マダニ(Teek)の季節です!

DSC_1550 (2)

寒かった日々もようやく終わりを告げ、緑がまぶしい季節がやってきました。楽しい、ウキウキ!!そういう気分を一気に沈めてしまうのがこの季節から始まるマダニの恐怖です。

オランダは、もともとマダニの被害が少なかったようですが、近年だんだんと被害が広がりつつあるようで、この季節になると新聞などで一斉に「マダニ注意!」の記事が上がってきます。

日本人のオランダ在住の方の多くは、こういったオランダの生の情報を読んだり聞いたりすることはないと思いますので、ここで一度書いておきます。

オランダ語では、マダニのことをTeek (複数形Teken)と呼びます。英語がTickなので英語に非常に近いですね…。マダニに噛まれることによってさまざまな媒介性感染症にかかる恐れがありますが、オランダではマダニに噛まれるとライム病という病にかかる可能性があります(噛まれた人すべてに発生するわけではありません)。

ライム病…気になる方は、ネットなどで詳しい情報を集めていただきたいですが、即座に死に至る可能性はないようですが、ステージがあり次々と体の神経、皮膚などに障害を起こし、何か月、何年にもわたり体に炎症をおこす恐ろしい病気です。

マダニは草むら、芝生、森の中、どこにでもおり、人間が近づくと匂いで引き寄せられるように吸い付いてきます。オランダ国内では、被害者の三分の一が庭で被害にあっている、ということからもどこでもマダニに噛まれる可能性があることがお分かりかと思います。

この病を防ぐ方法はただひとつ。マダニに噛まれないように気を付けること、またマダニに噛まれた場合でも、24時間以内に正しい方法でマダニを除去すること。この二つがきちんとできていれば、感染の危険はありません。

正しい方法でマダニを除去する方法については、下記のページ(オランダ語)で、動画で説明されていますので、ぜひご参考ください。突然噛まれてもよいように、家に一本マダニを除去するピンセット(オランダ語でtekentang、もしくは英語でTick remover)を用意しておくと安心です。ピンセットは、一般的なドラッグストアのどこでも購入することが可能です。

マダニを除去する方法(動画)ご紹介 - Stop de Teek NL

活動が活発な子供がいるお家は、この時期は毎日子供の体をチェックすることをお勧めします。また、旅行時などもピンセットを持っていくと安心できます。

なお、オランダではマダニによる被害はライム病発生が主たる被害ですが、東・中央ヨーロッパ(オーストリア、ハンガリー、チェコ、クロアチア、バルト三国、ポーランド、ロシアなど)は、ダニ媒介性脳炎にかかる可能性があります。すべてのダニがウィルスを持っているわけではありませんが、危険地域と呼ばれる地域でハイキング、キャンプなどを行う場合には、チェックを怠らないようにしたいものです。

本日、うちの子の学校で、子供の友達がマダニに刺されたそうです。窓側に座る彼女は、上から何か落ちてきたのを感じ、ふと足を見ると、太ももにマダニがくっついていたそうです。な、なんと…!!そんなことがあるのか?!恐ろしや!!!

学校では除去できず(おいおい…無能な先生だな!)、その子は家族に迎えに来てもらい、泣きながら家に帰ったそうです。六年生の女の子です。でも、それくらい怖いってことです。ぜひとも気をつけましょう。私も、庭の一部がヤバい状態になっているので…なんだか恐ろしくなってきました。はよ~なんとかせねば!!

↓今週の庭の様子 アリウムが華やかに咲き始めました↓

DSC_1527-COLLAGE.jpg

歯の治療費を節約する方法?!

こんにちは。
またまた更新期間が開いてしまいました。
本当は、2-3日に一回更新!!が理想なんですけどねぇ~(苦笑)。

週末は3泊4日でベルギーに行ってきました。
遠く南下したワケでもなく、近隣オランダ語圏のベルギーです(笑)。
今回は初めてオランダの旅行会社を利用して、2泊でも3泊でも
ノボテル・ホテル代同料金(朝食代込)+電車賃込み、という
お得セットで、のんびりまったりの旅行を満喫してきました。

まあ、その話はいつか、、、って、まだイギリスの旅行もその前の
旅行のことも書いてないし、忘れないうちに書けるんだろうか???
HPのほうも、まだ昨夏のウェールズ旅行さえ完結していないので(汗)
うーーーん、気長に2年後?!って感じかもしれないですねぇ~。

さて。
ロンドンに行く1週間前くらいのことですが、歯が痛くなりました。

いやーな予感。

旅行で歯が痛いほど悲惨なことはないですよねぇ~。
もしや、旅行中に痛みが止まらなかったら、、、いやだなぁ。。。

痛みがあるのは、前歯の上、ほとんど鼻の辺りです。
実は、ここは以前に神経が痛んで、神経を取ったことがあるのです。
あまーりにすごい痛みで、今でも忘れられない、、、。

