春のマーストリヒト 写真集

DSC_115517.jpg


今年もイースターがやってきます。日本でもイースターのお祭りを流行らせよう!という動きがある、というニュースを見ましたが、イースターは毎年月日がズレるので日本の中に定着させるのはかなり厳しいのでは…。昨年なんて3月末でしたしね。3月 - 4月はお雛様にお花見、新学期、いろいろ行事があるのでお店の人は大変な気がします(汗)。

そういえば、昔、ヨーロッパのお土産です、なんて卵のチョコレートをもらったんですけど、「卵~?!」と不気味に思ったことを覚えています。今はそんなこと思わないですけど、わたしのような感想を持つ方も多いのではないかしら?

先週末の暑かった日曜日、ひとりで日帰りマーストリヒトに行ってきました。NSの一日タダ券があり、せっかく天気もいいことだし、どうせなら遠くまで行こう!という気になったのです。子供を誘ったのですが、見事に振られました(苦笑)。

そんなに長い時間かけて何するの~?ですって。現代っ子ですねえ。その移動が楽しいんじゃないの。。。て、わたしは半分テツコ(鉄子)ですので。ま、わたしも何しに行くか、といえば写真を撮りに行くのがメインなので、子供からしたら…面白くないよね。

マーストリヒトはキリスト教色の強い南部にありますが、お店は日曜日でも開いています(今週末は開いてないと思いますが)。カフェに入るとメニューを出す際、「何語をしゃべりますか?オランダ語?英語?ドイツ語?フランス語?」と聞いているのがいかにもオランダの国境の町マーストリヒトならではでした。町中で聞こえる言語もさまざまで、日帰りでしたが外国に行った気分になりました。よい気分転換です。

というわけで、下記は春のマーストリヒト写真集です。

DSC_1155-COLLAGE.jpg

DSC_1188-COLLAGE.jpg

DSC_1178-COLLAGE.jpg

DSC_1221-COLLAGE.jpg

いかがでしょうか。ステキな街並み、楽しいお店が満載なのでぜひ一度お出かけください。マーストリヒトの美しい春の様子が伝わりましたら幸いです♪♪

アムステルダム - 仮設地帯の廃材カフェ

DSC_1075.jpg

春らしい気候に誘われてアムステルダムへ。いつもと同じエリアに行くんじゃ面白くない(…飽きたわ…)というわけで今回はニューエリアを目指しました。

今、アムステルダムは大々的に拡大工事をやっており、北も南も東も西もどんどんエリアが広がっています。不動産物件も好調で、売りに出すと瞬く間に売れてしまうんだとか。…う。なんとなく、EU離脱が決まったイギリス・ロンドンの後釜に落ち着きそうな雰囲気。でも、バブルはイヤ~よ、ですけどね。

今回は北へ。北は、アムステルダム中央駅を通常の南側ではなく、北側に出て、川を渡った対岸上にあります。川を渡るためには船に乗らなければなりませんが、この船がなんと無料!!!えーーー?無料?!オランダで船が無料だなんて、、、さすが太っ腹、アムステルダム!(…?)

北もずいぶんと新しい建物ができて、モダンな雰囲気になりつつありますが、今回わたしたちが行った場所は、仮設建物と(今後も残すつもりなのだろう)古い倉庫が立ち並ぶ一風変わった地帯。ちなみに昔は北はどこもドラッグディーラーたちが集うヤバい場所だったそうです~~(汗)。

カフェも銀行も多くの建物が仮設建物。たぶん、将来的にはこれらはすべて壊されてまったく別の建物が建てられるんでしょう。それまで、人を呼び込むために仮の建物を建てて営業してもよい許可がでているんだと思います。

ようするに、一時しのぎ的な仮の場所なんですが…なんというか、ここはいつも見るオランダの風景ではなく、異国にきてしまったような異次元空間になっていたから、ビックリでした。これはこれで…めちゃステキ…ですよ?!

本日ご紹介するのは、廃材ばかりが集められたカフェ。ここではご飯はしませんでしたが、あまりのステキな雰囲気にノックアウトされました。いや、これ、全部廃材ですってば!!!

