京都 - にゃんこが女将の宿

DSC_0191.jpg

おいでやす - 私が女将のりりぃどす。

年末年始の日本滞在中、京都に行ってきました。
京都は今回約11年ぶり?
私にとっては大学時代を過ごした青春の地です。。。
というと、ちょっと恥ずかしいか(笑)。

東京では、家族・親戚以外誰にも会いませんでしたが、
久しぶりのおひとり様京都、ということで
「go back to university days」と自分で命名し(笑)、
お友達にも集まってもらいました。
わざわざ遠方から集まってくれて、ほんとうれしかったです。


DSC_0263.jpg

久しぶりの大学訪問…なんじゃ、このこじゃれた学食カフェは?!
パフェ550エンなんて…学生は払えるのでしょうか??
(ちなみに先生や外部者が利用する率が高いカフェなのだそうです、、、)


高校時代、私はかなりの閉塞感を感じていました。
女子の進学校に通っていて、
「いい大学に行かなかったら私の将来はもう終わり」
そんな言葉を述べるクラスメートが何人もいたのです。

今、そんな言葉を聞いたら、笑って一蹴してしまいますが、
当時はその確証もなく、「そんなハズはない」と思いつつも、
それを否定することもできない自分がなんとも中途半端で
イヤでした。

まー、今でも、進学が大事、と思う人が多いと思うので、
私の考えに「?」と思う方もいらっしゃる方もいるかもしれません。
でも、今、こうやって海外に住む日本人のひとりとして言えること。
どんな環境に行くことになっても、その場所でNo.1になれるように
努力をしている人は絶対にどこに行っても成功するんじゃないかな、
と思います。

ぶっちゃけ。
海外で日本の大学名知っている人なんてほとんどいませんから。
海外で日本の企業名を知っている人なんてほとんどいませんから。
(まあ、日産とかトヨタは知っているかもしれませんね。)
肩書きにしがみついている人は、それが通用しない場所に行く
ことはできないのです。

あー、なんか話しが逸れてしまいましたが…いつもながら…。

私は小5までは英語=ローマ字だと信じていた田舎の少女ですが、
小6くらいから急激にアメリカの音楽が好きになりました。
中学くらいまでは一般的な洋楽を聞いてましたが、
それ以降は周りの誰とも話をシェアすることができないような音楽に
ハマり(苦笑)、地元のレコード屋で個別注文してCDを
購入しているような女子高校生でした。

今考えると…どうやって情報を得ていたんだろう?って不思議
なんですがー…ネットももちろんナイ時代ですし。

音楽を通して、アメリカの映画にもハマり、、、
現実の高校が上記のような閉塞的な雰囲気だったこともあり、
海外への憧れは募るばかり。
現実逃避をしたくても、逃げられないような、、、
そんな日々でした。

そんなときに出会ったのが、関西のとある大学のガイドブック。
田舎にでーんと大きなキャンパス、そしてレンガの校舎。

コレや、コレ!!!
アメリカみたいやーーーーん!!!!

一目見て、とても気に入り、そこに行くのが夢になりました。
今考えると、、、大学キャンパスのイメージで即決って、、、汗。
高校生とはいえ、単純すぎますね(笑)。

そして、晴れて合格!

イエーイ、ついにアメリカン生活~~!!!
と、、、思ったワタシを待っていたのは、
…もちろん、アメリカン生活なんかではありませんでした(爆)。

…そりゃ、当たり前なんですが…。。。
そこは、どっぷり関西文化だったのであります。
そして、、、田舎少女は、、、予想外にも
怒涛の関西文化にすっかりハマってしまったのであります。

今でも覚えているのは、1年目の頃は、あんまり聞きとれなかったこと。
よく難聴扱いされて、自分でも耳がおかしいのかな、って思ってました(笑)。
10人くらいの関西人に囲まれると、話がぽんぽんと飛んでいくのですが、
私なんかは聞いているのが精いっぱい。
相当ボケたんな田舎少女だったと思います。

お友達が増えてくると、おせっかいな彼らは
「何言うてんねん!」か「それ、ちゃう、ちゃう~」のどちらかを突っ込め!
と私に手ほどきをし、会話のキャッチボールが飛んでくるたびに
「それ、ちゃう、ちゃう~」と連呼しました。。。
今考えると、騙されていたんだろーか。私。。。苦笑

何か面白いこと、バカバカしいことを言わなきゃ…と常に考え続けたことは
今、こうやって海外に住んでいる上でも役に立っていると思います。
西欧人のジョークって関西人のジョークのノリと似ているのよ。意外と。
私は映画もコメディが一番好きなんですが、関西のジョークも
アメリカン・ジョークやイギリス・ブラックジョークも同じように楽しいですね。

ともかくも楽しい4年間で、この時代以上に楽しい時代は
やってこないだろうな、、、と20代頃から思ってはいたのですが、
遠い海外での生活が長くなるにつれて、忘れるどころか
懐かしさが募るばかり。なかなか行けない場所だけに、
思いがずんずん募っていきました。

そんな中訪れた今回の京都は懐かしさとオドロキでいっぱいでした。

驚いたことは…なんといっても、外国人、観光客がものすごいということ。
なんだこりゃ???のものすごさで、ほんと、オドロキマシタ!!!
耳にする言語も、ほんと多彩で、何語か分からない言語も多数。
彼らはいったいどこから来たのだ???ハテナ。

ともかく、どこに行っても英語を話す店員さんを見かけ、
今、京都に住むみんなはインターナショナルなんだな、、、?!
と思いました。バスの運ちゃん(ほぼ定年近しと思われる)でさえ、
「ショーッ!!デートッ!(1日切符の有効日を見せろ)」と言ってました。
すげ、そんなんでもちゃんと通じてるよ。。。おっちゃん!!!(笑)
(別に通じりゃいいのよ。。。ほんとーに。)

懐かしいな…と思ったのは、これだけ観光客が溢れかえっていても、
やっぱりこじんまりとした雰囲気が変わらなかった、ってことです。
京都ってやっぱり東京なんかに比べると、ほんと、こじんまり。
そして日本の良き地方都市なんです。
改めてこのこじんまりとした雰囲気に触れて、やっぱいいなぁ、という
気分でいっぱいになりました。

こんなところで大学生活を送れた自分は幸せだったな、と思ったのと同時に、
4年間もあったのだから、もっと色んなことに挑戦しても良かったな、
という気分にもなりました。

例えば、巫女さんバイトをするとか、三大祭りに参加することとか。。。
今、やりたくてもこういうことって出来ないでしょう?

そして、それ以上に思ったことは…4年間もいたのに、
全然京都を回りきれていなかった、ということ。
これは、なんか後悔が大きいですね。

そしてこれはたぶん、、、今、オランダにいる方がも同じかもしれません。
オランダに住んでいる方は意外とオランダを回っていないんですよ。
そんなこと、ありませんか???

今回の2泊3日の旅行では、これらの願いを全て叶えることはムリにせよ、
やりたいことは全部やって帰るゾ!!との意気込み強く…
早朝の新幹線に乗り込んで、京都を目指したのでした。

今回泊まった宿は、ずーーーーっと泊まってみたかった宿。
ともかく観光客が多く、なかなか思う宿が取れないだろう、との予測の元、
なんと早々5カ月前くらいには予約しました。

駅近くにある5部屋しかない小さな旅館です。
ここの目玉は、、、なんといっても、女将がにゃんこだということ!!
やばいっす~~、そんなの。。。

猫目当てにやってくるお客さんも多いようで、私が泊まっている間も、
「あれ、猫はどこだ???さっきはいたよね?」
と探していらっしゃるお客様がいらっしゃいました。

二代目にゃんこ、りりーちゃんは、、、けっこうお澄まし系ですかね。
身だしなみ(毛並みというのか?)もぴしーっと、、、!!
美しい気品溢れる猫ちゃんでありました。うん、立派な女将でした。
そして、ここも国籍不明の方がたくさん宿泊されていたのが印象的でしたね。


DSC_0188.jpg

お澄ましさんでなかなか正面を向いてくれないの。


久々に会った長年京都に住むお友達の案内で…
お茶カフェとか、町屋風居酒屋とか、、、
京都らしぃぃ~!!!場所に連れて行ってもらい、、、京都満喫!


DSC_0281.jpg

大学訪問から場所を移し、伊右衛門カフェ。
ここでもしゃべくりっぱなし。



DSC_0286.jpg

こちらは居酒屋。雰囲気いいねー。

ヨーロッパに長く住んでいると、、、こういう古さがやっぱりうれしい。
地震も怖いけど、オリンピックもあるけど、、、でも、なんでも新しいものに
作りかえちゃうのって、なんだか淋しいよ、東京さん。

ヨーロッパは古い家やアパートを信じられないような快適空間に
リフォームするからなあ。このリフォーム力をいつも見ているせいか、
新しくしてしまうのってちょっともったいないと思ってしまう、、、。

まあ、でも今、こうやって外国人の目が入ってきているので、
今まで価値がナイと思っていたものが重宝される、とか
そういう意外な形で再評価されるものも今後増えるかもしれませんね。

オランダに住み始めて以降は、時々持ってきた「あさきゆめみし」
(全巻ではないけど)を読むのが、心の支えのようになっていて
これがまた、年を取ったからか、海外にいるからなのか分かりませんが
号泣しながら読んでいることが多いんですが…(苦笑)。
しかし1000年も昔に現在の人間をも唸らせるような本が
存在した日本って、、、改めてすごい文化を持ってますね。

今回の旅行では、まだ行ったことがない源氏物語のゆかりの地を
訪ねたいなぁ、という気持ちもあって、時間の合間を縫って
あちこち足を伸ばしました。

これらの写真はまた次回に。



line_10.gif




line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記の画像バナーどちらかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

いつもありがとうございます。

オランダ情報はこちらから → オランダ情報ブログランキング
海外育児ブログランキングはこちら → 海外育児ブログランキング
イングリッシュガーデン・ブログランキングはこちら→イングリッシュガーデンブログランキング

東京で本格コーヒー

DSC_0450.jpg

今回の旅行の主たる目的は家族との時間、だったので
京都に2泊3日でひとりで旅行に行った以外は、
家にいるか、家族と出かけるか、、、近所に買い物に行くか…
それくらいしかしませんでした。
友達にも誰にも連絡を取りませんでしたし…(苦笑)。

実は今回りすちゃんを連れてこなかったのは、
彼女と一緒だと毎日観光・お出かけばかりになってしまう、
という問題を抱えていたからです。
それじゃぁ目的が果たせない、、、。
だからといって、だんなも来ると、日本の家族が気を使ったりなんやで
さらに色んな問題が…汗。

1月1日の元旦はとても良いお天気で、予定も何も入っていなかったので
ひとりご近所散歩に行くことにしました。
いやー、この日は皆、ご家族ご一緒で、さすがの私も
ひとり散歩はかなり寂しい!私ってヤバい女?!と思いましたわ~(笑)。

うちの実家の周りなんて特に何もないわい!と思っていたのですが、
いつだったかな、ネットで現代美術館のある清澄白河が最近コーヒーの街
としてにぎわっている、という記事を読み、ちょっと気になっていたんです。

1月1日ってよく考えたらどこも閉まっているんだけど、
どうやら1軒だけOPENしているかも、という情報を見つけて、
ふらふらと出かけてみました。

このブログでもちょくちょく書いているけど、
基本オランダはコーヒーが美味しい国。
スターバックスが流行らない国っていうのはコーヒーが美味しい国
なのでね。

スターバックスが流行らない国…
イタリア、オーストリア、フランス、オランダ、、、。
ね? どこもカフェ文化が発達した国々でしょ?

