秋を探しに - 植物園へ

DSC_0742.jpg

久々に天気のよい日々が続いているので、一眼レフを持って
仕事帰りにロッテルダムの植物園に行きました。

カメラの練習、練習~♪と思ってネ。

勤務時間が短いので、仕事帰りにものんびり植物園に行ける身分。
もちろん、貰えるお金だって少なくなっちゃうけど。。。(汗)
でも、、、金銭的にはちと苦しくても、精神的には超贅沢です。

産後、長年に渡り何も楽しめない苦しい日々が続いた私ですが、
その日々が過ぎ去って、自分が本当に欲しいものが何か分かった
自分は幸せ者なのかも。

FBで、大金持ちになったお友達がスーパー東京ライフみたいなもんを
次々アップしてくるけど、
ミシュランスターでご飯しようが、○○ヒルズの高層階に住もうが、
超リッチ家具やら絵画を揃えようが。。。
恐ろしいほどまったくうらやましいと思わなくなってしまった私。

あ。でも、もし彼が「僕が作った新作バラです」なんて広大な庭に咲く
バラをアップしたら、、、ギャッ!なんとうらやますぃぃぃぃ~~
となるだろうけどね・・・(笑)。

ともかく、こんな緑の中でのんびりするのが、今の私には一番です。

し~か~も~。
この植物園はミュージアムカード保持者はタダだから、
私はタダで楽しめるんだよね~。
タダでこの環境を気軽に楽しめるってすごくお得な気分!

平日に行ったのは初めてだったけど、ほとんど人がおらず、
まさにマイ・ガーデン状態…!!!
贅沢独り占め!!!

お陰で、好き放題カメラを向けることができたのでした。

…写真の出来栄えは…。
まだまだ、まだまだ、、、。
ただ、一眼レフの場合、被写体探しや最適アングルを探すのが
なかなか面白くってハマりますね。
撮っていると、面白いなー、と自分がハマっていく感覚が分かります。

以下は今回の成果です。


DSC_0709.jpg

今回は秋を探しに行ったのだけど、コニファー中心のこのガーデンは
あんまり秋らしくなかった。。。この辺りだけかな。


DSC_07041.jpg

小さい秋、見つけた。


DSC_0699.jpg

この写真はまだ夏っぽい感じ…?


DSC_0717.jpg

この植物園には橋がたくさんあり、橋が被写体になりますね。


DSC_0722.jpg

橋もベンチもどれもデザインが違って統一性がありません。


DSC_0729.jpg

今回の写真の中ではこれが一番のお気に入りかな。。。
ボケ具合がいい感じ。


DSC_0711.jpg

一番奥にあるティーハウス。
以前より営業日数もテーブル数も多くなってました。
本でも持ってきて、ここでのんびりするのもいい感じ。
週末は…混みそうだけどね。


DSC_0743.jpg

コニファーが主流のこのガーデン。
大きな木々に囲まれると、心が安らぎます。


DSC_0748.jpg

ベンチに座ってのんびり一休み。
ベンチもこの日は、どこも開店休業状態でした。。。

以上です。
のんびりした平日午後の様子、伝わりましたでしょうか。



line_10.gif




line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記の画像バナーどちらかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

いつもありがとうございます。

オランダ情報はこちらから → オランダ情報ブログランキング
海外育児ブログランキングはこちら → 海外育児ブログランキング
イングリッシュガーデン・ブログランキングはこちら→イングリッシュガーデンブログランキング
関連記事

一枚の花の写真に導かれた旅 - ドイツ

CIMG4786.jpg

皆さんは、どうやって旅行先を決めますか?
観光地や行きたい場所は山のようにあれど、最終的に○○を選ぶ。
それって、やっぱり何かに導かれているんでしょうかね~。

今回のドイツの旅行は、面白いように何かに導かれている、
そう感じた旅でした。

きっかけは、「世界で行きたい名園1000」なるオランダ語の本で
見つけた一枚の写真。

一面藤の花でした。
その、、、艶やかな紫色の藤の花に私は心を奪われてしまったのです。
一生懸命その本の解読を読んでみると、ドイツにある小さな庭
ではあるが、ガーデン好きであれば、一度は訪れてみたい名園 ----。

さっそくインターネットでその庭園を検索。
インターネットでその庭園の写真を見て、ますます心を奪われました。
いつか行かなければ。絶対に行こう。。。!!
ところで、どこにあるんだ?この庭は???ドイツのどこ?!