広いエリアに廃材が点々とする風景は、こりゃ、アムステルダムではありません。トンネルを抜けるとそこは雪国であった、ではありませんが、船に乗って対岸に渡るとそこは別世界であった、的な感覚に出会いました。


DSC_1080.jpg

風に吹かれてパタンパタンと音を立てる看板。この物悲し気な音が…昔行ったカナダの田舎やアラスカを思い起こさせました。。。って、いやいや。ここはアムステルダムのど真ん中なんですけどね。


DSC_1076.jpg

この手作り感溢れるステージは、昔行ったメキシコを思い起こさせました。飾られている裸電球もめちゃ素朴でよい感じ。

ここ、ユートピアだなあ~。

いつか壊されてしまう「仮の場所」なんでしょうけど、壊してしまうのがもったいない、そう思いました。

古いものが壊されて新しいものが出来上がるまでの間、仮のものを作って楽しめる心意気。こういうのっていいなぁと思います。これなら次のものも超スピードで作る必要もないし。

なんでも作業が早い日本はとても素晴らしいと思うけど、人々が過労死するほど仕事をして頑張る必要はないと思う。こういう仮のものも楽しめる余裕をもってくれたら、もっと住みやすい国になるのになあ。最近、日本の労働問題のニュースを見ると、いつもミヒャエル・エンデの「モモ」を思い出してしまうのです。「時間がない」「時間が足りない」って…時間はどんな人にも平等に流れているのにね。

青い空の下に広がる廃材現場で、思いがけず出会えた素晴らしい雰囲気に大満足のわたしでした。次回も続きます。

フェルメールが追い求めた光

DSC_0626.jpg

先月、寒い週末を利用して、ラーレン(Laren)という街に行きました。ラーレンはオランダでも屈指の高級住宅街が立ち並ぶお金持ちシティです。ヒルバーサムからラーレンに向かう途中、想像した通りの大きな家々を通り抜けて行きました。

ここにはショッピング街もあって、高級グッズを売るお店がいくつか並んでいるので…普段のオランダの街並み・お買い物事情に飽きている人は立ち寄ってもいい街かもしれません。

歩いていたら、ガソリンスタンドがあり車が止まっていました。何気に車を眺めてみると、やっぱり…フェラーリ!!!ついつい乗車している方まで確認してしまいましたよ…(苦笑)。

さて。わたしがラーレンに行った理由は、高級ショップでお買い物をするためでもなければ、フェラーリ王子を追い求めるためでもありません。。。

オランダ屈指のミュージアムであるという噂のシンガー・ラーレンに一度行ってみたいと思っていたのです。

ラーレンのミュージアム: SINGER LAREN

ところが~~!!!

シンガー・ラーレンは改装中でありました、、、。わざわざここまで足を伸ばしたのにぃぃぃぃーーーー。一応、やっていることはやっていたのですが、新しい建物でのオフィシャルオープンは来年のようで、今回はDesiree Dolronというオランダの芸術家の特別展のみやっていました。

ガックリ、、、と言いたいところですが、でも、この特別展の彼女の展示はわたしにインスピレーションを与えてくれました。

彼女は、17世紀の有名な画家たちが追い求めた世界を現代社会において写真で表現しよう、と試みていて、つねづねオランダの風景を見ては、ルイスダールやフェルメールの絵画との共通性を思い浮かべるのはわたしだけじゃないんだな~なんて、そんな風に思ったのです。


DSC_05401.jpg


写真なのか絵なのか分からないDesiree Dolronの写真

フェルメールやレンブラント、ピーター・デ・ホーホなどの17世紀の画家たちの絵画のキーワードは、なんといっても「光」だと思います。暗い家の中に淡く差し込む光。それが、絵画に生命を与えているような気がして、わたしはこういう絵画にもっとも惹かれます。

街を歩いていても、こういう光が溢れる場所にすーっと惹かれるように、導かれていきます。ヨーロッパには、路地裏(英語でいうCLOSE)という小さな小道があちこちにあって、わたしはこの路地裏がかなり好きです。

光に導かれるように入っていくと、まるでその先に中世の世界が待っているのでは?そんな気がして導かれていくのです…。最近は、この光を写真で表現できたら…そんな風に思っています。