そんな国に住む私だから、当然
「オランダのコーヒー > 日本のコーヒー」
っていう図式を信じちゃってます。

今回出かける気分になったのも、ふぅん、
日本の美味しいコーヒーってどの程度のもんよ?
…とまあ、かなり上から目線(苦笑)。
偉そうでスミマセン…。


DSC_0449.jpg

1月1日だというのにOPENしていました。
知る人ぞ知るArise。
お隣が七福神の大黒さんなので、頼まれてOPENしている、という
お話が聞こえてきました。妙に日本っぽい会話(笑)。


DSC_0451.jpg

狭い店内には大きな焙煎機が。
コーヒー一杯のお値段が書いてなかったので、
いったいどれくらいのお値段?とドキドキしたけど、
私の飲んだものは350円でした。


DSC_0452.jpg

こうやって入れるのがこの辺りのカフェの共通点らしい。
オランダではこういう風には入れないので、ちょっとオドロキ。
しかし、飲んだ後のオドロキ(衝撃)はもっと大きかった!!

一口飲んで、あまりのテイストの違いに衝撃を受け、
しかし、それがすーっと馴染んでくるとクセになりそうな味わい。
後味がとってもさわやか、というのがまたまたオドロキで…。

こりゃー、もう…。まったく別モノ!!!
別世界のコーヒーって感じでっせ????
ヨーロッパじゃ、こういうコーヒーは飲めないと思うね。
大陸が違えば、コーヒーの味もこうも違う?
こりゃ、まったく別モノだから甲乙つけがたいなぁ。。。
そう思わせるに充分な味わいなのでありました。

オランダのコーヒー・テスト採点者に飲んでもらいたいなあ。
彼らだったら、どういう点数をつけるんだろう???


DSC_0447.jpg

このご近所さんには、Fukadaso なる古い建物を改造したカフェもあり
私的にはかなり気になりました。元旦はOPENしてなかったけど。
この外壁の汚さとモスグリーン(?)の玄関がなんともいえずオシャレ。


DSC_0448.jpg

この色合い、絶妙にオシャレすぎる。。。

また、このコーヒー屋さんのご近所には別のコーヒーショップ、
ブルーボトルコーヒーという有名な行列コーヒー店もありました。
こちらは写真を撮る気にはならず。
普通のこじゃれたカフェって感じだったかな。
もちろんこちらも元旦は閉まっていました。

Ariseで貰って来た地図によると、この辺りはカフェのほか、
ギャラリーなどもいくつもあって、古いものと新しいものが混在した
注目の街なのだとか。

し、知らなかった~~。
実は私、この辺りに住んでいたこともあるんだけどね☆
”自宅の周りになんて何もない。”
こう断言していちゃ、見えるものも見えてこない。
なんだかそれを実感した元旦のお散歩だったのでした。



line_10.gif




line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記の画像バナーどちらかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

いつもありがとうございます。

オランダ情報はこちらから → オランダ情報ブログランキング
海外育児ブログランキングはこちら → 海外育児ブログランキング
イングリッシュガーデン・ブログランキングはこちら→イングリッシュガーデンブログランキング

江の島デート

CIMG1666.jpg

江の島といえば、しらす…らしい

今回の日本滞在では、家族・友達との再会、買い物などが中心
だったのですが、唯一「観光」と呼ぶべきものが、
「江の島」訪問だったのでした。

当初はひとりで鎌倉辺りをぶらぶら~…と考えていたのですが、
今冬オランダから日本に本帰国されたすとろべりーふらわーさんが
週末だったら、子供をだんなに預けてでもご一緒してくださる!
ということだったので、悪いなァ~と一応内心では思いつつ、、、
丸一日ご一緒していただきました!

で。
場所も…鎌倉というといつも北鎌倉辺りばかりだったので
今回は趣向を変えて、江の島を周ることにしました。

実は…私は江の島は初めての訪問。
すとろべりーふらわーさんも、改まって観光するのは
かなり久しぶり、とのこと。
楽しみぃぃ。

藤沢の江ノ電駅改札で待ち合わせて、久々の再会!
江ノ電に乗って、まずは腰越駅へ。

なぜ腰越かといえば…お昼ご飯に行きたいところが
あったからなのでございます~。


CIMG1640.jpg

有名な行列のお店「しらすや」
写真は、売店ナリ。

すとろべりーふらわーさんにも前もって電話までしてもらったけど
予約はできません、並んでください、と言われたそうで、
覚悟はしていたのですが、着くなり、すごい行列が目に入り、
ういぃぃぃーこれは…何人待ちだろう…(げんなり~)という感じ。
(15組待ちってとこだったか?)

でも、意外とさっさと行列は進み、思ったより早く席に着くことが
できました。しかも、案内されたテーブルは、6人掛け!
相席なんかしなくていいんでしょうか~~…汗。


CIMG1638.jpg

日本滞在中唯一撮った食べ物の写真であります。
本日は「生シラス」の入荷アリ、でした。
久々に食べた生シラス…。やっぱり美味しいなあ。


CIMG1641.jpg

食後は歩いて江の島へ。
この日の気温は、28~29度だったか?
ヨーロッパで言えば、もう十分夏日でございます。
さすが、本日は晴れ女二人組の江の島デートだわ(笑)。
それにしても、あ、暑い。。。十分に暑い!
直射日光がジリジリ~…。
クラゲがいなければ、泳げる、泳げる。

それにしても。
8月にはフランスのモンサンミッシェルへ。
そして9月は日本の江の島へ。

二つとも全然違う場所にあるけど、似てるねえ。
違うと言えば、違うけど。


CIMG1647.jpg

入るとまずはお土産屋さんの立ち並ぶ参道。
混み具合は、モンサンミッシェルも江の島も…似てる。

違うのは、自動販売機でジュースがばばん~と買えるのと、
トイレがあちこちにあること、かな(笑)。
いやー、この二つはやっぱり便利ですねえ~!!!
オリンピックで、お客様に十分アピールできると思います!
(←え、そんなこと…?と思われる方もいらっしゃるかも
しれませんが、海外に住むモノとして、やはりこの二つが
際だって便利なものなんです!)
自動販売機も、お札が使えるって素晴らしいですよね。
ほんと、、、便利…平和の象徴だよ…しみじみ~~…涙。


CIMG1652.jpg

CIMG1654.jpg

お参りを待っている間、ものすごく大きな蜂が!
オランダには、こんな大きな蜂はいないですよ、てなくらい
大きな蜂!! 特定の色の服やジュースを狙ってくるみたい
なので、要注意でした。私のところには来ませんでした。ホッ。

他に大きなアゲハ蝶みたいなのもみたし、トンボの大群も見たし、
ここはいったい何なんだ?


CIMG1656.jpg

かなり標高があるので、上から見る海が美しい。
オランダは標高がないからね。展望が楽しめないし。


CIMG1659.jpg

展望台に向かってGO。
この辺りに来ると、南国っぽいね。伊豆っぽいとも言うか。
日本も今や気候が南国気候になりつつあるので、
南国っぽい、じゃなくて、南国です、というのが正しいのかも。


CIMG1661.jpg

展望台からの風景。ナカナカ良かったですよ。

展望台観光の後、さらに奥に進みます。
すとろべりーふらわーさんも、この辺りには来たことがないとか。
ものすごい展望の良いレストランが続くので、時間があれば
この辺りでひとやすみして行きたい、て感じだったな~。


CIMG1667.jpg

ものすごい下り階段。その先に続く海。


CIMG1673.jpg

磯遊び・釣りを楽しむ人がたくさんいた岩場。
家族で来たら、ここらで遊ぶのも楽しいかも~~。
私もすとろべりーふらわーさんと、ちょこっと岩場観察。


CIMG1676.jpg

帰りは、また戻るのは大変なので、船に乗ってラクして
江の島を後にしました。

江の島だけじゃぁ、、、と思っていたけど、なんやかんや楽しく
結局、江の島オンリーな一日となってしまいました。
江ノ電も、ここから鎌倉まで行く予定が、結局藤沢に戻ることに。
横浜で、すとろべりーふらわーさんとお別れ。

一日お付き合いいただき、どうもありがとうございました!!!

最後にすとろべりーふらわーさんと話していて「へぇー」
と思ったことを一言。

日本に帰って懐かしいと思う食べ物は何ですか?
なんて話をしていたんだけど、これが意外と懐かしいっ!
てものに「SPA ROOD」を挙げていました。

SPA ROOD、、、。
まぁ、言うなれば、強烈に強い炭酸水、でしょうか。
こちらに来て、炭酸水に慣れてしまった、、、というお話は
よく聞きますが、なるほど、日本ではあそこまで強い炭酸水って
ないのかもしれませんね~。



line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記の画像バナーどちらかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

いつもありがとうございます。

オランダ情報はこちらから → オランダ情報ブログランキング
海外育児ブログランキングはこちら → 海外育児ブログランキング

ソーイングブログランキングはこちらから↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村

母子二人旅 その3 ~ 世界遺産・宮島

DSCF7740.jpg

日本といえば、この鳥居!

この旅行から今日でちょうど一年経ってしまいました。
こうやって改めて写真を見ていても、、、ずいぶん古い記憶なのに、、、
日本のニュースでは、いまだに「ベント指示が…」「原発事故対応が…」
あの日を振り返っているばかりで何の進展もありません。
原発事故さえなかったら、もうちょっと復興していたでしょうに。
国民が本当に一体となって「震災地支援」を行えたでしょうに。
本日も、20キロ圏内のヘリコプターからの福島県の各市村の映像を
見ましたが…、あの日の津波からまったく止まったまま。
映像は淡々としているんですが(←アナウンサーはうるさい)、
誰もいない、津波の被害もそのまま、、、すごくショックです。
もともとここに住んでいらして現在避難されている方は
いったいどんな気持ちでこの映像を眺めているんでしょうね。

さて。
1年も経ってしまったこの旅行。
今書いておかなければ、ずっと書くときはないわい!というわけで、続けます。

前回は、うさぎの島・大久野島を後にしたところでした。
この日の泊まりは、広島駅近くだったので、忠海駅から広島駅に向かいました。
広島って、、、広い!!まぁ、私の故郷・静岡も広いんですが。
広島駅からは、途中乗り換えも含めて、2時間もかかりました。ひえ。
駅近くのビジネスホテルは、、、普通のビジネスホテルなんですが、
うーーーん、前日が楽しい!うれしい!の休暇村だったので、
入った途端に親子二人で、しょぼーーーーんとしてしまいました(苦笑)。
もうちょっと奮発すれば良かった、、、。

広島では、広島も原爆ドームや平和公園などを見よう(←初広島です)、
と思っていたのですが、りすちゃんはかなりモードが下がっていて…。
「どうしてこんなものを見せるのか?」とイヤイヤモード・アリアリ
だったので、ちょこっと見ただけで終わりにしてしまいました。
りすちゃんはたまに「死ぬのが怖い」「ママ、死んじゃイヤだ~」と
突然泣き出したりすることがあるので、我が家では、「母を訪ねて三千里」
とか、「フランダースの犬」は厳禁なんです
(←見せると大変なことになる)。なので、戦争の話しなんかも、、、
まだちょっとムリ。

歩いていると、私もずいぶん疲れが出てきた&大雨になったので、
本日はムリするのは辞めよう、、、ということになり、
広島では、アーケード街をぶらぶら歩いたくらいで、
ほとんど何もしませんでした。

明日は晴れてくれ!!と思いつつ、早目の就寝。

翌日はまだ雨が残っていましたが、天気予報によると、だんだん回復
していくとのこと。荷物をホテルに預けて、イザ!宮島へ。
切符を買ったはいいけれど、どの列車に乗ればいいのか分からない。
「あの~、宮島へは?」と聞くと、駅員さんが、ぱぱっと教えて
くれました。あー、日本は、言葉の心配がないから、ラクチンだな♪


DSCF7684.jpg

船で宮島へ渡るときは、まだ厚い雲に覆われて、、、視界悪し!
かろうじて有名な鳥居が見えております、、、。
あーーー、晴れてくれるといいんだけど~~。


DSCF7693.jpg

別に動物の島を訪れよう!って決めてたわけではありませんが、
この島は、「シカ」の島でした(笑)。
りすちゃん、大喜び!!


