過激なオランダの女性誌

DSC_12061.jpg


「42.7%」。
東京都に住む30代前半の女性の未婚率だ。


Yahoo!の特集記事
結婚したくないのか、できないのか~揺れるキャリア女子
の冒頭を見て、相当びっくりしてしまいました。
未婚率が上がっているとは思っていたけれど、これほどとは、、、。
いや、もう、呑気に少子化問題とか言っている場合ではないのでは、、、。

もともと自分がキャリア女子だった(自分で言うのもなんですが)こともあり、
なかなか面白い記事で、食らいつくように読んでしまったのですが
なんて言うんでしょうかね、、、結局、私がキャリア女子だった頃から
何も問題は解決していない、むしろキャリア女子の数が増えただけ
問題は深刻化している、、、そんな印象を持ちました。

ぶっちゃけ、日本の家族像ってそれそのものが古いのよ。
(働いていようが専業主婦だろうが)女性が家事・育児全般をして、
男性が外で働くのが当たり前。
もちろん男性の年収が良いに越したことはなく、、、
その上、長男家系は両親の面倒を見て~~、、、。
なんでこう一律なワケ?

ちなみに最近は「出来婚」がかなり主流で、その出来婚さえも
「順序が違う」とか文句をつける人がいるけど、
ごめんね、私からすると、出来婚そのものがすでに一律的です(汗)。
一応結婚するだけでも偉いね、と思っちゃいますよ(苦笑)。

家族が一律化されている、、、これはね、
親が、世間が、じゃなくて、彼女たち、彼たち当事者たちが
この古い像=ONLY家族、とがんじがらめになっているから。
私はそんな気がしますね。

仕事ができる女性は、育児・家事をしてくれる男性と結婚して
役割分担そのものを交換すればいいだけなのに、

「彼のお嫁さんになるの
「彼に守ってもらいたい

「私が大好きな彼にご飯を作ってあげたい…

「私は彼のモノ

こんな乙女心だけは捨てられない女性、多いでしょ。
うちの姉なんか典型的にそうだったな。
すごく家事が得意のだんなさまと結婚したから
私なんて内心「すっげーおいしい人見つけたな、、、」
なんて思ってたのに姉ったら
「彼のほうが家事が出来て焦っちゃう…もっと家事を勉強しておけば良かった」
、、、って。。。(汗)

どーしてそうなるかな?!?!

私自身は、もう思い切って最初から
「すごーい!あんたに全部任せた!私はやーらない!」
くらいの勢いで行ってもいいと思っているので、、、。
たぶん男性もこういう女性でも全然かまわない人もいるでしょ?
…え…。いるよね?

家事なんかは得意な分をそれぞれ分担すればいいと思うし、
そこに男性が、とか、女性が、とか性差が問題になることは
まったくないと思います。育児も、日本は、ママがやらなきゃ、と
ママ重圧がすごいけど、ママじゃなきゃできないことって
母乳くらいだと思うけど、、、???

まー、そんな感じにあまり家族像にはこだわらないワタシですが、
先日、たまたま待ち時間にぱらぱらと見たオランダの女性誌の
特集を見て、、、私はもーー、椅子からずり落ちるかと思いました(汗)。

まだまだ上はあったんだ、、、。

「シングルマザー」特集と書いてあるその特集。
各ページには、でーんとママと赤ちゃんがペアで映っており、
私はてっきり、いわゆる「シングルマザー」なのかと思ったのですが
内容を読んでみると…。

「私は軍隊に入っていて、アフガニスタン、イラクとそれは苛酷な環境で
仕事をしなければいけなかったの。無事、オランダに帰還できて
最初に思ったことは、子どもが欲しい!今、すぐ!ということだったわ。
それでそう思った瞬間、すぐに精子バンクにコンタクトを取ったのよ。」

?!?!?!

…。
そっか、、、シングルマザーっつうのは、、、。

そういうことだったのかーーーーー!!!!

考えてみると、日本ではシングルマザーといえば、離婚して片親になった母親の
ことを指す場合が多いけれど、オランダではこの場合はシングルマザーとは
呼ばないのかもしれない。親権は共同で持つことが多いのでね。
オランダでいうシングルマザーとは、最初から父親がいないケースで、
日本で言えば「認知されない子ども」といういい方になるのでしょうか?

