そらのオランダ通信写真ブログ

当ブログでは、ロッテルダム近郊在住の筆者が、オランダ生活・子育てのことなど気ままにつぶやいています。

17

2017

オランダ選挙&オランダとトルコの関係について

水曜日にようやく選挙が終わりました。毎日「Stem」という文字を見なかったことがなかった今日この頃。ようやく終わってホッとしています。さて、今回はオランダという超マイナーな小国の選挙ながら世界の注目度が高く、日本でも大きく報道されました。もちろん、それはオランダの国家としての影響度が世界の中で増した、というわけではありません(苦笑)。ただ、イギリス、アメリカに続く選挙でこのまま世界中でポピュリズムが台...

03

2017

ラジオ土曜日まで聴けます

この間の日曜日にお約束通りNHKのラジオに出演しました。ラジオは生放送だし、けっこう緊張しました…。途中でかなりとちった記憶だけが残り、恥ずかしいから絶対に自分では聴き直さないぞ、と思ったのですが、なぜか同僚(というか上司)と一緒に聞く羽目に…(苦笑)。そして、笑っちゃうことに、そのほうがさらに緊張したという、、、いまさら緊張したってなにも変わらんぞ?でも、聴き直してみると、トチってはいるものの、ワケ...

20

2017

オランダ極右政党はわが町から第一声選挙戦スタート

ウィルダース党首率いる自由党(極右政党)はわが町から選挙戦スタートし、この町はヨーロッパ中から訪れたメディアでごったがえした…というニュースを、なんとYahoo!JAPANニュースで読んでしまいました。わたしの住んでいる街が、まさか日本のメディアで取り上げられるとは…しかもわざわざ記者さんもやってきたらしいし。しかし、取り上げられた話題がこの話題か!と思うと、複雑ですよ。。。わが町にはウィルダースのファンがい...

18

2017

さようなら ディック・ブルーナさん

ミッフィーの生みの親、ディック・ブルーナさんの訃報ニュースが入ってきました。89歳でした。ディック・ブルーナさんは日本でも大変人気のある方で、熱狂的なファンがオランダのユトレヒトまで押しかけているのを知っていましたし、もちろんディックさんも何度も日本に来日されていました。日本と強いパイプを持つオランダ人のひとりでした。そんな、活発的に活動されていたブルーナさんも何年か前に引退を宣言。オランダで引退...

18

2016

こどもたちの夢は「ユーチューバー」

なんか…いきなりへんな写真ですみません。本人、無駄遣いタオルを買って大喜びです、、、(汗)。日本のテレビ局は視聴率がだんだん取れなくなっている、という事実は知りながらも、、近い将来、別勢力に足元がすくわれるだろう…という現実には気がついていないのかもしれません。NHKも…はよ~気づけや~~。おっと。ついつい心の本音をタイプしてしまった…(苦笑)。いやー、最近やり玉に挙げられているフジは別にいいと思うん...

05

2016

オランダ・サッカー代表の人気凋落がひどすぎる

「是非応援しに行こう!!」(写真は人気絶頂の頃のものですが…)ご存じ、この夏のヨーロッパEURO欧州選手権に参加できなかったオランダ。FIFAランキングは、なんと24位まで落ちてしまい、、、かつての栄光はいずこへ?そのオランダ・サッカー代表の人気が凋落し、危機的状況になってます。今週は、ワールドカップ2018年ロシア大会に向けてのヨーロッパ予選が行われるのですが、、、チケットが大量に売れ残っております!!!親...

16

2016

Primark席巻中

ずいぶん前の数年前のこと。オランダの新聞に未来のファッション店について、こんな予測が書いてありました。「将来は中途半端に安い&高い洋服ショップはすべて姿を消し、Primark(プライマーク)のような激安ショップ、及び、その年の流行を決めるプラダやシャネルのような超高級ショップのみが生き残るであろう。」まー、ずいぶん極端な予測だこと。そのときは、正直にそう思ったのですが、その後、この予測に出てきた超激安フ...

28

2016

AHのおまけがすごい

離脱が決定になった英国で、差別の言葉を投げかけられるEU市民が急増しているというニュースを見ました。ポストに「国に帰れ」という手紙が入っていたり、学校で「EU市民は出て行け」というメッセージが配られたり、、、。働いているポーランド人店員に向かって「ニコニコ笑って仕事しないで、早く国へ帰ったら?」と言う人がいたり、、、。読めば読むほど恐ろしいです。EUはナチスだ、とか言ってたらしいですけど、どっちがナチス...

04

2016

男児発見! - オランダの報道としつけ

北海道の不明男児が無事発見されたというニュース。良かったですね~~。私は、それほどニュースにかじりついていたワケではありませんが、無事発見されたとのことで、ホッとしております。お父さんが疑われていたみたいですが、5日目から捜索隊の人数が増えて、自衛隊にもお願いする、ということだったので、私は栃木の小1女の子事件のように第三者に連れ去られた可能性が高い、と思っていました(汗)。オランダでもトップニュ...

13

2016

過激なオランダの女性誌

「42.7%」。東京都に住む30代前半の女性の未婚率だ。Yahoo!の特集記事「結婚したくないのか、できないのか~揺れるキャリア女子」の冒頭を見て、相当びっくりしてしまいました。未婚率が上がっているとは思っていたけれど、これほどとは、、、。いや、もう、呑気に少子化問題とか言っている場合ではないのでは、、、。もともと自分がキャリア女子だった(自分で言うのもなんですが)こともあり、なかなか面白い記事で、食らいつく...

14

2015

名前がオランダ語になった日本人

アメリカの雑誌TIMEの「世界で最も影響力のある100人」に選ばれた日本人、近藤麻理恵さん。片付けコンサルタントとして活躍している彼女が出した本、「人生がときめく片づけの魔法」が世界中で爆発的に売れているそうですがオランダでも、、、例外なく売れてます!各地の本屋で山積みに売られ、もうすでに第5刷めなのだそう。この出版不況時に…売れる本は売れるんですね…。世界では今や「KONDO」を片付けるという動詞として使...

07

2015

ヨーロッパ - 急速に進むレジ袋規制

”お客様は神様だ。お金を出してモノを購入したお客は最大限のサービスを受けることができる。”まだまだこんな風潮が当たり前の日本ですが、、、ヨーロッパはもうそんな世界ではなくなってきたようです。すなわち、、、”人々は地球を守らなければ。環境問題は最大限に配慮されるべき。”とでもいったほうがいいでしょうか。オランダでは、来年からレジ袋が有料化されることが決定しました。これは、、、今までのスーパーの食料品の話...