DSCF7688.jpg

DSCF7689.jpg

平日ですが、天気も悪いですが、観光客はけっこういます。
どこもかしこも観光地モードがゆったりと流れていていい感じ。


DSCF7707.jpg

DSCF7716.jpg

イザ!世界遺産・嚴島神社へ。


DSCF7720.jpg

みんなの願いが書かれた絵馬。
日本らしい絵になる風景なので、何枚も写真を撮ってしまいます。
神社はみんなの祈りが集まるパワースポットで、元気になるなぁ!


DSCF7739.jpg

りすちゃん、思いっきり水の中に足を突っ込んで、、、あーあ。
寒いのに足が濡れちゃった。しかも新品の靴(涙)。
ま、本人は、ちょっぴりがっかりしたものの、気にしない~!


DSCF7750.jpg

お昼御飯。
うどん好きのりすちゃん。チュルチュル~しっつれい~。


DSCF7747.jpg

宮島といえば、カキ。
というわけで、私はカキ綴じ丼。う、美味~。

帰る頃になって、天気がよくなってきたので、
またまた後ろ髪が引かれる思いでしたが、今日は飛行機で
東京に戻る予定だったので、仕方なく…去ることになりました。

2泊3日の旅行でしたが、日本らしいコトがかなぁーり詰まった
楽しい旅行でした。初めての母子旅行、大成功だったかも。


DSCF7769.jpg

<オマケ>
宮島、といえば、あなごめし!
お弁当を買って、帰りの飛行機の中で食べました♪
普段、それほど日本食が恋しくならない私ですが、
ウナギ系には一番弱く、この映像を見るのは…かなりキツイ(苦笑)。
た、食べたい~~!!!



line_10.gif

オランダ情報ブログランキングに参加中です↓。
薔薇の画像をぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
いつもありがとうございます。

海外育児ランキングにも参加しています。
世界各地の楽しいブログが登録されています。
ランキング確認はこちらから → ブログ村 海外育児ランキング

母子二人旅 その2 ~ 広島・大久野島

DSCF7638.jpg

これは、去年の2月の話です…(汗)。

早いもので、今週半ばから、またまたりすちゃんの春休みがやってきます。
昨年はこの時期、1週間の特別休暇申請期間も合わせて計3週間、
りすちゃんと日本に行きました。そして、滞在中の最後に遭遇した地震…。
もうあの大震災から1年が経とうとしているのですね。

この旅行は、2月の終わり、まだ日本が平和だった時期に行った国内旅行です。
早く完成させなきゃ、と思いつつ、どうも平和だった時期のことを
書くのが躊躇われたりして、、、なかなか書くことができませんでした。

というわけで、今回。いまだに持ち出す私もしつこいケドね(笑)。
(しかし、記憶がかなり薄れている、、、汗)

竹原駅から忠海駅へ。たしか20分くらいだったのでは???

今晩の宿泊場所は、忠海から船で10分ほどのところにある
「大久野島休暇村」。地元の人の間では、「ウサギの島」として
有名のようです。全国的には、、、あんまり有名じゃないかな?
りすちゃんと一緒だし、楽しいところがいいなぁ~と思っていたところ、
この場所を見つけました。

忠海駅から歩いて5分ほどのところに忠海港があり、そこから船に
乗って行きます。この島は、一般車は乗り入れできず、
島も周囲が4キロほどの小さな島。ここに行く人は、
休暇村に泊まる人か、島でのんびりしよう、という人だけなので、
完全観光島です。昔は(戦時中は)、化学兵器製造を行った
ヒミツの恐ろしい島だったようなんですが…。

客船に乗る切符を買おうとすると、お店のおばさんが出てきて
説明してくれました。りすちゃんを見て、「かわいい目をしてるねぇ!」
と褒めてくださいました。田舎の人は、気軽に話しかけてくれて、
いいなぁ。何もないこの雰囲気もとてもいい。日本の田舎は本当にいいな!

船に乗りこみいざ島へ!
今日は土曜日なので、乗客もけっこういました。
島に着くと、バスが待っていて、休暇村まで乗せていってくれます。
のんびりした雰囲気が、、、おぉ~いいねえ!!バカンスだねぇ!
、、、て感じ。


DSCF7645.jpg

Oh!瀬戸内海!瀬戸内海に沈む夕日

まずは、休暇村のホテルにチェックイン。広い和室だったので、
りすちゃん、大興奮!!!


DSCF7612.jpg

ひとりで大興奮しておりやす。
窓からの眺めは、瀬戸内海。いいですよ~~♪

宿泊は「うさぎのエサ付き」コースだったので、お茶を一杯飲んだ後、
えさを貰って、外に出て、さっそくうさぎちゃんにエサを上げます。


DSCF7617.jpg

りすちゃん、興奮のうさぎのエサやり。
もうそこらじゅうに、うさぎがいるので、楽しい、楽しい~。
多くの人が、寒さを忘れて、うさぎと戯れていました。
ヤンキー風御一行さんも、「きゃーうさぎ~」なんて興奮してて、
ちょっと笑っちゃったな。。。えへへ。

子供にフレンドリーっていうのが、にじみ出ているのが分かるのか、
りすちゃんはここにいる間、本当に幸せそうでしたね。
「パパも一緒に来れば良かった。」「次はパパと一緒に来よう。」
そればっかり。私も幸せ度満点!でしたワ。


DSCF7641.jpg

綺麗な夕日。瀬戸内海に沈みます。

夕ご飯は「ビュッフェ」形式。
すんごく混んでいて、ビックリ。週末とはいえ2月。
観光客なんてほとんどいないだろう、、、と思った私のアテが外れました。
まぁ、賑わっているほうがいいけどね。
当たり前ながら、ほとんどが家族連れ。大人数。またはカップル。
まぁ、日本の典型的な旅館・観光ホテルの姿そのもの、でして…。
母子二人、なんてグループは私たち以外にはおらず、
ちょこっと寂しかった、かな(苦笑)。ま、仕方ないか。
ビュッフェでは、思う存分「タコ料理」とか、海鮮類を選んで
食べました。海外から来た身としては、、、どれも捨てがたく(笑)
必死に食べましたよ~。

その後、大浴場へ。
ラッキーなことに、2人だけだったので、りすちゃんもリラックス
して入ることができました。大声で「海が~!!」なんて歌っていて、、、
可笑しかったです。

翌日は、早目にここを経つ予定にしていたのですが、想像以上に
いいところだったので、予定を変更して、自転車をレンタル。
一周4キロコースを回りました。
りすちゃんは、このときはまだ自転車の練習中だったので、
補助輪付きの小さな自転車。ふふふ。


DSCF7647.jpg

チャリチャリ~。


DSCF7663.jpg

途中でうさぎに出会って、、、声をかけるのに忙しい。

最初は、まっ平らで良かったんだけど、途中からすごい坂になって
大変なコトに!!上るのも大変だけど、下りがもっと怖いよ。
ブレーキの方法を一生懸命教えたけれど、自転車初心者には
ちょっと怖すぎ…。途中から歩きました。


DSCF7665.jpg

坂の上から眺める海。色が…綺麗ですよ~。


DSCF7668.jpg

ちょうど島にフェリーが到着したところでした。


DSCF7671.jpg

天気が良い一日で、フェリーからは多数の地元客が降りてきました。
身近にこんなのどかなところがあるなんて、、、いいなぁ~。


DSCF7675.jpg

自転車を終えた後は、ソフトクリームを食べて一息。
超オン・ザ・眉毛だねぇ(笑)。

「どうして今日はここに泊まらないの?」としつこく聞くりすちゃんを
連れて、後ろ髪惹かれる思いで、バスに乗り、この島とお別れ。


DSCF7679.jpg

バイバイ~!大久野島!!

本当にいいところでした。またチャンスがあれば行きたいです。



line_10.gif

オランダ情報ブログランキングに参加中です↓。
薔薇の画像をぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
いつもありがとうございます。

海外育児ランキングにも参加しています。
世界各地の楽しいブログが登録されています。
ランキング確認はこちらから → ブログ村 海外育児ランキング

日本の思い出 ~ ちょこっと幼稚園経験 ~

DSCF7776_copy.jpg

コンピュータの写真を整理(CD焼き)していたら、
懐かしい日本の写真が出てきました。

あ、そういえば、、、楽しかった日本滞在中のコトを記事にするとか
いいつつ、地震のことと旅行一日目しか書いてないやん…(汗)。

というわけで、今日はいきなりタイムトリップ。

せっかくの日本滞在中、幼稚園の体験入園はムリとしても、
りすちゃんに日本の幼稚園ってこんなところよ、て見せたいな~と
思い…うちの姉に頼み込んで見学させてもらうことになりました。
姪っ子ちゃんが、ちょうど幼稚園の年長さんだったんです。
(今は一年生です)

そこの幼稚園はかなり自由な校風だったみたいで、先生が、
見学だけとは言わず、ちょっと一緒に遊んでいったらどうですか?
とおっしゃってくださったので、午後一で出かけ、
数時間幼稚園体験をさせてもらうことになりました。
これは、ちょうど巨大地震の1週間前のこと、かな。。。
今でもはっきり思い出せますね。

幼稚園の入り口に入ろうとすると、
「来た~」「来た来た~」とにょきにょきと頭が出てきました!
どうやら姪っ子ちゃん、友達みんなと一緒に今か今かと
待ち伏せしていたようなんです。

姉と私、そしてりすちゃんが入って行くと、年長の女の子たち
4、5人に囲まれてしまいました(笑)。
りすちゃんが「こんにちは!」というと、もうそれだけで
「すごーーーい!!」(←何がすごいんだ?)

りすちゃんの顔立ちは、やっぱり日本人からすると外国人みたいらしく
日本に行くと、子供からは英語もどきで話しかけられるんですよね~。
りすちゃん、英語まったくできないんですけどーーー(汗)。
日本語でお願いしま~す、なんですけどー(汗)。
だから、「こんにちは」だけでもすごいと言われちゃう。
うーーん、複雑、だな。

先生が「積極女子」と呼ぶ女の子たちは、りすちゃんの手を取って
「じゃ、幼稚園を案内するね」とりすちゃんを連れて行ってしまいました。
積極女子の親分(?)、姪っ子ちゃんは、会う子、会う子に
「この子はね~、りすちゃん、私の従姉妹なの!!」と
宣伝していくものだから、ものの10分で皆の知られるところと
なりました(爆)。

子供には子供の口コミみたいなのがあるみたいで、ほんと、この日
数時間しかいなかったのに、教室を通りかかると、別のクラスからも
「…りすちゃんって子が」て、りすちゃんの名前が聞こえてくるっ!!
すごいな~、風邪ウィルスよりも強力な口コミだ、と思いましたワ。

ちなみに姉から聞いた後日談で、子供たちの間では、
「来春(4月から)、りすちゃんって子供が入園する」て噂になっていた
そうです~。どっひゃー。オドロイタ。噂ってすごい!!

外遊びが終わった後は、支度をして、帰りの会。
みんな、帰り支度を整えた後、ゾロゾロと揃ってきて、
床に座り始めます。床に座るってところが、、、
もう、オランダと違うね~。
りすちゃんは、先生からちゃっかり上履きも借りてるしぃ~。

なんだか、子供たちの様子を見ながら、私は自分の懐かしい
日本での学校生活を思い出していました。


DSCF7777_copy.jpg

帰りの会では、先生がちょっとしたクイズを出し、
子供たちが手を挙げて答えていました。
りすちゃんも手を挙げているので、ビックリ!!!
先生が「あれ、りすちゃんも分かるの?すごいね。」と
指してくれました。大きな声で「サンドイッチィ~」と
正しい答えを述べていて、再度、母ビックリ!!
突然日本で学校生活が始まっても、まだ大丈夫そうだわ、
と思いました、です。。。ははは。

他にもいくつかゲームをやって、その後、歌の練習。
このクラスは年長クラスだったので、あと数週間後には
卒園なんです。

ちなみにりすちゃんはこの時点で日本では年中クラス相当。
一つ年上さんのクラスに交じっていた、ってワケです。
でも、背の高さはまったく遜色なかったなー。
りすちゃん、、、でかいよ。やっぱり…。

「おかあさん、どうもありがとう~、おかげでこんなにおおきく
なりました~」

子供たちが歌うこんな歌詞を聞いて、どっと涙が出てしまう私。
私が出てどーするっ!!関係ないっしょーーー(汗)。
…とは思うものの、やっぱりエモーショナルね。
あー、やっぱりいいなあ。日本の卒業式とか入学式とか。
ひとつの節目、だもんね。春、だもんね。
オランダも好きだけど、日本もいいなぁ~…当たり前ながら。。。
なんだか、いろんな思いが溢れてきて…涙が止まらない!!
(←は、恥ずかしいっ!!!)

