ちょっといい感じ…?!

はやいもので、もうこの1月末でオランダで仕事を開始してから
5年の日々が流れたことになります…。
5年…?!あまりに信じられなくて、何回も、何回も、指で年数を
数えたのですが、どう数えても、5年。うーん、本当なんだろうか。

この5年間を振り返ってみると、辛いことばっかりだったような…。
いや、仕事はラクチンなんです。私の仕事は。はっきりいって、
片手間でできちゃうような仕事。でも、最初は、その簡単さが
受け入れられず、ストレスは溜まるばかりでした。

もともとキャリア志向で、ぐいぐいぶいぶいと(?)働くのが好き
だった私。それが、いきなし日本の「一般職」相当の仕事に戻って
しまったことに、「私はこんな仕事をやって収まるクチじゃないのよ」
みたいな、ヘンなプライドが邪魔して…そうだったら、そういう仕事
ができるように頑張ればいいのに、それもできず、中途半端な
状態の中をぐるぐるぐるぐる回って…。まあ、子供ができてからは
キャリア志向ではなく、パートタイム志向(?)になったので、
この問題は今は解決したのですが…。

じゃあ、何が一番辛かったか、というと、やっぱり「オランダ人の
中で働く」ということじゃぁないでしょうか。もしかしたら、この
現象のほとんどは「うちの会社に限ったこと」かもしれません。
例えば:
・すぐに病気で休む無責任なオランダ人
・自分に都合が悪くなるとすぐに責任転嫁するオランダ人
etc. etc.

しょっちゅう、「いや、彼女が(あのヒトが)あれをしちゃったせいで」
みたいに言い訳する彼らの話を聞くたびに、ワナワナワナワナ…。
そうしちゃったのを今まで許したのはあんたでしょ?!と、、、何度
喉まででかかったことか。あーー、今もこう書いているだけで、
腹が立ってくる!!

はっきりいって、「これはできてないけどどうなっているの?」と
いう投げかけに、素直に「ごめん、忘れてた!」と言われたこと
はあんまりありません。そういってくれるヒトもいるけど…。
「あれ、何故かまだ机にその紙が残っている」とか、
「何故か別の会社のオーダーに入っていなかった」とか、、、
おいおい、ほんとかよぉぉぉぉ~?!と首をひねる、というか、
もう最初から、「聞くんじゃなかった…」という名(謎)回答ばかり。
私なんて、すぐ「ごめーん」って言っちゃうタチだけどね(笑)。

そんな状況ですけど、5年でちょっと進歩したな、ということも
あるんです。

それは…会社での私の居場所を見つけたこと。

私は、基本的には、会社での仕事は「仲間」重視ではないんです。
プロフェッショナルに働くのであれば、「仲間」なんていなくても
関係あるヒトとその都度やりとりすればいいだけで、、、仲間に
なんかなる必要はない、と、、、そんな風におもっているんです。
基本的には・・・ね。

でも、過去を振り返ってみると。大学を卒業して入った会社。
「同期」「同僚」という「仲間」がいたからこそ、仕事は自分に合って
いなくても、会社で楽しく時間を過ごすことができたし、会社を
辞めて何年も経った今でも、友達として会うことができるのです。

転職した会社は、まさにプロフェッショナルだったけど、やはり皆
「仕事」重視だったので、友達関係を作ることは難しかった。
今、やりとりできるヒトはほとんどおらず、そう考えると、やっぱり
仕事の問題はさておき、gezellig(居心地のよい)な環境というのも
仕事場では大事なのかなあーーーと。なんか、言葉にするの、
難しいですけど。

で。オランダのこの今の会社、最初入ったときは、オランダ人の
同僚についていけず、また彼女たちも私を敬遠して、、、
gezelligな環境をまったく築くことができなかったのですが。
何年かが経ち、そして、最近は、オランダ語もろくろくできない
私を「仲間」として、受け入れてくれるようになったのです。