この日は、まぶしいくらいの晴天で、暗い路地裏に光が射しこんでいました。写真を撮るために、光をかなり調整しなければいけなかったんですが…今の時期のこの淡い光が17世紀の絵画を模倣できるような味わい深いイメージを出すことができるんですね。

今まで冬の写真は、絶対イマイチぃぃぃ~と思っていたのですが、ちょっと考えを改めました。…でも。なかなか晴天にならないのがクセモノなんですけど。

昔の画家は、天気が悪くなっても天候が回復するまでのんびり待ったのかしら?
モデルさんとは連絡手段もないけど、どうやって連絡をやりとりしたのかな。
一瞬見た風景を頭の中にイメージとして維持して描いたのかな。

カメラを持って、光を追い求めていると、いつしか昔の画家たちの日々を思い浮かべている自分がいます。オランダを含むヨーロッパには、こうやって過去への入り口に通じる道がたくさん残っていて…それがヨーロッパのいいところだなあ、なんて改めて思ったりするのです。


line_10.gif

お知らせ
そらのおらんだ通信HP(ホームページ)にて、オランダの各地の情報を随時アップ中です!
お出かけの際、是非ご利用ください。

オランダ街歩きご案内 リスト

line_10.gif



line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記の画像バナーどちらかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

いつもありがとうございます。

オランダ情報はこちらから → オランダ情報ブログランキング
海外育児ブログランキングはこちら → 海外育児ブログランキング

ソーイングブログランキングはこちらから↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村

かえって安全な雰囲気になったアムステルダム

DSC_02201.jpg


アルバートハインが週末限定電車乗り放題チケット15ユーロというのを売りだしており、それを使ってだんなとうちの子が日曜日に出かけるっていうんで、私は土曜日にそれを使わせてもらってアムステルダムに行ってきました。

いや。本当はアムスに行く予定はなかったのですが、NS列車が週末は工事をしまくっていて、アムス以外に気軽に行ける場所がなかった、というのが実情でございます…。

久々に出かけたアムスですが、すごく良かったです。たぶん…昨今のテロ問題で、世界から集まる観光客が減ってしまったんだけど、結果としては、その観光客目当てに集まる怪しい人々も減って、落ちついたのではないかな、て感じ。そもそもテロ防止のために警察も怪しい人物を一掃させたのでしょうし。

今までは、アムスはスリが多いし、気をつけなきゃ!…声をかけられたら無視して逃げろ!とか…いろいろ緊張すべきところがあったのですが、今回のアムスは、危ない雰囲気がずいぶん減ってしまって、それを身体が感じとったらしく、今までになくリラックスして歩きまわりました。最後は、今まで歩いたことない付近やら飾り窓付近までひとりでいってしまいました…(笑)。なんか楽しかったんですわ。

観光客はメインはオランダ人、ヨーロッパ人で程良く混み、賑わっていました。もっと警察がギラギラさせて緊張感もあるのかな~と思ったけど、それも全然ナシ。ともかく街の雰囲気は昔のヨーロッパ?みたいに格段によくなってました!!相変わらず大麻の匂いはひどく、そこだけは変わってませんでしたが(汗)。

テロのせいで世の中が、、、!!となんだか暗澹たる気分になっていたけど、決して悪いことばかりじゃないんだ~、と思いました。

…特に最近は、ものすごい数の中国人観光客にゲンナリすることもあったんで、、、あまりに同じ民族で溢れ、右も左も中国人だと、もうここがどこなのかさえ分からなくなってしまうんですよ。もちろん、日本人観光客が多すぎなのも同様ですが。。。日本人がそこまで溢れるってことは…まあ無いので。

そんなわけで、今、ヨーロッパに行ってはいけない、と思われる方。場所を選べば、実は今がチャンスかもしれませんよ?ちなみにオランダだけでなく、イタリアなんかも確実に治安がよくなってる、って聞いてます(笑)。

色んな写真を撮ったので、合わせてホームページのほうをアップしています。また長い間、情報を更新していなかったので、今、いろんなページを一生懸命更新しています。またこちらも覗きにきてくださいね。

ホームページ: そらのおらんだ通信



DSC_01951.jpg

DSC_02291.jpg

DSC_01781.jpg

DSC_01621.jpg

DSC_02441.jpg

DSC_01861.jpg



line_10.gif




line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記の画像バナーどちらかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