そんな感じに、母子、たっぷり日本の幼稚園体験ができて、
楽しかったです。数時間だけじゃ短いかな、て思ったけど、
そんなことない、ない。今でもりすちゃんはしっかり覚えているし、
思いのほかリッチな経験だったな、て思っています。

次は、小学校体験?
出来たらいいなー、と思いますが、、、どうでしょうかね。
今度は姉に頼るわけにもいくまい…と思いつつ、自分であれこれ
連絡を取るのも、ちょっとメンドクサイ~?なんて思ってみたり
して。。。

姉曰く、海外に住んでいる子が、体験入学する機会はけっこうアリ、
で姉の子供たちの学校にも何名か来ているそうです。
「3日しか来ないのに、教科書全部貰えるんだよ~。」なんて
言ってました(苦笑)。



line_10.gif

オランダ情報ブログランキングに参加中です↓。
薔薇の画像をぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
いつもありがとうございます。

母子二人旅 その1 ~ 広島・竹原

DSCF7590.jpg

私は酒飲み~~…と言いたいワケではありません(笑)。


これは2月のお話です。

日本に一時帰国することになって、とりあえずチェック
したのがJALのマイレージ数。
昨年、アムステルダム - 東京便が撤退してしまったので
もう今後JALに乗って日本に行くことはなさそうだけど、、、
今までの分はいくら残っているのさ?
ま、旅行するほど残っちゃないと思うけど…?と思いつつ、
調べてみたところ、2万4千とちょい。
2万4千かぁ~微妙だなぁ、、、どっか行けるのかしら?と
JALのホームページを確認してみると…
なんと2月いっぱいお得にお一人様1万2千マイルで
全国どこにでも行けると書いてあるではないか!!
ギリギリ足りてる~~!!

こういうのを見ると…「ああ、神が行けと言っている」なんぞと
都合のよい解釈で絶対どこかへ行かねば!と思ってしまう私。
全国どこへでも…で、どこへ行こうと悩んだ挙句、今回選んだのは
広島でした。本当は…第一候補は南紀白浜だったんだけどね…。
沖縄にも惹かれたんだけどネ…。

今回の旅行は、私とりすちゃんの初めての二人旅だったので、
いろいろ考えました。とにかく私は体が丈夫ではないし、
疲れてくると自分のことでいっぱいいっぱいになってしまうので、
りすちゃんのことは、いつもだんなに任せっぱなし。
今回はそのだんながいないワケですから…
あまり疲れる日程にしてはいけないし、
りすちゃんが面白くない内容でもいけないし、、、。
でも、私も日本らしい旅を楽しみたいし~…。
いろいろフツフツと考えながら日程を組んだ結果、
広島になったワケなんです。
ま、幸い、今回の日本への旅行は、以前に比べると体が
全然ラクでそれほど心配することもなかったんですけど、ネ。


さてさて。
前置きが長くなりました。

オランダから日本に到着する際、りすちゃんは気持ち悪くなって
吐いてしまったこともあり、何日も前から飛行機に乗りたくない~
の一点張りでした。困った、困った、、、と、乗り物酔いの薬を
母に買ってきてもらい、この魔法の薬があるから大丈夫!!と
当日ムリヤリ羽田空港に向かったのでした。
本人は、、、飛行機を降りるまで、相当不安だったみたいです。

広島空港はとっても不便なところにあるぞーーー。
と聞いていたのですが、ほんと、、、窓の外を見ていると、
すんごい山の中に空港と思われる敷地が現れ…あそこに着陸
するのぉぉぉ?と驚いてしまいました。

空港からは、乗り合いタクシーのようなマイナー運行バスで
目的地である竹原へ。くねくねした山道を下って行くのですが、
途中で見かける家はどれも御殿のような立派なお屋敷ばかりで
びっくりしましたね~。

竹原の駅で降りて、駅前の観光案内所で町並み保存地区
の地図を貰って、りすちゃんととぼとぼ保存地区へ。
途中、商店街を通って行くのですが…この商店街が…
土曜日だというのに半分以上閉まっていて、まさにゴーストタウン。
地方のこういう商店街を見ると、悲しくなりますねぇ~(涙)。

一方、町並み保存地区にはとても力を入れているようで、
観光客もぞろぞろと歩いていました。


DSCF7587.jpg

懐かしいお雛さまの7段飾り

ちょうど「たけはら町並み雛めぐり」というイベントが
行われており、地元テレビでも取り上げられていたらしく、
たくさんの地元民も訪れていたようです、、、。


DSCF7589.jpg

お店のモノをちょっと拝借して…ハイ、チーズ。


DSCF7592.jpg

瓦屋根の町並み。。。いいですなぁ。


到着したのがちょうどお昼過ぎだったので、定食屋でごはん。
親子二人で、カウンター席に座って、テレビを見ながら定食を待つ。
りすちゃんも、もうこんなことができる年齢になったんだね~、
なんだか渋いぞ!!と、些細なことが嬉しかったりして。


DSCF7595.jpg

何故か上手に鐘を鳴らすことができない…。
「どうやってやるの~?」というので、
しょうがないなあ、、、と見本を見せようと思ったら、
私もうまく鳴らすことができなかった。。。何故?!


DSCF7605.jpg

こういう階段を見ると、すぐに上りたくなる彼女。
確かにオランダには…ないもんねぇ?


DSCF7609.jpg

ここでも、必死に鐘を鳴らそうとするりすちゃん。

途中で、りすちゃんは、広島から来たという、6歳の女の子と
お友達になって一緒に楽しそうに歩きまわっていました。
私は、その子のおじいちゃん、おばあちゃんと一緒に
広島やここ竹原の話を聞きながら、のんびり歩き。
子供を通して、すぐに話ができるってのも、のんびりした街の
良さかも~~。

3時過ぎ、竹原の駅に戻り、本日の宿泊先がある駅「忠海」に向かいます。


DSCF7611.jpg

バイバイ、竹原~。楽しかったです!


さて、続きは、その2でお伝えします。

横浜「こどもの国」。そして…地震

DSCF7836.jpg

この写真は地震が起きる10分くらい前の写真
梅が綺麗でした。


いつの記事から書こうかな…やっぱり「地震」の日のことから?
というわけで、これは3月11日のお話です。


(すごーく長いです、、、覚悟あれ!!(苦笑))

この日は、私とりすちゃんの3週間の日本滞在において、
実質最後のフリーデーだったので、どこか行こうと計画していました。

考えたのは、
・東京ディズニーランド
・房総半島のマザー牧場

そして、この横浜のこどもの国です。

値上げ前にディズニーランドに行ってみたい、、、と
思っていたものの、実はこれ以前にキティちゃんの
「サンリオ・ピューロランド」、サーカス「ダイハツ・クーザ」
に出かけていたので、1週間でこれだけ出かけても
(趣向が似ていることもあり)せっかくの記憶も薄れちゃうかも…
と、ディズニーランドは除外。
そして、前日の買い物でけっこう疲れていた私は、
早起きしてマザー牧場に行くのはツライかもしれない…
というわけで、そちらも除外に。
結局、横浜のこどもの国に行くことになりました。
(今、思えば…マザー牧場に行ってなくて良かった~、、、
なんですけどね(汗)。)


田園都市線でここまで遠くに行くのは初めて。
ましてや「こどもの国」線なんていう線があるのさえ、
この日まで知りませんでした。
こどもの国線は20分に1本と、、、オランダ以上に
本数が少ない路線。。。

じゃんじゃんじゃんじゃん田舎に入って行くので、
え、横浜ってこんなに田舎なのぉ~~?と正直ビックリしました。
最終駅「こどもの国」は、かなーーりのどかな駅。
駅の前にはコンビニ1軒のみ。
うわー、いい空気だわん、なんて暢気にこどもの国に
向かいました。


後から聞いた話ですが、このあたりの学校は軒並み
遠足がここ「こどもの国」なんだそうです。
確かに入園料も安いし(大人600円、幼児100円)、
広くて遊び場があちこちにあるから、大人数でも
もってこいかも。

この日も多数の幼稚園、小学校がさよなら遠足?か何かで
ここに入場していました。

りすちゃんも、入るなり大興奮!!で、地図を持って、
あっちに行こう、こっちに行こう、と大はしゃぎ。

DSCF7820.jpg

小・中学生専用のけっこう急なすべり台。

他の小学生に「ねー、何年生?」なんて聞かれたりすちゃん、
勝手に「一年生だよ」なんて答えてました。
おいおい、それは完全なる嘘っぱち(汗)。
あんたはまだ幼児ざんす、、、。


DSCF7821.jpg

今回の滞在で「お子様ランチ」がすっかりお気に入りに
なったりすちゃん。これはお子様ランチのおまけ。


DSCF7823.jpg

ローリングサイクル(一見ジェットコースターのようなんだけど…
足でこぐサイクリング形式)に二人で挑戦!


DSCF7824.jpg

このモーモードーム(トランポリン)には相当ハマっていたね~。
1時間近く?やっていたんじゃなかろーか。
小さい子も大きい子も、皆すごく楽しんでた!!!
どの親も子供をここから引き離すのに苦労していていた…(苦笑)。


DSCF7835.jpg

歩いて行くと、次から次へと遊具がでてくるので、
りすちゃんもどんどん積極的になって園内を回っていた。
私も童心に返って一緒に遊んだりして、、、。

のどが渇いた、というので休憩することに。
ちょうど楽しそうな滑り台がある広場があって賑わっていたので
りすちゃんが滑り台で楽しんでいる間に、私が自動販売機で
ジュースを買おうとしていると…。


そこに地震がやってきたのです。


だだっ広い敷地にいたので最初は全然気がつきませんでした。
売店のおばさんが「あ、地震だわ」というので、
「あら、そう???」と思うくらい。
とにかくジュースを買ってから広場に戻ろう、、、と
思っていると、地震がどんどんどんどん大きくなってきました。

こりゃ、ジュースを買うよりも先にりすちゃんが心配だ!
そう思って階段を降りようとすると、さらに地震の揺れが
激しくなりました。ふらふら感じつつも、、、
「りすちゃーーん、りすちゃーーーん!」
と大声を出しながら階段を下り、彼女を探しました。
彼女は一人で遊具に摑まっていました。
彼女に覆いかぶさるようにして、地震が収まるのを待ちましたが
これがまったく収まりません。
いったいいつまで続くのだろう?
かなり不安になりました。

ようやく収まり…ホッとしました。
りすちゃんは、といえば、たぶん揺れよりも周りの
パニック状態にビックリしたようです。
もっと小さい子は全然平気な顔をしていたので
子供たちは「揺れ=地震」なんてことを考えないのかもしれません。

周りの人は、手に携帯を持って一同どこかへ電話しているけれど、
私には携帯がナイ。とりあえずジュースを飲みに行こう、と
りすちゃんを誘って再び販売機のところへ。
そこに販売店のおばさんとお客さんの親子がいたのですが、
すでに「東北地方で震度7」、「津波警報が出ている」
と速報されていたようで、私にも情報を教えてくれました。

震度7ってそりゃ大惨事ではないか、と思いました。
それにここの揺れが(震度)いくつなのかを知りたかった。
あまりに大きいと電車が動かないのでは?と思ったのです。

椅子に座ってジュースを飲み、店員のおばさん達と
話していると、職員さんと思われる方たちが次々に
やってきて、「何か壊れてませんか?」「大丈夫ですか?」
と確認してました。私はいたって普通にりすちゃんに
話しかけていたけれど、りすちゃんはこの職員さん達の
行動が普通ではない、と思ったらしくだんだん不安に
なってきたようでした。

そのうちおばさん達が「あれ、トイレの水が出ないよ」と
言いだし、私もだんだんと家まで帰れるかしら…と
不安になってきました。

再び広場に戻ると、さっきまでたくさんいた人たちが
一人もいなくなって、がらーーーんとしていました。
りすちゃんは、これがとてつもなく恐ろしいと思ったらしい。
「どうして誰もいないの?みんな、どこへ行っちゃったの?」
かなりパニックな、涙声になって私に聞きます。

これはやばい、ほんと、みんな、どこ行っちゃったのよ~?
と思いつつ、「それじゃ、探しに行こうか~」とこれまた
努めて普通に明るく話しかけました。

…しかし、本当に人がいないのです。
一斉に帰路についたのでしょうか?