いやーーーな予感。

痛む辺りを手で押さえてみると膨らんでいるような感じもするし。
もしかして、前晩の歯ぎしりが激しすぎたんではなかろうか?
そう、私は、「歯ぎしり女」なんです。
自分ではどんな音を立てているかさっぱり見当がつかないのですが、
だんな曰く、すごい音響なんだとか(汗)。
鏡で見ると、歯ぎしりが当たるらしき歯は平らに削られてしまっていて、
すごい力がかかっているのは確か。

こりゃ、やばい、、、と昔作ったマウスピースを取り出して、
その晩からマウスピースをして寝ることにしました。

あぁーーーー、ガムが硬くて噛めない!!!!
このお肉なんでこんなに硬いの~~~?????


毎晩、こういった悪夢にうなされながら(本当に本当です…苦笑)
無意識に取ってしまうマウスピースを、夜中にまた付け直して、、、と
繰り返した結果、数日後には痛みが引いてきて、ホッと一息。
これで、無事、旅行に行けそうだわぁ~~。
やっぱり、歯ぎしりがいけないんだわ、、、と納得。

さて。
こうやって歯が痛い間、普段だったら目にもつかない歯医者関連の記事
に目が行ってしまう、というのは、人間の心理でありましょう(?!)。

ちょうど、新聞に大きく「歯の治療費を減らす方法」なる記事が
出ていて、目が釘付けになってしまいました。

、、、曰く。

これを読んでいる皆さんがご存じの通り(?)、オランダの歯の治療費は
べらぼうに高い、とのこと。

そうですよねえ。

私のお友達も、
「どうしよう、歯が痛い。違和感が消えない。でも、1600ユーロ払う?
私には高すぎだわーーーー。どうしたらいいんだろう~~~?
安い治療も可能だけど、それだとねぇーーーー違和感が消えないらしいのよ。」
と、大いに悩んでおりました。

それ以外にも、やれちょっとかぶせただけで1000ユーロとか、
あれやこれやで何百ユーロだとか。

痛いのは歯だけじゃなくて、懐も痛いっっ!!!つーやつです。

その歯の治療費を減らすという記事は、
ブリッジ、クラウンなどでオランダでは4800ユーロかかる
治療を、なんとトルコのイスタンブールでは3分の1の
1600ユーロで受けられるので、トルコまで行って歯の治療を受け、
ついでに観光もして帰ってきて、お金を節約するという
歯科治療の旅がオランダ人の間で流行っている、という内容でした。

トルコへ歯科治療の旅!!!

なんと、大胆なっっ!!!

以前、インドで手術を受ける人が世界中で増えているっていう記事を
読んだことがあって、その記事にも大いに驚かされたけど、
今回のイスタンブールで歯科治療も相当驚かされるぞっ!!!
言葉も分からないのに(←そりゃ、私のオランダでの事情も似たり
寄ったりだけどさーーー(苦笑))、大胆に任せてしまっていいのか?

よくよく読むと、オランダ人の間で口コミで広がっているということで、
きっと皆同じ歯医者にお世話になっているのかもしれないけれども、
ともかくも、その「発想の転換」なるものに驚かされた私なのでした。

お金を節約するためには、何でもするのだなっ!!!
さすがーーーー、オランダ人!

そんな風に驚きながら、イギリスに到着。
イギリスで、ちらほらと無料新聞を読んでいたら、、、。

「イギリスの歯の治療費の三分の一で済むハンガリーへの治療の旅」

という広告が出ていて、絶句。

な、なんと!!!
こちらはハンガリーでの治療ですかいっ!!!


こちらは、広告ですからね。
きっと間に立つエージェントすら存在するってことなんでしょう。

いや~…ビックリ!!!

歯の治療費を節約するためには、海外での治療もいとわず。
今や時代はそんなのは当たり前の時代になっている、てことなのかも
しれませんねえ~。

私は、相当驚いたけどサ。

さて。

今日は歯医者の日でした。
半年に一回のチェックだし、この間痛かったということを念のために
言っておこう、と自主的に申し出たところ、
「フーーム。膨らみもないし、ちょっと写真を撮ってみましょう」と
レントゲン撮影。

その結果…。

やっぱり(?)神経がマズイことになっています、ということで~~(汗)。
ロッテルダムのスペシャリストのところに行かねばならなくなりました。

涙。

いやだなあーーーーー。
一気に気分が暗くなっちゃった。

「向こうから連絡がそのうちにきますが、こっちから電話しないと後回しに
なりますから、気になるようでしたらすぐ電話してください。」とのこと。
な、なるほど。。。そういう風に予約が入って行くのねーーー(汗)。

