オランダは移住するのも簡単、追い出されるのも簡単

DSC_099317.jpg


最近海外移住を目指す日本人の間で、オランダが移住候補先として熱い視線を浴びている、という話をたびたび耳にします。人生一度きり、夢に向かって挑戦したい!という気持ち、よくわかります。

わたしは永住権を持っているので、いまさら移住情報はどうでもよいといえばそのとおりですし、移住したいという方々のお世話をしているわけでもないので、日本人の間でいったいどのような情報が交わされているのかは、100%定かではありません…。でも、たまに目にするネットでの情報を見て、心配になることがありますので、今回は老婆心ながら!書かせてもらいます。

何が心配か?といいますと…。まず、海外に住む日本人のよくないところとして挙げなければいけないのは、よく分からないのに日本人同士で安易に結論を出してしまう傾向がないか?ということです。

「わたしが大丈夫だったから大丈夫」
「ネットに(日本語で)書いてあったから大丈夫」
「たぶん大丈夫」

これらの大丈夫は本当に大丈夫なのでしょうか?わたしは全然大丈夫じゃないと思います。そして、今、オランダ移住の日本人間の情報はこんな状態だなあ、とつくづく思います。だから今回書くことにしました。

わたしは、職場の仕事で移民手続きを行っています。あとはニュースでオランダの移住関連のものをたまに目にするくらいです。なので、弁護士のようなエキスパートではありません。ただ、何も知らない一般人よりは情報を持っています。

まず、最初に言いたいのは、オランダは移住許可は比較的簡単に出ます。特に近年はかなり簡単に出る傾向があります。ただ、これを鵜呑みにして「オランダは移住しやすい」としていいのでしょうか?答えはNOです。

例えば簡単な例をあげましょう。

オランダ人とパートナーになり、オランダに移住することになりました。申請したところ、5年の許可が下りました。

ところが、オランダ人のパートナーとはうまくいかず、1年後にパートナーは解消となりました。

残りの4年間、まだ許可が下りているから、オランダで好き放題に暮らせる。

これは正しいでしょうか?多くの人は「無理じゃないか?」と思うのではないでしょうか。まったくそのとおりで解消された時点で、あなたを保証してくれる方がいなくなるわけですから、滞在許可が下りた大前提がなくなってしまいます。そして、その情報が移民局に流れた時点で、滞在許可は取り消しとなります。

わたしがこちらに来た頃は、一度許可が下りると、なかなか取り消し作業は行われませんでした。市役所や移民局、労働局などがそれぞれ独自のデータを持っており、そのデータが交換されることがないため、確認作業ができなかったのです。そのため、許可自体、下りにくい状況になっていました。

ところが、今は違います。以前もテロ対策のことで言ったかもしれませんが、今はすべてのデータが交換される仕組みが出来上がっており、どこかで何らかの不都合があるとただちにデータが上がってくることになっているようです(以前、移民のデータ監視関係者から聞いた話)。

データが上がってくると、ただちに書類が本人に送られ、そこで証明しなければいけません。モタモタしていて対応が遅れる、証明ができない場合、あっという間にいわゆる「滞在許可取消 退国命令」が送られてきます。そして、それが送られてきたら最後、どのような事情があれ、国を立ち去らなければなりません。

もちろん不服申し立てを行うことも可能ですが、この理由は例えば「自国に帰ると殺される可能性がある」など、相当深刻なものでなければなりません。しかしながら、たとえこのような深刻なケースであっても、認められないことがほとんどです。この不服申し立ての裁判はよく新聞に載っているし、ドラマなどの題材でも使われているので、日常的な話です。

以前見たドラマでは、ティーンエイジャーの女の子がオランダ人の里親の元で長年暮らしていたけど、法的にやらなければいけない処理をひとつ忘れてしまった、とかで、退国命令が出たという話でした。