調べてみると、ハイデルベルクの近くのヴァインハイムという町でした。
聞いたことないなー。ヴァインハイム?!
かなり詳しい海外のガイドブックを見ても、地図に名前しか載っていません。

まぁ、私の場合、ハイデルベルクも行ったことないし、日帰りで
その公園に行けばいいか。最初はそんな予定だったのです。
ところがハイデルベルグで安くていいホテルが見つかりませんでした。
どこも高すぎ!!貧乏我が家の範疇を悠に越えてる!!!(涙)

仕方ないな~。
じゃ、そのヴァインハイムという町にホテルがあるか調べてみよう…。

で、ヴァインハイムの町のことやホテルのことを調べて行くと…。
なんと驚いたことに!!そのヴァインハイムは、いかにもドイツらしい
可愛らしい町だということが判明。さらに、その可愛いマルクトの
ど真ん中にまさに私好みのドイツらしいプチホテルがあるではありませんか。

ウッソーーーー。
なんでガイドブックに何も載ってないんだ~???

これは、以前訪れたミルテンベルクの流れとまったく同じかな。
ミルテンベルクも一枚の写真に心を奪われて、必死に探したっけ。

ミルテンベルクの情報は: ミルテンベルク

ともかくも。
こんな風に流れるように旅行先が決定して行きました。
最後は、いつ行くか?
藤の花の季節…これがイマイチよく分からずに最後の最後まで
悩みましたが、ええい、一か八かっ!!と5月最初の週に決定。
結果的にこれが大正解でした。

町に夜着いて、翌朝庭に行きました。
お目当ての藤の花が咲いていて、どんなにうれしかったか。
ぴょんぴょん飛び跳ねてしまったくらいです(苦笑)。

実は…この藤。
中国原種と日本原種が共演しているのです。
で、私が訪れた初日は中国原種がほぼ満開。
日本原種はまだ1、2分咲きといったところでした。

しかし、ここに連泊していたお陰で、毎朝・毎夕この庭を訪れることができ、
どんどん開花していく日本原種を毎日眺めることができました。
そう、この庭、本当に素晴らしい庭なのに、日中は出入り自由なんです!!
駅とホテルの中間に位置するので、いつも寄ることができました。

なんと、贅沢なっっっ!!
花や庭に興味のないだんなでさえ
「うちの家と駅の間にもこんな庭園があったらな~…」
とぼやいていたくらいです。

藤の花は、あちこちで咲いているけど、ここまで見事な色合いのものは
滅多にないような。。。この辺りの藤はどちらかというとくすんだ色合いですし。
どうやって育てているんだろう。
よっぽど土と気候の相性がいいのかな。
なんでも、、、この辺りはドイツで一番マイルドな気候なのだとか。

この庭の魅力は藤だけではありません。
なんと2500種もの植物が植えられているのだとか。
小さいけれど、もう、、、立派な植物園に域です。


CIMG4646.jpg

チューリップと勿忘草の共演。


CIMG4650.jpg

春爛漫のシーン。


CIMG4692.jpg

いつ行っても何かの花が咲いている庭園なのだとか。


CIMG4689.jpg

藤っ子?…ていうと、あれ?煮物になっちゃいますな(汗)。

今回、花のシーンだったので、だんなの一眼レフでっ!!と
思いきや、、、なんと、だんなさま、カメラさえ持参しておらず…(汗)。
カメラくらい持ってこ~~い!!!…という私の内心の叫び。
仕方ないのでいつものカメラで撮りました。
でも、ま、そんなに黄色っぽくなってないかな。

~ 以下はヴァインハイムの街並み ~

CIMG4783.jpg

夕暮れ時のヴァインハイムのマルクト。


CIMG4881.jpg

このマルクトから丘の上に立つ廃墟城が見えます。
このヴァインハイムは二つのお城の町なのだとか。


CIMG4899.jpg

夜の廃墟城(…笑)に向かう途中でパチリ


CIMG4920.jpg

別に観光地化されているワケではないみたいですが…可愛い街並み。
連休と言うこともあってドイツ人観光客はけっこう多かったですね。


CIMG4880.jpg

塔のある家…って、うわ。漫画の題名だわ!!
萩尾望都さん…「ポーの一族」等描かれた方ですがご存じですか?
私は「トーマの心臓」などの漫画を数点持っているのですが…
ヨーロッパに暮らしていて、こういう町を歩いていると、、、
ふと彼女の漫画の世界が交錯するんですよね。
日本の漫画なのに、、、すごいなあ、と思う瞬間です。
私は、ずーっと日本に住んでいて、ヨーロッパに来たことがなかったけど
漫画を通してずっと昔からこういう世界を知っていたんだ~。。。
なーんて、ちょっと大ゲサ?


CIMG4900.jpg

今回泊まったプチホテル。
オールドファッションな、そして驚いたことに親日ホテルでした。
何故かオーナーさんたちは「おやすみなさい」とか
「おはようございます」とか、、、色んな日本語を知っていて、
朝食時には大きな日本の旗を飾って歓迎してくれました。

い、いったい、、、ここにやってくる日本人とは?!?!