自分に都合が悪くなると、すぐ責任転嫁するオランダ人の
中で、私をかばってくれる、守ってくれる「仲間」がいる、という
のは心強いものです。自分が気づかぬうちに、すっかり
「私のせい」にされていることがありますからね。
(オランダ語のできない勤勉な日本人駐在員のせい、に
されていることなんて、ほんとザラですもの。)
今回も引越し騒動があったのですが、「何がなんでも、
そらちゃんは私たちと一緒のグループ!」と、頑張ってくれた
彼女がいたお陰で、へんな小部屋に飛ばされることもなく、
彼女たちと同じ島で働き続けることが可能となりました。
同じ「部署」でもないのにね(苦笑)。

そーんなワケで、今年に入ってから、またまた彼女たち
と同じ島に入って働いています。彼女たち、おしゃべり好きで、
最初私がこの会社に来たときは、いったい何なんじゃ?と
その非プロフェッショナルな仕事ぶりに呆れ果てたもの
ですが、今はほとんどの場合が「すーーー」とスルーして
います。なんせ「仲間」ですからね(笑)!、、、というのは
冗談にしても、まあ、それだけ私の忍耐力もついた、という
ことなんでしょうか。

そして。今年に入って、彼女たちの部署に、ハンサムな上司
くんが入ってきました。。。なかなかいい感じ~な彼で、
私の仕事場も、ちょっといい感じ?!いやぁ、かなりいい感じ?!
と5年間の職場生活で最大の「いい感じ」を迎えている私。
くふふ。

もうしばらくすると、大嫌いなお局オンナとその一味が、別の
部屋に移動になるので、そうなったら、もしかしたら、
私の仕事場=すごーくいい感じ、になっちゃうかもしれません。
どーしましょ(笑)。ちょっと期待。。。!だわ。
関連記事

Trackback

Trackback URL
http://oranda.blog61.fc2.com/tb.php/381-c817040a

Comment

ゆうこ | URL | 2008.01.25 17:23 | Edit
うっわー、すごくわかります!

私はそらさんとは逆(?)で、日本に住んでいる時にオランダ資本の会社に勤めていたのですよ。

本社(=オランダ)との電話のやりとりで何度怒りで声が震えたか...本当、仕事が甘いって言うか自分に甘いって言うか。でも他人にも甘いからミスっても何も言われない。

私はAccountantとして働いていたんですけど、本社が決めるレポート締切日なんてあってないようなものでした。「ごめんなさいっ、1日待ってくれる?」と連絡したら、「1日どころか1週間でも待っちゃうよ~、フハハ。」という答えが。これはあの会社のCFOだけかしら?

それまで米系のイケイケドンドンの会社で働いていたので最初は肩すかしだったけど、いい経験になりました。

「人はそんなに頑張って働かなくても給料がもらえる。」

そらさん、職場の環境が良くなってきてよかったですね。環境は大事ですよ~。知らず知らずにストレスがたまってしまいますもの。私もオランダ語覚えて仕事探さなきゃ~。Recruitingよりオランダ語が憂鬱です。あ~あ。

sora@oranda | URL | 2008.01.26 06:06 | Edit
うわー。ゆうこさんの会社でもやっぱ同じ感じだったんですね。本社がそれでどーする?!ですよねぇ。。。

私も米系のイケイケドンドン(か?)の会社で働いていたので、外資系=米系のイメージですけど、実際にはのんびりのほほんな会社もあるんですねえ。今なら分かる気もしますがー(笑)。

