないかな。
たぶん、人、それぞれでしょうけれども。
なので、日本食レストランに行っても、それほど強く
「おー、日本だ~」とは思わないですね。
むしろ、「あー、ここはやっぱり外国のレストランだな」と
違いを無意識のうちに探してしまうところがあります。

まあ、でも、これはレストランによるかもしれませんね。
汚くてマンガなんかが置いてあって、現地の外国人は絶対来ない!
っていうお店で、ラーメンなんかをすすったとしたら、
おおっ!!これは!!と、感じるに違いありません(苦笑)。
でも、こう感じるのは、味覚よりも、視覚、嗅覚が働く
からかもしれませんが。。。

「視覚」、、、は、日本のテレビ番組を(コンピュータではなく)
テレビで見ると、急に日本に引き戻される感覚になりますね。
私は、めったに見ないせいもありますけど、CMが流れる瞬間、
「お!今、日本を感じた!!!」と思ったりします。

私にとっては、「嗅覚」は、かなり「日本」を連想させます。
肉じゃがなんかを作ると、甘辛い匂いが3階まで充満するの
ですが、この甘辛い匂いにふと接すると、「ああー、
なんか、日本!」って思います。食べても思わないんですけどね(笑)。

アメリカに留学していた頃、お香を焚いている日本人学生が
いまして、、、部屋の前を通りかかると、たまーに
ほのかに匂うんです。「う!!懐かしい!」と来ましたね~~。
お線香とか、蚊取り線香とか、、、妙に日本ちっくな気分になります。

あと、オランダで一番日本を感じる場所!!といえば、
私にとっては、ダントツ「日本大使館」で…
入った瞬間に「う、ここはまぎれもなく、日本!!」と感じてしまいます。
なんでだろー、て考えると、あのシーーンとした感覚も
そうなんですが、やはりなんといっても書籍の匂いなのではないかと?!
本屋に入ると、独特のにおいがしますよね、妙に落ち着くというか。
そういう匂いがする気がするんですが、気のせいですかね?!

昔はアムスにあった日本の本屋さんでも「ここは日本」と感じましたが
やっぱりあの印刷物の匂いは独特なんじゃないかー、って思います。

でも、匂いってなかなか維持できませんね。一瞬で掻き消されるっていうか。
そういうはかなさが、やっぱり一瞬で日本を感じる空間を作り出す
のかもしれないですね。

あとは、「聴覚」。これも意外と日本を想像させる力を持ってますね。
昔、中国のシルクロードのど真ん中で、別の日本人旅行者から
ウォークマンを借りて、邦楽を聴きました。一瞬、ぽろっと、涙が…。
なんでしょう、あの砂漠の町で、日本との共通点なんかまったくない
異次元のような世界で、あの音楽が私をささーっと呼びもどした、というか。

そのときのことは今でも忘れられず、今回オランダに来た時も、
日本の邦楽CDを何枚か持ってきました。
普段、あんまり邦楽は聞かないのですが、たまーに聞くと、
今でもほっとしますね。とはいえ、今は、コンピュータで音楽も聞け、
テレビも見られる時代ですから、こういうのに慣れてしまうと、
『音楽を聴く』くらいじゃ、響かなくなってきているかも。。。

でも、何気ない『音』って、やっぱり一瞬日本に引き戻されますね。
先日の縁日の水風船はこちらにないものだからか、妙に日本ちっくな
気分になりました。帰り道、りすちゃんは、両手に水風船をつけて
ぽんぽんしながら帰ったのですが(冒頭写真)、いつもの帰り道
なのに、そこだけなんだか日本だ!と思いました。

私が妙に日本を感じる『音』といえば、スリッパの音、かな。
前回日本に行ったとき、旅館でスリッパを履きました。
りすちゃんがスリッパを履いて、パタパタと慣れない足音を響かせながら
歩いている音を聞いて…「あー、りすちゃんが日本の子になった!!」
と思いました(笑)。

日本に帰って、空港で切符を買うときに、「ぴろぴろ~ぴろぴろ~」
と、やれ切符を取り忘れるな、とか、お釣りを取り忘れるな、とか
機械がやたらうるさいですよね。こっちから久しぶりに帰ると、
妙に耳に響くというか…(苦笑)。あの音を聞くと、
「あ~、帰ってきたなーーー」と実感します。
心地良い音、とは決して言えませんけどネ。。。(苦笑)。

みなさんにとっての「日本が近づく空間」ってどんなものでしょう?
「一瞬日本感覚よ!お薦め!!」てなものがありましたら、
是非教えてください。今度、持って帰ろうと思います
(←って、持てないものかもしれませんね~。。。)



ランキングサイトに参加中です↓。
みなさんのお陰で、なんとか上位にいます。
応援、ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
関連記事

Trackback

Trackback URL
http://oranda.blog61.fc2.com/tb.php/694-e9a95ae6

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

そらのくも

Author:そらのくも
オランダ生活も15年目に突入しました。

(ご案内)
オランダ情報は「そらのオランダ通信」でお届けしています。是非ご覧ください。

↓ ↓ ↓

photoeurope2.jpg

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
写真のこと
当サイトで使用している写真と文章の無断転載はお断りしています。


そらのオランダ通信お薦め:オランダのベストミュージアム
↓ ↓ ↓
photoeurope2.jpg
情報

line_10.gif
line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記のお好きな画像バナーどれかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです 。

heart3.gif クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村
気になる本
オランダ生活に役立つ、今、自分が欲しい本を載せています(いわゆる備忘録)。



前回載せておいたフランス菓子は買おうと思ったら絶版になっていた。。。うそ~…!絶版になるのが早すぎる。今度こそ…。

ブログキーワード別カテゴリー

オランダ お出かけ 街並み ヨーロッパ 子ども 旅行 ガーデニング カフェ ハンドメイド ミュージアム 洋服 ショップ ソーイング本 オランダの話題 自転車 カメラ ロッテルダム 庭園 レストラン 教育 学校 ニュース オランダの食材 スーパー 日本語教育 子育て オランダサッカー おうちのできごと 英語学習 国際結婚 

ブログ記事カテゴリー
最近のコメント
リンク
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数: 現在の閲覧者数:
Flag Counter
メールフォーム
ご訪問ありがとうございます♪♪
ブログ・HPの感想はこちらまで↓

mail-pen2.gif
ブログ内検索