「認知されない子ども」

なんか、この言い方、ものすごい差別的な感じ。
私は絶対にイヤだわ、この響き。もう日本はこういうところから遅れているのかも。
どういう親の元で生まれようと、生まれた子供は平等じゃなくちゃいけないけど
そうじゃないのがまず問題なのね。日本の場合。
ここが改善されないと古い家族像は変えていけない、ってことなのかな。

ともかく。
誇らしげに映っている母と赤ちゃんの像は、すべてがまさしく
自ら選択したシングルマザーと子どもたち、で、、、
けっこう、、、衝撃的だったな。

面白いのが、精子バンクを利用した人もいるけど、彼を利用した人もいる、
っていうところだったかな。

「彼は子どもが欲しくないって言ったけど、私は子どもがどうしても欲しかった。
年齢的にも次の男を探している時間なんかなかったので、
彼に精子だけ融通してもらうことにして、別れたの。」

…えっっっ。

この場合は、女性にとっては「彼<子ども」っていうことだったわけで。。。
すごいよね、ほんと、日本みたいに「出来ちゃった婚」じゃなくて
「無事出来て別れました」だもんね。
私は、「出来ちゃったから結婚」はしたくなければしなくてもいいのかな、
って思ってたけど、こういう選択肢はさすがに思いつかなかった。
微塵も考えつかなかったよーーーー(汗)。

いやー、オランダの女性誌、特集が過激ですよ?
もういい加減慣れてきたかと思ったけど、今回は久しぶりに
ガツーンとやられた気分でした。
いやー、わたしもまだまだダ~~~(汗)。

別にみんながこうというワケじゃなくて、古いしきたりが好きな人も
いると思う。特に宗教色の強い人は、眉をひそめるかもしれません。
でも、少なくとも、そういう星の元、生まれた子どもだって
戸籍上も生活していく上でも平等で、何ら異なる扱いを受けることがない。
日本も、そうなっていって初めて、世界が広がっていくのかな。

いや、今の古い家族像にしがみついてもいいんですよ。
それが、皆に受け入れられるのであれば。
ただ、「42.7%」、
そういう数字になって表れているというところは
素直に認めて対処していかなければいけないと思う。

結婚するもしないも自由。
それもそうだと思います。
ただ、この数字は、もう何十年か後、国家を維持していくのが
ムリな数字なワケで。

移民を受け入れるのもイヤ。
結婚もイヤ。
結婚しない子どもなんて不幸な可哀想な子どもだからイヤ。

本当に大丈夫?

もうちょっと真剣に考えないといけないと思うんだけど、
問題だ~といいつつ、結局、私が20代のときと何ら変わらない、
相変わらず進歩のない議論を繰り返している、ということに、
なんだか危機感を感じているワタシなのでした。
まー、私が外部でジタバタしてても、しょうがないんだけどサ。



line_10.gif




line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記の画像バナーどちらかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

いつもありがとうございます。

オランダ情報はこちらから → オランダ情報ブログランキング
海外育児ブログランキングはこちら → 海外育児ブログランキング
イングリッシュガーデン・ブログランキングはこちら→イングリッシュガーデンブログランキング

心の小春日和

DSC_11071.jpg

日がだんだんと伸びてきて、夕飯を食べた後、のんびりと庭に出るのが
楽しい季節となってきました。。。

。。。いや。まだ十分寒いけど(汗)。
今年は、約20年ぶりに5月に入っても0度に下がったのだとか。
確かに一昨日は朝庭を眺めると、庭の先の牧場の緑が白かったような??
今年はまだ恒例の農家から漂う「臭い農家の日(たぶん肥料を撒く日)」がないし。
ヘンな天気だなあ。農家の人は、きっと色々思うトコロあり、でしょうね。

そういえば、最近、お隣の黒い猫ちゃんを見ないなーと思いきや、、、
なんと最近事故に遭って亡くなってしまったとのこと。
いつも車の下にいるのが好きな猫だったけど、
その日は大きな宅配便の車の後ろにいたところ、バッグしてきたその車に
轢かれてしまったのだそう、、、。

そうだったのか。
その猫は、私がこの家に、オランダに来た時からいた猫なので、
なんかいるのが当たり前だったのだけれど…。
外を歩きまわるのが普通のオランダの猫たちだから、
事故もあるだろうなあ、とは思っていたものの、やっぱりそうなんだ、と
納得しつつも、やはりさみしいなあ。
ただ、早くも別の猫を飼い始めたようで、黒に変わって赤茶っぽい
猫ちゃんが我が家に遊びに来るようになりました。

