ツール・ド・フランス in ロッテルダム

DSCF6476.jpg



世の中に称賛されるべき素晴らしいアスリートは山のように存在するが、
一番すごいアスリートは誰だろう…?という問いに多くの人の口から
出される名前は、きっとこの名前なのではないだろうか。


ランス・アームストロング


プロの自転車ロードレーサーで、ツール・ド・フランスでは、
前人未到の7連覇を達成したアメリカ人である。

彼は、プロ選手として活躍しはじめた最中の1996年秋、精巣腫瘍に侵されてしまった。
しかも、その腫瘍はすでに肺と脳に転移していて、生存率は2%とも3%とも
言われ、一時はプロのロードレーサーどころか生きることさえも
不可能に近い状態だったに違いない。

過酷な化学療法、そして脳の一部切断を経て、わずか2年で奇跡的な
ツール・ド・フランス初優勝。その後前人未到の7連覇を経た後、
一度引退するが、3年のブランクを経た後、
「がんの苦しみに対する世界の人々の意識を高めるため」再び現役復帰した。


ツール・ド・フランスのレースを少しでも知れば容易に分かることだが、
3週間にわたり、ほぼ毎日200キロも自転車を漕ぎ、ときには
2000メートル級の山を上がったり下がったり…。
ともかく過酷なレースそのものである。
これが「肺」を癌に侵されてしまった人間に可能な競技なのかどうか…。


彼の活躍は、まさに「人間の可能性への追及」そのもので、
世界中の人の称賛を得るのは、当然のことであろう。


今年、彼は、自分のチームを引っ提げて、ツール・ド・フランスに参加。
初戦の地、ロッテルダムにやってきた。

ツール・ド・フランスは、10年ほど前までは、ほぼヨーロッパの
チーム(イタリア・フランス・スペイン・ドイツなど)に独占され
アメリカのチームはほとんど招待されることがなかったが、
今年はなんとアメリカのチームが3つ。
(といっても、選手は各国の混合チームであるが)
これだけアメリカのチームが台頭してきたのは、ひとえに彼の活躍
あってこそ、なのであろう。


彼がいなかった3年間は、光を失ったように盛り上がりにかけ、
さらにドーピング問題があったこともあって、ツール・ド・
フランスの栄光がすっかり地に落ちてしまった。
そんな中で、彼の現役復帰。うれしい限りである。

もう(歳も歳なので)優勝できる力はない、と言われているが、
彼がいる大会といない大会では、全然盛り上がりが違う。
今年はどんなドラマが待っているのだろう。
彼によると、今期がツール・ド・フランス最後の挑戦、だそうで、
彼の活躍を目に焼き付けなければ、と思う。



==================================


と、ここまで書いて、すでにめっちゃ長い文章になってしまった。

ま、懲りずに続けることにしましょう…。


いろいろ書いていますが、自転車ロード・レースはマラソンみたいに
個人レースのみではなく、タイムトライアルやチームレース、個人総合、、、
など多岐にわたっているので、はっきりいって私も細かいところまで
分かっておりません、、、あしからず(汗)。
(特に今日のように転んだ人を待ったりする駆け引きがよう分からんので
ございます、、、)


さて。


先週末は、ロッテルダムはツール・ド・フランス・フィーバー。

土曜日は、ロッテルダムにてプロローグのタイムトライアル、
日曜日は、ロッテルダムから我が町を通過して、ブリュッセルまでの
第一ステージが行われました。

第一ステージが見られればいいかな、と思っていたけれど、結局土曜日も
ロッテルダムまで出かけ、少しだけタイム・トライアルを見ました。


はじまりはまず、スポンサーによるキャラバンから。



DSCF6441.jpg


DSCF6443.jpg


いろんな色・形の車が通り、お菓子や帽子を観客に向かって
放り投げていきます。


こんなものいらん(←ゴミが増える)、、、と思いつつ、放り投げられると
つい必死になって取ってしまう、、、のは、何故なのかしら(爆)。

まあ、けっこうお菓子を投げていて、りすちゃんは大喜びでした。
隣の人から、(しょーもない)おもちゃを譲り受けて、うれしくて小躍り。
小さい子ってこんなモンでもうれしいんだから、幸せだよね(笑)。
「こんなにたくさんもらっちゃって、、、もう持てないから、いらないよ」
と欲のないことも言っていて、苦笑する私なのでした。

とにかく、見ていて、思ったのですが、
当然ながらこれらスポンサーの車も、乗車している人もすべてフランス
からやってきています。スポンサー車だけでもものすごい数!!!

参加するチーム選手関係者だけじゃなく、これらスポンサーの人も皆
フランスからやってきている、、、てことは、いったいどれだけの人が
今回ここにやってきているのだろう???

この人たちは、これから(ほぼ)毎日、キャラバンを続けるワケで…
ツール・ド・フランスとは、私が想像していた以上に、ものすごく
大きな大会なのだ、と唸ったのでした。


しかし、スポンサーのキャラバンが終わるころから雨が…。


りすちゃんの雨よけジャンパーと傘一本は持ってきたものの…
私自身の寒さ対策をするのを忘れた…汗。
雨が降ると一気に寒くなるのですよ~~涙。


とりあえず、まずは練習だし、本日のプロローグはひとりずつのトライアル
なので、とにかく時間がかかる!!!…というわけで、
まずはカフェに行って、時間を稼ごう、ということになり、
ホテル・ニューヨークに行きました。


ここは…。私が働いていた頃、お客さんのホテル予約のために、本当に
しょっちゅう電話していたトコロ。でも、実際に行ってみたのは初めて。
元船会社の建物を利用したホテルは、ちょっぴりレトロな感じです。