治療費は、、、?!?!
いろいろ気になることばっかりだけど、とりあえずスペシャリスト行き。

あーあ。

ま、将来、とりあえずトルコ行き!!なんてことにならないように(汗)、
毎日歯をしっかり磨いて、できることはきちんとするようにしますわ。
私にできることは、それしかない。うん、うん。
みなさんも、、、充分、気をつけてくださいね~~。



line_10.gif

オランダ情報ブログランキングに参加中です↓。
薔薇の画像をぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
いつもありがとうございます。

海外育児ランキングにも参加しています。
世界各地の楽しいブログが登録されています。
ランキング確認はこちらから → ブログ村 海外育児ランキング

効果的な風邪予防

だんなの風邪がなかなか治りません。
結局今週は1週間お休み…。
どうやら流行っているのはしつこい風邪らしく、多くの人が
1週間以上ダウンしてますね、、、。

休暇中のりすちゃんと共にだんながずっと家にいるので我が家は
毎日が週末状態となっとります、、、(汗)。
いやー、こういうときは、ずっとベッドで大人しくしていてよ、と
思うのですが、彼はベッドにいるのはイヤらしく、
ずーーーっと居間に座っているんですよ。

ハッキリ言って。

邪魔。

というか、そんなしつこい風邪が移るのは怖い!!
なので、外に出たり、私が3階のマイルームに篭ったり…。
なーんで私が篭らなきゃいけないんだ、と思いつつ…(汗)。

そうしているうちに、やってきました。
う、これは…このままいくと明日の朝には風邪になってしまう、、、
っていうあの「感じ」が。
こりゃ、やばい、と、すぐにマイ・風邪予防を実行しました。

風邪ごときじゃ医者は見てくれない国に来て、何年も経ち、
自分なりに「風邪予防」「風邪をひいたら実行すること」を
確立してきましたが、それが効果がある、と分かってから…。
今や、風邪ごときでわざわざ医者に行って、あんなに大量の
薬を飲むってことが、、、怖い!!と思うようになって
しまいました。

うん、こんなところは、かなりオランダ人化してるかも。

風邪って言うのは、いうなれば免疫力が低下している状態で
「休みなさいよ」という体からのメッセージ。
それなのに、休まないで薬でなんとかごまかして鞭打ちつつ仕事
をしなければいけない環境って間違っていると思うし、
ましてや、子供・幼児にも、たやすく薬を与えてしまう土壌を
作りだしている、安易な医者訪問制度は…安心・安全を与えている
ようで、実は意外と危険なことなんじゃない?っていう気すら
してしまいます。

というわけで。

今回は、薬に頼らない私の「マイ・風邪予防」をご紹介!!

このお陰で、今冬はまだ風邪をひいていません。
…ってこういうことを書くと途端に引いたりするので、
要注意なんだけれどもね。


喉が痛いような、乾燥しているようななんとも言えない感じ。
頭が重いような、肩がいたいような、全身が筋肉痛のような
なんだか重い感じ。

風邪を引く前・引いたときってなんとなく自分で分かるもの。
このまま夜寝たら次の日ヤバいかも、、、。

そう思ったら、寝る前に足湯です。

くるぶしくらいまでお湯に浸かるのですが、お湯の温度は…
熱い、皮膚がヒリヒリする、ヒー我慢できない!!くらいの
かなりの高温な湯(45度くらい)。

たいてい最初は熱くても、だんだんその温度に慣れてくるので、
慣れたらさらに温度を上げる、という風にすると、やりやすいかも。

両足をつける時間はだいたい10分~20分くらいですが、目安は…。
裸でも寒くなくなってきて、手の先が熱くなり、肩や首・背中から
じんわりと汗が出る、額から汗が出る、喉の渇き(乾燥)が
改善されてしっとりした普段感覚に戻ってくる…
こういう感じになってきたら、そろそろ終了でOK。

終了したら、しっかり足を拭き、汗も拭き取りましょう。
その後、靴下を履きます(二枚重ねに履くとなお良い)。
背中から汗が出てもよいように、背中に汗を吸収できるタオル
などを入れておくと良い。

ホットパック(さくらんぼ枕など)を持っている人は、準備。
うつ伏せになって、タオルケットや薄手のブランケットを腰から
下にかぶせ、腰・尻付近にさくらんぼ枕を置く。
ホットパック(さくらんぼ枕など)を2個持っている人は、
さらに足裏付近にもう一つ置く。

しばらくすると、、、熱さでボーっと心地良くなってくるハズ。
このまま寝ると、冷えた後再び風邪が戻ってしまうので、
寝るときは、毛布をかぶって寝ます。

夜中に起きたら、背中の汗をきちんと拭き取る(タオルを変える)、
靴下を取りかえるetc.とこまめに交換すると良いです。

そして、薬に頼らない、って言いましたけど、、、
頼ってもよい人はパブロン!!!
パブロンをお持ちの方は、寝る前に「早目のパブロン」を
一袋飲むと、もう完璧です。翌朝は、すっきり元通りの私!!