庭でのんびりと外や花を眺めていると、気付かされるのが虫や生き物のこと。
暖かくなるにつれて増えてくる蝶々や蜂、テントウ虫たち。
しかし、その生き物も、寒くなると同時にいなくなってしまいます。

この世の「命」が季節の移り変わりでいとも簡単に出現し、
そして消えて無くなっていく。。。

何故春がうれしくて、秋がさみしいのか、そこには生と死が関係している
と思うのですが、都会で働いている頃はそんなことを考えもしませんでした。

この小さな庭で、生と死を感じ、限りある命を愛おしむ…といっては
大げさかもしれませんが、でも、なんとなく漠然と、
頭の中でそんなことを感じ、庭に小宇宙を感じている私がいます。
全てを駆逐していく脅威の雑草やナメクジとの戦いも含めて。。。ですけど(汗)。


DSC_11091.jpg

今、日本では「命の大切さ」なるものを授業で習っているというけれど
なんだろう、私はこのことになんだか違和感を感じてしまいます。
そんなもの、授業で本を広げても学べるものでもないと思うのに、、、。
授業で「命は何故大切なのですか?」と聞かれたら、
もうそれは難しい哲学になってしまうような、、、。

でも、私が都会で命を感じることができなかったように、子どもたちも
自然とまったくかけ離れた世界に住んでいれば、それが何なのか
分からなくても仕方がないのかもしれません。

人間は地球の一員であり、どんなに生活や文明が進化しようと
自然とは切り離すことはできない。
庭に出ると心がホッと落ちつくのは、私がもともと田舎育ちである
ということもあるかもしれないけど(苦笑)、でも、人間としてのDNAが
ひとつひとつ呼応しているような気もします。

東京に住んでいた時は、便利で楽しかったけど、
時々郊外に行かないと窒息しそうな気分はいつもしていたので、
今は不便といえば不便だけど、毎日庭に出られるのは幸せです。

しかし、この幸せも数年前まではまったく感じることが出来なかった。
長年、自律神経失調症だか適応障害だか何やらでもがき苦しんでいた
のだけれども、最近は本当に過去のものとなりつつあるようで
(それでも一応毎日安定剤は持ってますけどね)
最近は何がどう苦しかったのか?それさえ忘れ去りそうになっています。
ただ、あの頃は庭のことなんて「どうでもよい」の最たるものだったので
人間、こうも変われるものなのだなー、と思います。

長い間うつ病を経験した後、ようやく抜け出された方が
この状態を「小春日和」と呼んでいたけれど、私も今はそんな状況でしょうか。
まあ、ちょっと季節は違いますけれども。。。

あの頃は、もうこのまま死ぬまでずーっと苦しい、、、そう思っていただけに
この「小春日和」は格別なものです。

生きているからこそ感じることが出来る喜び。

たまたま心の病で苦しんでいる人のニュースを読んだので、
このことを書きたくなりました。
もし、今、ご自身が、家族が苦しんでいらっしゃる方がいらっしゃったら、
いつか抜け出すことが出来る日が来ることを諦めないでください。
辛い日々を過ごした後に感じる光は、それを体験する前の光よりもずっと優しくて
穏やかな光となることでしょう。



line_10.gif




line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記の画像バナーどちらかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

いつもありがとうございます。

オランダ情報はこちらから → オランダ情報ブログランキング
海外育児ブログランキングはこちら → 海外育児ブログランキング
イングリッシュガーデン・ブログランキングはこちら→イングリッシュガーデンブログランキング

ロンドン化が進む東京

DSC_0615.jpg

すっかり放置状態のブログになってしまいました。
春に向けていろいろガサゴソやっており、こちらまで手が回らず、、、。
オランダはついに良いお天気続きとなり、春が来た!!!という感じです。

そうこうしている間に3月11日が過ぎていきました。
今年はまた金曜日だったのですね。
たぶん、みなさん、それぞれがそれぞれのあの日のことを
思い起こしていらっしゃるに違いありません。