とにかく遠くから来ている私たちは、今帰ろうにも電車が
動いていないに違いない、少し待たなければ、と思ったので
別の遊具の場所へ行こうとしました。

そこに再び余震が…。

建物の中からおばさんが飛び出してきて
「地震です!そこは横がガラスだから危ないですよ!
離れてください!!」
と大声で叫びました。
その声に完全にビビってしまったりすちゃん。
こらえきれなくて泣きだしてしまった。。。
あちゃーーーー(涙)。

再び外に出てきたおばさんは、りすちゃんが泣いているのを
見て、あれ、ごめんね、びっくりさせちゃったね、と言って
手作りの風車をくれました。いつもはそれで大喜びなのに
今回は泣きやんだだけ。


DSCF7838.jpg

笑って、笑って!とムリやりポーズを取らされたりすちゃん。
表情が…か、硬い…。

ともかくもうここには居たくない…と、連発するので、
奥に向かうのは辞めて、「こどもの国」の目玉遊具である
大人も楽しめる(?)110Mの大型滑り台に向かいました。
せっかく来たんだから、1回だけでもやっていこうよ!
と思ったのです。

…しかし、ここにも誰もいない。。。

いやだ、いやだ、怖いよ~と嫌がるりすちゃんを無理やり
連れて、1回やってみることに。
でも…一緒に滑り出してすぐに後悔(涙)。
もしこの瞬間にでも余震が来たらどうしよう…!!
そんな風に内心ものすごく焦りつつ、ずるずる滑りました。
心理的に本当に長い110Mだったなぁ~。。。
せっかく来たんだから…は禁物だと反省しました、ハイ。
何も起きなくて良かったです、、、。

その後、さらに入り口方面にいくと、人がちらほら見えて
少し安心。トイレに行って、入り口に向かいました。
入り口に電話が一台あったので、実家に電話。
このときの会話はけっこう呑気で…(苦笑)、
「ガスを使うのが怖いからカレーライスは作れないかも」と母。
「まだ電車が動いてないと思うから、動いたら帰るよ」と私。

駅に着くとやっぱり電車は止まってました。
中に入ることもできない。
どうしようか、、、。
時間を費やそうにも、この駅にはコンビニが1軒しかない。
駅が2駅しかない「こどもの国」線はちょっと心許ないとも
思われたので、田園都市線のどこかの駅までバスで向かう
ことにしました(バスは走っていた)。

問題は、このあたりの地理に疎く、全然駅名が分からない
ということでした。そういえば来る時「青葉台」て駅あったな、
と思い、その駅に向かうバスに乗ってみることにしました。

バスの中で、隣にいた小さい子をつれたお母さんとお話。
彼女も「こどもの国」を訪れていたのですが、
地震が来る30分くらい前に、カラスが異様に騒ぐのを
不審に思いながら眺めていたそうです。
や、やっぱり動物・鳥は敏感なのか?!?!
私は全然気がつかなかったけどなァーーー。
この会話もいたってのんきで、電車が動いてなかったら
カフェでケーキでも食べてればいいわよね、あはは~
てな感じでした。

この呑気な会話は、りすちゃんの心をかなり解したようで
だんだんとりすちゃんは落ち着いてきていました。

駅に着くと、ものすごい人で、やはり電車は動いてない模様…。
やっぱりね、、、それじゃあ、カフェにでも入ろうか?
と、駅前のデパートに入ろうとすると、、、
な、なんと閉まってる~~(汗)。
どうやら地震の影響で一時閉店したらしいのです。
仕方ないので、外に出ていたカフェの椅子に座って
じーーーっと待っていました。
このカフェ、デパートの方針で?閉まっていたのだけれど、
中の店員さんが小さなカップにお茶やコーヒーを入れて
無料で提供してくれていました。
ありがたい。

5時ころ周りで待っている人が少なくなったので、
もしや電車が動いた?と再び改札口に向かうと、
全然ダメ。
「駅構内は危険なので外に出てください~!!!」と
逆に追い出されてしまいました、、、。
2時間すれば電車が動き出す、と思っていた私のアテは
みごとに外れてしまいました。

ずっと外で待っているのも辛い…というわけで、
ぐるっと歩きまわってみることにしました。
歩いてみると、コンビニなどオープンしているところも
多く、いたって普通。
なんでデパートは閉まっているんだ!!!…と、
ちょっと憤慨したくなりましたが、、、
誰もそんなことで怒ってない。
きっと皆、心の中で「なんでぇ~?」と思いつつ、
仕方ない、と諦めたんでしょうね。

ともかくここがどこら辺なのか?
もしや東京の多摩に住む姉の家に近いのでは?
…いろいろ望みを持って地図を探しましたが、
どこにも「広域地図」なんてありません。
バス停で行き先を調べ、どこ行きかを見ても、
それがどこなのかさっぱり分からず。
駅名もほとんど分からないので、どこへ行くのか
皆目見当がつかないのです。
コンビニの地図も「神奈川」のものばかりで、
東京の地図も一緒にくっつけてよぉ~と
不便さを痛感。
そして、、、情報を調べようにも携帯もないしね。
デパートが開いてれば、、、本屋もあったと
思うんですけどネ(←まだ言ってる)。

とにかく時間稼ぎだ!!とばかり、
今度はレストラン・カフェ探し。
見つけたファミレスは外まで行列でとても入れそうにありません。
みんな時間潰ししているんだろうしねぇ(苦笑)。
りすちゃんは、「なんで入らないの?入ろうよ!」と
しきりに外で待ちたがったけど、他の店を探そう、と
再びとぼとぼ歩きだしました。

5時半が過ぎ少しずつ暗くなってきました。
デパートの裏通りを歩いていると、イタリアン風レストラン
を発見。中を覗いてみると、お客さんは誰もいない…。
でも、外にOPENって書いてあるよね、、、?
「どうしよう?入ってみる?」と聞くと、りすちゃんが
入る、入る、というので、入ってみました。
5時半過ぎだったから、OPENしたばっかりだったのでしょうか?
お客さんはいなかったけど、普通に営業してました。

ここでどどっと疲れが出たのか、「神経性過敏症」の
症状が出てしまいました。やばい。これが出ると、ご飯が
食べられないのです。。。慌てて安定剤をパク!!
これくらいで安定剤なんて情けないなァ~。
私は避難所生活になったら一番に病院行きかもしれない。
良くなってきた、とはいえ、まだまだなのだなァ~…。
か弱いなぁ~…。本当に情けない、、、。

…ともかくも、安定剤のお陰で具合は良くなり、
二人で頼んだパスタ&ピザを完食。
コーヒーとケーキまでオーダーして時間稼ぎ。
ケーキは、、、美味しかったなぁ~。。。(笑)

7時過ぎ、お勘定を済ませて外に出ました。
まだ電車が動いてなくとも…何か情報があるかもしれない、
と思ったのです。

…が。全然ダメだった。

駅構内にはロープがはられて入ることもできません。
どうしようか。。。

とりあえず、「夕飯は済ませた」と家に電話するため、
公衆電話に並びました。いつもは用ナシの公衆電話も
この日は大活躍!!で大行列でした。
携帯・家の固定電話では通じにくくとも、
公衆電話ではイッパツなのです!!
(しかもこの時間には無料通話になっていた。。。!)

電話をすると父が即電話に出てくれました。
たぶん待っていたのだろうと思います。
「いまどこにいるんだ?知り合いがいるから、公衆電話で
連絡してみる。20分後にもう一度電話しろ。」
そう言われて電話を切りました。

少しでも風をしのげるところを探して座り込みました。
ずいぶんと寒くなっていて、りすちゃんと寄り添って
時間が経つのを待ちました。時計を何度見ても1分しか
過ぎていない…このときは本当に時間が経つのが
遅かったです。

再び公衆電話に並んで、父に連絡。
会社の大先輩(すでに二人とも引退してますが…)に
連絡がついて、車で迎えに来てくれることになったから、
待ち合わせの場所に行くように、と言われました。
あと、だんなから連絡があったので、無事と伝えた、とも
言われました。

実は日本に来る前、だんなに言っていたのです。
「私たち二人のことはなんにも心配することはない。
だけど、もし地震が来て、オランダにもニュースが流れたら
そのときは心配してほしい。」と。
まさか本当に来ると思っちゃなかったけど、だんなは
本当にびっくりしたと思う。。。

待ち合わせの場所に行くと「XXさんのお嬢さん?」と
すぐに声をかけてもらえ、車でおじさまの家に連れて
行ってもらえました。

この時の心境は…、ホッとしたというよりも
全然知らない方にご迷惑をかけて申し訳ない、と
そんなことばかり考えて、気が張っていた、、、
というのが正直なところです。
でも、りすちゃんは車の中で居眠りしていて…
彼女は安心したのでしょう。
まあ、彼女にとっては、日本で会う人会う人が、
皆知らない人ばかりだから(2年前の記憶は全然なかった…)、
このヒトがどんなヒトか、なんてそんなことは
よく分からないのだと思います(汗)。

家について、こたつに入って、テレビで津波の映像を
見て呆然としました。でも、このときは、まだ、
これが現実だ、とかそんなことは何も思わなかったなぁ。
このお宅もまだご家族全員と連絡がついていないと
おっしゃっていたし、私自身はご迷惑をかけて申し訳ない、
申し訳ない~~とそればかり思っていたし。
そんな非常時でも、お二人ともりすちゃんにやさしく
普通に接してくださったおかげで、りすちゃんは
一人元気いっぱいに!ワケの分からない話を次から次へと
うれしそうに話していて、正直…焦りましたよ~(汗)。

お菓子やお茶をごちそうになり、りすちゃんは
おもちゃのパズルで遊び、、、さらに、そちらで一泊
泊めていただくことになりました。

夜中に何度か余震があって、私は何度も目が覚めたけれど、
りすちゃんはぐっすり。もし泊めてもらえなければ
どうなっていたのか?そんなことは、考えてもさっぱり
想像つきませんが、とにかく運が良くてヨカッタです。

翌日は、珍しいお雑煮までいただいて、
「地震のおかげでお雑煮までいただいちゃったね…」
なーーーんて言いつつ。。。はは。りすちゃんはすっかり
おじさま、おばさまになついて、おじさまと一緒に
体操したりして…とても楽しそうでした。
さらに、お土産におもちゃまで貰って、、、
(私たち、いったい何やってんだか…(苦笑)。)
お世話になった家を後にし、駅まで送ってもらいました。
本当にお世話になりました。

電車は、土曜日の朝というのに、かなーーり混んでいて…
たくさんの人が今家に向かっているんだな、と
思いました。

実はこの日のお昼、同期会の予定があったので、
どうなるんだろう?と心配していたのですが、
家に帰ると「中止って電話があったよ」と言われたので…
それを聞いて、ほっとしました。
お友達に会えないのは残念だったけれども、
この非常時だものね。