頑張って働かなくても給料がもらえる、、、そのとおりですよね。私は最初の会社&今の会社がそんな感じなんで、、、(苦笑)。でも、あんまり暇でつまらないのも面白くないし、それはそれで考えモノ…なんですよねえ。ふう。
はじめまして | URL | 2008.01.28 06:59 | Edit
そらさんの気持ち、よくわかります。私も子供できて他にプライオリティができるとぐと仕事に対する不満がぐっと減って楽になりました。気がついたら10年以上勤務しているし。日本で子供がいて働いていたらかなーりストレスがたまると思うんですよね。それでも10年来の同僚が’子供がどうこう’で休みが続くとうんざりするときもあります・・。
| | 2008.01.29 02:24
このコメントは管理人のみ閲覧できます
sora@oranda | URL | 2008.01.30 06:02 | Edit
コメントありがとうございます。そうですよね、プライオリティが出来て、私もずいぶんラクになりました。怒りがあっても、「まあ、そんなにアツくなるな…」とね。。。笑。でもいまだに一日一回は、べきっばきっ!と何かカチンとくることがありますが…(苦笑)。ちなみに今日もありましたわ…。気が付いたら10年以上、うわぁ、、、私はまだまだ半分もいってないから大丈夫、、、なーんて言っていて、きっとあっという間にその日が来ているのでしょうね。はぁ~。子供が成長するのは早いけど、この年になると月日が立つのも早いです…。
sora@oranda | URL | 2008.01.30 06:04 | Edit
☆鍵コメさん、
ご連絡ありがとうございます。忘れずにご連絡くださってうれしいです!!そうですよね、日本でも仕事での対人関係は難しく、それがオランダともなれば、ワケ分からんちん!になってしまいますよね…はぁ~。さっそくそちらにもお伺いしますね!!またまたよろしくお願いします。
かや | URL | 2008.01.30 17:53 | Edit
まだ、オランダはましですよー。たぶん前もこの話題ありましたよねー。
インド人、中国人や、もと欧州植民地系で働くことを考えれば。

こりゃー参ったのツボがそんなにずれていないので、これが植民地系が入ってくるとオランダ人と毎日慰め合う状況になるんですよ、想像できます?

オランダって、先進国でも女性の管理職が日本に負けないくらい少ないんですよね?大卒でバリバリだと子供も諦めている人多くないですか?
sora@oranda | URL | 2008.01.31 07:31 | Edit
☆かやさん、
そうですねー。前にも話題あったと思います。成長なくてスミマセン(苦笑)☆。そうでしょうね、したたかそうな中国人など…「うそ満載」かもしれませんものね。どこまで信じていいのやら…。そこにいくとオランダ人ってのは素直っていうか、バカっていうか…嘘がつけない人が多いのが、救いというか(ビジネス向きでない、というか…)。インド人は純インド人は今までも知り合いがいないので、どんな感じか分かりませんが…。インド系スリナム人は明るくていい人が多いですけど…(?!)。

オランダの女性管理職、そうですね。少ないかもしれませんね。政治家はやたらいますけど(笑)。子供を育てると、続けていく弊害は多いし(学校のシステムとか)、、、パートタイマーが普及しているせいか、そっちに流れがちですしね…。でも、そもそも大卒でバリバリっていう人もアメリカなんかと比べると、割合が少ないんじゃないですかね…?
Comment Form
公開設定

プロフィール

そらのくも

Author:そらのくも
オランダ生活も15年目に突入しました。

(ご案内)
オランダ情報は「そらのオランダ通信」でお届けしています。是非ご覧ください。

↓ ↓ ↓

photoeurope2.jpg

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
写真のこと
当サイトで使用している写真と文章の無断転載はお断りしています。


そらのオランダ通信お薦め:オランダのベストミュージアム
↓ ↓ ↓
photoeurope2.jpg
情報

line_10.gif
line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記のお好きな画像バナーどれかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです 。

heart3.gif クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村
気になる本
オランダ生活に役立つ、今、自分が欲しい本を載せています(いわゆる備忘録)。



前回載せておいたフランス菓子は買おうと思ったら絶版になっていた。。。うそ~…!絶版になるのが早すぎる。今度こそ…。

ブログキーワード別カテゴリー

オランダ お出かけ 街並み ヨーロッパ 子ども 旅行 ガーデニング カフェ ハンドメイド ミュージアム 洋服 ショップ ソーイング本 オランダの話題 自転車 カメラ ロッテルダム 庭園 教育 レストラン 学校 オランダの食材 ニュース 子育て スーパー 日本語教育 オランダサッカー 国際結婚 英語学習 おうちのできごと 

ブログ記事カテゴリー
最近のコメント
リンク
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数: 現在の閲覧者数:
Flag Counter
メールフォーム
ご訪問ありがとうございます♪♪
ブログ・HPの感想はこちらまで↓

mail-pen2.gif
ブログ内検索