このホテルは、少しだけ自転車ルートから外れるので、混んでいたとはいえ
座れないほどではなかったので、のんびりと遅いランチ?となりました。


DSCF6452.jpg


雨の中、元気に走り回るりすちゃん。楽しそうだねぇ~。
道の先に見えるのが、ホテルニューヨーク。
隣はだんなの会社と写真ミュージアムが入っているビル。


DSCF6453.jpg


巨大なオランダの旗が揺らめいていました。


5時過ぎ、すでにはじまっているトライアルを見に。
残念ながら、唯一の日本人、新城(あらしの)選手は出発し終わった
後で、見ることはできず…。


トライアルは、一人ずつ、一分毎に出発。
まず、バイクが通り過ぎ、その次に自転車、そしてその次に
車が通り過ぎます。

写真を撮ろう!!と思うのですが、とにかくものすごく早くて、
私、、、全然うまく撮れない~~汗。


DSCF6466.jpg


なのに、だんなは一発で通り過ぎる自転車をキャッチ…。
うますぎる。しかも、これは、オランダ・チームじゃないか~!!


DSCF6475.jpg


ようやく慣れてきて、写真を撮れるようになった。。。


トライアルの出発の順番は、無名・初参加の人から始まり、
最後に有力選手が出てくるという順番。
アームストロング選手は、最後から3番目の夕方7時30分出発。
優勝候補のコンタドール選手は、最後の32番目。


しかし、りすちゃんが、6時半ころ、もう帰ろうよ~と言いだした。

やっぱり、、、(涙)!!!


まあ、2時間も3時間も自転車見てはいられないだろうなぁ、と
思っていたので、想定内の出来事なんだけどネ。

だんなは有名人も見ていきたい、ということだったので、
私がりすちゃんを連れて、一足先に帰ることにした。
だんなによると、やはりアームストロング選手への拍手はひときわ
大きかったということだ。そうだろうよ。。。!!!



翌日の第一ステージは、我が町を通る、ということで、やっぱり見に来ました。
ただ、この日もキャラバンも見ると、2時間も待ちぼうけを食らい
しかも、あっという間に一行は通り過ぎてしまうと予想されたので、
この日は、レースだけ観戦することに。
レースが来ると予想される40分ほど前に、自転車で出かけました。
(だんなは自転車が壊れているので、地下鉄で別の場所へ)


通過する国道(?)は、すでに通行止めになっていて、大勢の人が
列をなして待っていました。皆、自転車で来たらしく、
周りには自転車の山が…!!


いやぁ、いつもは車がびゅんびゅん通っている大通りに、、、。
見慣れない光景だわ、、、(汗)。


30分ほど待つと、まずは飛びだし3人組みがやってきて、
その3分後くらいに(?)大一行がやってきました~。


DSCF6489.jpg


来た~~!!


しかし、また、カメラ失敗(涙)。
しかも、カメラに気を撮られて、肉眼でじっくり見ることも
できなかった~~~涙!!!


DSCF6491.jpg


こちらは、ちょっと後方の方々。


まあ、想像したとおり、あっという間に通り過ぎていきましたワ。。。


予定通過時間を見ると、私がチャリで1時間もかけて出かけた
お隣の街まで…彼らはなんと10分以内で到着する予定。
なんて早いのかしら、、、。

200キロ先のブリュッセルだって、5時間で到着しちゃうんだから、
すごすぎるよねぇ。これを書いている今日は、ベルギー南部のスパへ。
そして、明日はフランス国境まで進み、明後日にはフランスに
行ってしまうんだから、、、ほんと、なんて早いんだろう~~。
改めてその早さに驚かされます。



さて。
レースが終わった後、皆、一斉に自転車に乗って家に向かいました。


DSCF6496.jpg


ものすごい人々が、国道で自転車を漕いでいて…これまたユニークな
シーンでした。この日、我が町の半分くらいは、見学に出かけたんじゃ
ないかしらね。。。そんな気がするくらい大ぜいの人々で賑わってました。


そんな感じの、、、ツール一色の楽しい週末でした!
関連記事

Trackback

Trackback URL
http://oranda.blog61.fc2.com/tb.php/551-55dd122f

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

そらのくも

Author:そらのくも
オランダ生活も15年目に突入しました。

(ご案内)
オランダ情報は「そらのオランダ通信」でお届けしています。是非ご覧ください。

↓ ↓ ↓

photoeurope2.jpg

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
写真のこと
当サイトで使用している写真と文章の無断転載はお断りしています。


そらのオランダ通信お薦め:オランダのベストミュージアム
↓ ↓ ↓
photoeurope2.jpg
情報

line_10.gif
line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記のお好きな画像バナーどれかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです 。

heart3.gif クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村
気になる本
オランダ生活に役立つ、今、自分が欲しい本を載せています(いわゆる備忘録)。



前回載せておいたフランス菓子は買おうと思ったら絶版になっていた。。。うそ~…!絶版になるのが早すぎる。今度こそ…。

ブログキーワード別カテゴリー

オランダ お出かけ 街並み 子ども ヨーロッパ 旅行 ガーデニング カフェ ハンドメイド ミュージアム 洋服 ショップ ソーイング本 オランダの話題 自転車 カメラ ロッテルダム 庭園 レストラン 教育 学校 ニュース オランダの食材 スーパー 日本語教育 子育て オランダサッカー おうちのできごと 英語学習 国際結婚 

ブログ記事カテゴリー
最近のコメント
リンク
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数: 現在の閲覧者数:
Flag Counter
メールフォーム
ご訪問ありがとうございます♪♪
ブログ・HPの感想はこちらまで↓

mail-pen2.gif
ブログ内検索