この後。
りすちゃんは時折「パパ…パパに会いたい」と泣いたり、
じーっと電球の笠が揺れてないかを見ていたり
(実際に余震がしょっちゅうあって揺れていることが
多かったこともアリ、、、)、
テレビのニュースを見るのを極端に嫌がったり、
わがままを言いまくったり…いろいろ地震の影響では?
と思えるような出来事がありました。
とくにパパには会いたかったようで…。
もちろんオランダにいるのは分かっているけど、
会いたいのに会えない、ていう事情には変わりない
ワケですからね。
あー、せめてパパの銅像が欲しい、と思いました(笑)。

ですので、家ではほとんどテレビを見ず、地震の話題を避け、
なるべく普通の状態でいるように心がけていました。
こういうとき、子供番組があれば…少しは気分転換に
なるかも、、、と思いましたが、全然やってない…涙。
日曜日にはテレ東が普通番組に戻り、アニメをいくつか
やっていたので、少し救われました。。。

オランダに帰ってきて最初の数日間は
日本の話はしたくない、、、なんて言ってましたが、
今はりすちゃんはすっかり普通に戻っています。
今、私がPCの動画で震災報道を見ても、
「まだ見ているの~?」ていうくらいで、全然動じません。
自分も一緒に「これはなあに?」と見ていたりします。

今、子供たちの心の傷etc.の報道が伝えられてますが、
避難所での生活、子供にとってはいっぱいいっぱい
なんでしょうね。なんか…そんなことを考えると
とても辛いですけれども。どうか子供たちに笑顔が
戻りますように、そう祈らずにはいられません。


あーーー、なんか、超ローングなひとりごとになりました。
でも、この日の出来事は、、、なんていうか、、、
私たちにとっては忘れてはいけない出来事。
いつまでも心に留めておいて、シンプルな日々を
感謝しながら生きていかなければ、と思います。

愛媛・しまなみ海道・・・で、自転車(笑)

オランダに帰ってきて、びっくりしたのは、こちらはすでに
夏シーズン突入だ、ということ。

いえ。天気のことではないんです。でも…。広告が…。
キャンプだ、水着だぁ、と、すでに夏休みモード。
旅行会社の夏休みの広告はすでに
「ラスト・ミニッツ」だし…汗。

日本全国が「新型インフルエンザ」騒動に巻き込まれている間に、
こっちゃ、すでに夏の旅行の最終バーゲンなのかよ…汗。

さて。日本の愛媛旅行記の続きです。。。

内子の後は、松山に泊まるのですが、松山は、、、
私的には、イマイチ、だったかな~。

道後温泉のあの建物には感動したものの、、、あれ、くらい?
少なくとも私が見て歩いたところには、松山ならでは、
てな感じの素敵なお店は発見できなかったし、カフェも、、、
うーーーん。。。なんていうか、東京っぽい、だけ?
長崎のアーケードや鹿児島のアーケードは、おぉぉ!という
感じだったので、そーんな感じを期待していったんだけどねぇ。

ちなみに道後温泉の宿泊施設も、比較的安かったせいか、
うーーーーん、だったなあ。普通。。。
(つーか、単に私が普通に物足りなくなっているのか?!)

てなわけで。
松山は上の文句だけで、すっ飛ばし。
上に北上することにします。

次にいったのは、、、しまなみ海道。

DSCF4388.jpg

最初は宿泊予定なかったんですよね。
ただ、次に神戸に行くことになっていて、どうやって行こうか、
と調べていると、、、なーんと、このしまなみ海道は
自転車族の聖地、、、っぽいのでは?ということに気付き…。
俄然スイッチ・ON!になってしまったのです~(苦笑)。

ここ、なーーんと、広島の尾道から愛媛の今治までの70キロ。
すべて自転車道が整備されているっていうんです。
まるでオランダのようじゃないか?!

実際に行くと、日本の自転車好きの人には、当然の場所、
となっているようで、普段はどこにこんな人いるんだ!!
てな感じのかっこいい自転車スーツを着た人がうじゃうじゃ…。
(平日でもいた!)

いやあ。かっこいいじゃないですか~!!
それに景観もサイコー!!
オランダ人にも「来る価値あり」って、是非お勧めしたいぞ!!

DSCF4337.jpg

私たちが行ったのは、今治から一つ目にある島・大島の
吉海(よしうみ)地区。

今治に着くまで、自転車で橋を渡ろうと思っていたのですが、
荷物をどーする?翌日はどうやってバスに乗って本州に行く?
とか、、、いろいろ考えて、結局船で渡ることになりました。
私は船も大好きだし(酔わなければ・・・ですが)。

船を降りたところに、道の駅「よしうみいきいき館」があるのですが、
祝日ということもあってか、ほんとすごいばば混み!!
ここは海鮮バーベキューができる、とかで、もう魚のにおいが
煙ってましたねぇ。。。もちろん私もやりたいのは山々
ですが、魚がイマイチのだんなとりすちゃんと一緒では…
盛り上がらなーーーい!!(涙)

仕方ないので、レストランに入りました。
でも。レストランも手軽だし、おいしかったです。

DSCF4343.jpg

食べたのは海鮮ビビンバ。ああ、幸せ~…。

その後、いきいき館に隣接している貸自転車スタンドに
スーツケースを無理やり預けて、マウンテンバイクを一台、
ママチャリ+りすちゃんの補助席(前)を一台借りて、
本日の宿に向かうことにしました。

りすちゃんは、大ノリの大ノリで、
「GO!!!」なんてうれしそうに言っていましたが、
現実は…坂道がかなり急こう配で、GO!どころじゃ、ありません。
すぐにふらふら~。そして、、、進まず…。
結局降りて、自転車を押すことになりました(涙)。
だんなは無理やりマウンテンバイクで進んでいましたが・・・。
かっこいいしまなみ海道での自転車、には程遠いなあ~(とほほ)。

その坂を下りて、海道沿いをふらふらと進むとしばらくして。
本日の宿が見えてきました。

本日の宿は。
「ペンションみなみうら」

ここは、しまなみ海道のHPで見つけたのですが、
これ以外ほとんど情報がない。。。!
うーーーむ。いかなるところか。
迷った挙句、ええい!いいところに違いない~!と
えいや、と勘を頼りに予約してみたところです。

この勘が…。大当たり~~~!
今回の旅で一番心に残る「しあわせの宿」なのでした。

DSCF4381.jpg

まず、ここは、海までの距離がめっちゃ近い!
その距離、10Mくらいではないでしょうか。
(満ち潮のときは、5Mくらい?)
海が見える宿には今まで泊まったことは何度もありますが、
ここが一番近かったんじゃないかなーーー。

DSCF4345.jpg

部屋はシンプルな畳のお部屋でしたが、窓から見える風景が…!
海の青、青、青!
素敵です~。

DSCF4379.jpg

ベランダに座って、一息すれば、、、本当に心からリラックスできます。
海もとっても美しく、きらきら輝いていて…ああ、幸せ。

そして、特筆すべきは、ここの宿もまた、一日一組限定だ、ということです。
部屋は4部屋あるのですが、泊まれるのは一組限定なので、
後の3部屋は空き部屋のまま・・・。
どの部屋も、ベランダがあるし、、、もったいない~って感じ。
でも、大きなお風呂も、トイレも、洗面台も、いつでも自由に使っていいので、
りすちゃんが廊下をぱたぱた走り回っても、周りに気を使うこともなく、
ストレスもたまりません。こっちゃ、リラックス~で、のんびり(笑)。

そして、そして。
この宿のオーナーもとてもとても親切でした。
りすちゃんが勝手に
「おじいさーーーん、おばあさーーーん」と呼んでしまうので、
あちゃ!と思いきや、
「いいんよー。ほんま、孫おるし。」とニコニコの返事。
りすちゃんにもこの優しさがすぐ伝わり、お二人のところに
入り浸っていました。おかげで、こっちゃ、ますますリラックス~(爆)。

DSCF4380.jpg

やさしいおばさんと一緒にお絵かき。

DSCF4357.jpg

ほかに誰もいないプライベートビーチで、念願の砂の城づくり。

DSCF4365.jpg

鬼は外~!…といったかどうかは謎。
砂を投げるな!石を投げるな!!

DSCF4367.jpg

夕食は、瀬戸内海ならではの海の幸(タコづくし)。
どうやらおじさんが海で釣ってくるよう・・・。
タコ飯美味しかった~。珍しいサバのお刺身も!!
まあ、魚が苦手なだんなにとって、サザエの壺焼きは
厳しい食べ物のようであったが…(爆)。

DSCF4370.jpg

夜は、おじさんが展望台に連れて行ってくれました。
本日はしまなみ海道10周年記念、だとかで、橋をライトアップ
しているのです。
この展望台、もともと自転車で行こうかな、なんて思っていた
のですが、海抜300Mくらいのところにあって、ものすごい急こう配!!
とてもとても、ママチャリ+子供つきでは、登れたもんじゃ
ありません。。。汗。
おじさんに連れて行ってもらえて良かった~。

実際は、海の風に吹かれて、激寒!!
りすちゃんが、「もう帰ろうよ~」と泣いて懇願するところを
なんとか振り切って(?)、写真を数枚ぱしゃぱしゃ。
夜景は難しいけれども、なんとか上の一枚は綺麗に撮れたかな。
実際はとっても綺麗な夜景でしたよ~。

夜は、布団に横たわると、波の音が、ばさーーーん、ばさーーん。
こんなに大きな音で波の音が聞こえたのは、、、メキシコの
ビーチで、キャンプして以来、かな。
波の音は、リラックス効果大、なようで、目覚めは…
ここ近年にない快適なものでありました。
ここにずーっといたら、すぐに健康を取り戻せそうだな。

また自転車に乗って、おじさんとおばさんとお別れ。
なんだか、ぐっとさみしさが…。
次回は、広島あたりを回って、ここに戻ってくるっていうのも
いいな、と次回の旅をすでに心描く私なのでありました。

その後、島の海沿いのサイクリングを楽しみ、、、
美しかった吉海に別れを告げ、バスで本州へ。
たくさんの車、家、が見えるようになり、美しかった島が
だんだんと夢のように遠ざかって行きました。

愛媛の旅日記はこれでおしまい。

愛媛・内子 - その2

オランダに帰ってきて1週間。
ようやく、、、時差もぼちぼち治ってきた?って感じです。
ようやく、、、庭の掃除も開始。
ようやく、、、メールも先ほど、開けました(爆)。
なにもかも、ゆっくりモードです。

りすちゃんは相変わらず、日本語ばっかし。
スーパーに行っても、
「ママ~、このパン、買おうよ~。」
と、大声で話しているし、、、。

以前、恥ずかしいから「場所切換え型バイリンガル」etc.と
言った、我が仮説はガラガラ~、と崩れ落ちている感じ(汗)。

さて。日本で出かけた旅行について、、、続きです。
すでに1カ月くらい経っていますが、、、絶対に書きたい!!
ということで、しつこく続けます(笑)。

内子で、一泊しました。

DSCF4266.jpg


ここでの一泊は楽しみにしていた一泊でした。

DSCF4275.jpg

なんと、このお屋敷を一棟をひと組限定に貸出してくれる、というのです。

本でこの情報を見つけ、電話をして泊まれる、と分かった瞬間から、
どーんなんだろ!と心がわくわくしていました。

そして。実際にこのお屋敷を見て、さらに心が弾みましたよ~。
想像した以上に、、、すばらしぃぃぃぃ。

敷地内は、母屋と宿泊棟に分かれているのですが、この宿泊棟だけでも、
相当大きく、トイレが3つ、広いお風呂場に洗面台、、、和風リビングに
二階に、、、と、3人だけではもてあましちゃう感じ。
一人じゃ、、、かえって怖いくらいかも・・・(?)。

DSCF4241.jpg

廊下を散策?

