未知への航海

8月中旬から新学期が始まって早3週間弱。

りすちゃん、はりきって学校に通っていますが、、、でも。
ちょっとお疲れモードな日も多いかも…(汗)。
昨日は、ワーワーと号泣の中、怒りをぶちまけて
本を投げつけたので、私もぷっつん。
投げつけるのは、好きじゃないのよ。
ほれ、サッカーを見ている最中にクッションを投げつけるだんな、とか。
好きじゃないもんね~~(苦笑)。

「おもちゃなんて、もう捨てちゃう!!」と
りすちゃんが、どなり散らしたので、私もカチンと来て、
「あ、そう。じゃ、全部この箱の中に入れて閉まっちゃおう!」
と、箱の中におもちゃをざざー、ざざー、と流し込み、
蓋をしてしまったのでした。
これをみて、またまた、大号泣。


まったく、どーしたいんじゃよ…(涙)。


さて。
そんなりすちゃんですが、今日は初めてのお習いごとでした。


習い事の名前は:

「ontdekkingsreis(オントデッキングスレイス)」

英訳すると、「voyage of discovery」。
日訳すると、「未知への航海」。

といったところでしょうか。


え?!りすちゃん、ヨットでも習いに行ったの~~?と思うような
名前ですが、


、、、違います。


日本語のニュアンスに直すと、
「初めての○○」「○○との出会い」ってとこですかね。
これを「未知への航海」と例えるところが、、、
さすが17世紀に黄金航海時代を迎えたオランダらしい、といいますか。
言葉って、その国の文化を表わしていて、いいなあ、
と思わず思ってしまう素敵な言葉だな、と思いました。


で。


りすちゃんの「初めての○○」は、「初めての音楽との出会い」。
つまり「音楽教室」なのであります。


申し込みをしたのは、3週間前くらいだったのですが、
その日から、りすちゃんは、毎日毎日この日が来るのを
楽しみにしていたのでした。


会うヒト、会うヒトに
「私、ミュージック・レス(レッスン)に行くんだ~~」と言い、
私には、「あと何日寝れば、その日がやってくるのか?」と
毎晩尋ねました。


音楽教室がどんなところか知らないハズなのに、
こんなに楽しみにするりすちゃんって、何なんだろう?
子供の想像力って大人の想像をはるかに超えているけれど、
りすちゃんの頭の中の「音楽教室」はいったいどんな色を
しているのかな?
そんな風に私は思ったものです。


そんな風に日々は過ぎ、ようやくその日がやってきました。
学校から帰ってきたりすちゃんは、
「ねえ、いつ行くの~?もう時間?!」と何度も何度もいい、
「遅れちゃうと大変だからーーー」としつこく言い、、、(苦笑)。
仕方ないので、かなり早めに出ました。
自転車を漕いでいる間も、何度も時計を確認させられ、
しまいには道が間違っているんじゃない?とまで言ってました(汗)。


結局、早く着きすぎたので(当たり前だ)、
おもちゃ屋を覗いたりして、時間をつぶしたのですが…。
(さすがにおもちゃ屋では、早く行こう~とは言わなかった(苦笑)。)


さて。

その音楽教室ですが。


何をやったのか、分かりません、、、(苦笑)。
名前を確認した後、すぐに親は追い出されてしまったので。
太鼓をたたいた、って言っていたかな。


子供たちは7-8人で、ちょうどいい感じ。
たくさんの楽器が置いてあったので、きっと、いろんな
楽器を使って、音楽体験していくのだと思います。


終わって出てきたりすちゃんの目はキラキラ輝いていました。
あ~、楽しかった~~!と言い、スキップしながら
るんるん歩いていました。


よかったねえ~。楽しくて。



私も音楽は大好き。
ピアノを長年やっていて、
音大に行こうかと一瞬思ったくらいだけど(笑)、
でも、人生に一番影響を与えたのは何か、といえば、
クラシックではなく、ロック。
ロックが好きだったから、長年アメリカ(&イギリス)に憧れて、、、。
ちなみにだんなとの出会いも、初対面はNYだったけど、
実質の出会いは、アメリカ・クリーブランドの「ロックの殿堂」である、
といえば、いかに人生に影響を与えたか、、、が分かるというもの(笑)。


ともかく、新しい音楽と出会うたびに、興奮して、うれしくて。


りすちゃんには、どんな音楽との出会いが待っているんだろうか。
彼女の航海は、まさに今、はじまったばかり!!!

