ファルケンブルグのクリスマス洞窟マーケット

クリスマスマーケットの記事をクリスマスまでにアップする、と
自分で決めておきながら…気がついてみれば、
今日はクリスマス・イブではありませんか~(汗)。

クリスマス・イブ、といえば。
他のヨーロッパと同じく、オランダも明日からは
ゴースト・タウン化するので(かつての日本のお正月のように)、
今日中に3日間の食料を確保しておかなければ…というわけで、
今日は朝7時半にスーパーに出かけてきました。

朝7時半にスーパー!!
今の時期、こっちはまだまだ真っ暗です。
ライトの点いた自転車に乗って(転倒恐れず…苦笑)、
朝一スーパーって、、、今までの経験でないことだなあ。
日本じゃ、、、7時半になんて、OPENしてないもんねえ。

さすがに7時半のスーパーはヒトもまばらで落ち着いて
買い物することができました。これが8時過ぎたら、
ヒトがじゃんじゃんと入ってきて…あーーー早起きして
良かった!!と思いましたヮ。

帰ってきたら、だんなとりすちゃんは、まだ寝ていました。
おいおい…。

今年は、クリスマス・ディナーのやる気が全然なくて…(汗)
適当に食料品を買っただけ。。。
お肉だけは、その時期に売り出されるものを買いましたが。
テーブルの飾り付けもまったくやっておらず、
ぜーんぜんやる気なしって感じです。


=================================


さて。
クリスマスマーケットの話です。

今回旅行に行って思ったのは…。

「このくらいの歳の子供と旅行するのは一番難しい!!」


ええ。
前回のアーネムもちょっと大変だなあ、と思ったし、
その前のベルリンも相当大変でした。

しかし、今回は、それにも増して大変になった、、、てことです。


出かけてすぐに、出てくる、出てくる、愚痴の山。

「面白くないから帰ろうよ~」
「もう行こうよー。」
「もう歩かない。」
「これ買ってーーー。欲しい~。」
「新しい家(←ホテルのこと)に帰りたいーーーー。」
「気持ち悪い~(←病気のふり)。」

そしてちょっと気に入らないと、
すぐに「もういやだ~~!!」と愚図ったり。
早く行きましょう、と手を引っ張ると、
「お母さんが、腕を引っ張ったから、痛くなっちゃった。
もう痛くて歩けないーーーーー。」とか。


もう絶えずこんな状態なので、、、なだめながらマーケット
巡りしても、

「なんだか、、、見た感じがしない…」
「なんだか、、、こっちも疲れてきた…」

そーんな感じで、100%楽しめたかどうか、大いに疑問が…汗。


確かに赤ちゃんのときも、ミルクの心配とか、体調の心配とか、、、
いろいろ問題はあったけど、こういう感じではなかったな、と。


この旅行を終えた後、
私は、もうしばらく、りすちゃんと一緒に観光したくないなぁ~と
思ってしまったくらい…(苦笑)。
(←でも、行くかもしれないけど。私のことだから。)



=================================


そんな悪条件(?)の中。
今回出かけたのが、、、オランダ・ファルケンブルグの洞窟マーケットと
ドイツ・アーヘンのクリスマスマーケットです。


今回は、ファルケンブルグの洞窟マーケットについて。


ファルケンブルグはオランダの南、ドイツとベルギーの
国境近くにある小さい山間の街です。

山間…とはいえ、山のないオランダですから、坂間…といったほうが
正しいのかもしれません。

このあたりの南リンブルグ州は、なだらかな丘が広がっていて
高低差がほとんどない他の地とはちょっと違う風景が広がっています。

温泉があったり、美しい自然環境だったり…で、年間を通じて
オランダ人に人気のあるリゾート地です。


DSCF5469.jpg


南リンブルグ州の名物、といえば。。。
フラーイ (Vlaai)という焼き菓子。
あまり甘くなく、素朴な焼き菓子です。


DSCF5491.jpg


ファルケンブルグの中心地。
微妙に坂になっているの、、、分かる?


