日本語を保持するということ

3学期に入り、補習校では3年生の漢字おさらいテストが続いています。
3年生で習う漢字は200字。

そしてこの出来が、、、!!!

何を隠そう、あっと驚く、、、ヒドさなんですなあ~~(汗)。

ほとんど覚えていない。
ほとんど書けない。
読みは覚えていても、音読み・訓読みは絶対ムリ。

補習校に通ってもこれレベルなのかあ~。
なんだか現実を突きつけられた気分です。
どよおおん。

ところで、先日、海外子女教育なる雑誌を読んでいたら、
興味深い記事に出会いました。

すなわち。

小学校中学年までに海外に渡航した子どもは、日本語に接する時間が
著しく減ると、日本語の発達がとまり、さらに失われていく危険性があり
外国語の習得以上に日本語を失わないように配慮する必要があります。
特に小学校の低学年で帰国する子どもは、身につけた外国語が
数カ月ではがれおち、結果として日本語を失った上に、外国語も
なくしてしまうという危機があるため、要注意です。


…という内容だったかな。

この記事を読んだ時、私はビビビとなってしまいました。
うちの子は、日本から来た子どもではないのですが、
それでも…彼女にまさに当てはまる内容だったのです。
実は、彼女のメイン言語(オランダ語)がぐーんと伸びた時期が
小学1年~2年にかけてありました。
この時期に、オランダ語の読書のレベルが絵本から一気に
中高学年が読むような童話に移行しました。毎日本を読んでばかり。

が…しかし。それに伴って。。。
彼女の日本語レベルが、がーんと落ちたのです。
そのレベルとは、、、ずばり「ひらがな」まで忘れてしまうレベル!
それまでは、オランダ語と日本語はほぼ同レベルだったのに、です。

まさか「ひらがな」は忘れるはずがないでしょう?
それが大人である私たちの通常の考え。
なのに彼女は忘れてしまったので、ものすごくショックでした。
あまりのショックに私は泣いてしまったくらいです。
まさか彼女はバカになったのではないかと思って…汗。

もう先に勉強を進めるどころの話しじゃない。
現状維持も厳しい。。。
後退する日本語に必死にすがりつくだけの日々。

今、考えれば…あの時が、彼女にとっての2つの言語の均等性が
崩れた瞬間でした。

それで3年生になって慌てて補習校に飛び込んだワケですが、
同じ時期飛び込んできたクラスメイトちゃんのお母さんの
「日本の小学校で覚えた漢字も忘れ、今やカタカナも危うい」という
言葉に救われたというか。。。いや、こういう場合、
救われてちゃいけないのかもしれませんが。。。(苦笑)

つまり。
大人の日本人である私たちは一度覚えた言語の基礎は忘れない、
という前提で生きており、実際どこに行っても忘れることはないのですが、
多国語に接している子ども(脳的には小学校中学年までだそうです)
にはそれは通用しませんよ、ということなのです。

まあ、この辺りは、バイリンガルの言語喪失でググると
結構たくさんの学術的な文献が出てきますね。
どうやらこれはどこにでもある当たり前のことらしいです。
ある文献には、語学の習得と同じ程度、語学の喪失が存在するが
日本で習得ばかり強調されるのは、やはり多くの人が習得に
興味を持っているから、ということでした…。そうだったのかー。
ま、そりゃ、習得しても簡単に喪失しますよ、てところが
強調されちゃうと、色々困っちゃう人が出てくるのも事実でしょう。

でも。
そんな簡単に喪失するのであれば、もうちょっとこの研究も
進めないと。。。日本政府は安易に小学校3年生から全員英語、
とか言っちゃっていいの?っていう気がしなくもありませんがね。
小学校3年生なんて、ほんと、日本語の基礎を学んでいる時で
説明等、本当にあやふやにしか話せません、レベルでしょう。
私は言語能力は個人の能力次第だと思っているので、
一斉に早期英語教育を導入するのは反対ですね。子供によっては
日本語の習得に支障をきたす可能性すらあるのでは?と感じます。
まあ、どれ程度の英語をやるのかにもよると思いますが…
効果のない英語じゃやっても意味ないような気がしますし。。。

あ、話がちょっと逸れてきた。

まあそんなワケで、その雑誌は、
日本語教育は絶対続けてください。
いずれ日本に帰るのであれば、補習校に絶対に行ったほうがいい。
というような結論になっていたのですが。。。

そうは言っても…住んでいるところetc.などの理由で
補習校に入れない方々もいるわけで。

そういう方にお薦めなのが…現在うちがモニターしているドラゼミGでしょうか。
(…ふふふ。長々と話をしたのはここに話を持って来たかった…?!)