今回は、、、出かける予定があったので、絶対に治さないと!
と気合を入れて丹念にやりましたが、とても効果があって、
風邪が吹っ飛んでいったばかりか、いつも以上にすっきりの
朝を迎えることができました。

以上は、風邪をひいて熱が出てしまった後でも有効ですヨ。
私はいつもこれ。これをすると次の日はかなりラクになっています。
旅行先で風邪もイヤですけど、そのときもとても効果ありです。
ただし、シャワーブースしかない場合は、、、熱いお湯を足に
充てるくらいしかできませんけどね(それも多少効果アリ)。

ちなみに、子供にも足湯・ホットパックは効きますよ。
りすちゃんもやると気持ちがいいらしく、風邪をひくと
「あったかいのやろうよ」といいます。
もちろん、子供なので、温度調節には敏感に気をつけますが。

だんなにも一応勧めてみてはいるんですけどね。
ただ、白人っつうのは、雪が降りそうな寒い日でも、
お日様が出ていれば半そでだったり、、、
ちょっと信じられない皮膚感覚をお持ちの方が多いし、
熱いお湯もダメとか言うし、ちょっと分からない人種、ですかね(苦笑)。
どうせ本人も効く耳持たず、ですし、まぁ、いいか、と
しつこくは言いません。

で、居間にずるずる、、、ですわ。
会社もずっと休んでいるし、まったくもって良くないと思うんだけど(汗)。
どーなんでしょ。

来週もりすちゃんの休暇は続くし、早く治って欲しいです。



line_10.gif

オランダ情報ブログランキングに参加中です↓。
薔薇の画像をぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
いつもありがとうございます。

海外育児ランキングにも参加しています。
世界各地の楽しいブログが登録されています。
ランキング確認はこちらから → ブログ村 海外育児ランキング

オランダの緊急医療と無能なワタシ

ある日の夕方6時半くらいのこと。
普通ならば、そろそろ帰ってきていいはずのだんなが帰ってきません。
夕飯の支度は万全に整い、あとはだんなの帰りを待つばかり…。

そこに一本の電話がかかってきました。

もしかしてだんな?
〆切が迫って帰りが遅くなるのかしら…。

そう思いながら、電話を取ると、オランダ語でぱらぱらと話されました。
聞きとれた言葉は、
「ドクター…ハウスアーツから搬送…あなたのだんなさん…病院」。
よく分からなければ、すみませんが英語でもう一度お願いします、と
いえばいいのですが、そのときは、なんだか訳が分からず、
たどたどしいオランダ語で「えーっと?彼は今病院にいるのですね?」
としか確認することができませんでした。

電話を切った後、
「今日は会社に行くって言ってたけど、途中で調子が悪くなって
かかりつけの医者に行ったのかしら?でも今は病院って…?
一本の電話もくれずにそんなことあるのかしら?まさか搬送された?」
ワケが分からず、ぼーーっ。
こういう緊急事態は、体だけが硬直してしまって脳味噌がまったく
反応しなくなってしまうようです、、、。

もうこうなったら、だんなの家族に電話するしかない!!
そう思い、彼の妹に電話をしました。
…実は、恥ずかしながら、私はいつもだんな任せで、
彼の家族の誰の電話番号も知らないのです、、、(汗)。
本来ならば、妹の電話番号だって知らないのですが、
たまたま10日ほど前に、彼女の子供の誕生日会があったために
カードに電話番号が記載されていました。
そのカードもまだ捨てられずに取ってありました。

「あの、義母の電話番号を知りたいんだけど、、、」と言うと、
私が電話するなんておかしい?と思った義妹が
「どうかしたの?」と聞いてくれました。
で、いや、だんながどうやら病院にいるらしいので、
そこに行きたいのだ、と言うと、いろいろ質問されたのですが、
最初の電話がさっぱり分からずじまいだったので、
「私もよく分からない」と答えるばかり。。。
本当に情けない、、、(涙)。

義母に電話すると、「義妹と電話してからまた連絡するから」と
言って電話は切れ、その間に私たちは急いで夕食。
しばらくしても電話が来ないので、もう一度義妹に電話すると
「今、そっちに向かっている。」との返事。
その後、すぐに二人は現れて、義妹・義母・私・りすちゃんの
4人で病院に向かいました。

4人で車に乗ってどこかに出かけるなんてことは初めてです。
りすちゃんは、うれしくなったのか、得意げにぺらぺら
学校のことをおしゃべり。ああ、お葬式で子供が嬉しそうに
駆け回るっていうのは、こういうコトなのか…、なんて
思ってはいけない不謹慎なことを考えつつ、、、(汗)
病院にたどりつきました。