いつもありがとうございます。

オランダ情報はこちらから → オランダ情報ブログランキング
海外育児ブログランキングはこちら → 海外育児ブログランキング
イングリッシュガーデン・ブログランキングはこちら→イングリッシュガーデンブログランキング

森のティールームでハイティー

DSC_24571.jpg

夏休み最後の日曜日、家族3人でハイティーをしに行きました。
ちょうど私の誕生日も近いので、私の好きなことをさせてぇぇ~!!と頼み、
誕生日と絡めて子どもには文句を言わせないように仕向け(笑)、
楽しい夏休み最後のひとときを過ごしました。

とはいえ。。。先日の日曜日は…最初、天気予報は最悪でした。
しかも、ハイティーの場所は、うちの近所ってワケではなく、
ずいぶん遠いところなのです。

ハイティーのために、この悪天候の中を出かけなければならないとは…
出掛けはトホホ気分でした。張り切っていたのはうちの子だけ(汗)。
前日から何やらワンピースを選び出し、可愛い気分を演出しておりました。

さて、ハイティー。
このブログを何度もご覧頂いている方は、ご存じとは思いますが、
私は「ハイティー」「アフタヌーンティー」「クリームティー」系には
かなりうるさいほうです(笑)。

実際、わざわざイギリスのデボンシャーまで行って
「クリームティを堪能する旅」を敢行してますし。
イギリスに行っては、あちこちのティールームを訪れ、
これはこーだ、あれはイマイチだ、とやっているので、
ちょっと中途半端なモノを出されると、すぐダメ出ししてしまいます。

オランダでは、何年か前よりハイティーブームで
あちこちのレストランでハイティーをやっていますが
私自身、魅力を感じて、ここに行ってみたいな、と思った場所は
正直ほとんどないのです(汗)。ごめんよ、オランダ。

しかし。
ここは、、、どうして見つけたのかははすでに記憶にないのですが、
サイトの写真を見た途端に、ん?これは??気になるゾ???
と、写真に引きつけられてしまったのです。

ちなみに、ここはレストランでもカフェでもなく(汗)、
結婚式や特別イベント専門のティールームなのです!!
そ、そんなところがあるんかいな、って感じなんですが、、、(汗)。
ただし、日曜日の午後だけ、一般開放しており、
その日に予約すれば、ハイティーを楽しめる、というワケで。

だからもちろん予約しました。
日曜日だけ、だから、雨が降ろうと槍が降ろうと、
私たちはそこへ向かわなければいけなかったのです。

しかし、幸いなことに、私たちがそこに向かう間に天候は大幅に回復しました。
ここから少し歩くよ、てところになると、青空さえも見えてきて。
おー、神は我々を見捨てなかったぜぃ。


DSC_24621.jpg

森の中を歩き続け、本当にこっちで合っているんかいな、と
心配になりつつ、付き進むと、目的のティールームが現れました。
見た目は普通のカフェって感じ。


DSC_24581.jpg

中はけっこう豪華な、森の中のオランジェリー、かな。
雰囲気は良かったですよ。

私たち以外に、大きな家族での集まり、そして私たちが帰る頃、
ベビーシャワーと思われる会の方々が集まってきました。
たぶん友人達の会で、若い女性ばっかりでした。
オランダでもベビーシャワーなんてやるんだね~~。
オランダのベビーシャワーは初めて見ましたヨ。
「Hoera~ een jongen」なんて垂れ幕が下がっているのは
ちょっとオランダ流でしたが。。。まだ生まれてない、っちゅーの。


DSC_24501.jpg

わざわざここまで来て、、、美味しくなかったらガッカリだぞーーー(汗)。
と内心ちょっとビクビクだったのですが、、、そんな心配は杞憂でした。
どれも美味しいぃぃぃ~!!!
私的には大満足。スコーンもかなりの高得点だと思ったわ。
形も色合いも味も3拍子揃ってよい、ていうスコーンは、、、
イギリスでもなかなかお目にかかれませんよ。


