漢字検定合格

DSC_0907111.jpg

崖っぷちなのは変わりませんが、、、無事補習校5年生修了。そして、2月に受けた漢字検定8級も見事合格!!とうれしいニュースがくっついてきました。

漢字検定をよくご存じない方のために簡単にご説明しますと、漢字検定は10級から1級まであり、

10級 → 小学1年生の漢字
9級 → 小学2年生までの漢字
8級 → 小学3年生までの漢字
7級 → 小学4年生までの漢字
6級 → 小学5年生までの漢字
…続く

こんな感じになっています。今回うちの子が受けたのは小学3年生までの漢字。漢字数にすると440字です。

1か月前から準備したのですが、なんとかなるんじゃないか~という思いはすぐに打ち消されました。最初に問題を解いてみるとできるものがほとんどありません。読みはできる、と本人は言っていましたが、それさえも5割に到達するかどうか?というところ…。

こりゃ、合格は遠いなーーーー、と思いました。…が、もちろん親の私がそんなそぶりを見せたら、本人はそれでなくともやる気がなく、受かる自信もないのに、最初からあきらめてしまうに違いありません。

2週間後には5割。3週間後には6-7割。最後の一週間で8割に到達して合格を目指そう!ということで、一生懸命親子で勉強しました。いやー、今、思い出しても、かなり厳しかったです。

やっぱり、日本で暮らしていない、日本の学校に通っていない、しゃべる相手が通常わたしだけ、という人にとっては、小学校3年生レベルはすでにもうハードルが高いのです。

小学校3年生からたくさんの熟語が出てきます。この熟語がね…。曲者というか、ハードル高すぎ、というか。そもそも漢字には訓読み、音読みがありますが、二つを覚えることが彼女のような立場の人には苦行なんですよね。

でも、逆にいえば、熟語をいかに覚えるか?というところをつかめば、4年生、5年生…と先に進んでいってもなんとかなるんです。そういう意味で、この3年生の国語は重要かなあ、とわたしはそんな風に思ってます。

…このように書くと、わたしがいかに彼女に漢字を勉強させたいか?みたいに思われるかもしれませんが、実は違います。こうやって一生懸命覚えても、使わなければすぐに忘れてしまう。それはもう十分わかっています。

漢字検定を受けさせる意味。それは、頑張ってやり遂げれば結果が見える、という日本ならではのものを体験させたいからです。

これを勉強する間、彼女は毎日嫌味を言い続けました。けっこう地獄絵ですよ。

「どうせやったってできない、合格できない」
「わたしはオランダ人なのに、なんでやるの?」

しまいには・・・うわー!と泣き出し、もう嫌だ~~!!それに対抗して私が怒り、二人の大バトル発生。そこに登場するは、オランダ人のだんな君です。

「どうしてそんなに厳しいんだ!彼女には無理に決まっているじゃないか!!!」

彼女には無理~~…?!?!そこで…普段は温和な(?!)わたしがブチ切れるわけです。

「うるさい!わたしは無理なことをやらせているんじゃない。わたしが怒っているのは、彼女ができないからじゃない!!!最初からあきらめているところなんだよ。最初からあきらめたら、合格するわけがない!!なぜ、やる前から諦めなきゃいけないんだ?どうしてできないと決めつけるんだ???

そうすると、スゴスゴとだんなは引き下がり、うちの子も最後には観念してやる、という、、、まあ、毎日がそんな感じですね。

そんな状況でも、毎日コツコツやると、少しずつ上達します。最初の1、2週間はとても苦しいけど、2週間を過ぎると、彼女にどれだけできるようになったか最初からの変化・成果を見せることができますから、彼女も少しずつ自信をつけてきます。

ただ、今回は3日前になっても8割到達するかな~、合格するかどうか微妙、、、というところだったので、最後まで自信をつけることなく試験に臨むことになってしまいましたが。