ドイツとベルギーの国境近く、、、というせいか、
このあたりのヒトがしゃべるオランダ語はちょっと訛りが
ありますね。。。

私のようなオランダ初心者が聞いていると、
「ん?何語をしゃべっているんだ?」
と理解できないくらい。

ホテルのおばさんは、私たちにしゃべる言葉(標準語)と、お友達と
しゃべる言葉(訛り語)と使い分けていたようでした。

そして、、、ドイツ語、フランス語を簡単にしゃべっちゃう人も
多いですね~。特にドイツ語は、皆、当たり前のように
しゃべります。


ロッテルダムのこのあたりでは、英語はしゃべれても、ドイツ語は…
ていう人がほとんどなので、小さいオランダでも、
こうも違うか?というくらい、、、言語力が違ったりします。

それは、やっぱり「国境線」があっても、自由に行き来できる
地続きならでは、、、ということなんでしょうね。
日本じゃ、ちょっと考えられませんね。


DSCF5495.jpg


レストランが並ぶ通り。
ちょっと異国情緒…。

ここに私が前回来たのは…すでに、、、7年前のこと?!

だんなと二人で、お互い歳とったね…と、慰めあいました(苦笑)。


さて。

メイン・イベントの洞窟マーケット。

洞窟は FluweelengrotGemeentegrot の2か所の洞窟マーケットがあります。


到着したときは、両方行こう!!と思っていたのですが、
洞窟に入って早々りすちゃんが、もう帰ろう~と言い出したので
2か所は不可能…と思って、あきらめました。

ま、りすちゃんのせいにしなくても、1つで十分って感じもするけどね(苦笑)。


で、出かけたのは、Fluweelengrotのほうです。


毎年テーマがあって、今年はチャールズ・ディキンスのクリスマスキャロル
がテーマとなっていました。


DSCF5489.jpg

洞窟の入り口


週末はすごく混んでいる、という噂を聞きましたが、
金曜日だったせいか、空いていました。

いや。金曜日だったから、は、違うな。
オランダのメイン・イベント、シンタクラースの前日だったから、かも。
この日は、子供が全然いなかった。
ほんと、数える程度!!

さすが、オランダでは、シンタクラースのお祝いのほうが
クリスマスマーケットよりも大事なのね…。


洞窟内の写真はこんな感じ…。


DSCF5480.jpg

洞窟内は寒くないのがいいわね…(苦笑)。


DSCF5481.jpg

壁画もたまに現れます。


DSCF5482.jpg

たまに現れるテーマ・ディキンスの話。


DSCF5484.jpg

きらきらに目を奪われるりすちゃん。


DSCF5485.jpg

ディキンスの最後の場面。


さて。
洞窟内で買ったものといえば…。


これ!!!


DSCF5609.jpg


crocsのブーツです。


なーんで、こんなトコで?!って感じがしないワケでも
ありませんが…汗。


りすちゃんは、足の幅が広く、オランダで売られている靴は
どうやら窮屈らしい…ということはずいぶん前にも書きましたが、
そんなワケで、彼女が文句を言わない靴を見つけるのが非常に難しいのです。

買おうと思っても、「キツイからいやだ」と文句を言って
試そうともしないので、冬になっても履いていたのは夏に買ったcrocs。
サンダルだし、穴が開いているので、寒いんじゃないかしら…と
かねがね思っていた私。
しかも、雨・雪なんぞ降ってしまえば、すぐに靴下びっしょり。

やっぱ、やばいよねぇ。。。

この日も、雨が降っていて、
「靴下濡れちゃった」と靴下を変えなければならず、
でも変えてもすぐに濡れちゃうし…。

や、やばいじゃーーーーん。。。明日、靴屋で何かを見つけなきゃ、
と思いつつ、洞窟マーケットに向かったのです。


すると。

なーーーんということでしょう!!