あのとき5歳だったりすちゃんは今や10歳となりました。
実家に帰宅できなくなって途方にくれていた私を支えてくれたのは、
あの小さな手でした。

今でもあの日のことは忘れ難く、あれから5年も経ってしまったのか?
という感じがしますが、今は私の背に追い付こうかという勢いの
娘を見ると、確実に月日は流れているのですね。

怒り心頭だった原発のこと、、、
今はあの出来ごとはなかったことのごとく再び稼働を進める日本。
汚染水や汚染廃棄物…いろいろ問題が解決されてないけど
今やキーっと怒る心境というよりもむしろ諦めの境地です。
しかし、当局日本はダメでも、世界には影響には大きな影響が
ありました。

この5周年に合わせて、というわけではないと思いますが、
先日オランダは原発から100キロ圏内の居住者に対し、
ヨウ素剤を配ることを決定いたしました(対象は子どものみ)。

オランダで現在稼働している原発はゼーランド州のみ。
しかし、100キロ圏内というと、近隣国の原発も含まれてきて、
それを総合するとかなりの部分が100キロ圏内に入ります。
どういう形で薬が配られるのかまだ分かりませんが、
そのうち薬が我が家にも送られてくるかもしれません。

さて。
5年前、世の中の人はあんな怖い思いをしたのに、、、
なかったことになっているのは原発だけではないのかも?

オリンピックを前に、東京がばんばんばーんと変化しつつあるのを
私は驚愕な思いで見つめています、、、。
こりゃ、バブルなのか????

我が実家はかなりの都心にあるのですが、下町チックな
のんびりしたところで、今まで私が住んでいた頃とほとんど
変化はありませんでした。

と、こ、ろ、が。
ここにきて、すごい開発計画がばばん!!!と出ているのです。
ともかくその開発規模が、、、恐ろしいほどでかい。
実家周辺一帯を全部壊してすごいビルを作るとか、、、???
次に実家に行ったら見覚えのあるものはすべてなかった…なんて
日々はもうすぐにやってくるのかも(…汗)。

そんなすごい高層タワーマンションなんかばんばん建てて
いったい誰が買うんだろう?
ウソか本当か分からないけど、地震が来ると言われている
東京都心の50階?60階?そんな高層階に住みたいですか?
わたしゃ、絶対イヤだね。10階だってちょっと尻ごみしちゃうよ。
昔、23階で働いていたんですが、地震が来たら
1,2メートルくらい揺れるよ、て言われていたんです。
ぐらぐら1,2メートル、、、絶対イヤだ~~~!!!!(涙)

それにしても。
そのうち少子化で家屋なんて空家だらけになっちゃうんじゃ?
と思いきや、世の中はそういう風にはできてないみたいですね。

お正月に日本に帰った時に、やはり都心に住んでいる友達に
話しを聞いたら、今やむしろ都心のマンションは値上がりして
いるんだとか。

だから誰が買うんだ?

…と思ったら、投機目的の中国人なのだと、、、。

もう、これを聞いて、マジやばい、と思いました。
東京はロンドンの二の舞なのか。

2012年ロンドンオリンピックの後、ロンドンは様変わりしてしまいました。
土地が高くなりすぎて、一般住民は都心に住めなくなってしまったのです。
住民が住めないのも悲しいですが、旅行客の私にとって悲しかったのは
個性的な面白いお店やカフェ、アットホームなホテルも激減してしまった
ことです。カフェもホテルも同じチェーン店ばかり。
残ったホテルも「なんじゃこの値段は…!!」という恐ろしい値段で。
カフェに入ったら、飲み物だけ注文し、家から持ってきたパンをかじっている
イギリス人ファミリーを悲しく眺めたものです。

日本は、東京は、あの痛いバブルを経験しているのだから、
もうちょっと気をつけているのかと思いましたけどね。
物件を転がしてお金が儲かった人も多かったのかもしれないけど、
何もかもが値が上がっている世界で、いったい誰が幸せになれたの?

一般住民が誰も買えない値段の物件なんて、、、意味ないじゃん?
どうして政府は規制しないんでしょうね。
やっぱりお金が儲かればどうでもいい、と思っているんですかねー。
日本政府は、コツコツ頑張っている人をぶっ壊したいのか。
私は、、、下町の小さな食堂が好きなので、
そういうのがこの先潰れて行くようなことになったら本当に悲しいゾ。
ほんと、怒るゾ!!