だんなは緊急病棟にいました。
私はこのときまで知らなかったのですが、この緊急病棟の隣に
普段の自分専用のかかりつけ医とは別の緊急かかりつけ医がいて、
時間外受診の場合は、まずここで医者に会い、彼らの判断で
隣の緊急病棟に行くか決められるようです。
緊急病棟行きが決まったとき、連絡がウチに入ったようでした。

あとからの話で分かったことですが、、だんなは、
普段通り仕事をしたのですが、帰り間際に体の異変を感じ、
急いで帰宅しようとしたらしいです。
が、地下鉄内でどうにも我慢ならなくなり、途中で下車して
駅の目の前にある我が町の病院に自力でたどりついたということでした。
そこでまず、この緊急かかりつけ医に会い、彼の判断で
隣の緊急病棟に移されたそうです。

中に入っていいのは二人だけ、と言われたので、
私と義母が中に入りました。
入り口からすぐの部屋に真っ白な顔をしただんながいました。
この緊急病棟で、血液検査・心電図・レントゲン(必要ならば
脳検査なども)の検査を行い、結果に異常が
あれば即入院という形になるようで、だんなはその一斉検査を
受けている最中でした。

だんなの指はがたがたと震え、全身も小刻みに揺れていて、
どうみてもタダごとじゃない!!!って感じ…。
どうなるんだろう、、、と思いつつも、こういう緊急時って
本当に何も考えられないというか…情けないコトに
かける言葉さえも思い浮かびませんでした。

全部の検査を終えた後、結果が出るのに2時間ほどかかります。
連絡先は誰にしますか、と言われ、どういう連絡がなされるのか
分からないので、私ではオランダ語はもとより英語でも
危うい(医学用語はさっぱりです…)ということで(汗)、
義母に連絡受け人になってもらいました。。。

私だけでも残ったら?と言われましたが、だんなはしゃべるのも
辛い…というので、一人でゆっくりしてもらったほうが良い、
と思い、結局また4人で帰ることになりました。

帰りの車で、義母は「私が連絡を受けるなんて…そりゃ、私は
母親だけど」と連発。あー、なさけない嫁を貰って、遺憾に
思ってるんだろうなー、すみません、すみません、、、と
内心思っていると、義妹が「でも、きっと、今すぐ帰ってもいい
っていう連絡かもしれないじゃない?」と言うのを聞いて…
ああ、そうじゃない、義母は悪い結果を受け取ることになったら…
と、心配しているんだ、ということが分かりました。
私は…というと、なんだろ、悪いほう、良いほう、、、
以前の問題で、何も考えられない状態でした。

家に帰って、いつもどおりりすちゃんの寝かしつけ。
こういうとき、子供がいるのは本当に支えになるというか…。
この無邪気さが私を救ってくれるのだ、というくらい、
「ねえ、どうして私は病院内に入れなかったの?
入りたかったのに。ぷんぷん。」と呑気に話していました。

…そして、私も呑気???
結局、一緒に眠り込んでしまいました、、、汗。

夜11時ころ、義妹から連絡があり、だんなは家に帰れるから
義妹の夫さんがだんなを乗せて家まで送ってくれる、
という話でした。さっきのだんなの様子をみていると
タダ事ではない!て感じだったので、本当に大丈夫なの?
と思いましたが、、、しばらくして帰ってきただんなは。。。
普段とあまり変わらない元気な足取りなだんなでした。

結局、一斉検査の結果は、なんの問題もなく(ホッ)、
翌日残りの検査を行うのみ、とのこと。
翌日の検査も、結局、その場で異常は見られず、
現時点で「XX」という判断をするのは難しい、、、
しばらく通院して様子を見ていく、ということでした。
朝は調子悪そうでしたが、病院から帰ってきたあとは、
いつものだんなになっていて、本人も今はまったく問題ない、
と言っていました。


…とりあえず、ひとまずヨカッタ、、、涙。


だんなは、本当に夜寝ない人なので…
「とりあえず寝るのが大事だ!良くなっても1週間に一度は
早寝が大事だ~~!!!」と連呼。
あと、本とか映画(テレビ)とか、、、コンピュータとか、、、
寝ないでそういうものばっかり見ていると、体は弱るよね。
私も長年苦しんできたので、そういうことはよぉく分かる!

一方、私も反省。
「あ?今、手、空いてる?じゃ、これやって。あれやって。」
「あれが壊れちゃったんだけどーー。」
「りすちゃんの面倒ちょっと見といてよ。」
だんなが週4日とはいえ、働いてるのに、週末はいつもいつも
あれこれやってもらい、、、実は私、掃除機もかけたこと
なかったりして…汗。
…思い浮かべると、私の数々の身勝手が思い浮かび…猛省デス(汗)。

そして、そして、そして。

こういう緊急時。慣れたいと思わないけど、最低どうするかは
考えとかなきゃ。今回の震災でそういうことを考えたハズなのに
やっぱり全然ダメってことが分かりました。
いつどこで誰が何が起こるか分からない、、、。
ぼーっっとしてて、解決されるなんてことはあり得ないのです。
最低限の連絡先くらいはちゃんと知っておかなきゃ、、、と
思いましたネ。。。恥ずかしいです。
それにオランダ語ももうちょっと頑張らなきゃね、、、汗。

家族には「本当にお騒がせしました」ってトコ。
でも、そういう結果で本当に良かった。
まあ、もうしばらくは、ちょっと様子見だけどね。
だんなには、ゆっくり休んでもらうことにいたしましょう~!!!