色々考えたんですが、きっとここが好きな方がいらっしゃるのね。
ドイツが本当に好きな人は毎年ドイツを旅行されますから。
(フランスが好きな人は毎年フランス、イギリスが好きな人は
毎年イギリスなんです。)

でも、分かる気がしました。古き良き世界なんですよね。
朝食もビュッフェスタイルではなくて、もったいないんじゃ?って
思うんだけど、彼らが好きなスタイルをずっと維持しているのかな、とか。
どんどん変わっていってしまう世の中で、変わらないものがあるって
やっぱりうれしいものです。
毎年同じ風景、同じ人々、そして同じサービスが待っている安心さ。
そんなワケで、とりたてて宣伝もしていないのに客がどこからか
集まる宿でした。

(ホテルの情報・町の情報はまたHPのほうにアップしておきますね。)

一枚の写真から流れるように辿りついたヴァインハイム。

…てこういうと聞こえがいいんですが、実際はDB(ドイツ鉄道)の不調で
本当に大変な道のりでした。トラウマになりそうで、、、思い出したくもなく、
なので、ここでは詳しくは書きません(…涙)。
あー疲れたよ。。。(苦笑)

そんなこんなのドイツ旅行デシタ。



line_10.gif




line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記の画像バナーどちらかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

いつもありがとうございます。

オランダ情報はこちらから → オランダ情報ブログランキング
海外育児ブログランキングはこちら → 海外育児ブログランキング

ソーイングブログランキングはこちらから↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村
関連記事

言葉が通じなくても伝わる真心

CIMG3296.jpg

日差しが春満開の日差しになってきました。
ついに来た春~~♪

いつもはこの時期になると、どっか行きたい~という気分で一杯に
なるのですが、今年は…

・ピアノを買った
・ドラマを見るのに忙しい
・春だ!夏だ!!ソーイングだってやりたいぞ(しかも今日布を大量購入…汗)
・そろそろお庭の手入れもねえ~

ということで、なんだか忙しくて旅行気分ではありません、、、。
私と言えば、今まで、ずーっと、何より旅行が楽しみぃ~だったのに。
執念でも出かけていたのに、、、。
どうした、私?!

まあ、そうは言っても、どっか行きます。
私の場合、直前に決めてGOということはあんまりないんで
(だいたい直前は面倒くさくなってしまうタイプ)
前もって決めなければいけません。

行き先はどこにしようか?…などと考えていたら、
昨年のフランスの夏旅行のことを思いだしました。
今年は残念ながらフランスには行かないのですが、、、。

フランス人って。
実は私、昔はあんまりいい印象は持っていなかったんです。
私は昔、アメリカ至上主義者みたいな人だったんですよね。
アメリカが一番~って。

だからなんとなくアメリカから見たフランス、てものにかなり影響されていて
「あいつら、英語、全然話さんぜ~~」
「英語で話しかけてもフランス語で返す」
「自国が一番と思っている人々」
といったようなちっぽけなエピソードに完全に操作されていました(汗)。

今思うと、バカだねえ~の一言。

というか、自国が一番、当たり前じゃん?
それだけ自分の国のことを誇りに思えるなんて素晴らしいじゃん?

それに、、、英語で話しかけてもフランス語で返す、、、
なんかそれって身近に思い当たるフシが。
オランダ語で話しかけれられても回答は英語で返す困った人。
それは何を隠そう、、、私でございます(涙)。

いやー、話したいのは山々なのよ。
でも、通じないこと多い。
英語のほうがてっとり早い。
だから、面倒になると切り替えちゃう。
いかん、いかん、、、と思いつつ、、、ずーっとコレ。
今はフランス人の気持ち、すっごくよく分かるよ~~!!!
ごめんね~~誤解してて!!!!

、、、しかし。
最近は、旅行行くのに会話が通じるかなんてどうでもいいんじゃ?
て思うことが多くなってきたような気がする。

ホラ。
日本にやってくる海外旅行者もよく言うじゃない?
言葉が通じなくても、日本人のおもてなしは素晴らしい、って。

だんなの元同僚(←オランダ人)とその奥様(←台湾人)なんて日本の大ファンなんだけど、
彼らに一度お会いした時、いかに日本人が素晴らしいか、ってことを
力説してくれました。

「あんなに親切な人々は世界中どこを探してもいないって」
「言葉なんて全然分からないけど、本当に素晴らしい国だよ」

いったい彼らは日本のどこで何をされたのか?…汗
逆になんだか私はびっくりしてしまったんですけれども、、、
言葉なんて分からなくても、身振り手振りでも、真心って世界共通で
通じるんだなーなんて。

そして、旅行の思い出って「XXをした」とか「XXを食べた」とか
「XXを買った」というよりも、むしろ人々のつながりとか真心とか、
そんなものが色濃く残るんじゃないかな~。
あれ?前もこんなこと書いたかナ???