そんなことを漠然と考えていたけど、現状はどうなのよ?・・・と
ふと思い、ネット検索したら、、、。

、、、やっぱり、、、(汗)。


東京を買う中国マネー by NHK クローズアップ現代


「大事なのは、多様な参加者が市場に参加して、
それによって最終的には不動産価格が安定するという、
そういった面を重要視すべきだと思います。」


なんだかこの特集…肯定的な纏めで終わってるけど、、、
オリンピックを終えたロンドンを直視したらそんなコト、
絶対言えないと思うんだけどーーーー(汗)。

そんな風に思う私は心配性なだけ?
いや、そうであって欲しい。これは単なるとり越し苦労なのだと。
とにかく私はいつ帰っても変わらない東京でいてほしいんです!!



line_10.gif




line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記の画像バナーどちらかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

いつもありがとうございます。

オランダ情報はこちらから → オランダ情報ブログランキング
海外育児ブログランキングはこちら → 海外育児ブログランキング
イングリッシュガーデン・ブログランキングはこちら→イングリッシュガーデンブログランキング

おひとりさま日本

DSC_0462.jpg

明けましておめでとうございます。

またまたすっかりご無沙汰してしまいましたが…。
実は年末年始の2週間は、事情により(?)私ひとりで日本に行ってました。

いやー…単身での日本。
楽しかったです。いえ、、、正直、楽しすぎました。
娘が何度も何度もスカイプや電話で
「りすちゃんをミスする?(=会えなくてさびしい?)」と聞いてきたのですが…
口では「寂しいよ~」と言いつつ、、、実際は、頬が緩むのを隠すのは難しかった。
ここだけの話、全然寂しくないのよ…苦笑。
ほんと、ひどい母親かも~、、、(汗)。


DSC_0478.jpg

今年の年末年始はお天気にも恵まれましたね。
本来であれば、こちらに帰ってくるとどよーーんとしてしまうところですが、
今回はトランジットのヘルシンキがマイナス17度と最悪のお天気だったお陰で
「暗くったってフィンランドよりはマシ」という、、、立派な比較が成り立ち
それほど暗い気分にはなっておりません(笑)。


DSC_0356.jpg

それにしても、、、。
今回の日本は全然久しぶり、という気分がしませんでした。
昨年の年末年始以来1年ぶり、ということもあるけど、
何よりこの1年間、家に籠ってオタク暮らしをしていたせいか。。。
古本屋の漫画コーナーでは、困ったことにほとんどの漫画を知っているし(汗)、
友達や家族、親戚と話をすれば彼等以上に芸能情報に詳しく
「僕たちより詳しいってどういうコト?」等と言われてしまうし(汗x2)、
ほんと、私って一体どこで何してるん?という感じでした。
やばいですわ…(苦笑)。


DSC_0483.jpg

まあ、こんなんでも海外生活が出来るってことで…(苦笑)。

さて。
今回はカメラで写真を撮るのも楽しみのひとつでした。
あちこちファインダーを覗いていると、ときどき、
「あぁ。自分はちょっと外国人っぽい目で日本を見ているかもなあ。」
なんて思うことがありました。


DSC_0248.jpg

たとえば、やたら漢字や文字に反応してしまうところとか。


DSC_0465.jpg

浅草雷門では、雷門よりも「特」に反応。
あ、それって私だけ(笑)?


DSC_0351.jpg

ファインダーを通すと、日本らしい風景を多数見つけることが出来て、
なんだか新鮮に楽しいカメラ@日本でした。

オランダブログなのに日本の写真ばっかりってどうよ?って感じですけど
せっかくなので次回も日本の写真を紹介したいと思います。
まぁ、日本がご無沙汰の方に、日本気分を楽しんでいただくということで(?!)。



line_10.gif




line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記の画像バナーどちらかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

いつもありがとうございます。

オランダ情報はこちらから → オランダ情報ブログランキング
海外育児ブログランキングはこちら → 海外育児ブログランキング
イングリッシュガーデン・ブログランキングはこちら→イングリッシュガーデンブログランキング

グローバル化はほど遠い…

DSC_0101.jpg

はぁ~。
なんかブログを書く気がかなり失せています…。
何を書こうか、と思うと、のほほんと楽しい記事が思いつかない。
自分がブログで書こうと意図している内容と現実の自分の気持ちが
かけ離れちゃっているのかもしれません。

なんか最近は日本の矛盾した現実にモヤモヤした気分が続いています。

まずは、難民受け入れ問題ですかね。
ヨーロッパでの難民問題が深刻化してから日本でもニュースでこの問題が
取り上げられるようになりましたが、私が驚いたのは
「断固反対!」との意見しか聞こえてこないことでした。

えぇぇーーー?
だって、日本って、グローバル社会を目指しているんじゃなかったんだっけ?