ランキングサイトに参加中です↓。
皆さんのおかげで…今日も順位は2位です。
クリックしてくださってる方、ありがとうございます!

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村


ちょっとずつ…美味しいカラダ?!

何か書こう、書こう、、、と思っているうちに
日が過ぎ去って行きました、、、汗。

やっぱロイヤル・ウェディングについて!!と思ったけど、、、
それももうなんだか…ずいぶん前の話になってしまったし。。。

まあ、でも少しだけ書きますと。

ちょうどジェーン・オースティンの「マンスフィールド・パーク」
を読んでいることもありますが…平民のケイト・ミドルトンさんが
貴族社会の英国で今後どれだけやっていけるのか…興味がありますね。

もう現代の時代に身分の違いなんて存在しないよ、て思いたいですが、
ほんの100年前まで、
「身分の低い人は紹介なしに身分の高い人と話をしてはいけない」
(たとえば、『高慢と偏見』でコリンズ氏がダーシー氏に話しかけて
無視された、とか。)
「お金のために働く商人は貴族からバカにされ口も聞いてもらえない」
(同じく『高慢と偏見』でエリザベスは商人の叔父の身分の低さを
かなり気にしています。)
てな世界が平然と残っていた社会ですからね…。
世の中の貴族も進歩的な人もいれば、やっかみ気分で平民なんか…
と思う貴族もいることでありましょう。。。
特に実家はパーティ・グッズを通信販売して、富豪になったお宅
ですからねぇ。。。一部の貴族はなんて思っているのやら。。。

特にチャールズ皇太子!!
古き伝統を重んじるこの不人気なウィリアム王子の父親は…絶対に
「平民なんかと結婚して。あの女は息子たちにろくな教育を
しなかった」なんぞと思っているに違いない、と思いますワ。
以前、あの人がマスコミを前にヘンリー王子に話していた内容が
ばれてしまった事件がありましたが、、、あのときの映像は
いまだに忘れられません。。。
「あのバカマスコミどもが、あいつらが大嫌いなんだよ。
特にあそこにいるヤツ。。。」
ニコリともせず、口だけぼそぼそと動かして…言った内容が
これですからね。ほんま、陰険なヤツ!!
このヒトが国王になったときに、、、ケイトさんが干されても、
いじわるされても闘い抜ける女性であって欲しい、と
心から思います…。

なーんて。心配し過ぎかなァ~~。。。そうだといいんですけど。


さて。
連日良いお天気が続くオランダ。
今は気温もずいぶん下がりましたが、イースター辺りは
夏を思わせる25度越えの日々でした。
甲状腺の不調を持つワタシはやっぱり「暑すぎ」「寒すぎ」には
大変弱いらしく、、、イースター前後の体調は…↓↓。

確かに今までのコトを考えても、大抵夏に大崩れしているので、
夏の暑さは弱い、ていうことは明らかなんですが、
暑いとはいえ、まさかイースターでもうすでにこの体調不良が…?!
なんだか愕然…。すっかり落ち込んでしまいました。

自分の体調は、良くなっているのではなく、年々悪くなっているのだ、
と思い始めると、なんだかトーンは落ちまくり。
3日くらいかなり沈んで、甲状腺の薬を増やしてみたりしたんですが
(←本当は勝手に増やしてはいけないんですけど…汗)
どうもあんまり効果はないような…。

これはやはり、我が基本のことをやるしかない。
というわけで、いつもの本を取りだして、再びさらっと読みなおし。
この本、もう20回以上は読んでいるかもしれない、、、
私の体調不良時のバイブルみたいなもの(苦笑)↓。



この本、初めて読んだときは、なんてことなく終わってしまった
のですが、何度も読み直して、書いてあることを試しているうちに、
とても効果があって、書いてあることはもっともなことばかり、
ということが分かって、それ以降、本当に重宝しています。

この本のアイデアに、私の頭はかなり洗脳されていて、
『夏に調子が悪いのは、暑いのに汗がでないこの体質に問題アリ』
と確信した私は、さっそくウェルネス@お家を開始!!