実は、昨年フランスに出かけた時に泊まったB&Bでも、
言葉は通じなくても伝わる真心を体験しちゃいました。

今回はこれを書いて、旅行気分をアゲて行きましょう~~(苦笑)。

さて。
昨年泊まったジヴェルニー(モネの庭の近く)のB&B。
どうしてもそこに泊まりたくて、、、メールしたけど返信がナイ。
電話したら、フランス語でぺらぺら言い返され。。。
いったいどういうところなんだ、ここは?!
と思ったけど、それでもしつこく3度くらいメールして、
なんとか予約しました。
行くまではナンナンダ?と思ったけど、要するに英語、
本当にほとんど通じなかったの(苦笑)。

でもねえ。
駅に迎えに来てもらった瞬間から、あー、この人はすごいいい人だ、
てことがビビビと分かっちゃいました。全然言葉は通じないのに…
なんなんでしょうね。本当に。

B&Bで待っていらした元気な奥様も…これまた、だんなさまとは
タイプは違うんですけどすごくいい人で。
フリをしている、とか、押しつけ、とか、そういうんじゃないんだよな~。
なんなんでしょうね。本当に。


CIMG3267.jpg

子どもはやっぱり敏感。
ホストがとてもいい人、ということはすぐに分かったようで、
マリーのところにまた行きたい、と言います。


CIMG3271.jpg

マリーとギルバートの家。
イギリスのB&Bもいいけど、フランスのB&Bもいいですねえ。


CIMG3275.jpg

CIMG3317.jpg

チャイルドフレンドリーな環境でした。


CIMG3307.jpg

豪華な朝食と美しいブレックファストルームも特筆もの。


CIMG3309.jpg

言葉が通じなくても、、、なんだかすごいおもてなしでした。


CIMG3328.jpg

朝食の後はぷらぷら歩いてモネの庭へ。


CIMG3367.jpg

キラキラ輝くスイレン。
小さな村なのに、ものすごい入場者数デシタ、、、。

今でもここの滞在のことを考えると、ほほ笑んでしまいます。
ほんのりとやさしいフランスの思い出。
今年もこんな旅行が出来たらいいんだけどな。

ジヴェルニーのB&B: プチホテル・B&Bふぁいる - フランス



line_10.gif




line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記の画像バナーどちらかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

いつもありがとうございます。

オランダ情報はこちらから → オランダ情報ブログランキング
海外育児ブログランキングはこちら → 海外育児ブログランキング

ソーイングブログランキングはこちらから↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村
関連記事

赤毛のアンのような世界で - オランダ屋外博物館

CIMG19952.jpg

今年はりんごが豊作です

アーネムでは、最終日にオランダの明治村とでもいうべき
Openlucht Museum(屋外博物館)に行きました。

以前にも行ったことがあるんですけど、りすちゃんはまったく
記憶ない、というし、私の記憶もなんだか薄らいでるし…。
ここはミュージアムなので、ミュージアムカード保持者はタダ。
そんな意味でも、とても魅力的です(笑)。

オランダの明治村、と書きましたけど、ここはオランダの
古い建物などをここに移築して展示してあるミュージアムです。

日本の明治村…、犬山市にあるんでしたっけ?昔から行きたくてね。
何度も何度も親に頼んだけど、ついに連れて行ってもらえませんでした。
小さい頃、どこに行きたい?と聞かれるたびに「明治村」て
答えていた気がするんですけど、、、。
でも、なんでそこに行きたかったのか?の記憶はありません。
今は親に連れて行ってもらわなくても、自力で行けるんだけど…(笑)
何故か機会がなく、やはり希望は叶っておらず…。
いつか行かなくちゃね。

そんなワケで、小さい頃、行きたいところは明治村。
好きな本や映画は「赤毛のアン」や「若草物語」。
もう明確に私の中で好きなものが出来上がっていました。
大人になってNHKで「アボンリーへの道」をやっていましたが
それもかかさず見続けましたし、同じ制作会社が作った
「赤毛のアン」の映画もちゃんとビデオ買ったくらいです。
さらに大人になってからは、ジェーン・オースティンの小説も
私の大好きなモノ・リストに加わりました。

赤毛のアン、ジェーン・オースティン、若草物語…
そう。つまり、一昔前の欧米の世界が私の永遠の憧れなのです。

そして、ここ、屋外博物館には、そんな私の好きな雰囲気が
あちらにもこちらにも残っていて、、、歩いていて、
心躍る風景ばかりなんです(笑)。なんせ、好きですからね!