学校や里親、弁護士が一体となって裁判を起こすのですが、結局結果はX。その女の子は記憶もない自分の国に帰らなければならなくなった、、、という話だったかと思います。それはティーン向けのドラマだったので、その女の子が帰ったとたんに、その子のことを好きだったということに気づいた男の子が、彼女を再びオランダに連れてくるために俄然勉強を頑張りだす、、、というドラマちっく(漫画ちっく)な胸キュン追加がありまして…それで記憶に残っているんですが(スミマセン…苦笑)。

ともかく、個人的事情などおかまいなしにコンピュータはデータを監視し続け、もし何か問題があればいとも簡単に退去命令が出されるということです。そして、一度それが出たら覆すのはほぼ不可能だということです。それは、移民でも難民でもどの国から来ていようと同じ。だから、どのようなビザであっても、「わーい、許可が下りた、簡単、簡単、あなたもやってみれば?」などと安易なことを言うべきじゃないとわたしは考えるのです。

こうやって簡単に許可が下りて、取り消しをするようになっていったい誰が一番得をしているか?というと、移民ビジネスをやっている人でも弁護士でもありません。これはもう…絶対に移民局当局(オランダ政府)なのです。申請をした時点で、申請料という名目で多額の現金をふんだくり(許可が下りようが下りまいが結果は関係なく)、許可が下りたと家族みんなで移住してみれば、あっという間に許可取り消し。

詐欺とも思えるような鮮やかな手法で国家的に移民ビジネスを行い大儲け、とは…さすがダッチ・アカウントと呼ばれるオランダらしいかも。オランダが日本を優遇しているのは、実は日本人(日本企業も含む)はたくさんお金を持っている上、素直にいうことを聞くことを分かっているからじゃないかなあ~。つまり、もう確信的にやっているのでは、等と考えちゃったりします。

オランダ移住を考えている方はぜひその事実を知った上で、挑戦していただきたいです。上記でオランダ政府を思いっきり皮肉ってはいますが、門戸が開かれているという点で挑戦できる国なのかな、と思いますし。私自身の考えとしては、日本で個人事業(商店など)をやっていて、成功している人はオランダでも成功できる可能性が高いのでは、と思います。ただ、日本人相手のみのビジネスというのはオランダにはそれほど日本人がいないので厳しいんじゃないかな、と思ったりもします。

なお、このブログ・HPでは移住に関する質問は受け付けておりません。質問にもお答えいたしませんので、ご了承ください。

関連記事
プロフィール

そらのくも

Author:そらのくも
オランダ生活も15年目に突入しました。

(ご案内)
オランダ情報は「そらのオランダ通信」でお届けしています。是非ご覧ください。

↓ ↓ ↓

photoeurope2.jpg

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
写真のこと
当サイトで使用している写真と文章の無断転載はお断りしています。


そらのオランダ通信お薦め:オランダのベストミュージアム
↓ ↓ ↓
photoeurope2.jpg
情報

line_10.gif
line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記のお好きな画像バナーどれかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです 。

heart3.gif クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村
気になる本
オランダ生活に役立つ、今、自分が欲しい本を載せています(いわゆる備忘録)。



前回載せておいたフランス菓子は買おうと思ったら絶版になっていた。。。うそ~…!絶版になるのが早すぎる。今度こそ…。

ブログキーワード別カテゴリー

オランダ お出かけ 街並み 子ども ヨーロッパ 旅行 ガーデニング カフェ ハンドメイド ミュージアム 洋服 ショップ ソーイング本 オランダの話題 自転車 カメラ ロッテルダム 庭園 レストラン 教育 学校 ニュース オランダの食材 スーパー 日本語教育 子育て オランダサッカー おうちのできごと 英語学習 国際結婚 

ブログ記事カテゴリー
最近のコメント
リンク
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数: 現在の閲覧者数:
Flag Counter
メールフォーム
ご訪問ありがとうございます♪♪
ブログ・HPの感想はこちらまで↓

mail-pen2.gif
ブログ内検索