(あ、私、汗が出ないって書きましたケド、これは細かく言うと正しくないです。
汗は出るんですけど、出るのはクビ後ろと背中ばかり。
昔はちゃんと出ていたハズの腕や手のひら、足からは汗が一滴も
出ないって感じに、乾燥しちゃって、カサカサなのです。
つまり体のバランスが完全に壊れているってこと。)



メニューは下記の通り。

1. ゆっくりお湯に浸かる(腰湯)30分
2. その後ちょっと熱めのぬるま湯を飲む
3. その後、腰を温めながら自分でマッサージ30分

実は1.と3.は今までもよくやっていたのですが、
今回、汗を出さなければ、と言うワケで、2.を加えてみたのです。

こんな単純なコトが…って感じですけど、これが良かったみたい。
3日後、かなり体が回復し、安定剤も必要なく楽しく外出することができました。
それに、1分50以下に落ちていた脈も60以上になったんですよ。
なので、甲状腺の薬の量も結局元の少ない量に戻しました。

昨年の夏の旅行後、1カ月以上も引き籠り、3カ月以上も体調不良に
陥ってしまったことを考えると、3日で回復することができたのって
すごくない???…と、すっかりうれしくなってしまいました。
3日前まで「ああ、もうダメだ、夏は旅行もいけない…」と
すっかり落ち込んでいたのに、3日でこの変わり様…笑。

でも、まあ、3年間、、、自分の体調と向き合ってきて、
ようやくようやく、自分の弱いところが分かって、それに対して
どうしたらいいのかが分かってきたりしたのかな、、、なんて
ちょっと前向きな気分になってマス。
考えてみたら、年がら年中不調の「不定愁訴」感を感じる日が
以前に比べるとずいぶん減ってきたような気もするし…。
まあ、ムリすると、すぐに戻るんですけどネ…(苦笑)。

ちょっとずつ美味しい体を目指して…。
無理せず養生ですな。



ランキングサイトに参加中です↓。
ひとりごとの日数が開いてしまったけど…まだ2位キープです。
クリックしてくださってる方、ありがとうございます!

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村


冷えに効きます♪

先週は1ヶ月ぶりの医者(ハウスアーツ)へ。
状況を聞かれたので「調子はあまりよくない」と答え、
再び血液検査へ。またまた4本も血を採られた…涙。

その結果、な、なんと、甲状腺のホルモン剤2錠は効きすぎ、
ということで、1錠に減らすことになった。
1ヶ月前は、量はぴったり、と言われたのに、ですよ。
甲状腺機能低下の薬は、基本的には「一生飲み続ける薬」と
言われているので、いきなり1錠減らす、ということに
なってびっくりしました。

もしかして、私の停滞している内臓機能がアップしてきているのかも?
なんて、ちょっと期待が持てちゃったりして。
一気に気分が明るくなってきました(笑)。

そして。
先週末に薬を1錠にしてから調子はかなーーり上がってきて、
なんだか調子良いんでない?
なんか今までにない感じ♪
長年「不定愁訴」を感じている私が、
やる気満々であちこち(レストランとか)行ってみようかな、
と思うなんて相当久しぶりのことじゃなかろうか????


はて。
いったい何が効いたんだろう。
漢方を飲んだりアロマをやったり、、、これまた
いろんなことを同時進行でやっているので、
「これ」とはっきり分かるわけではないけれど、
最近始めて、うーーーん、効果アリ♪と感じたのが
こちら。


DSCF7160.jpg

Kneipp社のアロマ・バッドオイル - ローズマリーです。
(オランダ語ではAROMA BADOLIE Rozemarijn)


以前、アロマが効果あり、と大絶賛のひとりごとを
書いたけれど(記事はこちら → アロマの効果
そのころ、家にあった雑誌を読んでいたら、
「アドレナリンの分泌バランスがよくなれば、
行動力がアップします。本当のリラクゼーションとは
ただ休むことではなく、行動力を養うことです」
とおっしゃるアロマテラピストの権威さんの文章を
見つけ、さらにローズマリーはやる気と集中力を起こさせる、
と書いてありました。それを読んで以来、
ローズマリーに俄然興味が沸き、薬局でこれを
見つけて買ってみたのです。

今まで、半身浴をやっても、劇的な効果がある、という
感じがしなかったのですが、これはものすごい効果を感じました。
使った2、3日は、お風呂からあがってベッドで
横になると、足のふくらはぎや太もも裏が
カーーーッと熱くなるのを感じたくらいです。

うひょーーー。
私、足裏マッサージや体の温めをやっていたから、
もう体は冷えてない、と思っていたけど、
まだまだ冷えまくっていた、ってコトだ。
末梢神経まで血液が行き渡っている感じだよ~♪

朝起きると、足や手がしびれてだるくて起きられない、
やる気がない、ていうのが今までの私の朝の風景
だったんですが(汗)、今はしびれがとれて、
少なくとも前よりはしゃきっと起きられるように
なりました。

こんな効果を感じたので、これはいいぞ、と、
今はほぼ毎日半身浴をやってます。
液体が赤なので、ちょっとゾゾッととしちゃいますけどネ。
温泉ほど、保温力は持続しない気がしますけど、
それでも寒いオランダにいて、これは有難い存在です。
どこにでも売っているから、出し惜しみしないで
済むしね(苦笑)。