夏休み突入

今日からりすちゃんの学校は夏休み!!
6週間…学校がないのである。

うーーーん。
正直、大変だな、、、(苦笑)。


昨日は、最後の日だよ、最後の日だよ、と言っていたせいか、
りすちゃんは「今日こそ、お友達の家に遊びに行くって言わなくちゃ」と
思ったらしく、お昼ご飯時に迎えに行ったときに、お友達のおばあちゃんに
「遊びに行ってもいい?」と直談判。

いいわよ、と言われて、二人で楽しそうにおばあちゃん家に行ってしまった。


その日は、午後、学校でプールのお遊びがあり、水着を着ていかなければ
ならなかったので、結局、私も一度家に帰ったあと、水着を持って再び
その子のおばあちゃん宅へ。

どうぞ、入って、入って、と言われたので、入ると…。



う、うーーーーーん。



これが、とっても素敵なのである。


オランダの家、って綺麗な家が多いわよねえ、とは、こちらに住む日本人の方
とよく話題に上りますが、ここも例外ではなく…。


品よく飾られた外国産の素敵なお皿とか時計とか…高そうな家具とか。
壁には大きなパノラマテレビがででーんとかけられていて、
おまけに庭には、お花がわんさか。しかも、お庭のタイルもピカピカと
輝いているのである。

お庭のタイルが輝いているって…すごいよねぇ。だって外だよ。(苦笑)。


トイレに入ると、トイレットペーパーの紙も高そうな紙で…
りすちゃんごときに使うのがもったいないって感じ(笑)。


こっちの年金生活者って、ほーーーんと、優雅だよねぇ~。なんで???



こういう家に行くと、いつも思うのが…。


広告とか、新聞とか、捨てようかどうか迷っている紙とか雑誌とか…
この人たちってどうしてるんだろ~~???


うちの家具も、決して安物ではないのに、高級感がまったく漂わないのは
こういう紙やら新聞やら、ともかく無駄なもんが多すぎる!!って
ことなんだろうと思う。ぬいぐるみやおもちゃも、ごちゃごちゃ
置いてあって…まさにアジア的カオス!

問題なのは、新聞とか雑誌とか…箱etc.にしまっちゃうとそのまんま
忘れちゃうってことなのよね…(汗)。だから大事なものやすぐ捨てるものは
外に出しておくしかない、、、ってこれって、ほんと…根本から
片づけ上手にならないとダメなのかも~~汗。


このおばあちゃんと子供が、万が一ウチにやってきたとしたら…。
うわーーーーごちゃごちゃ~~、こりゃ、二度と出入り禁止!!!
…ってことにならないように、せいぜい気をつけなくちゃ(苦笑)。
ま、子供にとっては、ごちゃごちゃしたところってのは…
おもちゃ箱をひっくり返したように楽しいところだと思うんだけど…。
おばあちゃんは、アジア的カオス、分からないかもしれないしなぁ~汗。


そんな我が家ですが…。


先週、ロッテ育児の会が我が家で行われて、こんなに遠くまで
何人かの方がやってこられました。あ、こちらは、日本人ですよ!!
日本人なら、、、アジア的カオスも分かるかな~~(苦笑)、と、
呼ぶのはけっこう平気です!


当日はちょっと暑かったのですが…ちょうど庭の花がたくさん咲いて
いい感じだったので、皆でお庭へ。


DSCF6423.jpg

こんな感じに準備して待っていました。

暑ければプールも出しますよ、、、と言っていたのに、
結局時間がなくて出せずじまい。
すみません、ごめんなさい、、、。
数日前、ようやく、プールを出しました。


DSCF6427.jpg

毎年綺麗に咲く、黄色い花。
これを書いている今は、ほとんど終わってしまってます。


DSCF6436.jpg

バラも綺麗に咲き始めました。


DSCF6433.jpg

けっこう狭いスペースですが、子供にとっては十分!!
みんなでお砂遊び。


DSCF6434.jpg

みんなでボール遊びも楽しんでました。
連携力、抜群!!(?!)