最後の最後、試験の当日、地下鉄の中で漢字表をにらめっこするという、なんかちょっと日本の小学生ちっくなことをやり、本番。結局、試験が終わっても、受かったかどうかは分からないと本人はいい、どうなるかな~と思いましたが、なんとなんとほぼ9割の正解率で合格できました。

本人は、やっぱり頑張っただけあって、「うそみたい~。どうしたんだろ~~!」と大喜びです。

苦しいけどこの達成感は、オランダの学校では味わえない独特なもの。わたしはこの達成感が好きだったし、この達成感のために頑張るということを学んできたので、彼女にもこの気持ちは忘れないでほしいなーと思います。漢字は忘れてもいいけどね☆

そんなこんなで、数か月前の状況が少し好転し、6年生に進級し、今のところ、小学校卒業まで頑張るといってます!!

関連記事

崖っぷち

DSC_073311.jpg


いよいよ補習校を続けていくのが難しくなってきました。ここ数か月は、環境が子供にとってはいいとは言い難く…言うなればひとりぼっちの疎外感を味わいに行っているようなものです。

だんだん悪化しているということは彼女の発言で分かっていましたが、ま、なんとかなるだろう…と「もうちょっと頑張ってみたら~?」とか「こうすればいいじゃん!」とか「それは気のせいじゃない?」とか…適当に彼女に言っていたのですが、当たり前ながら全然解決には至らず。先生にも話したのですが、これも残念ながらあまり改善はされませんでした。

そのままずるずる~と日々が過ぎているんですが、最近の彼女の発言のネガティブ度合ときたら。。。

「学校が消えてなくなっちゃえばいいのに。」
「土曜日がこの世からなくなればいいな。」
「(日曜日に)また土曜日がくると思うと悲しい。」

…要するに1週間ずーっと補習校の文句を言っているんです。こ、これは、、、さすがに…(汗)。能天気な私もちょっと目が覚めて、6年生の卒業まで続けるという目標ももう難しいのでは、という気になってきました。

人々の補習校に対する要望や希望というのはいろいろあるかと思いますが、わたしは補習校というのは学校ではなく、塾や習い事と同じと思っています。だから、勉強以外のところで問題があったら、もう辞めるしか選択肢はない、と思っているんですよね。先生だって複雑な事情を持ち込まれても迷惑でしょう。もちろん、「そうじゃないです、ぜひ頼ってください!」と言ってくれるすばらしい力量をお持ちの先生もいるとは思いますが。

そんなわけで、フツフツといつ辞めようか、と考えていたのですが、ここに突如、神のお告げが…!?!?!

なんか、急に夢を見てしまったんです。
なんと、なんと、、、遊園地の年パスを買うという夢を…!!!

なーんのこっちゃ?とお思いの方。ほんと、なーんのこっちゃ、なのですが(笑)。でも、この夢を見た後、わたしはハタと思いつきました。

実は、学校の近くに、12歳くらいまでが楽しめる小さめの遊園地がありまして…。そーだよ、そこの年パスを買って、毎週ちょこっと遊んで帰ればいいんだよ!というアイデアが思い浮かんだのです。

Oh~…これは、神の啓示に違いない…(←大げさ?)。

そんなんで、彼女に相談すると、もちろんオッケー。ママと毎週遊園地なんて、そんなの彼女にとっては夢のようなオファーですから、断るわけないよね(笑)。

というわけで、さっそくメンバーとなりました。よくよく考えてみると、そうすることでさらに私の拘束時間は伸びたわけだし、そもそもそこまでして通わなきゃいけないもんなのかーーー?という気もしなくもないんですが…。おっと、深く考えたらダメだ。

でも、まあ遊園地も小さい子向けで楽しめるのは12歳くらいまでだし、補習校も最長行ったとしても12歳までなのだから、泣いても笑ってもいずれにしてもあと1年なんです。