今回も秋深まる木々の中の風景の中を歩いて、
私の大好きな雰囲気を大いに楽しむことができました。


CIMG20212.jpg

まずはレトロなトラムに乗って…
乗らなくてもいいけど、かなり広い敷地で全部見て回るのは
大変なので、、、最初に乗って一番遠くまで行きました。


CIMG1977.jpg

子供のコーナーでアップルムースの作り方を教えてくれていました
たぶん、今年はりんごが豊作で敷地内でたくさんりんごが
取れたから、だと思います(笑)。


CIMG1978.jpg

すっごく便利な皮むき機。くるくる回すだけでOK!
これなら、子供も簡単、簡単。


CIMG19822.jpg

アップルムースを瓶に詰めてもらって、後は自分でラベルづくり。
可愛いお土産を貰いました!(写真は撮り忘れた…)


CIMG19912.jpg

ノスタルジックな秋の風景の中に作り笑のへん顔少女一人…汗


CIMG19972.jpg

昔、フランダースの犬でさんざん見たミルク入れ!!
これこれ、知ってるわよーっ!!て感じね。
ひとつ貰って行って、お庭にでも飾りたいわ。


CIMG1985.jpg

もう~…これぞ赤毛のアンの世界です!!
この黒板ノート(ての?)、すっごく憧れたのです~~。
これでバシッと!!あの意地悪だった男の子・ギルバート
の頭をたたいたのよね。


CIMG1992.jpg

一昔前の、オランダのお宅
こういう雰囲気も…ちょっとアンっぽいですね。


CIMG1994.jpg

一昔前、だけど、今でもこんな時が止まったような家ありますね。
おばあちゃんの家、というかね。


CIMG19982.jpg

ノスタルジックなパンケーキ屋さんでパンケーキとポフェチェ
を食べました。


CIMG2009.jpg

そして、ノスタルジックなお土産屋さん。
売っているものもレトロなオランダモノで見ていて本当に楽しい。
ついつい散財~…(苦笑)。


CIMG2001.jpg

この辺りはおなじみのザーンス地方の建物
やはり絵になりますね。


CIMG20042.jpg

広場ではレトロな自転車に挑戦!
けっこう難しいらしく、あれ?あれ?を連発。


CIMG2020.jpg

最初はひとりで乗れなかったけどようやく乗れるように。
大人も子供も、みんな、笑顔・笑顔で挑戦していて
見ていて微笑ましいひととき。

なんやかんやあちこちで立ち止まり、結局半分も見れぬまま
買える時間が来てしまい、去ることになってしまいました。

まー、また次回があるかな?

実はこの日がこのミュージアム通常OPEN最後の日でした。
オランダは、屋外施設は冬季は閉めてしまうところが多いのです。
しかし、ここは11月末から1カ月間スペシャル冬季オープンがあります。
スケート場やクリスマスちっくな飾りなどで、、、
寒さ&暗さを楽しむ特別演出があるようです?!

この雰囲気、好きなので…この時期も行ってみたい~…。
気になります。まぁ、でも、今年はいかないと思うけど。
機会がありそうな方は是非。

Openlucht Museum (アーネム屋外博物館): www.openluchtmuseum



line_10.gif

そらのおらんだ通信HPでもたくさんの観光情報を載せています。
是非こちらもご参考ください♪

133.gif オランダ観光はこちらから → オランダ観光
133.gif ヨーロッパ各都市の観光情報 → とっておきのヨーロッパ
133.gif ヨーロッパ旅行記はこちらから → ヨーロッパ紀行

line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記の画像バナーどちらかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

いつもありがとうございます。

オランダ情報はこちらから → オランダ情報ブログランキング
海外育児ブログランキングはこちら → 海外育児ブログランキング

ソーイングブログランキングはこちらから↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村
関連記事

ロッテルダムの植物園

DSCF3246.jpg

いやっほーい。暑い夏日が数日続いているオランダです~。
暑い日は決して長く続くことがないので、うれしいですねえ。

こういう日は、是非、お出かけ、お出かけ…!!!

と、、、以前ならばむずむずしたんですが、最近は、、、。
…本当に出かける気分になりませんね~~(汗)。

お裁縫をやるようになってから、すっかりお出かけ熱が冷めてしまって。
その上、りすちゃんも微妙に難しいお年頃に突入したため、
あっちこっち好きなところに行くのが、難しくなってきたんですよね(涙)。

最近は、私の好きなところを挙げるとすぐにこんな風に言うんですヨ。

「えー。そんなの行きたくない。」
「ママはりすちゃん、てことだね(←私はママの操り人形、てこと)。」

…汗。

今はなんとか一緒に行けてますが、あと数年もしたら、
「私は行ーかない。」なんて言うんでしょうかね~~…。
あー、子供の成長ってなんて早いのかしら。
ちょっと前、オムツをして泣いていたような気がするのに。

ともかくも行けるときに行っておく、これって本当に大事かも。
赤ちゃんのときも、3歳のときも、4歳のときも、、、
出かけるときはいつも「今回は大変っ!!!もういや~ん」と
何度も思ったけど、「行かない。行きたくない。」と言われちゃあね、、、。
子供が成長するのって本当に早いってことなのですわ。

