そらのオランダ通信写真ブログ

当ブログでは、ロッテルダム近郊在住の筆者が、オランダ生活・子育てのことなど気ままにつぶやいています。

フェルメールが追い求めた光

DSC_0626.jpg

先月、寒い週末を利用して、ラーレン(Laren)という街に行きました。ラーレンはオランダでも屈指の高級住宅街が立ち並ぶお金持ちシティです。ヒルバーサムからラーレンに向かう途中、想像した通りの大きな家々を通り抜けて行きました。

ここにはショッピング街もあって、高級グッズを売るお店がいくつか並んでいるので…普段のオランダの街並み・お買い物事情に飽きている人は立ち寄ってもいい街かもしれません。

歩いていたら、ガソリンスタンドがあり車が止まっていました。何気に車を眺めてみると、やっぱり…フェラーリ!!!ついつい乗車している方まで確認してしまいましたよ…(苦笑)。

さて。わたしがラーレンに行った理由は、高級ショップでお買い物をするためでもなければ、フェラーリ王子を追い求めるためでもありません。。。

オランダ屈指のミュージアムであるという噂のシンガー・ラーレンに一度行ってみたいと思っていたのです。

ラーレンのミュージアム: SINGER LAREN

ところが~~!!!

シンガー・ラーレンは改装中でありました、、、。わざわざここまで足を伸ばしたのにぃぃぃぃーーーー。一応、やっていることはやっていたのですが、新しい建物でのオフィシャルオープンは来年のようで、今回はDesiree Dolronというオランダの芸術家の特別展のみやっていました。

ガックリ、、、と言いたいところですが、でも、この特別展の彼女の展示はわたしにインスピレーションを与えてくれました。

彼女は、17世紀の有名な画家たちが追い求めた世界を現代社会において写真で表現しよう、と試みていて、つねづねオランダの風景を見ては、ルイスダールやフェルメールの絵画との共通性を思い浮かべるのはわたしだけじゃないんだな~なんて、そんな風に思ったのです。


DSC_05401.jpg


写真なのか絵なのか分からないDesiree Dolronの写真

フェルメールやレンブラント、ピーター・デ・ホーホなどの17世紀の画家たちの絵画のキーワードは、なんといっても「光」だと思います。暗い家の中に淡く差し込む光。それが、絵画に生命を与えているような気がして、わたしはこういう絵画にもっとも惹かれます。

街を歩いていても、こういう光が溢れる場所にすーっと惹かれるように、導かれていきます。ヨーロッパには、路地裏(英語でいうCLOSE)という小さな小道があちこちにあって、わたしはこの路地裏がかなり好きです。

光に導かれるように入っていくと、まるでその先に中世の世界が待っているのでは?そんな気がして導かれていくのです…。最近は、この光を写真で表現できたら…そんな風に思っています。

この日は、まぶしいくらいの晴天で、暗い路地裏に光が射しこんでいました。写真を撮るために、光をかなり調整しなければいけなかったんですが…今の時期のこの淡い光が17世紀の絵画を模倣できるような味わい深いイメージを出すことができるんですね。

今まで冬の写真は、絶対イマイチぃぃぃ~と思っていたのですが、ちょっと考えを改めました。…でも。なかなか晴天にならないのがクセモノなんですけど。

昔の画家は、天気が悪くなっても天候が回復するまでのんびり待ったのかしら?
モデルさんとは連絡手段もないけど、どうやって連絡をやりとりしたのかな。
一瞬見た風景を頭の中にイメージとして維持して描いたのかな。

カメラを持って、光を追い求めていると、いつしか昔の画家たちの日々を思い浮かべている自分がいます。オランダを含むヨーロッパには、こうやって過去への入り口に通じる道がたくさん残っていて…それがヨーロッパのいいところだなあ、なんて改めて思ったりするのです。


line_10.gif

お知らせ
そらのおらんだ通信HP(ホームページ)にて、オランダの各地の情報を随時アップ中です!
お出かけの際、是非ご利用ください。

オランダ街歩きご案内 リスト

line_10.gif



line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記の画像バナーどちらかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

いつもありがとうございます。

オランダ情報はこちらから → オランダ情報ブログランキング
海外育児ブログランキングはこちら → 海外育児ブログランキング

ソーイングブログランキングはこちらから↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村

 オランダ お出かけ 街並み ヨーロッパ ミュージアム カメラ

0 Comments

Add your comment