遊園地は5回いけば元が取れる計算で、思ったよりお手頃でした。休み期間中には、だんなと一緒に遊びに行ってもらってもいいかも?と思っていたんですが、なんと顔写真を撮られてしまい、カードにばっちり顔も入ってしまいました。これは想定外。そう来たか~…。ま、よい季節になれば公園も美しいし、船にも乗れるので、のんびり楽しみますかーーー。写真もいっぱい撮れそうだしね(←結局そこ)。

どうやらもう辞めますモードがいっぱい出ていたらしく、先週行ったら何人もの方に「辞めちゃうの?」と聞かれてしまいました。まだ辞めませんよ~。崖っぷち、なのは変わりませんが、一応しがみついてジタバタしてますってことで(笑)。



line_10.gif

お知らせ
そらのおらんだ通信HP(ホームページ)にて、オランダの各地の情報を随時アップ中です!
お出かけの際、是非ご利用ください。

オランダ街歩きご案内 リスト

line_10.gif



line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記のお好きな画像バナーどれかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村
関連記事

日本語が話したくなる環境

DSC_0637.jpg

(写真はロッテルダム市内にて)

海外でミックス(ハーフ、ダブル)ちゃんを育てている親にとって
子どもが日本語を話せる環境作りっていうのは
けっこう大きい課題ではないでしょうか。

もちろん、親によって温度差はあります。
すごく熱心な人から、うーん、正直日本語はどうでもいい、
というような人まで。

たぶん多くに分類されるのが…
出来たらいいけど出来なかったら仕方ない、というタイプかな。

小さいうちは子どもにとって親が人生のすべて、みたいなところが
あるので、話しかけていれば自然と言葉を発するようになるかも
しれませんが、学校に行くようになって、周りの環境による影響が
大きくなるとどんどん日本語枠が小さくなっていく、、、
そんな人がけっこう多いのかもしれません。

実際…色んな子どもに出会うチャンスがありますが、
日本語は理解しているけど、自分はほとんど日本語を話さない
タイプも多いし、話すことは話すけどかなりの下っ足らずで
小さな子供みたいな話し方をするタイプも多いです。

うちの子は…まあ、もちろん上を見ればきりがないけれども、
まあまあうまくいっているほうかもしれません。

まず、発音が普通、ってことですかね。
あんまり外国人っぽい話し方をしません。
だから、一瞬、日本に住む日本人?!という感じがします。

ただ、一瞬だけ、ね…(汗)。
長い文章は全然ダメで。。。何かを説明しだすと
何を言いたいのか全然理解できませんよ?
になってしまいます、、、。

ここから先はいかに本人に日本語に興味を持たせて、
いかに日本語を話したくなる環境を持たせるか、ということで、
さらなる上達が望めるのかはたまたここら止まりなのかが
決まってくるような気がしますが、どーなんでしょう…・??

興味を持たせる。。。

これはずーっと私がこだわってきたことです。

最終的に漫画にハマってくれれば、万々歳!!!…と、
こう思っていたのですが、これが、、、なかなか、、、(汗)。

「ちゃお」みたいなもの読まないですねー。
全然ダメみたいです。

代わりに私が読みましたが(爆)、まぁ、確かに。
「恋」だの「(好きな人のための)おしゃれ」だの…
なんかりすちゃんが興味持ちそうな内容になってないです。
ダジャレの4コマ漫画もシャレが分からないみたいだし…(汗)。
ま、ドラえもんと、こっち向いてみいこ!は読むんですけどね。
(たぶんあさりちゃんもオッケー)

日本に行ったときに、日本のテレビなんかどうよ?と思ったけど
これまたハズしまくりましたね~~(汗)。

まず、日本の歌がまったくダメらしい。
A○B48の歌なんて、、、「これ、歌なの?」という厳しいコメントが…汗)。
た、た、確かに。。。彼女の気持ちも分からなくもない…。

ちなみに彼女はタイラースウィフトのファン…

ただ、最近ユーチューブで日本のものは見ているみたいです。
駄菓子やおもちゃなんかを紹介するファミリーものらしいけど、
興味を持ってくれれば、もうこの際なんでもいいわ(爆)。