DSC_24511.jpg

この食器に惹かれてしまったのです。
裏を見たら、ベルギーとオランダ・マーストリヒトの食器でした。
え~~、ちょっとビックリ。

お茶も美味しかったけど、自分たちでは種類は選べませんでした。
言えばそれに合わせてくれるかもしれないけどね。


DSC_24561.jpg

サービスも、最初に全部運んでおしまい、という形ではなく、
食べ終わると次のを持ってきてくれる懐石料理形式(と言うの?)。
そんな丁寧なサービスもうれしかったですねえ。

最後はお腹いっぱいになってしまって、だんなに半分ずつあげるハメに。
最後が野菜ミニコロッケだったのは、???(オランダ流?)でしたけど
これまた美味しかったので全然オッケー!!

これで20ユーロ弱はけっこういいな、って感じでした。
この辺りじゃ、やっぱりこんなの探し出せないし、
わざわざ出かけた甲斐のあるティールームでした。

Thee Schenkerij



line_10.gif




line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記の画像バナーどちらかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

いつもありがとうございます。

オランダ情報はこちらから → オランダ情報ブログランキング
海外育児ブログランキングはこちら → 海外育児ブログランキング
イングリッシュガーデン・ブログランキングはこちら→イングリッシュガーデンブログランキング

オランダの身近な国立公園

DSC_11391.jpg

ちょっと前の話になりますが、5月5日の解放記念日は、
ハーレム郊外にある国立公園「Zuid-Kennemerland」に行ってきました。

え?ハーレムの郊外に国立公園???
オランダをそんなによく知らない人はたぶんその意外性に驚くかも。
だって、アムステルダムから電車でたったの20分くらいの場所ですから。

オランダの海岸線は「Duin」と呼ばれ、日本語に訳するとまあ「砂丘」
らしいのですが、けっこう自然豊かな場所で、自然保護されている場所が
多いのです。このハーレム郊外のZuid-Kennemerlandは、特に自然が豊か、
ということで国立公園に指定されているようです。

お天気に恵まれたこの日。
どっか遠くに行くのは面倒くさいけど(…汗)、なんとなく行った気分は
味わいたい、ということで(苦笑)、ここを選びました。
身近な自然エリア、といえば、以前もご紹介した我が家の近くの
「中洲」があるのですが、

(記事はこちらです → 自転車に乗って~ネイチャーアイランドへ!

実はここで紹介しているお気に入りのガーデンカフェがなくなってしまったようで…
ショックな私はこちらに足を向けることができません!!!
あーでも、今、久しぶりに見たら、、、すごく綺麗だね~~…。
やっぱりまた行こうかな…(笑)。

この国立公園に一番近い駅で降りると、何やら本格的なアウトドアの
カッコをした人々が…。いったいどんなところなんだ?とちょっと心配に
なってしまいます、、、(でも国立公園とはいえやっぱり都市郊外です)。
オランダ人は「カッコから入る」人、多いですネ(苦笑)。

うちの子どもは、駅についた瞬間から
「なんかドイツに来たみたい。ここはオランダっぽくない」etc.と
言っており、雰囲気の良さからここに住みたい~~と言ってました。
あのねー、この辺は超高級住宅地帯なのですヨ…。

すごく天気もよく、多くの人にとって4連休の1日目とあって、
たくさんの方々が自転車でちゃりちゃりとザンドフォートの海に
向かっていました。もちろん歩いている人もいます。

500Mくらい進むと、国立公園の入り口ご案内が!!
さすが国立公園だと立派なのだなあ~~。

DSC_11181.jpg

写真、思いっきり曲がってますが、、、国立公園のビジターセンター。
家族連れがたくさんいて、賑わっていて、バカンスムードが
高まります!!