りすちゃんは、ホストとして(?)小さい子の面倒も頑張って
見たりしていて、張り切っていました。


りすちゃんと同じくらいの歳の子たちは…小さいころからずっと
遊んでいますが、皆、ずいぶん成長して、ここ最近は
親の介入なしに、自分たちでずーっと一緒に遊んでいるので…
ほーんとラクチンになりましたわ。私たちは、ずーっと
おしゃべりしているだけでもOKなんですもの(笑)。


中で遊んだり、外で遊んだり、、、あっという間に時間が
過ぎてしまいました。楽しい一日も終わり。



夏休みはどうやって過ぎていくんだろう、、、。
二人だけのときは、りすちゃんはたえず「ママ好き~」
「だってママと一緒がいいんだもん」と、
どーも私にべったりしているので…
二人だけのあつーーーい日々になりそう、かもデス(?!)。

しまじろうの似顔絵

5月のお休みが終わりました。

お休み中、歳が近い(半分)日本の女の子たちと遊んで、感化されたのか?
家でも頑張って、工作作業のようなことをやっていました。

ちゃんと最後まで完成させた「しまじろう」の似顔絵。

しまじろう、というよりは、クマ?って感じもしますが。。。汗



DSCF6226.jpg


こうやってみると、ずいぶん上手に絵が描けるようになりましたネ!!!

小学校が始まって3カ月

りすちゃんが学校に通い始めて3カ月。
とはいっても、そのうち1カ月くらいは休暇、なんですが(汗)。

けっこう行事が多い、とは、以前にも書いたような気がしますが、
ほんと、連絡が多くって、今日は○○なので何時に迎えに来い、
この日は先生の学会なので午後お休み、この日はGroep 1 - 3は休み。
この日は…と、お、、、覚えきれない(汗)。

私、予定はヒマ~なほうだし、元来記憶力もときどき嫌になっちゃうくらい
良いので(とはいえ、最近は年のせいで?怪しくなってきましたがーーー汗)、
スケジュール表は普段はあんまり使ってないんですが、
さすがに事細かな時間指定でこの日はXX…と言われると
覚えきれず、最近は、えーーーと?とスケジュールに書き込んでいます。
何故か○○時15分、てのが多いのが特徴。何故15分なんだ?!

来週はイースター・朝食の行事があり、学校の皆で朝食を食べるので、
パジャマで学校に来い、と書いてあったのには相当笑いました。
「パジャマで学校だって~、あははは~」と大笑いしていると、
りすちゃんが「笑わないでよ!!」とぷぷんと怒っていました。
笑われるの、嫌なのかな?!でも、可笑しいよね。

しかし、最近の私のオランダ語特訓(?)の甲斐あって、
りすちゃんの学校で先生が話すことも分かるようになってきたし、
毎週のように配られるりすちゃんの学校からの連絡メモも
ほぼ分かるようになったし、、、

あ''ーーー、母がオランダ語が話せないせいで
りすちゃんの学校生活に支障があってはならぬ~~(汗)…と、
お尻に火がついたような状態でオランダ語を始めたけれど、
なんとかなんとか、、、滑り込みセーフで間に合ったって感じ?!
まだまだ自己満足さえ程遠いんだけどねぇ~(苦笑)。


先週(だったかな?)、ついに学校の先生との10分間面談があって、
もちろんだんなにも一緒についてきてもらったけど(苦笑)、
一緒に先生のお話を伺いました。

先生曰く:
最初の1カ月は、全然話すことができず、おもらししちゃったり
いろいろ大変だったけど、その後はもう何にも問題ないですよ。
私から言わなければならないことは何もありません。
とってもかしこい子供です。