た・だ・し…。

見るものを見ても、話すチャンスがないと、しゃべる能力は向上しませんね。
小さい頃から日本語のビデオばっかり見せて育てても
やっぱりしゃべらないとダメなんです。

小さい頃は、なるたけ日本人の子どもたちを遊ばせて
日本語を話す機会を作ってきました。
今も、機会があれば、ご一緒させてもらいます。

ただ、、、。
学校があると、もう時間帯が全然合わないんですよね~~。
定期的に会うということが、もはやムリの世界になってます。
補習校も、オランダ語ばっかりしゃべって帰ってくることもあるし。
何しに行っとんのや~~~(汗)。

そんなワケで。
最近、私が新たに開眼したのが。。。

「私がひたすら頑張る」

ということ。

いやー。これ。
考えてみれば当たり前なことなんですけどね。
だって、彼女が日本語をやる理由ははっきり言えば私の存在なんですから。

最近、、、私、頑張ってますよ~。
もう、母親だけじゃぁありません!!

ひとり3役ドラマ。
ひとりボケ・ツッコミ。
ひとり芸人(?!)

もーーーーなんでもアリです(笑)。
もともと演劇部なんで、何かを演じる、ていうのはさりとて恥ずかしいことでも
ないんですけど、娘を目の前に自分をここまで落としていいかねぇ???
という気がしないでもない。ハイ。

親の威厳はいずこへ~~???

が、しかし。
これは、効果大!!!
で、彼女の日本語能力は最近ぐんぐん伸びてます。

ぶっちゃけ、自分を落としたら、彼女も落ちてくれたんですわ(笑)。
ママと一緒だと面白いから、ママと話したい。
面白いから自分もやりたい。
面白いから私も真似したい。

別にずーっとやらなくてもいいんです。
普段は真面目な母親でも全然いいんです。
一日5分。
いや、3日に5分でも、面白いトーク時間を作る。
これだけでも効果てきめんです!!

え?
どんな内容かって???

まー、ひとりでしゃべりまくるって感じですかね。

ちなみに、ロンドン帰りの飛行機内で、
りすちゃんがあまりに不安な顔をしていたので、
ついついやっちゃったんですよ。
小さなぬいぐるみを使ってね、、、べらべ~~ら、と。
ミスター・ビーンみたいなノリで。

ふと視線を感じて、振り向いたら、周りの乗客が私に釘付け…。
横の人は大笑いしてるし、、、前の席の人たちも振り返ってるし…
そ、そんなに面白かったかしらん…・?
私もミスター・ビーンになれる?(←ってなりたくないですケド)
まー、そんな内容ですわ。

子どもに日本語を話させたい、そう思われる方。
よかったら試してみてください♪



line_10.gif




line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記の画像バナーどちらかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

いつもありがとうございます。

オランダ情報はこちらから → オランダ情報ブログランキング
海外育児ブログランキングはこちら → 海外育児ブログランキング
イングリッシュガーデン・ブログランキングはこちら→イングリッシュガーデンブログランキング
関連記事

大きな成長

早いものでこの春からりすちゃんも4年生になりました。
4年生かあ。すごい大きくなったもんだ!!!

ところで。
4年生になる少し前の2月くらいを境に。
りすちゃんの日本語学習ですが、何故か突然ものすごく成長しました。
親の私でさえ、ハテ?これは一体突然どうしたもんだろう?
そう思えるくらいの成長です!!

以前、補習校の宿題をさせるのに、ものすごい苦労している話をしました。
宿題を始める前に、まず1時間くらいやりなさい~と怒鳴りちらして…

あの頃の私の心境は、、、野比のび太の母。
ぶっちゃけ、ドラえもん、、、見るのけっこう辛かったです(苦笑)。
あー、私と同じ立場の人がここに映っている、、、なんて思ってしまって(汗)。
このまま、補習校を続けても、、、
きっと私はずっと野比のび太の母を演じなければいけないんだろうなー、と
思うと、何故だか大きなため息が出てきたりして(苦笑)。

ところが、どっこい。
毎日一緒にもいたにもかかわらず、どこがどうしてこうなったのか
本当に分からないのですが、急に宿題をやるようになってしまったのです!!