まあ、そんな色んな事情で(?)、ここ最近の週末といえば、
パパとりすちゃんが、りすちゃんの好きなところへお出かけ。
いつも私は家に居残って布を眺める日々…。
そんな構図だったんですが(汗)、毎週それではいかんねー、
というわけで、ちょこっとお出かけ。

お出かけ先は、お近くロッテルダムの植物園でございます~~。

庭好きとしては、この時期はやっぱりガーデンを訪れたくなります。
とはいえ、ここは、シャクナゲなどが有名なので、花の季節、
てなワケでもないんですけど。その上とても暑い日だったから、
ものすごく空いていましたわ。もうプライベートガーデン状態(笑)。

せっかく緑の中に行くんだから、りすちゃんにお気に入りワンピを
着せなければ(←すべての行動が洋服に結びついている…ははは)。
そんなワケで、緑の中でとても映えそうな、(前回作った)
赤いワンピースを選んでみました。


DSCF3247.jpg

おお~。いい感じじゃないですかっ。…ワンピースが!!!
昔から変わらないトラディッショナルなデザインですけど、
ほんと、子供にはこんなワンピースが一番ですね♪


DSCF3254.jpg

本人は、見つけた鳥やら草やらを熱心にメモしているよう。。。
何を書いているのか本人にしか分からないようなレベルですが(汗)。


DSCF3252.jpg

ここは、コニファーも有名だそうで、大きなコニファーが
あちこちに立っています。樹齢100年もの木もあって、
こういう古くて大きなものの目の前に経つと、何故か落ち着きますね。


CIMG0657.jpg

私の好きなボーダーガーデン。
もっと花が咲き乱れていたら最高なんだけど。


CIMG0671.jpg

水に反映する木々ってのも好きな構図。


CIMG0665.jpg

相変わらずパパとべったりのりすちゃん。
ヒソヒソヒソ…オランダ語でおしゃべり。
母の私は蚊帳の外って感じですゾ~~(涙)。

まー、夏休みは頑張って挽回しちゃうもんね?!?!?!
私たちの南ホランド州は、今年は遅い夏休みなので、
夏休みまであと10日程。

毎日りすちゃんが一緒だとお裁縫ができないから、夏休み前に一着、
何か作りたいな~~…って。アレレ。
結局、すべての思いは最終的にソーイングに通じてしまう
私の思考回路なのでした(苦笑)。本当にハマりすぎ。


line_10.gif

そらのおらんだ通信HPでもたくさんの観光情報を載せています。
是非こちらもご参考ください♪

133.gif オランダ観光はこちらから → オランダ観光
133.gif ヨーロッパ各都市の観光情報 → とっておきのヨーロッパ
133.gif ヨーロッパ旅行記はこちらから → ヨーロッパ紀行


line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記の画像バナーどちらかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

いつもありがとうございます。

オランダ情報はこちらから → オランダ情報ブログランキング
海外育児ブログランキングはこちら → 海外育児ブログランキング

ソーイングブログランキングはこちらから↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村
関連記事

オランダの名園 - トゥウィッケル城

DSCF1438.jpg

なんだか中断が多く、いつの続き?って感じですが…
7月の上旬に出かけたオランダ東部への旅行の続きです。

前回の話はこちら → オランダで一番小さな街 - ブロンクホルスト

この辺りはイギリスものが多く、イギリス好きの私にとっては
お楽しみがいっぱい、という話をしたのですが、翌日出かけた
場所も、、、やっぱり「お城と&庭園」なのであります(笑)。

場所はデルデン(Delden)という、ドイツの国境も間近の街。
だんなはそんな街、聞いたことない、という無名の街(?)で、
いったいどんな街かと思いきや、、、。
駅の目の前に「これはお家でしょうか。それともホテル?」
というような豪邸がずらーっと並んでおり、びっくりしました。

ほんと、オランダ(というかヨーロッパ?)の豊かさはこういう
ところからもうかがい知ることができますね。
まぁ、日本も、地方の小さな街には、「ええ?!」というような
豪農や旧家などの大きな家が建っておりますけれどもね。
私が昔住んでいた静岡県富士市の家も、数軒隣にすんごい家が
建っておりまして、、、縁側の下を鯉が泳いでいて
びっくりしましたよ。中も料亭みたいだったし。

あ、話がずれました。

まあ、ともかくもステキな家が並んでいると、見て歩くのも楽しい
ってワケで、、、。


DSCF1471.jpg

私が気にいった家はこちら↑。
「あんまり大きくないけど、私はこれでいいやっ!!!」
って、、、オイオイッ。


DSCF1379.jpg

街の中心。
小さな街ですが、お金持ちの街にはちょっとお高めのお店が
あるのがオランダの特徴?我が街には絶対ナイんですがーー…。
まあ、ショーウィンドーを見て歩くのは楽しいよね(汗)。