さて、この国立公園内では、いくつかの自転車ロード、徒歩ロードなどがあり、
散策することができます。それ以外にも家族で楽しめる自然遊びスペース
なども設けているようです。

私たちは青いロードを進むことにしました。ちょうど10キロほどの距離。
あまりに小さい子連れ家族が多いので、いったい何事か?と思いきや、
ビジターセンターからわずか200M程のところに池があり、
そこが遊泳場になっていました。

まだ海の波が怖いちびっこでも、ここなら平気。
ちゃんと遊泳エリアも決まっているようで、オムツをつけたような子どもが
楽しそうに水遊びをしていました。


DSC_11221.jpg

ちびっこで賑わう遊泳池 HET WED


DSC_11261.jpg

水も綺麗でキラキラしてます

うちの子ですが、「私もやりた~い」なんて言うかナ、と思ったのですが
どうやら10歳児。色々心の中で葛藤があるらしく、
「やりたい、でも、もうこんなに大きいんだし、小さい子に混じって
おかしいんじゃないの?」と悶々としているのがアリアリ…(笑)。
「もう人間米俵になってゴロゴロしないの?」と言ったら
すごーーーい冷たい刺すような目で見られてしまいました…(汗)。
いーじゃんね、まだ子どもなんだからさあー。


DSC_11341.jpg

砂丘とはいえ、林があったり森があったりします。
自然生物もたくさんいるようです。鳥とか小動物とか。
春爛漫のこの日は、たくさんのウサギを見ることができました。
私たちのようにのんびり歩いている人もいれば、マラソンしている人もアリ。
ただ、やはり自転車のほうが人気があるようで、
徒歩ロードは比較的のんびりモードが漂っていました。


DSC_11531.jpg

途中から自転車ロードに合流。
かなりの量の自転車がやってくるので、けっこう怖い…。
道には、こんな生き物もいて(ヨーロッパ・バッファロー)、なんだかすごい。


DSC_11521.jpg

お目目はどこにあるんでしょうか。


DSC_11451.jpg

ようやく中間地点の海に到着!!!
うおー、海だ、海だ。


DSC_11441.jpg

ここでカフェに入ったのですが、このカフェが酷かった…汗。
この広いスペースと、キッチンとサービスする人の人数がまったく
合っていないらしく、オーダーはこない、メニューがこない、そして
頼んだ料理がこない、、、しかも美味しくない、の散々でした。
周りの人も、すごくイライラしているのが分かるし、うちらも…。
せっかくの楽しい休暇にこれはナイよな~。
おにぎりetc.を持っていけば良かった(涙)。


DSC_11471.jpg

ようやくイライラから解放され(苦笑)、海へ。
やけに犬が多いなあ、と思いきや、ここ、ドッグ・ビーチでした(笑)。
可愛いワンちゃんがたくさん楽しそうにしていて、癒された~~。
さすがに水温は低いらしく、泳いでいる人はほとんどおらず。
ワンちゃんだけが楽しんで泳いでました。

再び散策ロードへ。
途中、鳥もたくさん見たけど、カメラ、まったくダメ。
焦点を合わせることもできなかったわーーーー。
さすがに難易度すぎたか。

無事、ビジターセンターに到着。
アイスクリームを食べて、帰路に着きました。


DSC_11141.jpg

ハーレムからライデンの電車内から見るお花畑。
近年はこの時期はすでに収穫終わりですが、今年は寒かったせいで
まだまだあちこちにカラフルな絨毯が残っていました。
電車の中からパチリ。

電車とチューリップ畑。
日本じゃ、キテレツ、、、いや、撮り鉄がいてもいいほどの絶景でしょう。
しかし、ここ、オランダにはまだこの撮り鉄は輸入されていないようで、
カメラらしき姿はどこにも見えませんでした(笑)。



line_10.gif




line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記の画像バナーどちらかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

いつもありがとうございます。

オランダ情報はこちらから → オランダ情報ブログランキング
海外育児ブログランキングはこちら → 海外育児ブログランキング
イングリッシュガーデン・ブログランキングはこちら→イングリッシュガーデンブログランキング

ビギナー・カメラ女子の修行@マルクトホール

DSC_0962.jpg

前回は思わぬたくさんの方々にいいね!やら応援クリックやらして
いただきありがとうございました。だらだらと長いお堅いメッセージは
今後は辞めよう、と思っていたのですが、ちょっと思い留まりました。
それに自分の中でモヤモヤとした思いが溜まっていたので、
思い切って外に出してしまってスッキリしました。

先日、ひょんなことから在オランダ歴○○年の大御所とも呼べるべき方に
お会いしました。この年数、なんと私の年齢とほぼ同じ…???
私が生まれた頃、ここにやってきたのかーーー。
そりゃ、、、考えただけですごいっっっ!!
あの頃って「海外旅行」ていう単語はなかったんじゃないかと…?