と、おっしゃっていただき、ほっとしました。

私の目から見ると、りすちゃんは、ぼっとしているように見えることが多いです。
でも、ちゃんと聞いてるし、見ているし、観察しているし…
数字とか「日本語のあいうえお」とか、「ローマ字」とか、
かなりしっかり覚えているし、ハサミなんかも上手に使えるけど…、
でも、口から言葉がなかなか出てこないので、どういう風に見られる
のか、ちょっと不安なところもあったのですが、
ちゃんと総合的に見ていてくださっているようでした。

逆に、活発で先生の質問なんかにぱーっと答えられる子でも、
(←そんな子は、私から見るとすごーーーくしっかりしているように見える
のですが)先生の課題にきっちり取り組めるかどうかは、別問題のようで
「ああ、あの子は、活発だけど、すぐあっちいって、こっちいって…
全然落ち着いて取り組めないから、まだまだよ」とおっしゃって
いました。言葉ぺらぺら=良い、というワケでもないんだなー、と
ちょっと一安心?!。

今日、学校に行くと、子供たちの作ったイースター卵の作品が
展示してあって、りすちゃんのは一番前の一番目立つところに
置いてありました。別にそこに置いてあるから、上手、っていう
ワケではないと思うんですが、まあ、親のひいき目で見て、
色づかい、卵の割れ目など、一番上手にできているように感じました(爆)。


学校のお出迎えも、いつもぽつんと私は立っていて、
あーーー、他のお母さんに話しかけようにもどうやって話しかければいいの~?
と、どうしていいか分からない状態…が
ずーっと続いていたのですが。。。

最近、うちのすぐ近所に住む男の子が4歳になって、
りすちゃんのクラスに入ってきて、帰り道に一緒になるので
そのお母さんと、ちょっとずつお話するようになりました。

なんでも、幼稚園も一緒だったようで、りすちゃんが
「あの子は幼稚園も一緒だったんだよぉぉ~」と言うのですが、
こっちゃ、まったく記憶がありません。。。
だいたい男の子って、みーんな同じに見える、なんて
言っている場合ではナイか。女の子も、髪型変わっちゃうと
全然分からないしぃ~~汗。

そのお宅には、なんと10歳から7カ月まで4人の男の子(…!)
がいて、4歳の子は3番目なんだと…。
すごいなぁ~~。4人の男の子。
でも、お母さん、まだまだ若そうだし、一人の子でふぅふぅ
なっている高年齢の私(…)とは違って、タフで頼もしいんだろうな。

僕は真ん中の子なんだよ~、と2番目の男の子が元気よく
お話してくれましたが、目がくりくりしてて、
とてもかわいいです。
(←でも、街で会ったら、絶対に他の子と判別できない
自信があります~…!!とほほ~。)

お母さんも、私の拙いオランダ語をきちんと理解してくれて、、、
やっぱ子沢山の母は、子供の言うことをよく聞いているから、
私の言うことも分かるのかも…(笑)。
少なくとも、だんなよりは全然理解度高いよ~(苦笑)。

とりあえず、天気の良い日は、そのお宅の子供たちに交じって、
りすちゃんも一緒になって走って帰るので、
りすちゃん自身も帰り道が楽しくなったようです。
良かったねぇ~。

来週は、イースターで、週の後半はまたまたお休み…。
オランダの学校は休みが多い、と、噂に聞いてましたが、
本当にそうかも。

春休み突入

りすちゃんは今日から春休みです。
クロッカス休暇、ともいうのかな?
でも、、、クロッカス、咲いてない~…。
またまた雪が降っちゃって、、、今年はまだまだ春の気配が…遠いような?