DSCF4247.jpg

大量にある襖をあけたり閉めたり。。。大忙し。
三歳児のやりそうなコトだ。

DSCF4239.jpg

派手ではないけれど、なぜか懐かしい感じ。
私の日本人DNAも和むようだ?

DSCF4271.jpg

こちらが、宿泊棟です。鍵を貰って一日マイホーム。

お世話をしてくれる女性が、
「私も英語、勉強しておけばよかったわ~。外国人のお客さんが多くて。」
と、嘆いておられた。

その話にびっくりしたのは私。
ここは全然宣伝していないので、普通の観光案内本には載っていないし。
連絡だって、9時から4時半の間に電話しなくっちゃいけない、という
不便さなんですよ。。。?彼らは、どーやってコンタクトするんだ?!
さすがインターネットの世界。口コミ、ってことなんですかねぇ。
いやいや、それにもまして。ここが素晴らしい、ってこと、なんでしょうかね。

お値段も魅力的で、一人での宿泊は5000円弱。
二人でも朝食込で一万円くらいなんですよ。

うちのだんなも、相当感動していて、すばらしい、すばらしい、の
連呼でした。

というわけで、機会がありましたら、外国人のお客様を連れて
是非お出かけくださいませ。いや、外国人じゃなくても、もちろん、
もちろん。私も大感動でしたから。。。!

関連URL : 文化交流ヴィラ 高橋邸 (Uchiko Takahashi Villa)


愛媛・内子 - その1

DSCF4303.jpg


日本にいったら、古き良き日本を思い起こさせるような。。。
そんなところにいきたーい!!

…。と、そんな風に思っていました。
今回、選んだのは、四国・愛媛。
お遍路さんの国だし、事件の話題になることも少ないし。
きっといいところなんだろーーーー!と、
そんな期待を胸に、行ってきました。
4泊で、のんびり愛媛の旅をしてきました。

思ったとおり。
いいところでしたよ~~。

まず、行ってみたかった内子に行きました。
ここは、松山から特急で25分ほど行ったところにある小さな町。
町並み保存が盛んで、古い街並みが残っている町なんです。

DSCF4293.jpg

小さな町ですが、保存地区は本当に素敵な一角でした。

DSCF4285.jpg

にゃんこも絵になる。

DSCF4302.jpg

ただ、野菜が置いてあるだけなのに。
とってもおしゃれ、ですよねぇ。

DSCF4305.jpg

ほーんと、おしゃれ・・・ねえ。溜息。

DSCF4294.jpg

りすちゃんも、なんだか和に馴染んでますよ。

DSCF4288.jpg

にゃんこに日本語でごあいさつ。

ゴールデンウィーク前の平日だったので、歩く人々も
ちらほら。ゴールデンウィークの今頃は、、、大混雑、かな?
とにかく、しっぽり。私が行きたかった、、、いい感じぃ~な、
内子、なのでした。

DSCF4323.jpg

今でも現役で使われている「内子座」。
公演がない日は、中も見学できます。

DSCF4318.jpg

中も相当立派です。。。

この内子座に来た時に、ふと思いました。
日本は、とっても豊かだ、ということ。
いえ、今の経済云々、という話ではなく。。。
もうずっと昔から、譲り合って、みんなで支えあって、
子供に、孫に、大切なことを伝えて。
そうして、こんな町が出来上がって、皆、生きてきたんだな~って。
精神的に、「リッチ」ですよ。これって。

ほーんと、どこに行っても、人々が優しかった。

りすちゃんが、もぞもぞしているので、
「トイレなの?大丈夫?」などと話していると、
「どーぞ、うちのを使ってくださいな。」
と、申し出てくれたり。

レストランの人も、頼みもせぬとも、あれこれ甲斐甲斐しく、
いろいろお世話してくれたり。

ゆっくりしていってくださいな、という言葉を何度
聞いたことでしょうかね。。。
ほんと、日本もまだまだ捨てたものではない、、、
心から、そう確信できる、旅なのでした。

長崎旅行記-5日目

長かった長崎旅行も今日で最後。
今日はハウステンボスから直接空港に向かい、東京に帰る日。

朝はなんとなしに目が覚め、3人でごそごそと起き出す。
今日の朝食はひそかに持ち込んだ品々である。。。つまり。
豪華ではないってことだね(苦笑)。りすちゃんは、さつまいもの
塊が入ったパンが気に入ったらしく、うれしそうに頬張っている。
よかったねえ~。しかし、、、ひそかに持ち込んだのだから、
そう、あちこちに食べこぼしをしないでおくれよ…。
私たちはパンとスープ。ここで使ったポットが…前述の通り、
サイアクポットで、沸くのも時間がかかるわ、すすぐのも時間が
かかるわ、、、で。ほんと。サイアクであった。
注ぐとお湯のしぶきがぱしゃーっと周りに飛ぶの。いったいどんな
ポットじゃ!!!

さて。ホテルもチェックアウト。荷物は宅急便でハウステンボスの
出口まで運んでもらうことにし、私たちは歩いて、昨日いけなかった
ハウステンボス(宮殿)に行くことにする。

今日の天気は曇り&雨模様。イマイチだな。しかし、寒くないので、
それ程つらくはない。

japan0410.jpg


上の写真は、宮殿の入り口付近。私はこの風景を見て、おおーー!と
歓喜の声をあげてしまった。この宮殿はオランダにあるハウステンボス
(女王さんの住む宮殿)と似ているが、オランダでは門から先には当たり前ながら
入れないのだ。しかし。ここでは、多くの人がうじゃうじゃと観光している
ではないか!!ま、ニセモノなんだから、、、当たり前といっちゃ、当たり前なんだが。

huistenbosch.jpg

(ちなみに上の写真がオランダのハウステンボス。ね。似てるでしょ。)

中にはこれまたたくさんのチューリップが溢れていて、、、綺麗でしたねえ。
りすちゃんをわざわざバギーから降ろして写真を撮ってみたり…親ばかなこと
やってました。はい。

japan0411.jpg


japan0412.jpg


雨が降ってきたので、中に入り、美術館を鑑賞する。
でもさあ。グラバー園でも思ったんだけど…やっぱりヨーロッパに住んで
あちこちの美術館や貴族の館、教会などのコレクション、装飾に見慣れてしまうと、
こっちの装飾がやたらチープに見えてしまうんだよね。ダメなんだよ。
日本がいくらお金持ちで色んなコレクションを買いあさったとしても…
やっぱりそれはほんの一部だし、本当のスゴイモノは絶対に日本に
流出してこないからね。仕方ないんだけど…。

というわけで、印象に残ったものはほとんどなし。せいぜいここの天井画
くらい。。。さーっと見て流し(といっても、普通の人より全然時間をかけている
我々なのであった)、庭に行って雨の中、ちゃぷちゃぷ庭を歩き。。。


japan0417.jpg


ハウステンボスでの我々の日程終了ーーー!!!

今は一番奥にいるので、ここからピタピタ長い道のり、ハウステンボス出口まで
歩くことにする。まだ少し時間があったので、途中でお店を覗いたり、トイレに
いったり…寄り道の帰り道だったんだけどね。

バスに乗って長崎空港へ。空港でお昼ご飯を食べる。ここでもちゃんぽん。
しかし。ここのちゃんぽんは東京で食べるような普通なちゃんぽんだったなあ。
やっぱし。長崎で食べたちゃんぽんは「激ウマ」だったのだ。ああ。もうすでに
懐かしいよ。あの味が…。ここのちゃんぽんはちゃんぽんセットで、セットに
チャーハンがついていたのだが、そちらは全部りすちゃんに取られた。
彼女もすごい食欲だ。

飛行機は女子高生の一団と一緒。
もっとうるさいのかと思いきや、皆、意外と静かでしたねえ。
りすちゃんも「飛行機はまかせて!」とばかりに、元気そうにしてました。
帰りは1時間半のフライト時間。あっという間に、無事、東京に到着。

帰ると夕飯はカレーライスだった。りすちゃんは「カレーの王子様」初体験!
これまた山のように食べまくり、、、今日は食欲あるなあ。

そんなわけで、楽しかった長崎旅行も終わりです。

長崎旅行記-4日目 その3

今日のホテルはホテル・デン・ハーグ。

japan0394.jpg


一番安いパックを申し込んだ私たちだけど、受付で「アップグレード」
といわれ、小躍りしたくなるくらいうれしくなる私。こういう風に言われると、
めっちゃ、うれしいんだよねー。実際に部屋に入ると、一番隅っこの
部屋で、窓がたくさんあるお部屋だった。一番隅っこになったのは…
もしかして、りすちゃんがいるからかも?と思った私。
赤ちゃんが夜泣きでもしたら、うるさいもんね。
ま、なんにせよ、りすちゃんに感謝、感謝。

実際のホテルの感想は:
ベッド:とっても大きくて、硬さもぴったり。

部屋:さすが高級ホテルで素敵なコーディネーション。

バスルーム:ちょっと狭い?特に洗面台が…。まあ、こういう作りなので
仕方ないといえば、仕方ないが。

不満:お湯ポット。ハウステンボスが出来た15年前の?てなくらい、
ひどいもの。沸くのは遅いし、出は悪いし。。。新しいのに買い換えてください!

ホテルの部屋の中ではやたら元気一杯のりすちゃん。それ以外のところ
だと、ずーっとバギーに座りっぱなしだから、つまらないんだね。
きっと。元気そうなりすちゃんを見ていると、外に出る気も失せてくる
が、せっかくここまで来てホテルに篭城ってワケにも…。というわけで、
外に再び出かける。

まず食事?それともドムドールンを登ってみる?
とりあえずドムドールンに登ってみることにした。私たちは入場券
しかもっていないので、別料金が必要…こういうとこ、テーマパーク
って感じね…。ま、仕方ないか。

japan0399.jpg


おおー!さすが、80メートル?90メートルからの眺めは、よろしい!
上から見ても、ハウステンボス内は、オランダだが、その先には山あり
海あり…で、日本らしい風景が広がる。このミスマッチがなんとも…。

それにしても。今回驚いたのが、ハウステンボスに隣接する分譲別荘地。
ハウステンボスの誕生に伴い、ハウステンボス内から見える運河の向こうに
オランダのような家が立ち並ぶ別荘地を作り、分譲したらしいのだが…
いったいこんなすごい家に誰が住むのー?(つーか、これは別荘地だから
いったい誰がたまにやってくるわけ?)すごい!なんかびっくりだ。

…というわけで、てっぺんからも立ち並ぶ別荘群を、ううーんとうなりながら
眺めていた私なのであった。

さて。上から降りて、さあ、食事!と思ったら…。
どこもレストランは混んでいて、行列が出来ているではありませんかー?
確かに今、皆夕食を食べたい時間なんだろうケド…でも、今日は混んでいる
日でもないし(というか、空いている日だ)、こんなんでこんなに混んでいたら
連休とかゴールデンウィークはどーなるワケ?…と、ちょっとオドロキの私。
ディズニーランドみたいに、自分でお皿を選んで精算する方法の大きなカフェテリア
形式のレストランも充実しないとダメなんでは、、、と思いました!

で。並ぶことにまったく慣れてないだんなはかなり激怒!
並びたくないようなので、まずは夜景を見に行くことにしました。
夜景は…なかなか美しかったです!!きちんと綺麗に木に電球が掛けて
あって…こちらのいい加減な掛け方とは違うぜ!って感じ。

japan0405.jpg


かなり粘ったのですが、やはり寒くなってきたので、再びレストラン探しです。
やっぱりどこも行列で、、、すぐに入れるところはありません。
それでも日本食のレストランが3組程度の待ち状態だったので…
まあ、いいよ、待てば…となんとかだんなをなだめて日本食のお店に
入りました。結果は美味しいしゃぶしゃぶを食べれたので、
満足だったんだけど…。でも、ここでもりすちゃんは機嫌が悪かったな~。
なーんか、思い出して見ると、どこのレストランでも、彼女、機嫌が悪かった
気がするんだけど…。気のせい?!