DSCF1383.jpg

インフォメーションで貰ったパンフを読みあさる(?)りすちゃん。


さて。
この街にはトゥウィッケル城というお城があります。
お城には現在もどなたかがお住まいですが、所有者は
トゥウィッケル城という財団法人になっています。

年に何日か城内も有料公開されるようですが、普段は基本的に
庭園が公開されています。


DSCF1402.jpg

トゥウィッケル城。
このあと、イギリスのブレナム宮殿を訪れてしまったので、、、
それと比べると、すんごく小さいお城だなー(苦笑)。

この庭園はオランダでも有数の名庭園だ、ということで、
かなり期待しすぎちゃったせいか、実際に訪れて
「すんばらしい!!!」という絶賛コメントはないのですが(汗)
それでも、、、オランダにもこんなところもあるんだーーー、
と、やっぱり満足して帰ってきた庭園好きな私です(笑)。

以下はトゥウィッケル城の庭園写真集。


DSCF1395.jpg

小高い丘の上に立つ東屋から見た風景


DSCF1401.jpg

自然を取り入れたこの風景は典型的な「イギリス式庭園」


DSCF1403.jpg

変わった形のトピアリー。なんだろ、これは?


DSCF1425.jpg

こちらは、フクロウですね。かわいくできてる!!


DSCF1423.jpg

こんなバラが好きなんだよな。持って帰りたいっ!!!


DSCF1436.jpg

門をくぐり抜けると、、、芝生がまぶしいボーダーガーデン。


DSCF1433.jpg

ああ、いいなあ。


DSCF1445.jpg

見学者もほとんどいないので、庭を一人占め状態。贅沢ダ。
りすちゃんも好きに駆け回っていました。


DSCF1463.jpg

この日はお天気も寒すぎず、暑すぎず、、、と最高のお天気で、
お庭歩きにはピッタリでした。これを書いている本日(33℃)
のような暑さでは、、、お庭歩きは絶対イヤですけどね(苦笑)。

…と。写真集は以上です。
あんまり知られていない場所ですが、こんなところもあるんだ、
ということで。

お庭好きの方は、、、機会あらば是非出かけてみてください。
ちょっと遠いけどネ。

トゥウィッケル城(Kasteel Twickel) - www.twickel.nl



line_10.gif

オランダ情報ブログランキングに参加中です↓。
薔薇の画像をぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
いつもありがとうございます。

海外育児ランキングにも参加しています。
世界各地の楽しいブログが登録されています。
ランキング確認はこちらから → ブログ村 海外育児ランキング
関連記事

ジェイン・オースティンの世界に浸るB&B

DSCF1357.jpg

「コリンズ氏は約束どおり四時に到着し、ベネット家は家族総出で丁重に
彼を迎えた。」(高慢と偏見 - 中野康司訳)


思わず、そんな文章が頭に浮かぶようなカントリーハウスB&B。

========================================================

先月は、私たちの結婚10周年でした。
その日は、残念ながらお葬式になったので何も出来ず、、、でしたが、
2週間後に予定をずらし、先週末にお出かけしてきました。

ズバリ!!

私の好きなことぜ~んぶ!!

…ぐっふっふ…。

私の好きなことといえば、英国関連のもの、、、。
たとえば、アフタヌーンティーとか、ガーデンとか、バラとか、、、
ジェイン・オースティンも私の大好きなもののひとつです。

BBCの「高慢と偏見」(コリンファースのもの)はDVDを持っているし、
映画「いつか晴れた日」も、もう何回見たかしら…?!
ともかくあの映像の雰囲気・流れる音楽、全て好きなのです。

このジェイン・オースティン人気は、実はオランダでもかなり
根強いものがあって、以前V&Dで特別DVDを売り出したのですが、
すぐに売り切れてしまいました(買えませんでした…涙)。

で。

何故かオランダの東方面は、イギリスちっくなものが好きな人が
多いらしく?イギリス風のカントリーハウスが点々とし、
イギリス風の催し物があったり、ステキな庭園が点在したり、、、
私好みのもの満載のお店があったり、と…ともかく、
オランダの中でも、もっともイギリスっぽい場所柄なのであります。

今回泊まったこのB&B。
ずいぶん昔からチェック済みでした。
昔は、子供はXとなっていて、相当ガッカリしたのですが…
今回10周年で何かしようか、ということになったので、
ダメもとで調べてみると、なんと子供もOKになってるっ!!!
もう、これは呼ばれてる~~と解釈して(笑)、
だんなにすぐに予約いれてもらいました。

この家は、古くからある由緒ある建物で、今でいうカントリーハウス、
というもの(オランダではお城類に分類されます)。
オランダのお城は、今も個人所有のもの、相続できず国・地方の
管理となったもの、ホテルなどになったもの、、、など色々ありますが、
ここは個人所有だけれども、お部屋を貸し出しているホテルというよりは
B&Bといったところ。