洞窟マーケットの中に、crocsのお店が!!

crocsって、サンダルだけじゃなくて、ブーツもあるのね。
置いてある種類は少なかったのですが、
りすちゃんが好きなピンクの靴があって、
履いた途端に、大のお気に入りに。

値段は、35ユーロだったかな…。

ちょっと高いと思ったものの、この先、彼女が履けるブーツに
出会えるかどうかも分からないし…何より、
「大のお気に入り」だしねぇ。
即決ですよ。即決(笑)。


あとは。

以前は、がさー、ごそーっとクリスマスグッズを購入していましたが、
さすがに今やクリスマスにちなんだものは家にゴロゴロしており、
今は、本当に気に入ったものを、ちょこっと買うようにしているので
それ以外に買ったものは、数点のみ(しかも、1個は1週間で割ってしまった…汗)。

ここはお値段も(隣ドイツに比べると)安いモノが多く、
手ごろに手に入れたい、、、という人にはいいですね。

ここではなく、町の中に、クリスマス・ショップがOPENしていて、
ここで売られていたモノを買おうかどうか、相当悩んだのですが…。
結局辞めてしまいました。買えば良かったかなー、と今更ちょっと後悔。

買い物って難しいねぇ。


DSCF5498.jpg


DSCF5505.jpg


夜は、町でクリスマス・パレードが行われていました。
このパレード、ほんと、町の人が作りました、って感じの
素朴なアットホームなパレード。

りすちゃんぐらいの、、、学校のGroep 1 (1年生)の生徒かな。
先生がくるくる回るのを一生懸命見よう見まねで、皆、頑張って
踊っていました。可愛かったなあ~。

パレードの最終地点では、保護者が写真を持って出迎えに
来ていて…誇らしげに子供たちを迎え入れていました。
そんなところも、、、ほんと、素朴かも。


そーんな感じの、ファルケンブルグのクリスマスマーケットでした。


前回ファルケンブルグに来た時も思ったけど、
オランダ人に人気があるだけあって、ここは本当に気持ちのいい
リゾート地です(人も親切な人が多いし…)。

今度は、夏に来たいな…と思いつつ。
ふと、でも、文句を言う人がいるからなぁ~と苦笑する私なのでした。
関連記事

Trackback

Trackback URL
http://oranda.blog61.fc2.com/tb.php/498-6a8de1c4

Comment

ナイロン | URL | 2009.12.25 09:44
クロックスは私的には夏に大活躍でした。
ブーツとかもあるんですねぇ~、、知らなかった。。。
洞窟のクリスマスマーケット凄いですね♪
やっぱ、日本とは違います。
そらのくも | URL | 2009.12.29 03:41
☆ナイロンさん、

私もクロックスにブーツがあるなんて知りませんでしたよ。
だから、洞窟で発見した(というと、なんか別のイメージがありますが…)
ときは、相当びっくりしました~。

洞窟マーケットは、冬でも暖かいし、雨にも濡れないし、
趣もあるので、楽しかったです。
Comment Form
公開設定

プロフィール

そらのくも

Author:そらのくも
オランダ生活も15年目に突入しました。

(ご案内)
オランダ情報は「そらのオランダ通信」でお届けしています。是非ご覧ください。

↓ ↓ ↓

photoeurope2.jpg

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
写真のこと
当サイトで使用している写真と文章の無断転載はお断りしています。


そらのオランダ通信お薦め:オランダのベストミュージアム
↓ ↓ ↓
photoeurope2.jpg
情報

line_10.gif
line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記のお好きな画像バナーどれかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです 。

heart3.gif クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村
気になる本
オランダ生活に役立つ、今、自分が欲しい本を載せています(いわゆる備忘録)。



前回載せておいたフランス菓子は買おうと思ったら絶版になっていた。。。うそ~…!絶版になるのが早すぎる。今度こそ…。

ブログキーワード別カテゴリー

オランダ お出かけ 街並み ヨーロッパ 子ども 旅行 ガーデニング カフェ ハンドメイド ミュージアム 洋服 ショップ ソーイング本 オランダの話題 自転車 カメラ ロッテルダム 庭園 教育 レストラン 学校 オランダの食材 ニュース 子育て スーパー 日本語教育 オランダサッカー 国際結婚 英語学習 おうちのできごと 

ブログ記事カテゴリー
最近のコメント
リンク
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数: 現在の閲覧者数:
Flag Counter
メールフォーム
ご訪問ありがとうございます♪♪
ブログ・HPの感想はこちらまで↓

mail-pen2.gif
ブログ内検索