今は、宿題の材料を適当に出しておくと、そこから選んで、宿題をやっています。
私はほとんど何もしなくていいのです。

なんてラクちんなの?!?!

どうしてこうなったのか、、、よく分かりませんが、それでも原因を
色々考えてみるとキーポイントかなと思いつくことがチラホラ。

まずは、やっぱりお正月に行った日本。
彼女の中で、やっぱり日本の存在が大きくなったんじゃないかな、って
そんな風に思います。帰ってきてすぐに変化が現れたわけではないけど、
じわじわとフックパンチのように効いてきたのかもしれません。

かなりのキーポイントとなったのが漢字検定。
今年、初めて漢字検定10級を受けました。
10級って、、、1年生修了レベルなんですけどね(苦笑)。

でも、私は、とにかく日本の試験・検定・模試、みたいなものを
一度受けさせたかったの。あれって、一種独特の雰囲気があって、
ちょっとした緊張とか、受かった時のうれしさとか、、、
こっちじゃあんまり得られない経験かな~って。

この効果は目に見えるものでした。
テストの当日の朝まで、テストなんか受けたくない、ってブツクサ
文句を言っていたのに、終わって待合室に戻ってきた後は
笑顔で「楽しかった~」と言っていました。

その日は、友達の誕生日会があったので、誕生日会に行ったら
もう漢字検定のことなんか忘れちゃうかな?…なんて思っていたのに
その日の夜、「友達に手紙を書く!」なんて言い出したので本当に
びっくりしました。

漢字検定には無事合格し、学校で表彰を受けたのもうれしかったようです。

そして、2月の末には、再び日本人学校(全日)の体験入学に
数日間行きました。これは…1年半ぶりのことです。
以前「もう行きたくない」と言っていたので、もう参加することはないだろう、、、
と思っていたのですが。。。昔からのお友達も参加する、と言うので、
同じ日に参加してみました。

学校に到着すると、クラス生徒全員が出てきちゃう歓待ぶり!!
別のクラスからも、わざわざ挨拶に来てくれる歓迎ぶり!!
まるでドラマや漫画に出てくる人気者みたいじゃないか(笑)。
そう、この間見た山田太郎ものがたりの山田くんと御村くんみたいな?!
あ、話が逸れそうになってきた…。

で、二人はこのあまりの歓迎ぶりに戸惑いつつ…参加したのですが、
終わった後のりすちゃんの興奮度合いはすごかったです。
「また来週も絶対に行きたい!!ママ、いいでしょ。いいでしょ?」
あまりに強く言うので、結局翌週も参加、、、(苦笑)。
しまいには、日本人学校に入学したい、とまで言うので
びっくりしました。へー。

担任の先生が、りすちゃんについて評価してくださり、
その言葉が私にとってとても励みになりました。
この言葉をいただけただけでも、参加して良かったと思うほど、
何日間も何日間もその言葉について考えていました。

曰く:
先生というものは国語とか算数とか…勉強を教えるのが
仕事ではありません。
生徒が何故分からないのか、どこが分からないのか。
どうして分からないのか。答えはどうやって出すのか。
そこに導きだすのが先生の仕事です。
本人が「何で分からないのか?」が分かれば、
あとは答えを探すだけでいいので、自分で勉強することができます。
先生の本来の仕事は、そこの位置まで生徒を持っていくこと。
でも、そこにたどり着くまでの行程が、ひとりひとり全然違うので、
大変なんですよ。