血行不良を感じている方・冷えを感じる方にお勧めです♪

ようやく…

ようやく薬が効き始めてきたようです!
当初から想像したとおり、一週間くらいで効果がでてきました。


うわーーん、ずいぶん、ラクになったよ~♪


今も疲れますけど、でも、ちょっと前のように
掃除をやったら一日中起ちあがれない、
なんてそんなコトありません。
ちょっと休めば、ずいぶん楽になります。


今、思うと、薬を飲む前の状態は…、
まさに箸を持つのも辛い、ってそんな感じでした(汗)。
鍋なんか掴むと、手が筋肉痛になります。
掃除機をかけると、全身が筋肉痛に!!!
コートのジッパーも、手が痛むので時間がかかって上がらない。


…そんな感じ。


やっぱ、普通じゃないよねぇ~~…(苦笑)。
なんかおかしいかも、、、って思いつつ生活してたけど、
やっぱりヘンだった、ってことですねぇ。


いやー、思い切って医者にいってヨカッタ。


薬は、一日一回朝、小さな錠剤を飲むだけ。
体の中に普通はある「甲状腺ホルモン」を補充する薬です。
もともと体にあるものを補充するだけなので、副作用はないそうです。
こんな小さなもので、効果があるなんて、感謝、感謝だわ。


しかし、この甲状腺ホルモンの影響なのか?それとも
女性ホルモンに影響があったのか?
この1週間は、ほんと些細なことでイライラ~!!
「あー、これって更年期障害ってヤツかも」て
自分で自覚できるくらいかなりイライラしてましたネー(汗)。
昨日、今日でウソのように引いたってところが、またオドロキ!
やっぱ、薬の影響だったのかしら?!


とにかく、だんなが座っているだけで、イライラ~~(爆)!!!


そんなの、、、いくらなんだって、だんなも可哀想、、、。
さすがに、私もイライラを爆発させることができず、
黙っているんだけど、これまた黙っているのも辛いのよ~~。


頼むから、呑気に座ってないで、どっか出かけて欲しい、、、。


なんど、そう思ったか、、、(涙)。


しかもあいにく(?)土曜日は私の○○回目の誕生日!!!
2年前の悪夢の記憶の欠けた誕生日に比べれば、
全然マシな誕生日だったけど、それでも、、、
あんまりハッピィじゃなかったかなぁ~~(涙)。
なーんせ、イライラのピークだったから。

ケーキもオランダの甘いケーキは食べる気しなくって。
でも、りすちゃんが、ケーキ、ケーキと騒ぐし。
これは、自分で作らねば、と思ったけど、ほれ、なんせ
箸を持つだけで手が痛むので、かき混ぜたりすることが
できないのよ~~(涙)。


…で、結局、作ることは諦め、買ってきたケーキを少しだけ食べた。



薬があと数日早く効き始めていればねぇ、、、ってトコだったかな。


ま、でも、いいんだ。
私は、「その日」にこだわるタイプじゃないので、
こりゃ大丈夫!!と確信できたら、楽しいコトするから(笑)。


健康って大切だわぁ、としみじみ感じる今日この頃。


どうぞ皆様もご自愛くださいね!!
プロフィール

そらのくも

Author:そらのくも
オランダ生活も15年目に突入しました。

(ご案内)
オランダ情報は「そらのオランダ通信」でお届けしています。是非ご覧ください。

↓ ↓ ↓

photoeurope2.jpg

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
写真のこと
当サイトで使用している写真と文章の無断転載はお断りしています。


そらのオランダ通信お薦め:オランダのベストミュージアム
↓ ↓ ↓
photoeurope2.jpg
情報

line_10.gif
line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記のお好きな画像バナーどれかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです 。

heart3.gif クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村
気になる本
オランダ生活に役立つ、今、自分が欲しい本を載せています(いわゆる備忘録)。



前回載せておいたフランス菓子は買おうと思ったら絶版になっていた。。。うそ~…!絶版になるのが早すぎる。今度こそ…。

ブログキーワード別カテゴリー

オランダ お出かけ 街並み ヨーロッパ 子ども 旅行 ガーデニング カフェ ハンドメイド ミュージアム 洋服 ショップ ソーイング本 オランダの話題 自転車 カメラ ロッテルダム 庭園 レストラン 教育 学校 ニュース オランダの食材 スーパー 日本語教育 子育て オランダサッカー おうちのできごと 英語学習 国際結婚 

ブログ記事カテゴリー
最近のコメント
リンク
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数: 現在の閲覧者数:
Flag Counter
メールフォーム
ご訪問ありがとうございます♪♪
ブログ・HPの感想はこちらまで↓

mail-pen2.gif
ブログ内検索