最近の子ども教育といえば
「グローバル社会で生きる子どもたち」
「5歳からでも遅くない英語」
などなど。。。こういった内容だけを聞いていると、どんなにグローバル化が
進んでいるんだ?ていう気分になっちゃうんですが、、、
現実はソレなんですか???

反対する意見を纏めると、
「治安が悪くなる」
「そもそも日本の風土にイスラム教はそぐわない」
「そもそものそもそも難民判定が難しく3、4年もかかる」

…。

これってブラックジョークですか?
グローバル化を一体何だと思っているんでしょう。
色んな文化がぶつかりあって問題が発生し、それを解決していくことじゃ
ないんですか????

なんか、日本のグローバル化って
「グローバル化=どっかの治安のいい英語圏にでも出かけて
英語をしゃべること」etc.
都合のよい解釈に置きかえられている気がします、、、。
そんなんはグローバルっていいませんよ?

難民判定に3、4年…は、もう論外。
このニュースを見た時は、目を白黒させて、日本の現状に
バタン、と倒れてしまいそうでした。

こういう意見を見ていると、日本は本当のグローバル化なんて
辞めたほうがいいんじゃない?というかムリですよ?と思いますね。

…とこんなことを悶々を考えていたときに、年末のニュースが。

「夫婦別姓の禁止は合憲」

出たーーーー。

そうだった、そうだった。
日本は本来、核の核となる部分が、、、グローバル化からは程遠かったんだ、という
現実を思い出しました。

あの…化石みたいな戸籍、といってはなんですが、、、。
いまだローマ字が使えない、ていうのが、、、すごくありませんか?
今やこれだけ外国人と結婚する人々も増えているというのに、
困ったことに皆、へーんなカタカナ読みに直さなければいけないのです。
てか、カタカナに無理やり直しているけど、それは通じなければ
意味のなさないものだと思うのですが…。

ちなみに、私(外国人と結婚した人)の戸籍はどうなっているのかというと
私が筆頭者で、だんなの名前は無理やりこじつけたカタカナでお情けで
追記されている、ってそんなイメージかな(笑)。

そして、ビックリ!
その下に、やけに日本っぽい子どもの名前が続いているんです(笑)。

そういや、筆頭者をだんなにしたい、と言われたら、
「外国人なのでできません」と断られたなー。思い出した~~。
は、は、は、は…。

私の姓は、だんなの名前に合わせるか、そのままの旧姓を維持するかの
選択肢があるんですが、私は旧姓を維持しています。
だって、そのカタカナ、読んでも彼にも誰にも通じませんから(爆)。
うちのだんなの名前はフランス語読みやオランダ語読みで微妙に違い、
カタカナで一言で表すのは難しいんです。
これこそローマ字で表わさなきゃ意味がないんです。
それを無理やりカタカナで書いても、いったい私、誰やねん?ってことになっちゃう。
それで年金やパスポート、運転免許所、銀行口座名など全てをヘンな
カタカナ明記にしろ、て言われたら、、、へこんじゃいますから、
迷うことなく旧姓を選びました。選択肢がないんですもん。

そう考えると、、、私たち、外国人と結婚した人々っていうのは、
夫婦別姓問題について話し合う、という土俵よりさらにはるかに下の地位に
立っているのかなー、なんてそんな風に感じますが、いかがです?
私たちは、日本で言えば「マイナーピープル(←敢えてカタカナで書いてみた…笑)」。
でも、実際、国際結婚ってすでにマイナーじゃないと思うけどね。
いやぁぁぁぁ、グローバル化は遠いぜ、、、。