地区・学校によって、違うようで?オランダの南のほうは
カーニバルの今週1週間、私たちの住む辺りは来週1週間、
てのが普通のスケジュールのようですが、何故か彼女の学校は
今週も来週も、、、2週間もお休みです…。

まだ、冬休みが終わって、1ヶ月半しか経ってないっつーに…。



お休み前の金曜日、学校でいろんなイベントがありました。

朝行われたイベントは:

がん治療・がん関連の医療機関にお金を寄付しましょう、という名目で
「ROPA RUN」という「走る会」が催されました。

お金を集める方法は、子供が1週走る辺り○○ユーロの寄付、
または、周回数関係なしの寄付、の二つ。

子供が頑張って走ったんだから、寄付しよう、、、てことですね。
そういえば、最近、ハイチの地震で、イギリスの男の子が、
自転車であちこち回って、相当数の寄付金を集めてましたね…。
そういう、そんな感じのイベントです。

日本の多くの学校のように、緑の羽根募金だ、さあ、金出せ、て感じじゃなく
何かをやって(労使して)、お金を集めよう、ていう考えはとても
いいことだと思います。

そういえば、私も、昔、海外の子供里親制度に参加していて、
その額が、おおよそ大学時代の一日のバイト料くらいだったので、
「今日の一日は彼女(子供)のことを考えてバイトしよう!」
なんて、ちょっぴり高尚なことを考えて、頑張って仕事してました。
これも、立派な、労使してお金を集める、てことですよね。
昔は、私も、偉かったのだなあ~。。。(←遠い目)


当日、彼女たちが走る体育館に到着すると、すでにイベントが行われていました。

りすちゃんはどこだろう~?と探すと、
ものすごい速さで通り過ぎる彼女の姿が…。

彼女が全力疾走して走る姿を見るのは、もしかしたらこれが初めてかもしれない。

、、、けっこう早い!


私は、今まで、彼女は、運動音痴、かと思ってました。
なんとなく、トロそうだなあ~と。

私自身、小さい頃から、走るのも飛ぶのも得意で、小学校では、ずっと学年2位!
運動会の徒競争は、学年1位のライバルちゃんと当たらない限り、
毎年一位でした。縄跳び大会も、小学校1年から特級で1,000回近く飛んでました。
(←今更、自慢してどうする~、、、苦笑)

そんなワケで、彼女は、だんなに似たのだな、なんて勝手に思ってたの(爆)。
でも、この日の彼女の走りを見て、けっこうフォームも悪くないし…。
疲れてバテてるクラスメートをしり目に、ずんずん追い抜く彼女。

すごい、びっくり、意外!!!!

ちょっと、母は感動しました。


DSCF5676.jpg

たったか、たったか、た~~!走る、走る。


DSCF5675.jpg

先生お二人は、途中からバテ気味…。


DSCF5670.jpg

こんなんも、走ってました。これが一番大役、かも(苦笑)。


結局、彼女は26周もし、我が家の寄付額も、ちょっぴし上昇!!

りすちゃん、頑張りました。



夜は、「バレンタインデー・ディスコ」でした。

4歳児で、ディスコ~~?と思いましたが、
ディスコがなんだか知らないりすちゃんも、
大変楽しみにしていたイベントだったようです。

お陰で、その日まで、「あ、そんなことすると、ディスコいけないよ~」
と、ディスコをネタに彼女にご飯を食べさせたり、
お風呂に入れたりしていました…(笑)。

さ、お得意のピンクの服を着せて…と思いながら、案内を見ると…。

がーーーん。

テーマは、バレンタインの赤と白、とあるではないか。
な、なんと。

残念ながら、赤も白も、ろくな服がない、、、というわけで、
急遽、赤の靴下、白のシャツ、を着せましたが、、、
なーんか、着せてみると、やっぱりピンクって感じ…。

ま、しょうがない、、、わ。


DSCF5677.jpg

しかも、赤い靴下が大きすぎて、ダボダボです。。。汗


学校に到着すると、別に白・赤の服を着てない人もいて
なーんだ、って感じ。
そうよね、、、オランダだもの、ここは。。。


アタフタしただけ、無駄だった(苦笑)。。。


DSCF5679.jpg


りすちゃんは、(やっぱり)大好きな女の子を追いかけまわしていて、
他には目もくれず…って感じ。。。(汗)

この女の子、どうやらクラスでとっても人気があるみたいで、
昼間、体育館で着替えているときも、複数の子供が
「今日のディスコでは、エシュリと踊るんだ」と親に話してました。
確かに可愛い子だもんな。。。