このドラゼミグローバルは、海外に住む日本人向けに開発された
特別プログラムです。

すべてインターネット・コンピュータを介して行われるので、
ネットワーク環境さえ整っていればOKです。

特徴は、ネットを通して先生の授業を聴講できるということでしょうか。
もちろん、、、質問なんかは出来ませんけれども…
でも、見ていると、なんか日本の塾に行っているみたいな気分は
味わえます。

ただ、受講料が…他の通信講座と同じように学年年度末まで一括徴収
という形になっているため、年度初めからスタートして、一括払いするのは
躊躇してしまうかも。今なら、3月末までの申込が可能なので、
どうしようかな、と考えている方がトライするにはいい時期かもしれません。

その他、2週間お試しキャンペーンもやっていますので、
興味ある方は是非ドラゼミGのページを見てみてください。


dorazemig pic2


親が子供の勉強を見るほど大変なことはありません。
日本の学校の勉強が難しくなるにつれて、本当にこれを痛感します。
ぶっちゃけ、補習校に入れといた方が楽だし、いや、
もし日本に帰るのであれば、日本から選抜されてきた専門の先生が
教えてくれる日本人学校に入れておいた方がもっともっとラクだけど。。。
まあ、それでも自ら決めた道、となれば腹をくくってやるっきゃないです。

ただ子どもの日本語があっけなく喪失してしまう可能性がある、ということ。
これを知らない方が本当に多いんじゃないか、という気がしますので
今回はこれを取り上げてみました。喪失してしまってから大慌て…
となると子どもが可哀想です。日本に帰ってからやれば、、、と言っても
今や日本の学校も猛スピードで進んで行くので、追いつくどころでは
ありません。

うちの子は、まあ、オランダ人なので…いずれ帰るその日のこと、ていうのは
ありませんが、ここで終わりにしたら、もう本当に日本語は終わりなんだな、
そう思うと…毎日辛くても、やっぱりもうあと少しだけ。。。
こうやって頑張っちゃう私は、やっぱり教育ママなのかな(苦笑)。
でも、今はやっぱりもうちょっと頑張ろうかな、という気持ちです。


line_10.gif




line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記の画像バナーどちらかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

いつもありがとうございます。

オランダ情報はこちらから → オランダ情報ブログランキング
海外育児ブログランキングはこちら → 海外育児ブログランキング

ソーイングブログランキングはこちらから↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村

できないからやりたくない、を、できるから面白い、に変える

日本に行くと、あちこちで募集している小学館の通信講座ドラゼミ。
数カ月前にドラゼミ・グローバルなる海外在住の子ども向けの新しい通信講座が
スタートしたとのことで、小学館の方から私宛てに
「モニターになりませんか」という連絡が来ました。

何故私宛て?!

考えてみると…たぶん、、、これぐらいの歳の子どもの教育について
語っているブログってあんまりないのかも?

正直…教育について語るのって難しい。
よく出来る子どもの親だったら、得意になって書きたくなっちゃうだろうけど、
読者は思いっきり引いちゃうだろうから、それほど書けないし…(苦笑)。
反対に、子どもの勉学状況に問題がある場合、親に心の余裕がなくなって
ブログにその状況を書く気力さえなくなってしまう、、、。

少なくとも私はそんな感じ。

このドラゼミGの受講状況をブログに書くことがモニター条件だったので、
それって我が家の場合…結構大変だなあ、と思って…お受けするか迷ったのですが、
でも、でも、やっぱりせっかくいただいたお話なので…
モニターとして受講してみることにしました(←もちろん、りすちゃんが、ね)!!