ちなみに、この我が家の名前問題には続きがありまして…。

結婚するまでまったく考えておらず大失敗をやらかしたんですが、、、
結婚届けをどこで(国)最初に出すか?
これはかなり重要なことでした。

結論から言えば、
「夫婦別姓など選択肢が幅広い国で最初に結婚届けを出したほうが良い」
ということです。

オランダでは、選択肢が3つ程あり、たとえば鈴木(女)さんとデヨング(男)さんが
結婚した場合:
1.夫婦同姓とする(両方ともデヨングさん、もしくは鈴木さんになる)
2.夫婦別姓とする(デヨングさんと鈴木さんのまま)
3.名前をくっつける(女性がデヨング-鈴木さんとなる)
で、人気があるのは3.の名前をくっつける、なのです。

日本人がオランダ人と結婚する場合、オランダで婚姻届を出せば、
この3つから選ぶことができ、女性はデヨング-鈴木さんになる可能性が
高くなります。

しかし、この場合でも、日本の登録は、デヨング-鈴木さんになることはなく、
デヨング、もしくは鈴木のどちらかしか選択肢はありません。

私たちの場合、、、
こんなことはまーーったく考えず、まず日本で婚姻届を出してしまいました。
日本での選択肢は、デヨング、もしくは鈴木のどちらかの選択肢のみ。
その結果、旧姓を選んだ婚姻届を持って、オランダに行ってしまったため、
オランダでも最初から2.の別姓の選択肢しか選べませんでした。

がーーーーん。
そうだったのかぁぁぁぁ。


実は、、、思い起こせば、一番最初の夫婦げんかがこの問題だったのでした。
だんなは相当がっかりしてしまったみたいです。
彼の家族の女性たちは皆、くっつけ派(選択肢3)だったので~…。
どーするんだ?とか言われちゃって、、、でも、もうしょうがないじゃんね?
間違えて出しちゃったんだから(涙、涙、涙、、、)。
子どもが生まれた時も、再び名前問題で、、、けんかした記憶が。。。汗

いやー、私もだんなも名前にこだわる人だったら、、、原告団に入ってますよ(汗)。
つーか、離婚してたかもしれないですよ???(苦笑)

今日のこの発表も私はまったくニュースをスルーしていたんですが、
オランダでもニュースが流れたらしく、だんなに
「我々はどうなっているんだ?」と聞かれました。。。
ぐぐぐぐ、、、再びパンドラの箱を開けるのか?!
どうやら女性は旧姓を選択できない、というようなニュースだったのかもしれなく
何故私が旧姓のままかやっぱり不思議だったみたいで探りを入れてきたようです。
(大丈夫、ちゃんと結婚届け、出してありますよー…ってそういう問題じゃ?)

あーあ。
なんだか年内最後に日本のグローバル社会の現実を見せつけられたようで
がっくりな私、、、あまりにもモヤモヤな気分が溜まったので、
つい殴り書きしてしまいました。
これが年内最後のブログ更新となったら、あまりにも、、、。
もう一回は頑張ろう。



line_10.gif




line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記の画像バナーどちらかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

いつもありがとうございます。

オランダ情報はこちらから → オランダ情報ブログランキング
海外育児ブログランキングはこちら → 海外育児ブログランキング
イングリッシュガーデン・ブログランキングはこちら→イングリッシュガーデンブログランキング

日常風景を美しく特別に

DSC_0608.jpg


半年ほど前からデジタルカメラマガジンを購読しています。
送料の安い船便で購読しているので、実際に家に届き始めたのは
4カ月ほど前ですが…(汗)。

ちなみに雑誌の購読・本の購入は13年間こちらの会社にお世話になってます。
今まで届かなかったということはありません。
↓↓↓ コチラ  ↓↓↓



今はこの月間デジタルカメラマガジンの他、子供の雑誌「キラピチ」(奇数月)
を買ってます。キラピチは大好きなリラックマグッズやら文具品がついているので、
りすちゃんはウハウハ状態で飛びついています(笑)。
今回届いたスヌーピーのリュックも可愛かった~~~。
(←船便のため、世の中より情報が2カ月くらい遅れてます、、、汗)

デジタルカメラマガジンですが。。。
頼んでから最初の2カ月間、まだかまだか、と首を長くして到着を待っていました。

と・こ・ろ・が…。

実際に届いてワクワクドキドキ紙面をめくってみると、、、。

何が書いてあるのか、さっぱり分からない…(汗)。

どうやら初心者の私にはレベルが高すぎたようです。
用語が分からん、何をどうしていいのか分からん、、、。

せっかく楽しみにしてたのにぃぃぃぃ~~…。

こりゃー3カ月くらい購読した後、解読かな、そんな風に思っていたのですが。
2冊目が届き、ぱらぱら、、、3冊目が届き、ふむふむ。。。と
だんだんと読み込むページが多くなり、
4冊目でついに「よし、撮るゾ。撮ってやる~~!!!」という気分に。