それにしても、こちらに来てからの年月のほうがずっと長いのに、
きっちりとした日本人である、いや、日本人以上に日本人らしい、、、
というのには驚かされます。ご本人は「久しぶりに日本語を話した」
とおっしゃられてましたが、全然そんな感じがしないんですよ。

ちゃんと日本人であることが土台にあって、その上で海外の経験を積む、
それは私の理想です。最近は、インターナショナルだぁ、国際化だぁ、、、
いろいろ言われてますけど、やっぱり日本人というアイデンティティーは
大事にしていかないと、それがないと根なし草みたいなものなのでは
ないかと思います。

私の憧れの女性に兼高かおるさんが挙げられるんですが、
彼女は「世界の旅」で世界中を飛び回る際、自分は日本の見本市
だと思って海外に向かった、とおっしゃられてますね。
こういう素晴らしい女性(しかも超美人、、、ここも大事だっっ!)が
世界に戦後日本のことを広められたってことは、日本にとってもラッキー
だったかもしれませんねー。お堅いお役人より絶対インパクトありますって。

あ、なんか話しがどこへ…?って感じになってますが…。

こちらに長くいらっしゃる方は、経験が豊富で、お話が面白い方
が多いですね。ともかくちょっと想像できない経験をされているっていうか。
それを面白可笑しく話されるので、ついついずーっと話を聞きたく
なってしまいます。

この日はほんの少しだけのお話だったのですが、昔のオランダの食の
話になりました。昔は冬の間は新鮮な野菜はほとんどなく、
瓶詰め野菜が主流だったのだとか、、、ゲゲゲッ!!
あの不味ーーーい瓶詰め野菜っっ?!?!
「もうどうしようかと思いましたよ。帰りたいと思っても帰れませんし。」
明るく話されてますが、、、私じゃ、、、とても耐えられませんっっっ。

昔は悲惨だったオランダの食…私が来た頃もまだ散々な評価でしたが、
今はずいぶん評価が上がってますね。ここ数年だけでも確実に上がってますよ。
まず、手に入る野菜の種類が、、、全然違いますもん。
先日は、我が街のAHでも「KABOCHA(かぼちゃ)」を見つけてビックリしました。

さてさて。
なんだか前置きが超長くなりましたが、現在のオランダを代表するような
食の最先端…ロッテルダムのマルクトホールにカメラを持って出かけました。
ここは昨年の10月にオープンしたロッテルダムの新しい顔です。
出来た当初は、(冬は)寒い、だの、(夏は)暑い、だの色々問題がありましたが、
今は改善されたみたいで、温度は快適になってました。
しかも、、、いい匂いが充満~~こりゃ溜まらんっっ!

しかし、このマルクトホール。

プロの方が撮られた写真をたびたび拝見する機会があり、
頭の中には美しい構図が出来ているんですが、
現実は…有名な美しい天井画を綺麗に撮る、、、という以前に
天井が高くて幅も広くて、全然レンズ内に収まらないという問題が・・・(汗)。
とてもビギナー・カメラ女子の手には負えない代物です。
今回も、出かけて撮って…現実を思い知らされました(涙)。


DSC_0960.jpg

天井画が…ビギナーカメラ女子の力量じゃ台無しに(涙)。


DSC_0971.jpg

行ったことない方のために、、、本当はこんな天井画なのよ。
これが一面に!実際はかなり圧巻です。

OPENしたての頃は、カメラを持った方々がわんさと押しかけて、
押すな押すなの混みようでしたが、今は落ち着いていました。
でも、入り口でカメラを構える方はちらほらいましたが。


DSC_0958.jpg

こんな本格カメラマンも。
マイクもつけてるけど、何を撮ってるのかな。


DSC_0987.jpg

外からの風景。
私のカメラじゃまったく収まりきりませんでした。

それにしても…。
カメラを撮りに行って思ったこと。
美しい写真を撮るのに必要なこと、、、それは。

良いカメラ、そして混んでいても即座に撮れる良い腕前、
ということは言うまでもないのですが、
それ以上に必要なのは、「度胸」なのかなー、と思いました。

多くの人々がいるところでカメラを取り出す。
これってけっこう度胸がいるよね。
その上、人に向けて写真を撮る、となるとさらなる勇気が…。
海外にいるとなおさら恐れ多いと思ってしまう私は小心者です(笑)。
でも、きっとそんな風に感じる方は多いのではないかしら。


DSC_0964.jpg

どっきどきしながら撮りました、、、て悪いことしているみたいやんか。
こういう写真がもっと美しく撮れるようになりたいけど、必要なのは度胸?