でも、りすちゃんは、ちゃんと分かっているんですね。
今は考えているから答えが出ない、とか、これは質問の意味が
分からないから分からない、とか、これは解き方をまだ習ってない
から分からない、とか、、、。
答えがすぐに出なくても、そう理由を述べてくれるので、
もうこちらはラクちんでした。自分でこれが分かっているってことは
実はすごいことなんですよ!!彼女はきっと、日本に今すぐ帰っても
全然問題ないですよ。いや、どこに行っても問題ないです。

…。

思いがけない高い評価に本当に驚きました。
思わず先生に言ってしまったくらいです。
「あのー、それは、、、うちの子の話なんでしょうか?」と…(苦笑)。
間違えるわけ、、、ないとは思うんだけどサ(笑)。

でも、その先生のりすちゃんの評価はともかく、
私は先生の考えている先生の仕事、というものを聞いて…
なんというかね。本当に「がーん」となりました。
私は、、、まったく。全然分かっていなかったな、と。

先生って、漢字とか算数の筆算とかをプロフェッショナルに
教える人だって、思っていたものですから。
でも、それって、塾の先生とか受験テクの話しだったんだよ。
学校の先生、ってそういう存在じゃなかったんだね。
ちゃんと「自分で考える基礎」を与えてくれようとしてるんだ!
今まで知らなかったなんて、なんともお恥ずかしい。

私は1年間、りすちゃんのことを
「なんで分からないの。」「なんでやらないの。」と
バカみたいに叱り続けたんだけど…。
なんてことはない。私自身も何も分かってなかったんだなー。
彼女が何で分からないか分からずに苦しんでいるところに
「なんで分からないの!!!」って、、、わたしゃ、アホか!

本当に私の行動は愚行だったんだーーー、、、

今更ながら、深く後悔しました。いやはや。
ほんと、一歩間違っていたら、今頃、彼女とは深い亀裂が…汗。
きっと、綱渡り、ぎりぎりのところだったんだな~~。
うまくいって良かった。今更ながら…そう思います。

その後、りすちゃんは補習校の卒業式を見て、
私も卒業まで頑張るぞ!と言っています。マジですかい?!
こっちとしては、4年生くらいまでかなー、と思っていたので、
うれしい悲鳴です?!

ま、いつまで続くかはまだ不明ですけどね。



line_10.gif




line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記の画像バナーどちらかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

いつもありがとうございます。

オランダ情報はこちらから → オランダ情報ブログランキング
海外育児ブログランキングはこちら → 海外育児ブログランキング

ソーイングブログランキングはこちらから↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

そらのくも

Author:そらのくも
オランダ生活も15年目に突入しました。

(ご案内)
オランダ情報は「そらのオランダ通信」でお届けしています。是非ご覧ください。

↓ ↓ ↓

photoeurope2.jpg

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
写真のこと
当サイトで使用している写真と文章の無断転載はお断りしています。


そらのオランダ通信お薦め:オランダのベストミュージアム
↓ ↓ ↓
photoeurope2.jpg
情報

line_10.gif
line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記のお好きな画像バナーどれかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです 。

heart3.gif クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村
気になる本
オランダ生活に役立つ、今、自分が欲しい本を載せています(いわゆる備忘録)。



前回載せておいたフランス菓子は買おうと思ったら絶版になっていた。。。うそ~…!絶版になるのが早すぎる。今度こそ…。

ブログキーワード別カテゴリー

オランダ お出かけ 街並み ヨーロッパ 子ども 旅行 ガーデニング カフェ ハンドメイド ミュージアム 洋服 ショップ ソーイング本 オランダの話題 自転車 カメラ ロッテルダム 庭園 教育 レストラン 学校 オランダの食材 ニュース 子育て スーパー 日本語教育 オランダサッカー 国際結婚 英語学習 おうちのできごと 

ブログ記事カテゴリー
最近のコメント
リンク
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数: 現在の閲覧者数:
Flag Counter
メールフォーム
ご訪問ありがとうございます♪♪
ブログ・HPの感想はこちらまで↓

mail-pen2.gif
ブログ内検索