DSCF5683.jpg


開始時刻が近づき、子供たちが続々集まってきました。
皆の衣装を見ると、女の子はプリンセス・ドレス多し、、、!
男の子は、なぜか海賊のカッコの子やら、テントウムシの子とかいて、
あれ?今日は、ディスコじゃなくって、仮装パーティなの?
って感じでした。やっぱ、このくらいの歳、ディスコってなんだか
分かってないかも…(苦笑)。


夜8時前、だんながりすちゃんを迎えに行って、イベント無事終了。

春休み突入です。


予想外の2週間もの休み。
当初は天気のよくなった5月の休暇に旅行でも行こうか、と思っていた
のですが、その頃、オランダ語の勉強も佳境に入るような感じに
なってきたので、急遽、旅行に行くことにしました。

飛行機に乗って、ちょっぴし暖かい南へ…。
あ~、これで、しばらく寒いオランダとはお別れだ、と思いきや、
天気を見ると、そちらも結構お寒いようで…。。。苦笑
ま、のんびりしてこようと思います。


青春の始まり

ようやく春が近づいて来た?と思ったのもつかの間、
またまた寒くなってきたオランダです。

それでも、2月に入ると、急に日が長くなってきて、
春が近づいてきているなー、、、と、感じます。
2月は寒いけど、1週間の間でも、日の長さが変わるのが実感でき、
「ああ、もう少し!」と思えるのが、いいですね。


りすちゃんが、友達から「フレンド・ブック」を借りてきました。
お友達に自己紹介文を書いてもらうノート本です。


DSCF5662.jpg


どうやら、本人は最初プレゼントを貰った…と思ったようですが(汗)、
りすちゃんの紹介文を書いて、本人に返すんだよ、
かわいく作って返そうね、というと、もう大興奮!!
早く書こう、何を書こう?!と、大騒ぎでした。

私のオランダ語能力では、怪しいので…
(だって、お母さんも見るし、次のヒトも見るし…汗)
だんなが帰ってくるのを待って、りすちゃんの自己紹介文を書きました。

写真やシールも買って、かわいくできた!!


DSCF5663.jpg


これ、男の子のモノなんだけど、ハートなんて貼っちゃうと、
怪しく思われちゃうかな~~(笑)。
でも、貼ったのは、りすちゃん、だし…!

交換日記とか、お友達カードとか、、、こういうの、懐かしいですね。
私も、小学生・中学生のころは、あれこれやりました。
好きな男の子にカード書いてもらって、ドキドキしたり、
友達と内緒の話を日記で共有したり…。
毎日学校で会っているのに、、、面白いですよね。


もうしばらくすると、「○○くんが好き~!」なんていう日が
来ちゃうんでしょうか。

まだまだ早い?!
うーーーん、自分の経験から言うと、そんなことないかも。
幼稚園のとき、登校時、誰と手をつなぐか、で毎日ライバルと
揉めてたもの(爆)。

実際、以前勤めていた会社の同僚も、
「子供は5歳なのに、もうボーイフレンド、とかいうんだよ~苦笑」
と笑ってたから。。。

りすちゃんがどんな子が好きなのか、大変興味アリ、だから、、、
理解ある母親のフリして、いろいろ聞きだすのが今から楽しみ(笑)。
今は、男の子は好きじゃない、としょっちゅう言っていて、
あんま、好きじゃないのが現実みたいだけど。
(落ち着きなく走りまわるのが、好きじゃないらしい。)
ま、日に日に変わるのが、子供ってもん。