DSC_0963.jpg

カラフルなミニトマト。贅沢な時代になりました、、、(涙)。


DSC_0965.jpg

トルコのパン屋さん。
前回はイスラム系住民はさっぱり分からん、と言いましたが、
トルコの味はアジアの味。日本に通じるものがあります。
この日もけっきょく空腹に耐えきれず、ここでパンを購入。
美味しかった~~。


DSC_0975.jpg

スパイスのお店。アラブのエキゾチック感が漂います~。
もう溜まらん、、、てくらいスパイスの匂いを漂わせていました。


DSC_0969.jpg

もちろん、、、フランス、イタリア、スペインといったヨーロッパ系のお店もあり、
お惣菜やらお肉やら、、、色々買えます。
すごいわー。数年前のロッテルダムでは考えられないっ!


DSC_0966.jpg

スイーツ系はもうあと一息…てところでしょうかね。
でも、カップケーキも4、5年前は存在しないようなものだったんです。
やっぱり少しずつ向上していると思うな。


DSC_0982.jpg

可愛いズワートピットくんもケーキに。


DSC_0992.jpg

マルクトホールの外では、ツアー客たちが自転車ツアーでやってきていました。


DSC_1002.jpg

なんと彼らは自転車を放置して(もちろん鍵はしているでしょうけど)、
マルクトホール内へ吸い込まれていきました。
皆、思い思いに食べ物を購入しているんでしょうか。。。
チャリはすぐ盗まれる、と聞いていたので、ビックリ。


DSC_0998.jpg

ああ、天井画が見えるようで見えないなー。
今度は天気の良い日に来てみよう。


DSC_1004.jpg

小さい木にくくりつけられた自転車3台。
「うわ、私には重荷なんですがー…」という声が聞こえてきそう(笑)。

こんな感じの、、、
ビギナー・カメラ女子によるマルクトホール・レポートでした。
また頑張るゾ。



line_10.gif




line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記の画像バナーどちらかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

いつもありがとうございます。

オランダ情報はこちらから → オランダ情報ブログランキング
海外育児ブログランキングはこちら → 海外育児ブログランキング
イングリッシュガーデン・ブログランキングはこちら→イングリッシュガーデンブログランキング
プロフィール

そらのくも

Author:そらのくも
オランダ生活も15年目に突入しました。

(ご案内)
オランダ情報は「そらのオランダ通信」でお届けしています。是非ご覧ください。

↓ ↓ ↓

photoeurope2.jpg

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
写真のこと
当サイトで使用している写真と文章の無断転載はお断りしています。


そらのオランダ通信お薦め:オランダのベストミュージアム
↓ ↓ ↓
photoeurope2.jpg
情報

line_10.gif
line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記のお好きな画像バナーどれかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです 。

heart3.gif クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村
気になる本
オランダ生活に役立つ、今、自分が欲しい本を載せています(いわゆる備忘録)。



前回載せておいたフランス菓子は買おうと思ったら絶版になっていた。。。うそ~…!絶版になるのが早すぎる。今度こそ…。

ブログキーワード別カテゴリー

オランダ お出かけ 街並み 子ども ヨーロッパ 旅行 カフェ ガーデニング ハンドメイド ミュージアム 洋服 ショップ ソーイング本 オランダの話題 カメラ 自転車 ロッテルダム 庭園 レストラン 教育 学校 オランダの食材 ニュース スーパー 日本語教育 子育て オランダサッカー おうちのできごと 英語学習 国際結婚 

ブログ記事カテゴリー
最近のコメント
リンク
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:

Flag Counter
メールフォーム
ご訪問ありがとうございます♪♪
ブログ・HPの感想はこちらまで↓

mail-pen2.gif
ブログ内検索