実は、今、我が家は補習校の宿題をさせるだけで、ほぼ毎日、
大バトルが繰り広げられており、はっきりいってプラスαに何かをするなんて
そんな余裕はお互いほとんどないのが現状です。

なのに無謀にもやってみよう、、、と思ったのは…。
私自身、ドラゼミというものに大きな好奇心があったから、なんです。

私は自分で言うのもなんですが…勉強大好きっ子でして(笑)。
小さい頃から、あれ習いたい~!これやりたい~!!なんでもやりたがる子でした。
通信講座も、もちろんやりましたよ~。
小学生のときは、今はなき学研の科学と学習を購入していました。
届くとすぐにOPEN。かなり好きだったようで、今も記憶に残ってます。
それと同時に「ポピー」をやっていました。
高学年になると、自ら「受験したい~~!」と親に志願し
(←たぶんこんな子は我が生まれ故郷にはほとんどいない稀なケース)
遠くまで塾に通いました。弱音なんて一度も吐いたことないですよ。
だって、勉強、楽しくてしょうがなかったから…(←本当に珍しいハズ…笑)。

中学生になると、ベネッセのチャレンジをやりました。
高校生になると、Z会(←難しくて溜めまくった記憶が…汗)

つまり、、、色んな通信講座を渡り歩いてきたわけなんです。
なのに、、、ドラゼミの経験がない。
聞けば、ドラゼミは現在通信教育部門の小学生の顧客満足度トップ
という人気度なのだそうで…(by イード・アワード)。
そのドラゼミが、海外在住向けの子ども向けに新しいシステムを
生みだした、と聞けば…もう興味がムクムク、なんですよね~。

今後、このブログにて、ドラゼミGについてぼつぼつ書いていくことになるんですが、
この私の興味点などを交えて、私ならでは、という感じにご紹介していけたら、
と思っています。


今回は…とりあえず、りすちゃんの勉学現状について少し。
勉強は、当たり前ですが…子どもの能力に大いに左右され、
同じことをやっても子どもによって到達度がまったく違うと思うので、
参考のために書いておきます。

メイン <オランダ現地校>

たまに書いていますが、いまのところオランダの現地校は順調です。
(母が外国人により)言語力が弱い、と言われたこともなく、成績も進み具合も
トップです。よって、日本語補習校に通うことを先生に問題視されたことは
ありません。本人もそれを言い訳する状況に陥ったこともありません。

しかし、勉強が好きか、というと、どうもそうでもないらしく、家で何も言わなければ、
テレビを見続ける、ユーチューブを見続ける…という怠惰な状況(涙)。
自主的に勉強、なんて見たこともありません(涙X2)
(やはり私のような人物は珍しいのか…・???と首をかしげる母)


サブ <日本語補習校>

頭はいいはずなのだから日本語は自主学習で充分、と1、2年時は
学校に通わせていませんでした。
1年生の時は、特に問題も感じず、日々が過ぎました。

しかし、2年生になり、習う漢字の量が急に増えて状況が一変しました。
1学期は勉強は遅れがち…それでも細々と勉強を続けました。
2学期はついに本人が勉強を拒否し、私が押しても引いても泣いても怒っても
一切勉強を受け付けなくなりました。ついには、「日本にはもう二度といかない」
という日本絶縁宣言も飛び出しました。

勉強を続けることは不可能となり、日本語を一切諦めるか、それとも
補習校に託してみるか…の二者択一で補習校にかけてみることにしました。

そういう状況で、3年生から補習校に入りました。
補習校は、彼女のようなミックスちゃんが多い学校です。
なので、まったくついていけない…という状況にはなりませんでした。
宿題は、噂に聞いていたほどではありませんでした(多いけど…ね)。

しかし、学校に通うようになって宿題をやるようになったか、といえば、
とーんでもなく、毎日母がつきあってあげなければいけません。
我が家は毎日少しずつやらせる方法を取っていますが、
宿題を始めさせるまでにだいたい1時間くらいかかり、
週に2回はものすごく叱らなければいけない状況が続いています。
酷い時は1時間も延々と罵声を浴びせながら叱り続けなければなりません。。。
精神的に、かなり追い詰められます。
(よって、ブログなんぞに書く気力はないことが多い)

しかし、最近、、、こんな罵声・叱ることはまったく意味がない、ということに
気がつきました。恥ずかしながら…ようやく、、、。

なんせ、これだけ怒っても、彼女、すっからかんに漢字を
忘れてしまっているのです。要するにその場しのぎ。
□にどの漢字が当てはまるのかさえ、まったく分からず
よって辞書も引くこともできません。
補習校に行っても、彼女は所詮これレベルなのだ!!!
ようやくその現実に気がつきました。
(こんなレベルでも補習校の成績が悪いわけではなかったので
気づくのが遅れました)

分からないからやりたくない。やりたくないから抵抗して怒られる。

負のスパイラルのような状況に追い詰められている彼女。
この状況を、変えるには、たったひとつしか方法がないじゃないか。
そう。その方法は…勉強ができるから楽しい!に変えること!!