1冊1000円の雑誌ですが、紙質が良く、その上、何十人ものカメラマンが
撮影したさまざまな写真に触れ、こういう写真を私も撮ってみたい!!
という気分が強くなってきたようです。
全然分からなかった用語も、少しずつ、少しずつ、、、???
まぁ、まだ全然ですが、庭に出て撮る分には、問題なくなってきました。

雑誌をぱらぱらと見て思ったことは、
綺麗な風景・旅行先の美しい風景を美しく撮るのは当たり前。
プロのカメラマンがすごいのは、何気ない日常風景を特別な一枚にしてしまう、
ということ。

何気ない日常風景、といえば、7月に行われたツール・ド・フランス。
オランダのユトレヒトからゼーランドまでが今年のコースで、
途中通り過ぎる街をプロのカメラマンがフォーカスしていたんですが、
その映像の美しかったこと!!!

オランダってこんなに美しい国だったんだ。。。
私もこんな映像(画像)を残してみたいっっっ!!!
そんな風にジーンと…しちゃったんですよね~


DSC_0589.jpg

そんなワケで…私もオランダの何気ない日常を美しく撮れたら、、、!!
とそんな希望を胸に、日々精進していけたらいいな、と思います。

問題は、この雑誌を買うと新しいカメラやグッズが欲しくなってしまうということ。
いや、、、それは意図してないよ、、、と思いつつ、
やっぱり軽いミラーレスがいいんじゃないか、、、と思い始めている私です(汗)。
困っちゃうな。



DSC_0600.jpg

写真は全部庭で撮った風景です。



line_10.gif




line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記の画像バナーどちらかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

いつもありがとうございます。

オランダ情報はこちらから → オランダ情報ブログランキング
海外育児ブログランキングはこちら → 海外育児ブログランキング
イングリッシュガーデン・ブログランキングはこちら→イングリッシュガーデンブログランキング

写真のためにテンプレート変更しました

DSC_0601.jpg

もう少し写真を大きなサイズで載せたいな、と思ったので
思い切ってテンプレートを変更することにしました。

初めての一眼レフのマニュアルモード撮りで思った以上に綺麗に撮れたので、
ちょっと試しにアップしてみます♪♪

今年最後の夏らしい一日の夕焼けです。



line_10.gif




line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記の画像バナーどちらかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

いつもありがとうございます。

オランダ情報はこちらから → オランダ情報ブログランキング
海外育児ブログランキングはこちら → 海外育児ブログランキング
イングリッシュガーデン・ブログランキングはこちら→イングリッシュガーデンブログランキング
プロフィール

そらのくも

Author:そらのくも
オランダ生活も15年目に突入しました。

(ご案内)
オランダ情報は「そらのオランダ通信」でお届けしています。是非ご覧ください。

↓ ↓ ↓

photoeurope2.jpg

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
写真のこと
当サイトで使用している写真と文章の無断転載はお断りしています。


そらのオランダ通信お薦め:オランダのベストミュージアム
↓ ↓ ↓
photoeurope2.jpg
情報

line_10.gif
line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記のお好きな画像バナーどれかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです 。

heart3.gif クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村
気になる本
オランダ生活に役立つ、今、自分が欲しい本を載せています(いわゆる備忘録)。



前回載せておいたフランス菓子は買おうと思ったら絶版になっていた。。。うそ~…!絶版になるのが早すぎる。今度こそ…。

ブログキーワード別カテゴリー

オランダ お出かけ 街並み 子ども ヨーロッパ 旅行 カフェ ガーデニング ハンドメイド ミュージアム 洋服 ショップ ソーイング本 オランダの話題 カメラ 自転車 ロッテルダム 庭園 レストラン 教育 学校 オランダの食材 ニュース スーパー 日本語教育 子育て オランダサッカー おうちのできごと 英語学習 国際結婚 

ブログ記事カテゴリー
最近のコメント
リンク
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:

Flag Counter
メールフォーム
ご訪問ありがとうございます♪♪
ブログ・HPの感想はこちらまで↓

mail-pen2.gif
ブログ内検索