DSCF5664.jpg

りすちゃん王子?!
最近、絵も上達してきました。


学校では、毎日、絵を描いたり、工作を作ったり…。
家でも、その影響で、はさみチョキチョキ、のりペタペタ、で
机が紙の山になっちゃってます。

これらのくず作品を、どうやって処分するか、が
この年齢の親の苦労のしどころのようです。。。
うちは、もう大変なことになっちゃってます(汗)。

りすちゃんの学校生活

すっかり間隔が開いてしまいました。
先週は遊びに忙しく、今週は風邪でバテ気味…。
本日、ようやく、ちょぼちょぼ書いています。。。

ブルーな出来事もありました。
ああぁ…。

ここ最近、りすちゃんの前歯の一本がなんだか黒っぽくなってきて…
なんだろう、、、と歯医者に行ったところ、
「この歯はすでに死んでいる」とのこと。

思い起こせば、いつぞや、私の足にひっかかって思いっきり
転んでしまったりすちゃん。
ちょっと血も出ていたものの、痛みはその日で終わったので大丈夫かと
思いきや…それが原因だったのだと思われます…。

ああ、わざとではないとはいえ、あの時、私の足が前に出ていなければ…etc.
母は、、、うじうじ後悔してしまいます。
だって、、、かわいいお顔も、にこっと笑えば、お歯黒よ(涙)?!

ラッキーなことは、まあ、この歯は乳歯なので、そのうち
生まれ変わるってこと(きちんと生まれ変わりますように!!)。
あと、りすちゃんは、はにかみがちに笑うので、まあ、よおく見ないと
分からない、ってことくらいかな…はぁ。


さささ。
暗いニュースはこれくらいにして。

早いもので、りすちゃんも学校に行くようになって1カ月が経ちました。

オランダの学校には、私も通ったことがないので、
私にとっても、すべてが「初体験」。
もともと、いろんな国の教育内容・制度にはとても興味があるので
りすちゃんが貰ってくる学校スケジュールなどを見るのは
興味しんしんです。

私が、中学か高校のときに、ニューヨークのシュタイナー学校の様子の
ドキュメンタリーかなんかを見て、けっこう衝撃を受けて。
たぶん、自分なりに、学校教育に疑問とかなんかを感じていたんだと思う。
私は、自分で中学(高校一貫)を選んで、受験して入ったので、
自分にとってベストの選択だった、と思ってはいるんだけれども
(だって、自分で選んだんだもんね…)、それでも、やっぱり
大学受験のための詰め込みの教育ばっかりで、考えて、皆で実行して…てな
部分が相当欠けているなぁ、と思ったのかな。
ま、そのとき私は、「アメリカ」の学校に行きたくて、行きたくて…。
そんなんもあると思うけどね。
ともかく、そんなこともあって、教育制度というものには
昔っから興味を持っている私なんです。

オランダにもいろんな教育があって、選択肢もあって、
親も迷うところだと思うけど、、、うちはとりあえず、
一番近所の公立学校。

公立学校だけど、来年度には高学年に「特別クラス」ができるようで、
その「特別クラス」への編入条件が…、
テストを受ける、とか、じゃなくて、ただ一つ。。。

「IQ130以上」

面白いなあ~。
IQテストって記憶力、とかじゃないでしょ。
つまりここの部分で、すでに、日本の多くの学校の、詰め込み=記憶能力重視とは
全然違うスタイルを持っている、ってこと、が分かりますものね。

それにしても、IQ130ってずいぶんと高い?!
(イマイチよくわかっていない私。。。)


まあ、4歳のりすちゃんには、そんな話はまったく関係なく…
幼稚園のように「遊ぶ」ことが主体。

毎日学校に行くのも、やっぱりまだまだ疲れるようで、
帰りに半分愚図りながら帰ってくる日もアリ。
家に帰ると、うわーーーんと泣いてしまったりして、
いろんなフラストレーションもあるんでしょうね。

それでも、大好きなお友達がいるようで、
1月の最初のころは、毎日毎日、その子の名前ばかり。
「ああ、今日は、エシュリと一緒に遊べなかった。
もうお友達じゃないのかな…。」とか
「エシュリとずーっと一緒にいたいの。大好き。」とか
「エシュリのおうちに遊びに行きたいよー。」とか。
なんだか毎日深刻に彼女の話しが続いていて、
おかしいやら、うんざり(汗)やら…。
今まで、こんなに誰かに執着したことがないので、
本当に好きなんだなぁ、なんて思います。