ともかく、このオーナーさんは絶対「オースティン好きでしょ?」
ていう感じに、どこもかしこも英国調で溢れていて、こだわりがあって、
もう私なんて、、、あちこち見ては、溜息~な滞在でした。


DSCF1372.jpg

正面玄関。
大きな木々の中を抜けると、美しい家があります。
大きなお城もいいけど、こういう上品な邸宅はもっと私好み!
昔は二頭立て馬車なんかが入ってきたのでしょうね。


DSCF1368.jpg

後ろに回るとこんな感じ。


DSCF1371.jpg

いつもの私たちの予算より高級なお宿なので、ミニバーに入った
ワインやシャンペンはタダ。
静かな庭に座って、ぼーーーっとワインを飲んで…。
のんびりの時間~~。いいわぁ。


DSCF1374.jpg

おっと。
でも、我が家のおちびさんが…なんでもマネしたがって
しかも落ち着かないので、実際には…のんびりの時間には
ならなかったかな(苦笑)。


DSCF1317.jpg

部屋も今回は奮発してスイートルーム。


DSCF1322.jpg

アンティークの入れ物をコットン入れにしたり、、、
こういう使い方をすれば普段使いでこんなものを利用できるのか!!
…と、いろいろ勉強になります。
実際には、私は見る目がまったくないし、想像力がないから、
アンティークは難しいのだけれども…(涙)。


DSCF1315.jpg

部屋からの眺め。美しい前庭園。


DSCF1321.jpg

お風呂はもちろん猫足のバスタブ。
別にシャワーもあります。
眺めが最高~…って、私、カーテンを閉めずに入っちゃいました。


DSCF1319.jpg

ゴクラク、ゴクラク~。


DSCF1378.jpg

なんといっても…溜息モノの朝食。
まるでアフタヌーンティーのような感じ。
目の前の美しい前庭を見ながら、美味しい朝食をいただきます。
3人で、幸せだねぇ~、と浸ってました。


DSCF1377.jpg

二人ともシリアスな顔で、あんまりうれしそうじゃありませんケド(苦笑)。

ちなみに、ここに2泊したのですが、りすちゃんは最初から本当に
ここが気に入って、「もうここにずーーーーっと住みたい!!」と
言っていました。やっぱり、いいものはいい、と思うんでしょうかね?
私だって、ここにずーーーーっと住みたいよ~(笑)。

私たちはすっかりここに入り浸って、観光などは二の次、二の次~…
になってしまいましたが、別のゲストもそんな感じでした。
オーナーさんはなるべく表に出ないように気をつけているみたいで、
なんでも自由にできて、まるでここに住んでいるような錯覚に
なったのも良かったです。

…と、そんなワケで。
ステキな宿に泊まれて、大満足の今回の10周年旅行でした。

次回は、観光で出かけたオランダ東部の知る人ぞ知る町や場所(?)
なんかをご紹介していきますね。



line_10.gif

オランダ情報ブログランキングに参加中です↓。
薔薇の画像をぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
いつもありがとうございます。

海外育児ランキングにも参加しています。
世界各地の楽しいブログが登録されています。
ランキング確認はこちらから → ブログ村 海外育児ランキング
関連記事
プロフィール

そらのくも

Author:そらのくも
オランダ生活も15年目に突入しました。

(ご案内)
オランダ情報は「そらのオランダ通信」でお届けしています。是非ご覧ください。

↓ ↓ ↓

photoeurope2.jpg

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
写真のこと
当サイトで使用している写真と文章の無断転載はお断りしています。


そらのオランダ通信お薦め:オランダのベストミュージアム
↓ ↓ ↓
photoeurope2.jpg
情報

line_10.gif
line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記のお好きな画像バナーどれかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです 。

heart3.gif クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村
気になる本
オランダ生活に役立つ、今、自分が欲しい本を載せています(いわゆる備忘録)。



前回載せておいたフランス菓子は買おうと思ったら絶版になっていた。。。うそ~…!絶版になるのが早すぎる。今度こそ…。

ブログキーワード別カテゴリー

オランダ お出かけ 街並み 子ども ヨーロッパ 旅行 ガーデニング カフェ ハンドメイド ミュージアム 洋服 ショップ ソーイング本 オランダの話題 自転車 カメラ ロッテルダム 庭園 レストラン 教育 学校 ニュース オランダの食材 スーパー 日本語教育 子育て オランダサッカー おうちのできごと 英語学習 国際結婚 

ブログ記事カテゴリー
最近のコメント
リンク
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数: 現在の閲覧者数:
Flag Counter
メールフォーム
ご訪問ありがとうございます♪♪
ブログ・HPの感想はこちらまで↓

mail-pen2.gif
ブログ内検索