え、、、どうやって?!
そもそも、そんなの、現実問題として可能なのか?!
ハテナ、ハテナ、ハテナ。。。????

↑↑↑ 今、我が家はこの部分にいます。

そんなワケで、ちょっと前から、彼女が勉強が楽しいと思える道を
探そう、そんな模索を私は始めています。
今までは補習校の宿題さえやっていればいいや、でしたけど、
受動的に宿題をやらせてもあまり効果がないということが分かったので…。

そんな模索を始めたときにふと声をかけられたドラゼミG。
これは…彼女にどんな効果をもたらすのか?
ちょっと私は楽しみにしているんです。

ちょっと待って。
そもそも、そこまで日本語をやる必要あるの?
そう思われる方もたくさんいらっしゃると思います。
私自身もずーっとそう思ってきました。

ただ…オランダの学校でトップ、余裕しゃくしゃく状況で
家で怠惰にユーチューブを何時間も見ているのを見ると
もったいない、って思っちゃうんですよね。

このままこの状況が進むと、彼女は自主勉強、宿題、という言葉も
もう一頑張り、という言葉も知らずに中学生になってしまう。
せっかく能力があるはずなのに(?)、それで果たしていいのか。
ここのところを私は今、非常に恐れているんだと思います。
なので、とりあえず、彼女の現地校の成績がいいうちは
頑張らせようと思っています。

それにしても。
こんなに叱られても子供って、最終的にはママのために
勉強するんですね。100点取って、ママが喜ぶ!って喜んでた、
て先生に言われて涙が止まらなくなりました。

彼女が日本の勉強が楽しい!って思えるようになるために
もうしばらく頑張っていこうと思います。

次回、このカテゴリを書く際は、ドラゼミGの様子などをお伝えします。

もうすでに興味アリ、という方はどうぞこちらから↓↓↓

ドラゼミG
dorazemig pic2


line_10.gif




line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記の画像バナーどちらかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

いつもありがとうございます。

オランダ情報はこちらから → オランダ情報ブログランキング
海外育児ブログランキングはこちら → 海外育児ブログランキング

ソーイングブログランキングはこちらから↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村
プロフィール

そらのくも

Author:そらのくも
オランダ生活も15年目に突入しました。

(ご案内)
オランダ情報は「そらのオランダ通信」でお届けしています。是非ご覧ください。

↓ ↓ ↓

photoeurope2.jpg

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
写真のこと
当サイトで使用している写真と文章の無断転載はお断りしています。


そらのオランダ通信お薦め:オランダのベストミュージアム
↓ ↓ ↓
photoeurope2.jpg
情報

line_10.gif
line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記のお好きな画像バナーどれかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです 。

heart3.gif クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村
気になる本
オランダ生活に役立つ、今、自分が欲しい本を載せています(いわゆる備忘録)。



前回載せておいたフランス菓子は買おうと思ったら絶版になっていた。。。うそ~…!絶版になるのが早すぎる。今度こそ…。

ブログキーワード別カテゴリー

オランダ お出かけ 街並み 子ども ヨーロッパ 旅行 カフェ ガーデニング ハンドメイド ミュージアム 洋服 ショップ ソーイング本 オランダの話題 カメラ 自転車 ロッテルダム 庭園 レストラン 教育 学校 オランダの食材 ニュース スーパー 日本語教育 子育て オランダサッカー おうちのできごと 英語学習 国際結婚 

ブログ記事カテゴリー
最近のコメント
リンク
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:

Flag Counter
メールフォーム
ご訪問ありがとうございます♪♪
ブログ・HPの感想はこちらまで↓

mail-pen2.gif
ブログ内検索