花火が8時45分からある、というので、最後は必至になってご飯を食べ、
外に出ると花火が上がっていました。…うーん。やっぱり。オランダの
お正月の花火に(文句を言いつつも)なれちゃったせいなのか、イマイチ
の出来。やっぱり10箇所くらいから上がらなくっちゃ!…って、そんな
とこ、日本であるワケないですな。

あっという間に花火も終ってしまったので、ホテルに戻り、10時過ぎには
眠ってしまいました。

長崎旅行記-4日目 その2

先に進むと、チューリップ、チューリップ、チューリップ♪
りすちゃんは機嫌が悪く、なんだか泣いてばかりいたが、私とだんなは
そんなことまったく気にせず(←おいおい)、写真をとりまくった!
この様子、とてもオランダからやってきたご一行とは思えない。
まるで初めてのものを見るように(実際だんなはキューケンホフさえ
行ったことがないのだが…)、鼻息荒く、シャッターチャンスばかり
狙う私たちなのであった。

チューリップ、チューリップ♪

japan0361.jpg


japan0362.jpg


japan0365.jpg


japan0369.jpg


japan0373.jpg


行ってみたかったのが、ミッフィー(ナインヘェ)ショップ。
中に入って、これまた、興奮したね!!高く積み上げられたミッフィー。
こまごまと山のようにあるミッフィーグッズ。ああ、これも欲しい!
あれも欲しい!となぜかミッフィー教のように興奮していた私たち。
まったくオランダからやってきた人たちとは思えません。

japan0376.jpg


japan0378.jpg


奥のほうに、子供を遊ばせるスペースがあったので、りすちゃんを
遊ばせて見た。最初はいつものように固まっていた彼女だったけど、
だんだん慣れてきて、ミッフィーグッズで遊んでいたよ。
最後にちょっと遊ばせてみた滑り台では、楽しそうにしてたねー。
ついに彼女も滑り台デビュー!だ。

どう時間が過ぎていったのか…あっという間に夕方になり、ホテルに
チェックインすることにした。

japan0375.jpg

春らしい風景

japan0389.jpg

ホテル・ヨーロッパの前で

japan0387.jpg

ドム・ドールンもそびえ立ってます。よくこんなもん作ったな…

その3へ続く

長崎旅行記-4日目 その1

今日は長崎市内を発ち、佐世保にある長崎ハウステンボスに行く日である。

昨晩は、ご飯を食べた後、ショッピング街も歩いたのだが…。
長崎は思っていたより、ずっと都会だった。イメージとしては…
ロッテルダムなんかよりずっと田舎(なハズ)!だったんだけど…。
実際にはおいしそうなケーキ屋さんやマックスマーラなんかの
レディースファッションのお店、、、歩いていて、欲しくなるものが
いっぱいだった。ロッテは歩いてても、ぜんぜん欲しいものに出会わない
のでーーー(汗)。

東京は広すぎて、自分の好きなお店があちこちに転々としてしまう
可能性があって、意外と好きなものを探すのに見つかりにくいこともある
けど、このくらいの広さなら、歩いて回れるし…いいんだよね。

さて。朝、ホテルを後にし、長崎駅に向かう。長崎駅からハウステンボス
へは電車で1時間半弱の道のりなのだが…1時間に一本しかないとは知らなんだ。
ちょうど、電車が行ってしまったので、一時間の待ちぼうけ。ま、時間もあること
だし、、、と、食料品を買いにスーパーに駆け込んだ。

実は今日泊まるホテルは格安!だったんだけど、朝食が含まれていなかったので…。
朝食代がいくらかも分からないし、もしあまりに高かったらイヤだなーっと
思って。(この私の直感は見事に当たり、なんと一人当たり2887円
だった!!いまどき、こんなバブリーな朝食ってあり?!)

ハウステンボスに到着し、荷物と入場券を引き換える(入場券はホテル代に
含まれていたので)。今日の天気は、昨日とは打って変わってとてもよく、
この中には、どんなオランダが待っているのかしらー?となんだか気分が
ハイ状態になってきた。

中に入ると…うおおおおー。さすが、チューリップが満開!と言われていた
だけあり、いきなしチューリップのお出迎えだよ!




その2へ続く

長崎旅行記-3日目

早いもので今日は長崎3日目である。

今日の予定は長崎市の北にあるという長崎バイオパーク
情報を見つけたとき、めっちゃ面白そうだったので、
何を隠そう、実は私が一番楽しみにしていたところは
ここだったりする。

長崎から路線バスで1時間半と、めちゃくちゃ遠い割には
運賃は710円と…けっこうお安い気がしたのだけれど、気のせい?

果たして長崎バイオパークは山に囲まれた田舎にあった。
平日の今日、いったいここを訪れる人がいるんだろうか?と
いう田舎だったのだが、入り口にはヤンキー風ご一行とか、
テンションの高い高校生グループとか、、、普通ではなさげな
人々(?)がいた。かくいう私たちも怪しき3人組?!

入るといきなし南アメリカ風。コンドルが飛ぶ?系の音楽が
ぴーひょろ流れている。広い敷地に、、、やっぱり人が少ないかも?

さて。このバイオパークのコンセプトはなんといっても、
「見ているだけではつまらない。遊んで、学んで、触れ合って。」
…と。つまり、なんですな。「えさやり放題」の動物園なのです。
まあ、えさはタダではないので、実際「やり放題」するためには
かなりの出費がかさむのだけれど…。

インカの石積みを上がると、フラワードームという温室に到着。
温室内では、蝶々が放し飼いでひらひらと飛んでいた。

japan0350.jpg


外に出ると、山の中か?という感じの坂道になるのだが、さっきまで
温室にいた人々はどこへいってしまったのか…?誰も見当たらない。
最初、園内では動物が放し飼いされている、と、思っていたので、
突然何かが襲ってきたら、どうしよう…と、不意に心配になったりする。
(後から分かったのだが、動物が放し飼いにされている区間は
決まっていて、どこにもかしこにも放し飼いにされている、という
ことはない)

japan0307.jpg

フラミンゴも目の前にやってくるよ

ヤギの柵の中に入って、ヤギを追いかけまわしたところ、問題発生!
なんとりすちゃんが握っていたパンフレットをヤギにかじられてしまった
のである。りすちゃんは必至にパンフレットを取り返そうとするのだが、
紙を加えたヤギはさらに必至になって紙を食べようとするので、、、
最後には、りすちゃんが「うえーーん」と大泣きしてしまった。
ヤギも勝手に紙なんか食べていいのか?…決められたえさ以外は
与えるな!とあちこちに書かれているではないか!とオロオロ心配
していたところバイオパークのお姉さんが来て、ヤギから紙を
取り上げてくれた。すっごい力で…。ひゃー、良かった。

japan0310.jpg

このときはまだ平和だった…

こんなハプニングもありましたが、ヤギからどつかれること
もなく、無事柵の外に出た私たち。昼食をとってひと段落です。

その後、カビパラというでっかいねずみ(?)や、リスザル、
その他色んな動物と触れ合う機会がありました。
想像したとおり、面白かったです。

写真をばばん!とUPするので、どんな感じか見てね。

+ Read More

長崎旅行記-2日目

今日は長崎2日目。

ベッドがとても快適で昨晩は10時頃から、ぐっすりと寝てしまった。
しかし、明け方りすちゃんが泣き出し、彼女を私のベッドに
引き入れて、寝ることになった。オランダでは、自分の部屋で一人で
寝ていたのに、こうやって添い寝をすることになろうとは…。

今日は市内の有名観光地を見て回る予定である。
まず。長崎オランダ、といえば、出島。
だんなはここに来ることをとても楽しみにしていたようだ。

市電に乗って出島へ。実は出島は近年埋め立てられて、江戸時代の
面影はまったく残っていなかったのだが、2000年より出島を復活させる
プロジェクトが始まり、少しずつ当時と同じ建物が建てられているのだ。

カピタンと呼ばれたオランダ人たちの家。オランダ人たちがどのように
生活をしていたか、、、etc.面白い事実がたくさん!!
魅せられたように私とだんなは、じっくりと見て回った。
お陰でこの狭い場所で2時間以上も過ごすことになった。

japan0293.jpg

昔からあるのがこのミニチュア出島

昼食は適当にその辺の観光専門レストランで済ました。
だんなはトルコライス。私は中華丼。そして、午後はグラバー園へ。

japan0294.jpg

グラバー園の下にある大浦天主堂。モクモク雲が…寒そう!

グラバー園は…。坂が多い。つーか。長崎は…。全体的に坂が多く、
ベビーカーでは、大変なところもあるのだが、ここは園内もずっと
階段になっていて、いちいち持ち運ばなければならないだんなは大変
そうだった。私は「お、また階段だ!だんな、頑張れ~」と、横で
声を掛けるだけだったのだが…(おいおい)。

japan0295.jpg

坂が多いだけあって、眺めは抜群!
japan0297.jpg


japan0302.jpg

グラバーさんの家の前で。機嫌の悪いりすちゃん。

今日は昨日より寒く、夕方になってくると寒さが身にしみた。
本当は今日は夜景を見に行きたかったのだが、これでは寒すぎて
楽しむどころではないに違いない!と思われたので、中止。
ゆっくりと道路沿いに建ついかにも観光地っていうお店を覗き歩き、
その後、新地へ。明日いく予定のバイオ・パークへのバスの時刻表を
調べて、ホテル方面に向かった。歩いている途中で雨がざーざーと
降り出し…ああ、夜景を見に行かなくて良かった!

急いでホテル近くの有名洋食屋(喫茶店?)「ツル茶ん」に入り、
私はトルコライスを。だんなは和風ハンバーグ定食を頼んだ。
ここでも、りすちゃんは機嫌が悪かった。狭い場所で、暴れまわる
(とは言い過ぎか?)彼女をなだめるのは大変だった。
お店の人が様子を見にきて「まあ、かわいい!両親の良いところ取り
の赤ちゃんねえ!」と褒めてくれたにもかかわらず、全然効果なし
(汗)。結局落ち着くことも出来ず、ひたすらご飯を食べて、
帰ることになった。あー、疲れた。あ、でも、さすが有名なお店
だけあって、美味しかったです。

ホテルでまたまたコーヒータイムを楽しもうと思ったのだが、
りすちゃんが…どうも今日はご機嫌斜めで、結局ここでも慌てて
コーヒーを飲み、部屋に退散するハメに。りすちゃんに振り回された
夕方だった。
プロフィール

そらのくも

Author:そらのくも
オランダ生活も15年目に突入しました。

(ご案内)
オランダ情報は「そらのオランダ通信」でお届けしています。是非ご覧ください。

↓ ↓ ↓

photoeurope2.jpg

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
写真のこと
当サイトで使用している写真と文章の無断転載はお断りしています。


そらのオランダ通信お薦め:オランダのベストミュージアム
↓ ↓ ↓
photoeurope2.jpg
情報
気になる本
オランダ生活に役立つ、今、自分が欲しい本を載せています(いわゆる備忘録)。



前回載せておいたフランス菓子は買おうと思ったら絶版になっていた。。。うそ~…!絶版になるのが早すぎる。今度こそ…。

ブログキーワード別カテゴリー

オランダ お出かけ 街並み 子ども ヨーロッパ 旅行 カフェ ハンドメイド ガーデニング ミュージアム 洋服 ショップ ソーイング本 オランダの話題 自転車 カメラ ロッテルダム 庭園 レストラン 教育 学校 ニュース オランダの食材 スーパー 日本語教育 子育て オランダサッカー おうちのできごと 英語学習 国際結婚 

ブログ記事カテゴリー
最近のコメント
リンク
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:

Flag Counter
メールフォーム
ご訪問ありがとうございます♪♪
ブログ・HPの感想はこちらまで↓

mail-pen2.gif