学校に迎えにいくと、黙々とりすちゃんがそのエシュリの
後について歩いていて…、声くらいかければいいのに、さ(笑)。
なんか、ストーカーっぽい?、もしかして、りすちゃんの
一方通行だったりして、、、etc.と思ったりもしたんだけど、
学校の先生曰く、本当にいつも二人でくっついていて、
これじゃいけない、と先生も引き離し作戦をしている、と
言っていたので、まあ、一応、本当に仲良くしているみたいデス。

オランダの学校は、日本の学校のような「お遊戯会」などがない、
と、あちこちから聞いていて、それを私は行事がない、
と勘違いしていたんだけど、実際には、行事はたくさんありますね。
12月はクリスマス会、1月は合同先生お誕生日会(なんじゃそりゃ?)、
そして2月は、、、

バレンタイン・ディスコ …です。

4歳児にして、ディスコって、、、いったい…。
時間は、夜6時半から8時まで、で一応入場無料、となっとります(笑)。

1月の合同先生お誕生日会は、水曜日の午前中いっぱいを使って、
さまざまなゲームが行われたようです。

「仮装してきてもよろしい」

と書いてあったのですが、うちには仮装になるような服は何もなく…。
慌てて買いにいきました…汗。

結局、スカートだけ、バレリーナみたいなやつ、を買ったのですが、
本人は、プリンセスと勘違いしていたようです(苦笑)。
しかも、学校で、フェイス・ペインティングをしてもらい、
「私は、プリンセスよ~~!」と大喜び。

でも、、、私からすると、プリンセスというよりも、こりゃピエロ(笑)。
いやぁ、子供の感性とは…面白いものです。。。

DSCF5642.jpg

プリンセス・りすちゃんを見よ!!


私からすると、素顔のりすちゃんのほうがずっと可愛いと思うんだけど。

DSCF5654.jpg

お友達の誕生日会にて。
後ろの畳が見えるかな~~?畳があるお宅なんです。


1カ月の学校生活で、
ようやく、時間通りに彼女を学校に連れていく、ということが
できるようになりました。
朝はまだちょっと難しいけれども、お昼は帰ってきたら、
すぐご飯を食べて、少し遊んで…と時間に余裕が持てるようになりました。
最初は、このお昼時間があまりに短すぎて時間通りにすることが
「一大事!」だったので、ちょっとは成長した、ということでしょうか。

ま、だんだんと慣れて…とは思うものの、
あと2週間もすると、またまた2週間もの春休み…。
これじゃあ、慣れる日は、延々にやってこないかも(苦笑)?!
プロフィール

そらのくも

Author:そらのくも
オランダ生活も15年目に突入しました。

(ご案内)
オランダ情報は「そらのオランダ通信」でお届けしています。是非ご覧ください。

↓ ↓ ↓

photoeurope2.jpg

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
写真のこと
当サイトで使用している写真と文章の無断転載はお断りしています。


そらのオランダ通信お薦め:オランダのベストミュージアム
↓ ↓ ↓
photoeurope2.jpg
情報

line_10.gif
line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記のお好きな画像バナーどれかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです 。

heart3.gif クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村
気になる本
オランダ生活に役立つ、今、自分が欲しい本を載せています(いわゆる備忘録)。



前回載せておいたフランス菓子は買おうと思ったら絶版になっていた。。。うそ~…!絶版になるのが早すぎる。今度こそ…。

ブログキーワード別カテゴリー

オランダ お出かけ 街並み ヨーロッパ 子ども 旅行 ガーデニング カフェ ハンドメイド ミュージアム 洋服 ショップ ソーイング本 オランダの話題 自転車 カメラ ロッテルダム 庭園 レストラン 教育 学校 ニュース オランダの食材 スーパー 日本語教育 子育て オランダサッカー おうちのできごと 英語学習 国際結婚 

ブログ記事カテゴリー
最近のコメント
リンク
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数: 現在の閲覧者数:
Flag Counter
メールフォーム
ご訪問ありがとうございます♪♪
ブログ・HPの感想はこちらまで↓

mail-pen2.gif
ブログ内検索